今年初めてFX(外国為替証拠金取引)をしました。

通信費は必須ですので、通信費(プロバイダー料金と携帯電話)を必要経費として計上したいのですが全てを為替で使っているのではないので全額を計上するわけには行かないと思っています。できれば「平均的」な金額を計上したいと思っています。

それで、一般的に申告されている「相場」を知りたいので、経験されている方に大体の金額を教えてください。

自分としては通信費(プロバイダー料金と携帯電話)の一部として毎月4,000円ぐらいは認めてもらえるかなと考えていますが、年間では48,000円ぐらいを計上できるかなと思っていますが…。この金額は高いのでしょうか?安いでしょうか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>通信費(プロバイダー料金と携帯電話)の一部として毎月4,000円ぐらいは…



プロパイダ料金も携帯料金も、全社一律の定額制では決してありませんから、誰もが毎月○○円と決めつけることはできません。
個人個人で違います。

方法としては、プロパイダは利用時間で按分するのが合理的、携帯は通話明細を取れば正確に算出できるでしょう。

たとえば、少々面倒ですが 2、3ヶ月だけでもインターネットの利用日誌を付け、私用と FXとの使用時間割合を算出します。
この 2、3ヶ月のデータは大事に保管しておき、以後はずっとこの割合で按分します。
いざというときはこのデータを税務署に見せれば、鬼に金棒です。

携帯は月に100円くらいのお金がかかるかとは思いますが、通話明細書を武器とします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答有り難うございました。利用日誌は知りませんでした。来年は試しに記録してみようと思います。

携帯は「通話」では取引でまったく使わないで、ほとんどがポジションを持ったときの業者からのメール(すごい重宝してます)や情報メール(レートが達したときにお知らせしてくれる)、レートチェックのためのウェブや携帯サイトからの注文を発注するのに使ったので、通話明細は証明ムリなので武器にならず…、基本使用料の半分ぐらいかなと。。。あと、契約はダブル定額ライトなのでその半分ぐらいかなと。。

だから携帯電話で2,000円ぐらい、そして、プロバイダーでも2,000円ぐらいと考えたのですが、アバウトすぎますか?

お礼日時:2006/12/30 21:42

必要経費というのは、実際にかかった費用なので、実際に、どれぐらい使っていたかで判断されます。

たとえば、きっちりとした資料があれば、それが間違っていることを税務署も証明しにくいので、認められことが多いです。
それに対して、みんな、月4000円ぐらい使っていると言っても、では、たとえば、12月を例にして、どういう計算に寄れば、そうなるのかを示しなさいときます。
逆に言うと、12月1日は、約3時間、12月2日は、約2時間というような計算根拠を日記のように書いておき、毎日の接続時間も書いておけば、60%ぐらいになったも認められます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答有り難うございました。「平均的な相場」というよりも「根拠」がいるのですね。

プロバイダーはADSLで定額なので半分ぐらいの2,000円ぐらいかなと考えたのですが、、、、根拠は難しいです…。

お礼日時:2006/12/30 21:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香典返しは経費になりますか?

弊社の取締役(社長の父)が亡くなりました。
会社から花篭を出し、それは経費になると思いますが、
社長が、香典返しの領収書を持ってきて経費にしてほしいと言われました。
金額は80個で17万円です。

しかし、香典を収入にあげていないので、香典返しは経費にならないと思うのですが、いかが思われますか?
御教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

香典返しは遺族が行う行為であることから、税務上、たとえ社葬であっても会社の経費とは認められません。

この場合、この17万円は役員に対する賞与と取り扱われ、全額否認及び源泉漏れダブルパンチとなります。

Qクレジットカードで支払った交通費を必要経費として計上するには?

雑収入についてですが、地方の講演会に招かれたため(交通費は自腹)インターネットの宿泊・ホテルがセットになったツアーを申し込みました。金額が書かれた請求書らしきものは手元にあるのですが領収書がありません。カード会社からの利用明細書(何月何日 ○×ツアー ~円)はあります。
確定申告で必要経費として申請するためには請求書とカードの利用明細を提出すれば認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告において、領収書やカード明細書の提出は必要ありません。
よって、必要経費とする内容や経費の金額を記入するだけで良いと思われます。

しかし、税務署からその所得に関する質問等がある場合がありますので最低でも5年間はその書類を残しておくようにしてください。
そうすれば、請求書と明細書、通帳から引き落としされた部分を提出すれば問題ないでしょう。

結論を言えば、その収入を得るために必要な経費を説明(証明)出来る書類を最低5年間保管しておけば問題ないと言うことです。

余談ですが、ツアー内に「観光」などが入っていた場合は、微妙になる(経費としてみてもらえない)場合があります。

Q会社の経費で香典を支払う場合

香典を経費で落とす場合なにか必要なものとかあるんでしょうか?
ちなみに、慶弔見舞金規定というものはあります。
おしえてください

Aベストアンサー

こんばんは

会社により違うと思いますが
ほんとうにその式があったかどうかの証明は必要だと思いますので
新聞記事や斎場からの案内状などを添付しています

Q医療費控除 補てん金額(手術給付金)のほうが治療費(手術代)より多い場合

医療費控除のことでお伺いします。
保険会社からおりた手術給付金のほうが、手術代より多い場合なのですが、

A、XXX病院 治療を受ける(治療費10万円)
B、ZZZ病院 治療を受ける(治療費15万円)
C、ZZZ病院 Bと同じ病院で別の手術を受ける(手術代20万円)→ 保険会社から手術給付金30万円もらう

この場合、医療費控除として申告出来るのは、下記のどちらになるのでしょうか?
・A(10万円)+B(15万円)-補てん金額0円=25万円
・A(10万円)+B(15万円)+C(20万円)-補てん金額(30万円)=15万円

もし、Cを申告しなくて良い場合(↑の上段)は、
この手術代(20万円)や補てん(30万円)については、確定申告の明細書への記入や領収書の添付は不要ですか?

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療費控除において、支払った医療費から控除する、保険等により補填される金額は、その治療にかかる医療費からのみ控除すべきものですので、入院給付金が多いからと言って、他の医療費から控除する必要はありません。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syotoku/05/28.htm

Cについては、できれば明細書へ記入した方が良いとは思いますが、除外していてもさほど問題はないとは思います。

Q会社の経費で香典。どの役職まで認められるのでしょうか?

私の会社では個人の香典をどこまで経費扱いにするか意見が分かれています。現在の経費扱いの取り決めは・・・
(1)客先の葬儀の場合→社長と担当者の2名
(2)自社の社員の家族等の葬儀の場合→社長と役員の2名
(2)に関して部長・次長クラスまで枠を広げるかどうかで意見が分かれています。
社長・役員・部長で合計5名分(約3万円)を毎回経費で落とすことは可能でしょうか?
会社ごとに自由に決めれるものなのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

慶弔規程は定めていないのでしょうか。
あくまで社会通念上で妥当な金額であれば慶弔規程により支出できると思いますが。
そもそも、会社として支出するのに個々の分という扱いをするのでしょうか。
個人で包む分は個人もちじゃないですかね。

Q減価償却費の計上について

赤字法人(青色申告法人)のオーナー経営者です。
資本金500万円の会社です。
先日、決算書作成について納税協会よりアドバイスをもらったところ、
減価償却費は黒字になった時に計上するほうが節税になるとアドバイスされました。
その時はわかりましたということで話は終わったのですが、後になって色々と疑問が出てきました。

減価償却費を先延ばしする場合

①今年提出する決算書の損益計算書には減価償却費は計上しなくても良いのでしょうか。
 それとも損益計算書には計上して法人税申告書の別表で調整するのでしょうか。

②先延ばしはいつまでできるのでしょうか。

③3年後に黒字化し、3年後から減価償却費を計上するのであれば、その時は3年分の償却費を計上するのでしょうか。



以上お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

① 先延ばしするということは計上しないということです。決算書に計上した金額のうち税法で決められた計算式に当てはまる金額が損金になります。「計上しなければ損金にならない」ということが「先延ばし」ということです。

② その資産を処分するまで。処分したら未償却残高を処分損(廃棄なら除却損、売却なら売却原価)として計上しなければなりません。

③ 1年度分しかできません。仮に決算で3年分を計上したとしても、①に書いた通り税法で決められた計算額しか損金にすることはできません。

なお、「損金」というのは法人税の計算上、所得からマイナスする金額のこと。会計上は経費であっても、法人税の計算上は損金にならないものもあるし、法律上強制的に損金にしなければいけないものもあります。このあたりは法人税について調べてみればわかってくると思います。ちなみに、「損金」の逆は「益金」で、売り上げなどの収入のほか、資産を無償で寄付したような場合に売ったものとみなされて、所得に加算しなければならないというような規定もあります。

Q香典返しについて: 兄弟でも5万円などの高額の香典をもらったときは香典

香典返しについて: 兄弟でも5万円などの高額の香典をもらったときは香典返しが必要ですか? 

Aベストアンサー

当方では、施主以外の人が葬儀の経費は持ちません。
その代わり、兄弟などの近い親戚は多くの香典を出して下さいます。
しかし、全くそれに甘えるわけには行きません。
ほとんどの場合施主はそれなりの経費を捻出出来る物で、葬儀後の会食費用と合わせて有る程度の品物を返しますが、49日の万中陰法要後に改めて香典返しの品をお返しする事になります。

Q医療費控除の還付金額について

昨年出産し、医療費が高額なため医療費控除の申請準備をしているのですが分からないことがあるので教えてください。

私(妻)は平成20年12月末で退職し、平成21年には1月に1度給料の支払いがありました。
源泉徴収表に書かれている源泉徴収税額は8300円です。

夫は職場で年末調整を終えておりますが
数年前に住宅を購入した関係で、年末調整で大金が戻ってきており
源泉徴収表の源泉徴収税額は0円(記載なし)です。

e-taxからためしに入力していってみると
還付金が8300円と表示されました。

私が払った税金が全部戻ってきて終わりということなんでしょうか?
医療費に90万円もかかっているのですが、
払った税金以上には還付されることはないということなのでしょうか。
それとも夫の源泉徴収表をもとに入力すると還付されるのでしょうか?

あまりよく理解していないので、
詳しい方からアドバイスいただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確定申告すると還付されるお金の財政源は、「自分がすでに支払った所得税」です。
だから、還付額の最大値は、自分がすでに支払っている所得税額です。源泉徴収されている金額、とも言います。

だから、質問者さんの場合は、還付される最大値は8300円です。
社会保険控除など各種控除をした結果ではなく、1カ月分の給与収入のみの結果のようなので(給与収入103万円=給与所得38万円より少ないと思われますので)、他に控除ネタが何もなくとも、誰もが公平に利用できる「必要経費(質問者さんの場合は、給与所得控除)」と「基礎控除」だけで、無条件に、所得税額が0円になります。
どんなに控除額を増やしても、還付額がそれ以上になることはありません。

ご主人の方も、住宅ローン控除の恩恵で、源泉徴収額が0円になってますので、こちらの方も、確定申告しても還付はありません。すでに、還付の財政源となる所得税額(源泉徴収額)が、0円だからです。
ただ、ご主人の方は、住民税の計算の際に効果を発揮する可能性があるので、それを期待して確定申告するのはアリかと思います。
(住民税の計算は、基礎控除や配偶者控除、扶養控除などの金額が、所得税の計算の際の控除額より少ないのです。だから、課税対象額が、所得税の時よりも高くなることがあります。住宅ローン控除も、平成21年分は住民税に反映されなかったような)

確定申告すると還付されるお金の財政源は、「自分がすでに支払った所得税」です。
だから、還付額の最大値は、自分がすでに支払っている所得税額です。源泉徴収されている金額、とも言います。

だから、質問者さんの場合は、還付される最大値は8300円です。
社会保険控除など各種控除をした結果ではなく、1カ月分の給与収入のみの結果のようなので(給与収入103万円=給与所得38万円より少ないと思われますので)、他に控除ネタが何もなくとも、誰もが公平に利用できる「必要経費(質問者さんの場...続きを読む

Q葬儀後のお礼状と香典返しについて

 先日父が他界し、葬儀を行いました。
 その際に主人方の親戚からお香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?
 また弔電を頂いた方へは礼状だけで良いのでしょうか?
 入院中にお見舞いを頂き、今回お香典をくださった方へは、その合算の額に相当するお香典返しを送るのでしょうか、それともお見舞い返しはお見舞い返しとして、お香典返しはお香典返しとしてそれぞれお送りするべきでしょうか?

Aベストアンサー

ご愁傷様です。
色々考え方があり、地方によっても違いますので参考程度に。

>お香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?

通夜の礼状か会葬礼状をおことずけになったのでしたら礼状は不要でしょう。そうでない場合は香典返しに添える方法もありますが、香典返しには、満中陰の丁重な挨拶状を添えるのが普通でしょうから、ダブってしまいます。(不要でしょう)

>また弔電を頂いた方へは礼状だけで良いのでしょうか?

それで充分でしょう。

>入院中にお見舞いを頂き、今回お香典をくださった方へは、その合算の額に相当するお香典返しを送るのでしょうか、それともお見舞い返しはお見舞い返しとして、お香典返しはお香典返しとしてそれぞれお送りするべきでしょうか?

亡くなった場合には、お見舞い返しは要りません。お見舞い返しはあくまでも(快気祝)で全快した内祝いとしてするものです。香典返しに上乗せする方法もありますが、香典返しの横並び上失礼に当たる場合もあります(同じ額の香典をしたのにお返しが違うという不平不満が出る)ので、お考えにならない方がいいと思います。

ご愁傷様です。
色々考え方があり、地方によっても違いますので参考程度に。

>お香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?

通夜の礼状か会葬礼状をおことずけになったのでしたら礼状は不要でしょう。そうでない場合は香典返しに添える方法もありますが、香典返しには、満中陰の丁重な挨拶状を添えるのが普通でしょうから、ダブってしまいます。(不要でしょう)

...続きを読む

Q医療費控除 補てん金額のほうが多い場合

医療費控除のことでお伺いします。

保険会社と健康保険組合からおりた手術給付金のほうが、手術代より多い場合なのですが、
明細書への記入や領収書の添付は不要ですか?
又術前術後に診察などに支払った医療費は、医療費控除対象になりますか?


(1)病院 ××治療を受ける (医療費10万円)
(2)病院 ○○治療を受ける (医療費10万円)
(3)病院 △△診察検査を受ける (医療費5万円)  
(4)病院 △△の手術/入院する(医療費15万円) 保険会社・健康保険組合から合わせて入院・手術給付金30万円もらう 。

この場合、
(1)(10万円)+(2)(10万円)+(3)(5万円)-補てん金額0円=25万円
の申告で大丈夫でしょうか?
(4)は明細l書記入や領収書の添付は不要で大丈夫かどうか心配になりまして質問させていただきました。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)(10万円)+(2)(10万円)+(3)(5万円)-補てん金額0円=25万円
の申告で大丈夫でしょうか?
大丈夫です。

>(4)は明細l書記入や領収書の添付は不要で大丈夫かどうか心配になりまして質問させていただきました。
その医療費分は控除対象にはならないので、特に記入する必要ありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報