この1ケ月、京都大学山中教授らによる人の皮膚からのiPS細胞の作成が不治の病に光明を与えたとして世界を駆け巡っています。
 しかし、何が画期的なのか解りません。各種報道から私が得た理解は次のとおりです。
 再生医療の万能細胞として、何よりも倫理的問題と拒絶反応問題が解決、2007年12月に入り、作成過程で「がん遺伝子」を使わない方法にも成功し、安全性のクリアにもあと一歩。
 「本当に倫理問題はないのか」という検討は当然必要だ。
 しかし、2001年の段階で、骨髄の中にある間葉系幹細胞がそうした細胞として発見されていると思うのですが、それと比べてどう画期的なのか教えてください。
 私自身関節リューマチなので関心がありますが、生存中のご利益を期待しているわけではありません。
 でも、親族・知人には何とかしてあげたい人が何人かあり、希望を持ってもらうために調べています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

幹細胞とひとことに行っても大きく分けて2種類があります。


1.万能性幹細胞
2.多能性幹細胞

万能性幹細胞はその名の通り、全ての細胞に分化することが出来ます。一方、多能性幹細胞は幾つかの細胞にしか分化できません。幹細胞は皮膚にも筋肉にも血液にもありますが、万能性幹細胞は今までES細胞のみでした。ES細胞は受精卵から作られるため、すなわち材料が「命」そのものにとても近いため倫理的に問題のあるものでした。

山中教授のiPS細胞は皮膚の細胞の遺伝子を操作して万能性幹細胞を作り出したのです。つまり倫理的に問題になりにくい、という点が画期的です。マウスでは昨年の段階で成功していたのですが、これがヒトの細胞でも成功したためとても話題になっているのです。

間葉系幹細胞は分化できる細胞の種類が比較的広いと考えられていますが、あくまで多能性幹細胞にすぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。間葉系幹細胞は万能ではないのですね。ならば画期的だと思います。色々調べたのですがES細胞との比較に言及したものはあってもこの点が見つからなくて。
 良く解りました。ありがとうございました。
 山中教授のノーベル賞受賞を祈ります。
 

お礼日時:2007/12/22 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRGBって?

色に関する質問です。
色を再現するのに、よくパソコンの画面上やテレビで
RGBの3原色で再現していますが、RGBという3色は、どういった根拠から出てきた色なのでしょうか?
人間の色覚細胞がこの3種類あるということですが、その細胞は
実際、人体に観測されて実在しているんでしょうか。としたら
その細胞を観測して、RGBで人の色覚は再現できる、とした
人は誰なんでしょう。
また、今あるRGBで再現できない色などはあるんでしょうか・・・。

初歩的な質問ばかりですみません。
ご返答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

参考URLに詳しく書かれています。

錐体細胞には次の3種類があります。青(437 nmに吸収のピーク)、緑(533 nm)、赤(564 nm)。これら3種の錐体細胞によって色を感じることができます。人が見える色は赤、青、緑の3種類の色の混合です(3原色)。

誰がそれを発見したのかは知りません。
視細胞のオプシン発見より光の3原色の発見の方が早いのではないかと想像しています。

今あるRGBで再現できない色といっても、例えば家電量販店でたくさんのテレビを見るとそれぞれ色合いが違っているので、今の技術でどこまで再現できているのか疑問です。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q52.html

Q黄禹錫教授のヒト胚性幹細胞、存在しなかった?

よろしくお願いします。質問タイトルのような報道がありますが、これは本当でしょうか?確か「サイエンス」に論文が出てこの技術はノーベル賞に値するものとして記憶していますので俄かに信じ難く、実情ご存知のお方がおられましたらお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのように報道されてますね。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20051215/20051215a3480.html

QRGBと色の波長

質問する場所を間違えていたらすいません。
少し疑問であることがあります。
光の波長で、色が決まると聞きました。
波長は、一次元の数です。(400nm,800nmなど)ので色は原理的に一元的に表現できるはずです。
しかしディスプレイ、画像のファイル形式などは、Red Green Blue(とalpha)で構成されています。三次元です。
なぜ、一次元で表現できるものを、わざわざ三次元で表現しているのでしょうか?

視細胞の構造が関連するのでしょうか?もしくは、RGBを指定する方法の方が直感的に色を指定できるために導入されたご都合的なものなのでしょうか?

ご存知の方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

> 波長は、一次元の数です。(400nm,800nmなど)ので色は原理的に一元的に表現できるはずです。

波長は一次元というのは正しいんですが、
色は一次元ではありません。色は無限次元です。
なぜなら、光は合成できます。つまり
『複数の波長の光が同じ場所から発せられたら何色に見えるか?』
というところまで考慮しないといけないんです。
色の波長は無限に存在するので、色の次元も無限次元となります。

一次元で表現できない色の例は、白と黒、それから赤紫です。
とはいっても、これらの色は三次元の色情報でも作れてしまいますが。
ここでいう赤紫というのは、
『波長400nmの青い光と、波長800nmの赤い光を混ぜた時に見える色』
と考えてください。この色はどの波長域にも存在しないはずです(多分)。

> なぜ、一次元で表現できるものを、わざわざ三次元で表現しているのでしょうか?

なので、『一次元で表現できるものを、三次元で表現している』のではなく、
『無限次元でないと表現できないものを、三次元でごまかしながら表現している』
ということになってます。

人間の目には、色を感じる細胞が大体3種類しか存在しないので、
人間の脳に与えられる色の情報は大体三次元になります。
なので人間の脳も色を知覚する時は、
『外界の無限次元の色情報が、目を通過すると三次元の情報になってしまう』
→『脳に送られる色情報も三次元なので、人間が知覚できる色は三次元』
という風になってしまいます。

他の動物も同じです。色を感じる細胞が2種類ある動物ならば、
色情報は無限次元から二次元に減ってしまいます。
色を感じる細胞が4種類ある動物は、
無限次元の色情報を四次元にまで減らして色を知覚します。

人間が知覚できる色が大体三次元なので、
ディスプレイ等も色を大体三次元でごまかしてしまえば
人間の目と脳を欺くことができるんです。
どうせテレビを楽しむのは人間だけですから、
テレビのディスプレイの色情報は人間だけに合わせればよいんです。

パソコンも基本人間が使うものですから、
画像データの色情報も人間にあわせて3次元ということになります。

> 波長は、一次元の数です。(400nm,800nmなど)ので色は原理的に一元的に表現できるはずです。

波長は一次元というのは正しいんですが、
色は一次元ではありません。色は無限次元です。
なぜなら、光は合成できます。つまり
『複数の波長の光が同じ場所から発せられたら何色に見えるか?』
というところまで考慮しないといけないんです。
色の波長は無限に存在するので、色の次元も無限次元となります。

一次元で表現できない色の例は、白と黒、それから赤紫です。
とはいっても、これらの色は三次元の...続きを読む

QiPSでクローン固体をわんさか作れるまであと何年か

何年だと思いますか?
iPSは世界的に認められて今後研究が盛んになると思います。
完全なるクローン固体が可能になると、規制されるか心配です。

Aベストアンサー

部分的に必要なだけですので、固体だと無駄にコストがかかります。

QPS2用の「粗悪なRGB21pinケーブル」はS端子!?

恐れ入りますが、何方様かご意見を聞かせてください。

PS2は、初期のSCPH-10000とSCPH-15000以外、RGB出力でDVDを観る時は「緑がかった映像」になるために接続が出来ないと良く聞きます。
つまり、型番がSCPH-18000以降のPS2は「RGB出力ができない」との事ですが、そこで幾つかご質問があります。

・型番SCPH-18000以降のPS2でRGB出力できないのは、【映画などのDVDを鑑賞する時だけ】でしょうか?
・それとも【DVD-ROMのゲームを遊ぶ時】にも、RGB出力は出来ないのでしょうか?
きちんと初期の設定で「システム設定」の「コンポーネント映像出力」を 初期設定の「Y Cb/Pb Cr/Pr」から「RGB」に切り替えてあります。

手持ちのRGBケーブルでゲームは映るのですが、映し出される映像を【S端子と比べても】まったく差がありません。
使用しているRGBケーブルは、ソニー純正ではなく第三メーカーが製作したRGBケーブルです。
S端子で繋いだゲームの画像と、第三メーカーRGBケーブルで繋いだ時の画像の差が全くないので、21ピンのコネクターを使ってS端子でTVに入力されているのか疑っております。

・「S端子」と「RGB21ピン」は映像の差はあまりないのでしょうか?
・また、仮に画質を比べる時はどういう場面で比べるべきなのでしょうか?
私はRGBの方が輪郭がしっかりしていそうなので、TVに映し出される小さな漢字の「はね」や「はらい」、全体の輪郭を比較しております。

(1)SCPH-18000以降でRGB結線できないのは、『DVD映画の鑑賞時』だけなのでしょうか?
(2)SCPH-18000以降のPS2で『ゲームをする時だけ』は、RGB結線ができているのでしょうか?
(3)映像が入っているDVD-ROMゲームも、映画としての観賞用DVDではないので『RGB結線できている』のでしょうか?
(4)『S端子とRGB端子での映像の違い』は、どのような場面で明確に判断できるのでしょうか?

宜しければ何方様かご教授下さい。

恐れ入りますが、何方様かご意見を聞かせてください。

PS2は、初期のSCPH-10000とSCPH-15000以外、RGB出力でDVDを観る時は「緑がかった映像」になるために接続が出来ないと良く聞きます。
つまり、型番がSCPH-18000以降のPS2は「RGB出力ができない」との事ですが、そこで幾つかご質問があります。

・型番SCPH-18000以降のPS2でRGB出力できないのは、【映画などのDVDを鑑賞する時だけ】でしょうか?
・それとも【DVD-ROMのゲームを遊ぶ時】にも、RGB出力は出来ないのでしょうか?
きちんと初期の設定で「...続きを読む

Aベストアンサー

>・型番SCPH-18000以降のPS2でRGB出力できないのは、【映画などのDVDを鑑賞する時だけ】でしょうか?

そうです。
ただ、気をつけなければならないのは、その自動的に切り替わることをちゃんとTV側が認識できる必要があります。
RGB21ピン端子を備えたテレビでもY Cb/Pb Cr/Prを認識できずに緑だけを表示するテレビがあります。
(緑色だけ線が一緒のため)
PS2が出る以前のPS対応テレビの大半はこれになります。

>・「S端子」と「RGB21ピン」は映像の差はあまりないのでしょうか?

RGB21ピンの端子のどこかがS端子信号そのままが流れているようです。
そのケーブルはRGB21ピンのS端子信号部分だけを取り出しているのかもしれません。

(1)Yes
(2)そのような設定にすることは可能です
(3)DVD-ROMゲームとして起動した限り、常にRGB出力になります。(RGBに設定してあれば)
(4)色の境界がはっきりわかる様なアニメ等がわかりやすいと思います。

Qクローンを作る場合、体細胞が必要らしいですが、爪や毛でも体細胞として使用できるのでしょうか?

体細胞クローン牛や、クローン猫はすでに生み出すことに成功しているようですね。

この際、遺伝情報を含んでいる体細胞がまず必要みたいで、
筋肉、皮膚、耳などが必要らしいですが、

たとえば、かつて飼っていた『愛猫の爪』や『毛』からも、愛猫とそっくりのクローン猫を生み出すことは可能なのでしょうかね?

筋肉や皮膚だけではなく、
『毛』と『爪』が体細胞としてクローン胚作りに使用できるか知りたいのです。
やはり、筋肉や皮膚ではないと駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、死んだ細胞から再生できるか?まではワタシの知識ではわかりません。
SFなどではミイラから再生するという話はありますけど。

DNA自体はタンパク質の組み合わせによる物質ですから、それが壊れていなければできるかもしれませんが。

北朝鮮拉致被害者の横田さんDNA鑑定も、骨が焼かれていたためDNAが破壊されてて鑑定は無理といわれてました。
わずかに残っていたDNAを増殖させて鑑定に成功したようです。

Q【Excel】セルの背景色、文字色のRGB値を求める方法

Excel(関数orマクロ)でセルを参照して、
そのセルの背景色、文字色それぞれのRGB値(255,255,255 等)を自動取得することは可能でしょうか?

例えば、
A1セルの背景色RGB値をB1セルに。
A1セルの文字色RGB値をC1セルに、というイメージです。

※バージョンはExcel2007です

宜しくお願い致します。
背景色、文字色のRGB値を求める方法

Aベストアンサー

次のコードを参考に。
Sub test()
c = Right("000000" & Hex(Range("A1").Interior.Color), 6)
r = Val("&H" & Right(c, 2))
g = Val("&H" & Mid(c, 3, 2))
b = Val("&H" & Left(c, 2))
MsgBox "RGB(" & r & "," & g & "," & b & ")"
End Sub

QT細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですが・・・

T細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですがT細胞の表面にはヒツジ赤血球と結合して「Eロゼット」を形成するEレセプターがあり、B細胞の表面にはウシ赤血球に抗ウシ赤血球IgG抗体を結合させた感作赤血球である「EA」と結合し「EAロゼット」を形成するIgGFcレセプターがあり、ヒツジ赤血球に抗ヒツジ赤血球IgM抗体を反応させたのち、新鮮血清を補体原として作用させて作製したヒツジ赤血球・IgM・補対複合体である「EAC」と結合し「EACロゼット」を形成するC3bレセプターがありますが、この「E」「EA」「EAC」って何かの略なんでしょうか?すごく頭に入りにくくて・・・。もしごぞじの方いらっしゃれば教えていただきたいです!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

E:赤血球、erythrocyte
C:補体、complement
A:両受体、amboceptor

参考URLは、専門用語や最新の略語も豊富で、重宝しています。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Qイラストレータ9.0or10.0でRGB画像を出力したい・・

少々無理難題だと思います。タイトルの通りRGB画像をそのままインクジェット(42インチ紙幅の大型プリンターです)出力したいのです。というのも最近の入稿形態は「透かし」「画像の加工」をイラストレータ9.0(1.0)で作られたデータの入稿が増えているんです。自社で使用の出力機は大型インクジェットプリンター(HP製です)なんですが画像の出力はRGBでないと色が全くだめなんです(純色がケバイ色調になってしまう)。勿論RGBでも色補正などをやって出力します。CMYKのデータもわざわざRGBに置き換えています。問題なのは9.0(10.0)でRGB画像を貼り込むとCMYKに置き換えられてしまうことなんです。8.0に置き換えるとRGB画像をリンクさせて出力出来るんですが、透明部分や透かしなんか問題が起きます(分割出来ますが正常に出力されません。)RGBを9.0(10.0)で出力する方法は存在しないのでしようか?困っております。

Aベストアンサー

●Photoshopの画像に埋め込まれたプロファイル
●Illustratorのカラープロファイル設定
●HPのプリンタ側のプロファイル

いずれかが微妙に噛み合って無いために
そういう問題が起こっていると思われます。
Illustrator9、10以降からプロファイルの設定が
詳しくできるようになったので。
カラーマネジメントの問題は一口に表せるものではないです。

http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/AJ25.nsf/d86fa3133c3340914925696900084022/5fc59a1b78bcc86f49256a78002b78b9?OpenDocument

これの他にも、Adobeがプロファイルやカラーマネジメントについて
説明しているものがたくさんあるので、それをご覧下さい。

実際は、どのようにそれぞれを設定なさっているのか
確認できようが無いのになんですが、データと色味との問題が生じる場合、
データやソフトの設定だけでは解決しきれない問題が
起こっている可能性も考える必要があります。
本来は、HPに先に問い合わせるのが筋です。
手厳しいことを言うのもなんですが、出力を請け負って
いらっしゃるならば、カラーマネジメントに
無頓着とはちょっと信じられない話ですね……

●Photoshopの画像に埋め込まれたプロファイル
●Illustratorのカラープロファイル設定
●HPのプリンタ側のプロファイル

いずれかが微妙に噛み合って無いために
そういう問題が起こっていると思われます。
Illustrator9、10以降からプロファイルの設定が
詳しくできるようになったので。
カラーマネジメントの問題は一口に表せるものではないです。

http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/AJ25.nsf/d86fa3133c3340914925696900084022/5fc59a1b78bcc86f49256a78002b78b9?OpenDocument

これの他にも、Ad...続きを読む

Q皮膚科に行った1週間後に別の皮膚科に行って良い?

こんばんは。
皮膚科(と言うよりも病院全般に言えることなのかもしれませんが)について質問させてください。
私は理由はわからないのですが、曲げると痛くて仕事にならないくらい指が爛れてしまっておりました。

3月頃に1度皮膚科(A)に行きましたが良くならず、次に評判の良いらしい皮膚科(B)に行こうとしました。
しかし皮膚科(B)の開いている時間が私のスケジュールとすれ違いばかりでなかなか行けませんでした。

皮膚科(A)で処方された軟膏が無くなったのにも関わらず症状はよくならないままで、このままでは仕事にならないと先週もう1度皮膚科(A)に行きました。
そこで飲み薬2週間分と軟膏ももう1度処方されました。
現在その飲み薬を飲み始めて1週間ほどです。

来週であれば皮膚科(B)に行けそうなのですが、まだ皮膚科(A)で処方された薬を飲んでいる最中です。
これを逃すといつ行けるのかがわかりません。

皮膚科(A)で処方された薬を飲んでいる状態のまま皮膚科(B)に行っても良いでしょうか?
または数日お薬を飲まずに皮膚科(B)に行った方が良いでしょうか?
そもそもAのお薬を飲み終わるまでは別の皮膚科に行かず経過を見るべきなのでしょうか?

お薬手帳がありますので、処方されている薬をBのお医者様に見せることはできます。

このような状態になったことが無かったため、どうしたら良いのかわかりません。
長くなってしまって申し訳御座いませんが、よろしくおねがいいたします。

こんばんは。
皮膚科(と言うよりも病院全般に言えることなのかもしれませんが)について質問させてください。
私は理由はわからないのですが、曲げると痛くて仕事にならないくらい指が爛れてしまっておりました。

3月頃に1度皮膚科(A)に行きましたが良くならず、次に評判の良いらしい皮膚科(B)に行こうとしました。
しかし皮膚科(B)の開いている時間が私のスケジュールとすれ違いばかりでなかなか行けませんでした。

皮膚科(A)で処方された軟膏が無くなったのにも関わらず症状はよくならないまま...続きを読む

Aベストアンサー

全く構いませんがAに戻るにはかなり勇気がいるでしょうね。
個人的には皮膚科というのはどうも信用ならないんですよね。私も2年ほど前、ゴルフの練習で手あれになり、通いましたが最初に行った総合病院の皮膚科ではステロイド系の塗り薬を毎回くれるんですが、変化がないとどんどん強くしていきます。することはそれだけです。で、反ステロイド派の違うところに行くと、一転してワセリンばっかりくれました。原因については分からずですし、知ろうともしてないようで、いかに皮膚科がいい加減なものか思い知りました。
結局、自分なりに考え、寝るときにワセリンを塗って使い捨てのナイロン手袋をはめるという方法を3ヶ月ほど続けることで完治しました。その後嫌味の一つでも言ってやるかと思って総合病院の皮膚科に行ってその話をしたら、真剣に感心してました。。。
私が直した方法なら、保湿重視なので、きつい薬である必要はありません。時間はかかりますが、この方法は有効だとおもいます。日中は水に触ったらハンドクリームを塗る癖をつけ、夜は完全保湿です。両手の手のひら全体にあかぎれを起こすほどの荒れでしたが、今は痕跡も残ってません。ただ、それ以来、寝る前に薄くハンドクリームを薄く塗って寝ています。(再発が怖いので)使ってるのはキスミー薬用ハンドクリームです。

全く構いませんがAに戻るにはかなり勇気がいるでしょうね。
個人的には皮膚科というのはどうも信用ならないんですよね。私も2年ほど前、ゴルフの練習で手あれになり、通いましたが最初に行った総合病院の皮膚科ではステロイド系の塗り薬を毎回くれるんですが、変化がないとどんどん強くしていきます。することはそれだけです。で、反ステロイド派の違うところに行くと、一転してワセリンばっかりくれました。原因については分からずですし、知ろうともしてないようで、いかに皮膚科がいい加減なものか思い知りま...続きを読む


人気Q&Aランキング