ネットが遅くてイライラしてない!?

事務歴ウン年、今更ながら聞くのが憚られるのでお聞きいたします。

経費の計上日は
■領収書の発行日(=店側への支払日)
ですか?それとも、
□領収書をもってきた日
ですか?
領収書を持ってくるのが月をまたいでしまうことが多い上に
領収書はまとめて精算しているので、どうしても領収書発行日と同日に弊社の現金が出ているわけではありません。

A 回答 (2件)

青色申告で「現金主義」を届け出てある場合を除いて、どちらでもありません。



支払義務が確定した日、平たくいえば買い物をした日です。
いつお金を払ったかではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答とURLありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2008/05/09 12:05

うちでは実際に経費の移動が有った日で処理しています。


基本的にはその日の内に精算ですが、出張旅費等は後日精算になりますよね。
その時は精算日の日付で一括処理しています、支払日毎に処理していたらもの凄い事になってしまいます。
又、手形を郵送した時等は振出日で処理しています。
ちなみに小切手支払の場合は引落しされた日で処理しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに旅費交通費で考えてみると
その日のうちに精算できないですね^^;
回答ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2008/05/09 12:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホテルの領収書の日付

ビジネスホテルに宿泊した際の領収書について質問です。

チェックインが深夜(日付が変わった後、予約なし)の場合、領収書の日付はどうなりますか?

到着日、出発日が記載された領収書なのですが、例えば朝方(午前5時とか)にチェックインして昼前(通常のチェックアウト時間)にホテルを出た場合です。
「2日午前5時に飛び込みでチェックイン→2日午前11時にチェックアウト」
の場合、

到着日の記載は何日ですか?遡って到着日1日、出発日2日となりますか?
もちろん宿泊代は一泊分です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 領収書に書き込まれる日にちに関しては「発行年月日」を書くのでチェックインやチェックアウトの日時は書き込まれません。
 「サービス内容などの詳細も書いてほしい」と言えば詳しい内容が書かれた資料が出されるかもしれませんが、「領収書がほしい」と言うだけなら「料金」と「発行年月日」だけが書かれた領収書になるはずです。

Q月をまたぐ出張精算について

宿泊費の精算について教えてください。

例えば1月30日~2月1日まで出張していたとします。
交通費の発生は1月30日と2月1日なので、各月で精算しようと思っています。
宿泊費の支払いは2月1日(チェックアウト時)に発生していますが、宿泊は
30日から2泊。

この場合一般的に宿泊費の精算は1月ですか?2月ですか?

また、1月30日から2月2日まで宿泊した場合は3泊分をまとめて2月に精算
しても問題ないと思っていますが、領収書を月毎に分けるか、コピーをして
各月で精算をすべきなのでしょうか?

この例では期をまたいでいないのであまり問題はありませんが、期をまたぐ
ときにスッキリ処理したいと思っています。

ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

長期の出張でもない限り、出張期間末日での全額精算で特に問題ないですよ。

Q前日に切符を購入した際領収書の日付は購入日になってしまいますか?

就職活動をしています。
企業側が交通費を負担して下さるそうで、新幹線、特急を使った場合領収書を提出します。
今は始業式シーズンで緑の窓口が長蛇の列となっているのを見たため、そのせいで乗り遅れるのが怖いので
事前に切符を購入し当日すぐに改札を通過できるようにしようと思うのですが、
そうなると領収書を頼んだとき領収書の日付は乗車日ではなく購入日となってしまうのでしょうか?
(新幹線、特急共に使うため購入の際乗車日を伝えます)

その場合、領収書の日付が選考日と違うため企業様に、
他の交通費の出ない企業を受けた分をウチに払わせてるんじゃないかなどと思われてしまうのではないかと不安です。

Aベストアンサー

窓口で手書きの領収書を発行していただく場合は、すでに回答が出ているとおりで、必要に応じて但し書きを書いていただけます。

一部の駅では、指定席券売機(http://www.jreast.co.jp/mv-guide/)
があり、この操作でも領収書を出すことができます。
その場合の領収書は、
(1)領収先は _____様 というように空欄です。手書きで追記できるようになっています。
(2)領収日は、購入した日固定です。
(3)金額は、1回の操作分がまとめて表示されます。クレジットカードの場合は「クレジット扱い」と表示されます。
(4)但し書きは、私が操作した限り、乗車券も特急券も「購入商品 JR乗車券類」固定でした。つまり、何を買ったかはわかりません。
うる覚えですが、手書き領収書を必要とする場合は、領収書を発行操作せずに窓口に行くよう表示されたような記憶があります。(理由不明、JR東日本以外も同様の発売機がありますが、違うかもしれません)
決済をクレジットカードで行った場合は、領収書とは別に、クレジットカード利用票も出て、こちらには、例えば「商品名 指定券 2枚 4月1日 はやて1号 大宮→八戸 乗車券込み」とばっちり出ます。

交通費の領収書で細かい指示があるかその企業によると思いますが、長距離の乗車券や自由席の特急券は、指定開始日から2日間有効とか複数日にわたって有効なため、前日開始としても不自然ではありません。
提出先に、領収書の但し書きを正確に要求されるなら、この券売機の領収書は不向きです。

JR東海や西日本のエクスプレス予約で、券売機発券すると、クレジットカード利用票兼領収書 が1枚で発行されます。
この場合は、前述した利用票と領収書の内容が1枚に記載されていて、切符類の乗車日・列車名・利用区間・購入日・金額の明細まで表示されます。カード番号は一部伏字xxxxとなっているので、提出用にも使えると思います。(現金払いでの表示は不明)

先週今週と高校や様々な学校の最寄り駅では、窓口に長蛇の列ができていますね。
気の利いた窓口だと定期とその他を分けて便宜を図ってくれますが、年度初めの通学定期は係員の確認作業があるので致し方ないことではあります。

窓口で手書きの領収書を発行していただく場合は、すでに回答が出ているとおりで、必要に応じて但し書きを書いていただけます。

一部の駅では、指定席券売機(http://www.jreast.co.jp/mv-guide/)
があり、この操作でも領収書を出すことができます。
その場合の領収書は、
(1)領収先は _____様 というように空欄です。手書きで追記できるようになっています。
(2)領収日は、購入した日固定です。
(3)金額は、1回の操作分がまとめて表示されます。クレジットカードの場合は「クレジット扱い」と表示さ...続きを読む

Qクレジットカードの仕訳は発行日?それとも利用日で行うのでしょうか?

クレジットカードを利用した場合の仕訳では、発行日付近で仕訳をするということですが、クレジットカードの明細には利用年月日も記載されています。

この場合、たとえば以下のような請求があった場合

請求書の発行日:3/1

履歴1 2/11 書籍購入 2500円
履歴2 2/25 携帯電話利用料 15000円

となっている場合、

a.(1)(2)とも請求書の発行日である3月1日の日付で仕訳を行う。
b.請求書に書かれている利用年月日である(1)は2月11日、(2)は2月25日で仕訳をそれぞれ行う。

どちらがよいのでしょうか。
ネットや書籍の情報ではaが正しいのではないかと思うのですが、私的に整理する上でbの方がわかりやすく感じるのですが。

教えてください。

Aベストアンサー

会計事務所に2年ほど勤務していた者です。
法人の経費を個人のカードで支払い、更に経費と個人使用分とが混ざっている。
そういう仕訳を過去頻繁に行っておりました。
(ちなみに現在経理事務ですが、そこでも同じように仕訳しています)

私が勤めておりました事務所では、質問者様の例を仕訳するとこのようになります。

3/1(クレジットカードの請求書発行日)
諸口    /  未払金   17,500
新聞図書費/  諸口    2,500   書籍
通信費   /  諸口    15,000  携帯電話料
(※余談ですが、個人使用分が含まれている場合は
 仮払金  /  諸口 とします。
 個人事業主ですと、「事業主借」ですね)

3/●(クレジットカードの引落日)
未払金   /  普通預金  17,500

上記の通り、クレジットカードの請求書発行日で、明細通りに未払金計上します。
個別の請求書は全く考慮しておりません。
勿論、物品か役務・利用料なども同一視して考えております。

法人でもこの方法で通っていますし(会計事務所だからたくさんの企業様が)、先のご回答者様が仰るように問題ないと思います。
あとは、質問者様のやりやすいようにでよいのでは。

それと、一度それと決めたら一貫して同じ仕訳方法にすべきかと愚考します。
ご参考になりましたらば幸いです。

会計事務所に2年ほど勤務していた者です。
法人の経費を個人のカードで支払い、更に経費と個人使用分とが混ざっている。
そういう仕訳を過去頻繁に行っておりました。
(ちなみに現在経理事務ですが、そこでも同じように仕訳しています)

私が勤めておりました事務所では、質問者様の例を仕訳するとこのようになります。

3/1(クレジットカードの請求書発行日)
諸口    /  未払金   17,500
新聞図書費/  諸口    2,500   書籍
通信費   /  諸口    15,000  携帯電話料
...続きを読む

Q昨年末購入した今年の航空券を今年の経費にできますか?

個人事業主です。
昨年末(H27/12)に支払った今年(H28/3)利用する航空券の代金は今年の経費にできるのでしょうか?
それとも昨年の経費扱いになるのでしょうか?

「来年乗るから来年分かな」とよく考えず領収書を整理してしまっていたため、
昨年分の確定申告・青色申告には計上していません。

どのように処理するのが正しいのか(正しかったのか)も教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

航空券の代金を経費で計上できるのは、お金を支払った時でなく実際に飛行機に乗った時になります。
ですので、支払ったH27年に経費で計上しなかったのは正解になります。

ただし、現にお金が動いているわけですので、正しかった処理は支払った時に前払金等の勘定で資産に計上し、飛行機に乗ったときに旅費交通費等の勘定に振替えるということになります。

現状ではそのようになっていないようですので、乗った際に旅費交通費等で計上してもそれほど大きな問題になることはありません。後で状況がわかるように領収書にメモをしておけば大丈夫です。

Q経費計上時期について

はじめまして。
以下のような場合、経費の計上をいつするべきなのか教えて頂けますでしょうか?

(1)1月1日ネットで商品を発注し、1月8日に代引きで支払った。納品書の日付は1月7日。

(2)1月3日ネットでクレジット払いで商品を発注し、1月6日に商品が届いた。
  納品書の日付は1月5日。

(3)12月28日ネットで商品を発注し、同日中に商品代を振り込んだ。
  商品が届いたのは1月3日。

色々調べた中では、
「商品が届いた日、納品書や請求書の日付、支払った日やクレジット決済日に関わらず、発注した日で計上する」
というのが、正しい方法だと思っているのですが、実際はどうでしょうか?

経費に関しては、かなりの初心者です。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

貴方のこの経理処理は会社でしょうか?それとも個人事業でしょうか?
経費の発生については簿記で言う「発生主義」に基づいて計上するのが原則です。
つまり貴方が商品を発注して相手がそれを受けたら、まだ荷物が届いていなくてもその商品の代金を支払う義務が発生するわけですから、その日に経費の計上をします。

っが、もし貴方が個人事業主であれば実際に代引きなどでお金を支払った日、これを実際に現金が動いた日に計上するということで現金主義といいますが、その実際にお金が動いた日で計上しても問題ないかと思います。
現金主義は企業ですと認められませんが、小さな個人のお店とかなど事実上税務署黙認しています。
ただし、今回はお金を払った日に計上して、次回は注文した日にとかごちゃ混ぜにしてはいけません。発生主義で計上するにせよ現金主義で計上するにしろ、自分の中でどちらで計上するか決めておいて一貫性を持たせてください。
あまり大きなお金が動くなら現金主義での帳簿付けは税務監査で指摘されるかもしれませんが、通常はさほど問題にされないと思います。

Q会計期間をまたぐ費用の処理

3月決算法人です。
会計期間をまたぐ出張3/27~4/3がありました。

(1)出発前に航空券の支払が発生しています。
(2)出張中は移動など交通費、宿泊費、日当が発生します。

費用の計上は当期でも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

企業財務会計の目的は、企業の財務内容を公開明示することによって、企業の状況についての利害関係者の判断を「誤らせないようにすること」であり、性質・金額の重要性の乏しい項目については、本来的に厳密な財務諸表の表示の方法によらないことが認めらています。
「重要性の原則」です。
お尋ねの費用の場合、会計上今期に入れても重大な影響を及ぼすとは考えられません。
したがって当期に計上しても大丈夫です。

Q経費の計上時期を教えて下さい

経理初心者です。
3月に会社で1つ約4万円のキャビネットを4つ注文しました。納品は4月に入ってからです。
3月に発注した時に未払計上をしたのですが間違っていたのでしょうか?4月に計上すべきだったのでしょうか?
先方から4月末締めの請求書が届き、それを見た同僚から向こうの売上時期と合わせないとまずいのではないかとのアドバイスがあり、一般経費の計上時期をいつにするかがわからなくなってしまいました。
いつ計上すべきなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

企業会計で「計上」(=仕訳を起すこと)を行うのは企業の財産状態の変化が生じたときです。

キャビネットを注文するだけでは、企業の財産状態に何の変化も生じません。キャビネットが企業に納品された時点で財産状態が変化します。納品日の日付で「器具・備品」という資産が増加し、同時に「未払金」という債務が発生します。

納品日の日付:
〔借方〕器具・備品160,000/〔貸方〕未払金160,000

4万円のキャビネットを4つ買ったのですから、税務上は費用に計上することが認められるので、

納品日の日付:
〔借方〕消耗性備品費160,000/〔貸方〕未払金160,000

と仕訳しても構いません。

なお、請求書が届いても企業の財産状態に変化が生じるわけではないので、請求書の日付で仕訳するのは誤りです。また、購入先の売上時期と合わせる必要は全然ありません。企業経理は、他社とは無関係に、企業独自の基準で行うものだからです。


(以上、消費税込経理)

Q請求書の日付と実際の支払日について

かなり初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願いします。
12月にとある業務を行い、ある方に手伝って頂きました。
うちでは月末締めの翌月末払いですので、その方に請求書を12月の月末までに送ってくださいとお願いしましたが、忘れていたみたいで結局請求書が届いたのは1月の中旬でした。
ですが、請求書の日付は12月と書いてあります。
この場合は請求書が届いたのが1月なので、1月末締めで処理をして2月末払いでも問題ないのでしょうか?
それとも、請求書の日付が12月なので、1月末に支払うべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは契約を確認したほうがいい。

「月末締め」ってのは、計算期間が毎月初から月末だという意味になるのが一般的だ。そうでなく請求書の到着日という意味にするのなら、そのように契約ではっきりさせておく必要があるだろう。はっきりさせていないのであれば、「月末締めの翌月末払い」だからといって請求書未着の場合に翌月回しにすることは出来ないと考えたほうがいいだろう。

また、契約に、請求書未着なら支払を1ヶ月遅らせるという定めがあるかどうかも確かめたほうがいい。そのような定めがあれば、遅らせる根拠となる。定めがなければ、遅らせる根拠に乏しい。


それから、建設業なら建設業法を確認したほうがいい。支払を遅らせると抵触するおそれがある。「国家が法令類で管理していることがらではありません。」という回答は間違いだ。なお、下請法で親事業者となるのは法人に限られるから、「貴社が下請法の対象ならばより注意が必要なことです。」という回答はあなたには無関係だ。


法に依拠すると、このような回答になるぜ。

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング