マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

タイトルの通りなのですが、勘定科目を英訳すると何になると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ウェブ上で確認できる情報ですが、以下のURLではいかがでしょうか。



http://www.bookkeeperlist.com/basics.html
ここではaccount typeと言っています。

http://www.accounting-and-bookkeeping-tips.com/l …
ここでは単にaccountと呼んでいます。

こう言う感じですか?

参考URL:http://www.bookkeeperlist.com/basics.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれからGAAP関係の書物を見て考えてみたのですが、勘定科目を英語にするとAccount/Accountsまたは Account Type/Account Typesというのが適訳だということになるようです。

General Ledger Accountsだと、実務的過ぎるので、勘定科目の英訳としては不適切みたいですね。


たびたび投稿して頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2002/11/19 14:55

>そういった具体的な状況というのはないのですが、勘定科目といった場合英語では何と言うのか知りたいだけです。


これはどう言う意味ですか?
具体的な内容なしにどのような基準で納得されるのでしょうか。
米国のdouble entry book keepingの参考書でもご覧になったらいかがですか。
accounting terminologyの事なのか、book keeping での事なのか、さっぱり分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この投稿を読んだ後で、キーワード「勘定科目」でグーグル検索してみました。

検索でヒットされたサイトで「勘定科目」という用語がどのように使われているのか見て思ったのですが、経理用語としては少し曖昧な使われ方をしているみたいです。

今の所、勘定科目とは"Accounts" "Title of Accounts"と訳すのが無難なのかなという気がしています。

#4でご紹介して頂いたサイトですが、今まで"accounting terminology glossary"などで検索していたので、"bookkeeping"で検索することは思い付きませんでした。

>accounting terminologyの事なのか、book keeping での事なのか、さっぱり分かりません。

英文経理で使われる用語にははっきりとした定義があります。アタシがわからないのは、日本の経理というか簿記関係のサイトで「勘定科目」を英語に訳すときに、「勘定科目」=これ、というようにはっきりと対訳されていないことです。

前にも書きましたが、専門用語には殆どの場合、これにはこれ!という風にピッタリした対訳があるのではないかと思います。

だから、この場面では勘定科目は"account type/types" または"account headings"というように、訳仕方が変わることに納得がいきません。

#1で"Title of account"は銀行の口座名のようだと言いましたが、これを大文字の複数形にして"Title of Accounts"とすると、"Chart of Accounts"
の Title of Accounts"のタイトルというように見えます。些細なことですが、この違いは大きいのです。これだったら、勘定科目の対訳になるかと思います。

それから、"account headings"について調べてみましたが、この言い方はイギリスの会計用語としては一般的みたいですが、国際基準と言われるアメリカの会計原則ではあまり使われることがないような気がします。

まだ、すっきりしないところがあるので、締め切りはもう少し延ばします。

度々のご投稿ありがとうございます☆

お礼日時:2002/11/18 01:05

konekoさんは経理用語を分かっていたと記憶していますが・・・


Account headingでも通じますが・・・
Accountの種類の名前なので、title of account とかname of accountとかaccount itemとか色ありますが・・・
Account codeもありますし。
General ledgerは総勘定元帳で、general ledger accountが総勘定元帳勘定ですが、
ご質問は、買掛金などの用語を総括する勘定科目を英語でどう言うか、と言う意味でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういった専門用語には定義があり、それに対比する英語の専門用語があると思います。

ご紹介頂いた回答ですが、文の流れによって使われる用語が変わることがあるということはないと思うので、ぴたりとくるものはないようですね。

>general ledger accountが総勘定元帳勘定です

これは確認させて頂きました。どうもありがとうございました。

自分でも納得がいくまで、このことは調べるつもりなので、お付き合い頂けましたら幸いです。

>ご質問は、買掛金などの用語を総括する勘定科目を英語でどう言うか、と言う意味でしょうか。

そういった具体的な状況というのはないのですが、勘定科目といった場合英語では何と言うのか知りたいだけです。

お礼日時:2002/11/16 01:28

翻訳サイトで調べてみると 二通り 出てきました。


Title of account
Account headings

参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。

私は勘定科目を英訳すると「General Ledger Account/Accounts」になるのかなと思っていました。

「Title of account」 は銀行などの口座のタイトルという意味になると思うので、違うのではないかと思います。

「Account headings 」については、少し考えさせて頂きたいと思います。

お礼日時:2002/11/15 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理用語で「計上」と「「振替」は?

ご存知のかた、よろしく御願いします。

経理上の処理で、「計上する」、「振替える」というのは
英語でなんと言えばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

計上するは、一般的にbookでしょうが、いろんな状況には下記を参照:
http://eow.alc.co.jp/%e8%a8%88%e4%b8%8a/UTF-8/
振替えるは、送金でしたら、transferでしょうが、これも下記参照:
http://eow.alc.co.jp/%e6%8c%af%e6%9b%bf/UTF-8/

QAP と GL って何?

大変、安直な質問なのですが、経理用語というか経理パッケージによく記載され
ています。「AP」と「GL」というのがありますが、これは一体何の略で日本語に
訳すると何というのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AP--> Accounts Payable
直訳すると「支払勘定」
一般的には、買掛金、未払勘定、未払金のことなのだと思うのですが、通常経理用語として日本語にするときは「買掛金」となっていることが多いと思われます。

GL--> General Ledger
直訳すると「総勘定元帳」

基幹システムにおいては、GLと呼ばれる「会計モジュール」を中心に、APと呼ばれる「支払/買掛管理モジュール」、ARと呼ばれる「売上/売掛管理モジュール」を組み合わせてシステム構築・運用をすることがあります。

Q略称→A/Cは勘定科目の意味だと思いますが、何の略ですか?

こんにちは、みなさん!!

A/Cとよく、書いている会計の専門家
の方を見受けますが、これは勘定科目
の事であると思います。

では、この正式な名所は何でしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろし
くお願いします。

Aベストアンサー

Account です。

会計・経営略語辞典
http://homepage3.nifty.com/nkuri/abbr.html

参考URL:http://homepage3.nifty.com/nkuri/abbr.html

QG/L Account Reconciliation

G/L Account Reconciliation とは
どういったものかを教えてください。

仕事で月末の会計報告の話をしている時に
出てきました。

質問するタイミングを逃して
いまさら、聞きづらくて。。。

お願いします。

Aベストアンサー

わたしもgeneral ledger reconciliationとおもいます。
総勘定元帳勘定照合確認 といった意味でしょう。
■general ledger : 総勘定元帳{そうかんじょう もとちょう}
■general ledger account : 総勘定元帳勘定{そうかんじょう もとちょう かんじょう}
■general ledger controlling account : 総勘定元帳統制勘定{そう かんじょう もとちょう とうせい かんじょう}
■general ledger treatment : 総勘定元帳処理{そうかんじょう もとちょう しょり}
■general ledger trial balance : 総勘定元帳残高試算表{そうかんじょう もとちょう ざんだか しさんひょう}
■reconciliation of a bank statement : 銀行勘定報告書の突き合わせ
■reconciliation statement : 勘定付き合わせ表
■reconciliation statement for current account : 当座照合表{とうざ しょうごう ひょう
英辞朗

わたしもgeneral ledger reconciliationとおもいます。
総勘定元帳勘定照合確認 といった意味でしょう。
■general ledger : 総勘定元帳{そうかんじょう もとちょう}
■general ledger account : 総勘定元帳勘定{そうかんじょう もとちょう かんじょう}
■general ledger controlling account : 総勘定元帳統制勘定{そう かんじょう もとちょう とうせい かんじょう}
■general ledger treatment : 総勘定元帳処理{そうかんじょう もとちょう しょり}
■general ledger trial balance : 総勘定元帳残高...続きを読む

Q大分類、中分類、小分類

ずばりタイトルの通りです。
それぞれ英語で何て言うのでしょう。

Aベストアンサー

分類する対象によって異なってきます。
日本でも大項目、中項目、小項目と言ったり、
XX科▲▲目と言ったりするでしょ。
 
大分類はlarge classificationが一般的ですがをupperを使ったり、
あるいはcategoryを使った場合に、中分類にfamilyを置いたりと。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q英語で「有無」の表現は?

よろしくお願いします。

英和辞書で引くと「有無」という言葉がありません。
有り、無しでの単独ではあるのですが、どうしても文章となってしまいます。
操作画面上での「有無」を英訳する場合の適切な表現を教えてください。

(例)
IC 有
IC 無
操作画面上のメッセージです。

Aベストアンサー

こんにちは。#2です。

補足を読むと ON と NO でいけそうですね。
on I/C   no I/C

「操作パネルに表示し・・・」ですが
I/Cが乗っていない場合、エラーが予測されるのであれば
I/C有り グリーン表示 
I/C無し 赤(黄)表示
とI/Cの文字を反転させビジュアルで訴えても良いような気がしますね。
仕様外になるなら無理ですが・・。

Q会計用語の「AP or/and AR」とはどういう意味でしょうか。

英文レジメのスキルチェックシートの中に「AP or/and AR」という用語があるのですが、これはどういう意味でしょうか。

ARは辞書で調べると、acknowledgment of receipt 受領通知{じゅりょう つうち}とあったのですが、APは分かりませんでした。

また、ARについては意味は分かったのですが、受領通知の経験ってなんだろうって考えちゃうんですが・・・。

レシートを受領するって事ですから、それをもらって清算する、即ち出納係りの事でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

タイプミスがありましたので、再度書きました。

会計用語の場合、ARときたらAccount Receivableだと思います。またAPはAccount Payableで日本語では前者は販売した商品で今後入金があるという意味です。また後者は受け取った荷物があって期限内に支払いが発生するというととになります。日本語では売掛と買い掛けでしょうか。

Q勘定科目と費目の違いは何でしょうか

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。例えば、現金、当座預金、普通預金を1つのグループにまとめた場合のそのグループ。

(2)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目。

(3)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。

(4)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をさらにいくつかの小さい項目に分けた場合の、それぞれの小さい項目。

費目と勘定科目との違いは何でしょうか。
そのとき、もし可能であれば、「費目とは...。」の形で頂けると有り難いです。

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)...続きを読む

Aベストアンサー

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分として用いられる用語であるのに対し、「費目」はもっと一般的に用いられる用語である点だと考えます。

したがって、具体的な「費目」の事例と「勘定科目」の事例とは、重なる場合があります。

原価計算基準は、財務諸表で用いられる表示上の区分単位の名称や、仕訳で用いられる区分単位の名称を定める役割を与えられていないので、「勘定科目」ではなく「費目」という用語を用いたのではないでしょうか。
加えて、元のデータが「勘定科目」別に集計されていたとしても、それに囚われることなく、原価計算上必要と思われる単位(=「費目」)に組み直してから原価計算をしなさい(結果として「費目」別の区分が「勘定科目」別の区分と一致するのなら、もしくは組み直す必要が無いと原価計算遂行者が判断したのなら、それはそれで構いません)、ということも示唆しているものと思います。

以上は、文末の表現からもお分かりいただけるとおり、記憶や推定に基づいております。不確かな情報であることを、お詫び申し上げます。

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分とし...続きを読む

Q未、済、完了の英訳は?

前回類似件名で質問したのですが、
質問の仕方があまり良くなかったと思い質問し直させて頂きます。

ある項目に対して「未」、「済」、「完了」のいずれかを選択させたい帳票があるのですが、
これを英語で実現するにはどのような単語が当てはまるのでしょうか?(1,2語程度で)
「済」、「完了」については「done」が好ましいのかなと思っていますが
いかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No. 2 です。

なるほど。。。
そういうことなのでしたら、“Done” と “Not Yet” が適切だと思います。

“Yet” は単独で用いられる場合、『まだ~ない』という意味に取られることはなく、接続詞の『でも』の意味で取られます。
なので、選択肢が “Done” と “Yet” であったとしても、理解してもらえない可能性が残ります。
それを排除するためには、“Not Yet” とするべきだと思います。

ご参考まで。^^


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較