出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。
ゴボウの美味しい漬物のレシピがあったら教えてください。
具体的には京都の漬物で有名な『西利』のゴボウの漬物の作り方などご存知の方、レシピやアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

専門店では一度に大量に漬けるのが前提ですので、


少量しか漬けない家庭で専門店の味を再現するのは
限りなく不可能に近いです。ってのが前提で。

まずは下ごしらえ。
ごぼうはたわしなどでよく洗っておきます。
漬ける容器に合ったサイズに切りそろえます。
ボウル等にごぼうがかぶるくらいの水を入れ、
酢を少量入れ(5%見当、水1リットルに酢50ccほど)、
ごぼうを漬け、30分~1時間アク抜きをします。
ごぼうを沸騰したお湯で5分ほど茹で、
氷水にあけ、水気をよく拭き取ります。

アク抜きをしている間に漬け汁を準備します。
醤油漬けにするなら、醤油100ccに対して、
みりん50cc・酒50cc・砂糖大匙2を目安にします。
みりん・酒・砂糖を鍋に入れ、アルコールを飛ばし、冷ましておきます。
冷めたら醤油をあわせ、漬け汁が完成。
量はごぼうの量・容器の大きさで調節してください。

味噌漬けにするなら、味噌500gに対して
みりん50cc・酒50cc・鷹の爪1本を目安に
みりん・酒・鷹の爪を火にかけ、アルコールを飛ばして冷まし、
冷めたら鷹の爪を取り、味噌とよく混ぜ合わせておきます。

漬け込み。
醤油漬けにするなら、消毒した密閉できるビンなどにごぼうをいれ、
合わせた漬け汁をごぼうが隠れるくらいまで入れ、
鷹の爪を1本投入して、密閉して冷暗所へ。

味噌漬けの場合は、消毒した密閉容器に味噌を3分の1量敷き、
ごぼうに味噌を満遍なく塗りながら並べ、
上に残りの味噌を塗り、ラップなどで空気を遮断して、密閉。冷暗所へ。

どちらも2週間ほどで食べられるようになりますが、
長くつけておいたほうが味は良いようです。

あとは、好みで味を調節してご家庭の味を見つけてくださいませ。




糠床が有れば一番早いんですけどね、本当は。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qごぼうの漬物のようなもの

昔食べたのですが、
ごぼうの細いものでこりこりした食感で
甘いような味がした漬物のようなものが食べたくなりました。
あれは何というやつか心当たりのある方教えてください。

Aベストアンサー

ヤマゴボウの醤油漬け、味噌漬けの類だと思います。
近頃の山菜類はほとんどが畑で栽培されているので、特に貴重品ということはありません。

他の回答にもある通り、一般に「ヤマゴボウ」と呼ばれているのはゴボウと同じキク科の「モリアザミ」の根です。
市販のゴボウの醤油漬け・味噌漬けには、ヤマゴボウではなく若採りした細いゴボウを使っている製品もあります。
ゴボウかヤマゴボウかは、原材料表示に明記されているので区別できます。

なお、似た名前でヤマゴボウ科の「ヤマゴボウ」や「ヨウシュヤマゴボウ」という植物がありますが、これの根は有毒なので食べられません。

Q身震いするほどしょっぱい漬物

先日、原料が野菜と塩と糠だけの漬物を購入しました。野菜は大根、にんじん、ナスです。
軽く洗って、薄く切って口に放り込んだところ…強烈にしょっぱい!!!
そのままではとてもではないが食べられないので、みじん切りにしてご飯に混ぜたりしていますが、ほんのちょっとでもじゅうぶん塩辛いのでなかなか減りません。
なにかよい食べ方はないでしょうか?

あとついでに質問しますが、
市販品には軒並みブドウ糖液で甘みがつけられていますが、ほんらい漬物って、ものすごく塩辛いものなんでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、昔ながらの漬物というものは非常に塩辛いものです。
代表的なもので、「本漬け梅干」ですと約20%の塩分濃度をもっています。

因みに普通の人がちょうど良いと思う味噌汁の塩分濃度がほぼ1%です(個人差はありますが0.8~1.2%位です)。

そう。本来塩分というのは非常に少量で人には「効く」ものなんです。

ですが、それではほとんど保存できません。

仕方なく、塩を入れている訳です。

さて、ではその昔の人々はどうやって食していたのか。

半分は調味料も兼ねて、鍋等に入れる事が多かったようです。
野菜を生で食する風習は昔はほとんどありませんでした。
産地以外ではその保存の難しさから、乾物もしくは漬物状態で流通していたのです。流通手段がほぼ人足(馬)か、船でしたから。日にちがかかって当たり前ですね。

サラダというのは文明開化後に外国から持ち込まれた食事方法といわれています。

また、日本の工業が発展するに伴い、砂糖、アルコールなどの工業的大量生産が可能になり、これらを漬物等日常食品に加えられるまでに値段が下がった事で、今日の、糖分やアルコールを加える事により、低塩分でも保存可能となったのです。

また、最近の、特に安い「漬物」に多いのですが、すでに製法が漬物ではなくなっているものも非常に多いです。
じゃあどうやって作るのかというと、材料を下ごしらえ(洗浄、カット)した後、風乾して、水分を抜きます。
その後、調味液(混合漬物風味液)で煮るのです。(極端な製法ですと、パッケージングに、干した野菜と、調味液入れるところもあります)。その後に包装して熱殺菌(つまり煮る)して出来上がり。
この製法ですと、密封してから殺菌しますので、低塩分でも十分に保存ができます。「開封後はお早めにお召し上がりください」などと書かれているのはそういう理由です。
そう。漬物風味の「煮物」なんですね。

さてと、補足はこれ位にして、じゃあどうやって消費しよう、となるのですが、まあ、昔ながらの手法にのっとると、調理サイズ(拍子切りなど)に切って水に晒します。
これですと、比較的すばやく塩分が抜けますよ。

ただし、当然のごとく、水溶性のビタミン等はほとんど残りません(昔はご飯の基本は玄米、芋、雑穀でしたから、それでも栄養バランスが取れていたのです)。

先に述べたように、軽く水に晒し、ある程度塩分が残った状態で、その塩分を利用する形で、煮物にするのが一番でしょうね。
まあ、普通の煮物と違って、漬物内部から塩分が出てくるのを待たないといけないですから、当然時間はかかります。
その代わり、一度に大量の漬物が消費できますよ。

後は変わった消費方法で、お好み焼きに混ぜ込むという方法も、意外といけます。

炊き込みご飯に醤油の代わりに入れたりという方法もありますし、他の生野菜と一緒に刻み込んで、巻き寿司やおにぎりの具に使ったりします。
また、そのまま刻んで、ダシ巻きの具材にアクセントとして入れたり、納豆や山芋のとろろに入れたり、豆腐の上に散りばめたり(味もですが、食感に変化が出て面白いです)。

要は「野菜でできている調味料」として捉えると意外と応用範囲が広がるものです。

昔はこういう保存食をいかに有効活用できるかも、主婦の腕の見せ所だったものです。がんばって色々考えてくださいね。

そうですね、昔ながらの漬物というものは非常に塩辛いものです。
代表的なもので、「本漬け梅干」ですと約20%の塩分濃度をもっています。

因みに普通の人がちょうど良いと思う味噌汁の塩分濃度がほぼ1%です(個人差はありますが0.8~1.2%位です)。

そう。本来塩分というのは非常に少量で人には「効く」ものなんです。

ですが、それではほとんど保存できません。

仕方なく、塩を入れている訳です。

さて、ではその昔の人々はどうやって食していたのか。

半分は調味料も兼ねて、鍋等に入...続きを読む

Qゆでたタケノコに残ったえぐみを何とかする方法

初めて朝掘りタケノコを丸ごと1本買ってきてゆでました。
ゆでたものを半分ほどワカメと一緒に煮たのですが、非常にキツイ
えぐみ(アクでしょうか?)があって、あまり食べられませんでした。
米のとぎ汁と唐辛子4、5本でゆでたんですけど・・・。

米ぬかじゃなくて米のとぎ汁だとアクが残るんですか?
ゆでたものがあと半分(主に下の方)残ってるんですが、このえぐみを
今から何とかする方法はないでしょうか?
もしくは、えぐみが消えるような料理法はありますか?
(揚げれば大丈夫なのかな・・・)

えぐ~いタケノコの煮物がまだ残ってますけど(T_T)、
これはもうどうしようもないですかね・・・(^_^;)

Aベストアンサー

筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。
スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。
ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。
私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。
実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。筍のムニエルですね。これ、ほんとおいしいですよ。

もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。
こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。
にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。
木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。

そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか?

筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。
スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。
ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。
私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。
実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦...続きを読む

Qオクラ食べる時、ゆでる?生?

普通に輪切りにして、鰹節ふりかけて、しょう油かけて
食べるんですが、ゆでた方がいいですか?
生でもOKですか?生の方がおいしい?
教えて下さい。

昔、親がゆでてたような気がして・・。
気のせいかも・・。

Aベストアンサー

オクラは生でも食べられますが、産毛のイガイガが気になるので、
さっとお湯に潜らせると鮮やかな緑色になり、青臭さもなくなり
粘り気もあって美味しいです。
茹でるといっても色が変わる程度です。

オカカと醤油をかけてそのままでも良いですが、胡瓜のスライスとあわせても
美味しいですよ。

その他に、煮魚を煮て最後に加えると魚の添えになり良いですよ。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q塩抜き

漬物の下漬けで塩の加減を間違いたらしく凄くショッパイんです
うまく塩抜き出来る方法教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

「呼び塩」という方法で塩を抜きましょう。

水200ccに対して小さじ1/2の塩を入れたものに10~15分ほどつけて置けば、余計な塩気はほとんど抜けます。

なお、「呼び塩」は、野菜に限らず魚の干物やカズノコなどの塩を抜く場合にも有効です。
その場合はお茶の葉(ダシガラでかまわない)を一つまみ入れると、水っぽくなるのを防げます。

なお、塩は食卓塩などよりも、岩塩などミネラル分を含んだものにしたほうが美味しくなります。

Qかなり時間の経った服のシミの対処法をご教授ください

先日、衣替えで冬服を出したらシミがついた服が出てきました。(何のシミかは不明)

服は綿100%の白いジャージで、袖や背中には赤色や青色のカラーデザインが入っています。

漂白剤で洗濯したり、漂白剤をつけてブラシでこすってみたりしてもシミは落ちず、漂白は無理かな~・・・という状態です。


そこで、漂白をするのではなく、シミの上に白を塗って隠そうかと思っています。
牛乳、歯磨き粉、白インク、絵の具・・・いろいろあると思いますが、うまく隠すには何が最適でしょうか?
また、もし漂白できる手があるのならぜひご教授ください。

Aベストアンサー

私もお気に入りのシャツ(カッターシャツみたいなの)の
古いシミに困ってた時にTVでやってた方法でやったら
キレイに取れたのでやってみてください。

用意する物
・重曹(ドラッグストアで売ってます)
・お酢
・やかん

(1)シミの部分に重曹をふりかけます
(2)その上にお酢をかけます
化学反応が起き、しゅわしゅわと泡立ちます
(3)さらにやかんの蒸気をあてます
15~30秒は当ててください

これだけです。
重曹とお酢で化学反応を起こし、やかんの蒸気の更なる化学反応で
シミを撃退するんです。
重曹は余っても入浴剤に使えます。お肌がスベスベになるので
オススメですよ。

Qおかゆによく合う味濃い目のおかず

シンプルなお粥に合う味が濃い目の簡単おかず(あて?)を作りたい!

仕事後帰宅が遅いので、胃に負担をかけないようお粥を食べますが
それに合うおかずがマンネリ化しています。

休みの日に作りおきできるようないいおかずありませんか?

・脂っこいものはNG
・お粥がシンプルなので味の薄いものよりも濃い目のもの

海苔の佃煮、ネギ味噌、いかなごの佃煮は定番ですので、それ以外のものでお願いします。

Aベストアンサー

消化に良くて、味の濃いものですね^^

保存したいのであれば
●切干大根編(千切りの乾燥の場合キッチンバサミで細かく切っておきます)
(1)醤油漬け:(出汁醤油:みりん 5:2)に漬け込む
(2)味噌漬け:(味噌:みりん:醤油 3:2:3)に漬け込む
*上記はジップロックだと便利です

●乾燥昆布編(お湯で戻してから千切りにする)
(1)昆布の佃煮(おかか・干し椎茸千切りと醤油・酒で圧力鍋で煮込む)

●梅干編(塩分の高いもの種を取って、叩いておく)
(1)練り梅風(おかか・煎りゴマ・ゆかり・梅の叩きを合わせて叩く)
(2)味噌梅(七味唐辛子・味噌・葱・叩き梅をあえる)

●青しそ
(1)紫蘇味噌(紫蘇に塩をたっぷり振り、しんなりして来たらしっかり水気を絞り微塵切り。お好みの葱味噌     に練りこむ
(2)塩の紫蘇漬(紫蘇にしっかり塩を振って水気を絞り、千切りにし塩を少々振る。佃煮に混ぜても・その       ままでも充分おかゆに合います[お好みで味の素を少々入れてもOK]

卵の黄身
(1)味噌漬け(黄身をガーゼに包み、味噌と醤油で漬け込みます
(2)醤油漬け(タッパに昆布を敷き黄身を入れておきますひたひたになるまで醤油を注ぐ)

ザーサイ(千切りにして熱湯で塩抜き〈30分位)をしてから水気を良く絞って)
(1)梅ザーサイ(練り梅風と一緒に混ぜておく)
(2)葱味噌ザーサイ(お手持ちの葱味噌と和えておく)
(3)醤油ザーサイ(醤油:みりん:酢 8:1:1 に漬け直す)

山椒の実塩漬け
(1)ちりめん山椒
(2)醤油山椒(麺つゆ濃縮タイプに漬け込む)
(3)鯛山椒(一夜干のタイをよく焼き、身をほぐす ほぐし身と山椒を焦がさないように乾煎りする)
(4)梅山椒(練り梅又はカリカリ梅を刻んだものに、刻んだ山椒を混ぜる)

魚編
(1)鮭の味噌漬け(塩辛い味噌に1週間位漬け込み焼いて身をほぐす)1ヶ月位漬けて置いても旨み成分         も増えて保存ができます)        
(2)乾燥オキアミ・桜海老の乾燥
 ●粗塩を振ってゴマと乾煎りします。味噌と混ぜても美味しいです)
 ●オキアミの佃煮 海苔の佃煮と作り方は同じです

色々とレシピはありますよ。
旬の素材を生かすのもいいですね。

買い置き可能であれば、モズク粥は消化に良いです。市販のモズクに付属のタレと梅干を叩いて入れおかゆに乗せる食べ方もあります。

ご主人様のお体を気遣って頑張っていらっしゃるので、色々参考に作ってあげてみてください^^    

 

消化に良くて、味の濃いものですね^^

保存したいのであれば
●切干大根編(千切りの乾燥の場合キッチンバサミで細かく切っておきます)
(1)醤油漬け:(出汁醤油:みりん 5:2)に漬け込む
(2)味噌漬け:(味噌:みりん:醤油 3:2:3)に漬け込む
*上記はジップロックだと便利です

●乾燥昆布編(お湯で戻してから千切りにする)
(1)昆布の佃煮(おかか・干し椎茸千切りと醤油・酒で圧力鍋で煮込む)

●梅干編(塩分の高いもの種を取って、叩いておく)
(1)練り梅風(おかか・煎りゴマ・ゆかり・梅の叩き...続きを読む


人気Q&Aランキング