福井の武将朝倉家は朝倉義景の代に滅亡したと伝えられますが、
その後、子供や一族がどうなったかご存じの方がいらっしゃったら
教えてください。

A 回答 (2件)

 朝倉義景の曾孫(一説にはまたいとこ、父の名は在重)朝倉宣正が徳川忠長の附家老として、将軍家よりつけられましたが、監督不行き届きとして、郡山に流されました。

子孫は土井家に家老として召抱えられ、下総古河、伊勢亀山、肥前唐津藩を歴任しました。これほどの名家ですから、断絶は考えられません。
(参考)
http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/kikaku1 …
一族として
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/mizoe_as.h …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ホームページ見ました。
そんな活躍をしていたのですね! ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/14 15:49

朝倉氏は歴史ある名族ですから、同名衆といわれる一門衆をはじめとした


同族が越前国内に繁栄していました。滅んだといっても、あくまでも戦国
大名としての話ですから、朝倉氏そのものが消失してしまったというわけ
ではないでしょう。たとえば、義景の弟の曾孫にあたる朝倉宣正は徳川大
納言忠長の付家老として遠州掛川を領していました(忠長滅亡後に徐封。
のち土井氏に仕官)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほどそうなのですね。
名前を変えた一族がいるとか、関東やもともとの兵庫に戻ったという話を
聞いた気がしていたのですが、やはり場所を移して活躍していたのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/14 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwordpressのカテゴリ一覧ページについて

wordpressでcategory.phpをカスタマイズしてカテゴリ一覧ページを作りたいのですが、下記のようなカテゴリ構造の場合

カテゴリ1(大カテゴリ)
 LカテゴリA(中カテゴリ)
  Lカテゴリ(1)(小カテゴリ)
   L詳細ページ1
   L詳細ページ2
   
カテゴリ2(大カテゴリ)
 LカテゴリB(中カテゴリ)
  Lカテゴリ(2)(小カテゴリ)
   L詳細ページ1
   L詳細ページ2

各カテゴリ一覧ページで
(1)大カテゴリ一覧ページには中カテゴリへのリンクのみ表示
(2)中カテゴリ一覧ページには小カテゴリへのリンクのみ表示
(3)小カテゴリ一覧ページには各詳細ページへのリンクのみ表示
の3種類のページを作りたいのですが、
各カテゴリが可変の場合<?php in_category(ID);>は使えないと思うのですが、
wordpressで上記の条件に対応するテンプレートタグはあるのでしょうか?
(例:子孫カテゴリがない場合の条件分岐や親カテゴリがない場合の条件分岐等)
いろいろ調べましたが、該当するものが見つからず困っています。
どなたかご教授頂ければ、非常に助かります。よろしくお願い致します。

wordpressでcategory.phpをカスタマイズしてカテゴリ一覧ページを作りたいのですが、下記のようなカテゴリ構造の場合

カテゴリ1(大カテゴリ)
 LカテゴリA(中カテゴリ)
  Lカテゴリ(1)(小カテゴリ)
   L詳細ページ1
   L詳細ページ2
   
カテゴリ2(大カテゴリ)
 LカテゴリB(中カテゴリ)
  Lカテゴリ(2)(小カテゴリ)
   L詳細ページ1
   L詳細ページ2

各カテゴリ一覧ページで
(1)大カテゴリ一覧ページには中カテゴリへのリンクのみ表示
(2)中カテゴリ一覧ページには小...続きを読む

Aベストアンサー

<?php
$cat_id = get_queried_object()->term_id;
$results = get_categories('child_of='.$cat_id);
if (!empty( $results )) : // 子カテゴリーあり
wp_list_categories('hierarchical=0&child_of='.$cat_id);
else : // 子カテゴリーなし
$posts = get_posts('cat='.$cat_id.'&posts_per_page=-1');
// ループでポスト表示
endif;
?>

Q関ヶ原の戦いで敗れた外様武将側の武士のその後?

関ヶ原の戦いで敗れた武将側の武士は、
その後、武士の身分を失った人たちもいたのでしょうか?

外様大名になれなかった武将の配下の武士たちが、
どのような末路をたどったのかが、気になります。

Aベストアンサー

現代のサラリーマンと同じですよ。
会社が潰れたら、別の会社(再就職先)を探す。

たいてい、どっかの藩に再仕官したようです。
まぁ、当然、どこからも採用してもらえなかった人間も存在したでしょうが。
その場合は、武士を続けたくても続けられないわけで。

日本の将棋が西洋のチェスと大きく違い難しいのは、相手から取った駒を今度は自分の駒として利用出来るところ。
日本の戦は、大将の首を取ったら終わりなんですよ。
なんかよっぽど恨みを買っていたような場合を除いて、配下の武将はお咎め無しです。

それに武士は主君に何があっても忠誠を尽くせ!というような思想は江戸時代になってからです。
それまでは、一度主従関係を結んでも、下の人間が上の人間を見限ったら、とっとと他の武将のところへ鞍替えする、というような事は当たり前のように起きてましたから。

Q旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関

旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関係が続いているケースはありますか?(例=会社社長と社員、主人と使用人など)ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>今も主従関係が続いているケースはありますか

ありますよ。
旧華族については、不明ですが・・・。

愛知県犬山市にある「犬山城」は、旧名古屋藩付け家老である成瀬家が2004年まで個人所有していました。
現在は、財団法人犬山城白帝文庫(理事長は、成瀬家子孫)に所有権を移転しています。
昔、ここの職員に旧家臣の子孫がいると聞いた事がありますね。

他にも、旧藩主が持っていた古文書・美術品などを保存管理している「○○家公益会」「○○家美術館」などに、旧主従関係が続いている事があるようです。

幕府旗本家臣団の子孫の集まりである「柳営会」は、今でも徳川宗家と交流を続けています。

Q戦国時代の武将が戦死すると一族郎党妻子も死んだ

http://www10.ocn.ne.jp/~kamitsu/jusonoyurai.html

上記に次のように記されています。

柳田国男著の「十三塚考」によると、戦国時代の武将が戦死すると、その場で一族郎党、妻子すべてがともに死んだ。
それを土地の人々が哀れんで祭ったのが十三塚というものである。
これは全国にもあり、十三付近も戦国時代は非常に多くの戦乱の場となり、戦死者も出たので十三塚と関係があるのではないか。
十三塚の塚を省いて十三となったかもしれない。

(上記より引用)

戦国時代の武将が戦死すると、その場で一族郎党、妻子すべてがともに死んだというのは本当ですか?
そんなことすると、先祖の霊を祀る人がいなくなってしまいますが~。

井沢元彦さんがこんなことを書いておられたと思います。

聖徳太子は非常に強力な怨霊だった。
なぜ聖徳太子が強力な怨霊になったのかといえば、子孫が全員斑鳩寺で首をくくって死んだからである。
本来ならば、子孫が聖徳太子の霊を慰霊(供養?)しなければならないのに、聖徳太子にはその子孫がいなかった。
それで人々は聖徳太子の怨霊をひどく恐れた。

今でも先祖の霊を子孫が慰霊する習慣があるので、戦国時代にそういう習慣がなかったとは考えられないんですが~。(まちがいですか?)

戦国時代の武将が戦死すると、その場で一族郎党、妻子すべてがともに死んだことを示す史料はありますか?

http://www10.ocn.ne.jp/~kamitsu/jusonoyurai.html

上記に次のように記されています。

柳田国男著の「十三塚考」によると、戦国時代の武将が戦死すると、その場で一族郎党、妻子すべてがともに死んだ。
それを土地の人々が哀れんで祭ったのが十三塚というものである。
これは全国にもあり、十三付近も戦国時代は非常に多くの戦乱の場となり、戦死者も出たので十三塚と関係があるのではないか。
十三塚の塚を省いて十三となったかもしれない。

(上記より引用)

戦国時代の武将が戦死すると、その場で一族郎党...続きを読む

Aベストアンサー

浅井氏の娘達は生き残ってますよ。
うち、1人は二代将軍秀忠の正室。他は豊臣家と京極家です。

武田氏の場合は、領地は占領され、家臣達には裏切られまくり、敵軍に迫られ、「完全絶望」状態。こんなのは、レアケースでしょう。
遠くの戦場で夫が戦死したからって、領地はあるし、敵軍も遠く、跡継ぎもいる、こんな状態で誰が集団自殺するでしょうか?

ウィキの「十三塚」も、柳田国男の書物を出典としながらも、集団自殺説など書いていません。怨霊説とは書いているので、マレな集団自殺の怨霊なのかも知れませんが。

井沢氏の怨霊や穢れは話1/3ぐらいに割り引いて読んでください。彼は、
(1)武家も公家も貴族だと知らない。
(2)公家の武装解除は江戸幕府の政策からだとは知らない。
なんですから。

Qよく〇〇の子孫という有名人がいますが

身近なところでは スケートの織田某は織田信長の子孫といいますがそうでしょうか?
信長の子孫ということは直系ということですよね?しかし信長の直系の子孫は孫の三法師(長男信忠の子 のちの秀信)で途絶えたはずです あくまで男系の子孫でですが…

確かに信包や有楽斎の子孫はちゃんと今も存在していますし…
ということは 織田某 君の先祖は信長でも 兄弟の誰かでもなくなりますよね

さらに プロ野球 現巨人の真田祐貴投手は あの真田幸村の子孫といいますがこれも違いますよね?
幸村の子孫は息子の大助(幸昌)で途絶えたはずです  多分兄信幸の子孫です ならなぜ真田信幸の子孫 といわないのか?信幸がマイナーだから?

教えて下さい

Aベストアンサー

とりあえず、織田の方から
織田信長 - 初代:信高(七男) - 2代:高重 - 3代:一之 - 4代:信門 = 5代:信倉(養子) = 6代:信直(養子) - 7代:長孺 - 8代:長裕 - 9代:信真 - (10代から13代は不明)- 14代:重治 - 15代:信義 - 信成(次男)
織田信長の七男・信高の系統は、徳川幕府の旗本となり、後に高家旗本になった。近江国内で2,000石余りを領有し、9代・信真で維新を迎えている。フィギュアスケート選手の織田信成は、現15代当主・信義の次男である。
Wiki...で調べるとこうなっていました。間に養子があるということですが、血の繋がった女の子に婿をとったのなら、織田信長の血がつながっていますが、他家から養子を迎え、それに嫁をとったのなら、血はつながっていないということですね。

Q三国志の武将を戦国武将に例えるなら?

今までにもそういう風に考えた方もおられるかなと思いまうすが、皆さんはどの三国志の武将・軍師がどの戦国武将と似ていると思いますか?

僕は個人的に
・曹操=織田信長
(どちらも武力・戦略に長けその者に実力があるならば身分の高さや引くさは関係なく登用する。が、自分が天下を取る為には反抗する者などへは手段を選ばない残酷さがある。個人的には信長は曹操の生まれ変わりではないかなと思ってしまう。)

・劉備玄徳≒豊臣秀吉
これは反感を買うかも知れませね(^^ゞ
頭の良さ・要領の良さ、そして一農民から成り上がって一国の皇帝(関白)になった部分、また晩年はどちらもおかしくなってしまった(劉備は関羽の弔い合戦に孔明の制止も振り切って行ってしまい結果死期を縮めた部分、秀吉は晩年朝鮮出兵でこれもまた失敗に終わり結果豊臣政権が傾く原因になった部分)などは似ているかなと。
劉備さんにはかなわないものの秀吉もそれなりに人徳はあったと思います。(優秀な武将も集まりましたし)

となると残るは
・孫権≒徳川家康?かなとなるのですがこれは無理があるので却下(笑)

と個人的にはまぁこんな感じです。
皆さんの「この三国志武将は戦国武将のこれに似ている」というのをあれば聞かせて下さい。

今までにもそういう風に考えた方もおられるかなと思いまうすが、皆さんはどの三国志の武将・軍師がどの戦国武将と似ていると思いますか?

僕は個人的に
・曹操=織田信長
(どちらも武力・戦略に長けその者に実力があるならば身分の高さや引くさは関係なく登用する。が、自分が天下を取る為には反抗する者などへは手段を選ばない残酷さがある。個人的には信長は曹操の生まれ変わりではないかなと思ってしまう。)

・劉備玄徳≒豊臣秀吉
これは反感を買うかも知れませね(^^ゞ
頭の良さ・要領の良さ、そし...続きを読む

Aベストアンサー

 曹操→織田信長。圧倒的な勢力というわけではないが、都に近い場所を広範囲に占拠し、ほかの武将より「天下」に近かった。
 孫権(呉)→毛利家。天下第二位の領土を誇りながら、創業者が亡くなってしまうと守りに入る。土地が豊かなので積極的に領土を広げようという野心はないけれど、相手に攻めてこられると必死で戦う。
 劉備 →斎藤道三。そこらあたりをうろうろしてるあいだにいつの間にかそこそこの領土の主になってしまう。でも後がつづかない。
 諸葛亮 →真田幸村か石田三成。落目の主家を裏切れないいい人。軍略よりも内政に秀でていた点は三成に似るか。最後やぶれかぶれになってしまうのも似ている。

Q有名人の娘の子孫の方は「我は誰々という有名人の子孫なり」といわないのでしょうか

あるとき、公家の子孫が会話の話題になったとき、私は近衛文麿を母方の祖父に持つ細川護煕の名を上げた時に、その会話に入っていた人間の一人が、「ああ、ガラシャの子孫ね。」と言ったので、私は「そうか、明智光秀の子孫でもあるんだな。」と言って会話に花を咲かせていたのですが、考えてみると、「我は織田信長の子孫、織田信成なり。」と言うように、よく耳にするのは有名人の息子の子孫が誰々の子孫と言うものばかりです。

通常、有名人の娘の子孫は誰々の子孫とは言わないのでしょうか。

例を挙げると、宇喜多秀家と豪姫の子孫の方が「我は備前宰相宇喜多秀家の子孫なり。」とは言っても、「我は加賀宰相前田利家の子孫なり。」とは言わないのでしょうか。

Aベストアンサー

日本に限らず、たいていの社会は「父系社会」です。

即ち、歴史のある家系であれば、父、祖父、曽祖父、高祖父…と家系を「父系」で辿っていけるわけですが、母系は「父の妻はAの娘」「祖父の妻はBの娘」程度しか分からず、それ以上に母系を辿れないのが普通です。即ち、母系では一代しか先祖を辿れないのが普通、ということです。

大名家のように、相互の家系がはっきり分かっている場合は別ですが。この場合、「父の妻はA伯爵の娘。A伯爵の家系は・・・」と、
「母系を、妻の父の父系で辿る」ことになります。
やっぱり「先祖は父系で辿る」ことになるわけです。

質問文の

「近衛文麿を母方の祖父に持つ細川護煕の名を上げた時に、その会話に入っていた人間の一人が、「ああ、ガラシャの子孫ね。」と言ったので、私は「そうか、明智光秀の子孫でもあるんだな。」と言って会話に花を咲かせていた」

という話も、結局は
「細川護煕は、熊本藩54万石の細川家の現当主である」
「細川護煕の先祖を辿ると、細川忠興・明智玉(通称;細川ガラシヤ)夫妻に行き着く」
と、「細川護煕氏の『父系の先祖』の話」をしているに過ぎないわけです。
(※ 大名家は江戸時代の途中で養子が入って血が途絶えていることが多いのですが、細川家は忠興・玉の血筋が分家を経由しながらも絶えずに明治を迎えているようです)
http://www.asahi-net.or.jp/~ME4K-SKRI/han/kyushu/kumamoto.html
を参照して下さい。

明智玉は、明智光秀とその正室の間に生まれたのは間違いないようですが、光秀の正室の出自が良く分からないので、母系をそれ以上辿ることは出来ません。

私の家は某藩の上士の家系でして、江戸時代初期まで先祖を辿ることが出来ます。ただし、母方の先祖は、大正以降に嫁いで来た人の実家のことが分かる程度で、それ以前は系図に「妻は**氏」と書いてあるだけです。

私の祖母は1899年生まれで2000年に亡くなったのですが、祖母の生家との付き合いは、祖母の死をもって終わっています。世の中はだいたいそんなものではないでしょうか?

日本に限らず、たいていの社会は「父系社会」です。

即ち、歴史のある家系であれば、父、祖父、曽祖父、高祖父…と家系を「父系」で辿っていけるわけですが、母系は「父の妻はAの娘」「祖父の妻はBの娘」程度しか分からず、それ以上に母系を辿れないのが普通です。即ち、母系では一代しか先祖を辿れないのが普通、ということです。

大名家のように、相互の家系がはっきり分かっている場合は別ですが。この場合、「父の妻はA伯爵の娘。A伯爵の家系は・・・」と、
「母系を、妻の父の父系で辿る」ことにな...続きを読む

Q戦国武将で三文字で最後に「ん」がつく武将

こんにちわ
このたび、とある事情でしらべている事があるのですが、
(1)戦国武将で
(2)三文字で
(3)三文字目が「ん」で終わる
呼び名(通称でも名前でも)の武将をさがしています。
※たとえば「さこん」(島左近)のような

ほかにいますでしょうか?

Aベストアンサー

通称でもよいというならば、以下の官職であった(私称を含む)武将ならば、そのように呼ばれていたと思います。

・左近大夫、将監(さこん)---島清興、滝川一益、立花宗茂
・右近大夫、将監(うこん)---松倉重信、高山重友
・備前守(びぜん)---浅井長政、甘利虎泰
・豊前守(ぶぜん)---河田長親、毛利勝永
・肥前守(ひぜん)---河尻秀隆、東郷重位

Qロバと馬は子孫ができる。ロバとキリンは子孫ができる。しかし、キリンと馬は子孫ができない。←こんな例ないですか?

こんにちは。

ロバと馬は子孫ができる。ロバとキリンは子孫ができる。しかし、キリンと馬は子孫ができない。←こんな例ないでしょうか?

ロバとキリンが子孫できるかどうかは不明ですが、
このような例があったら教えてください。

Aベストアンサー

ライオンと豹の合いの子レオポンと
ライオンとトラの合いの子ライガー
は報告されていますが、

豹とトラの間に合いの子が生まれないという報告が見当たりません。
もし生まれないとしたらあなたの探している例になるのではないでしょうか。

Q武田二十四将のように武将でなるべく多い武将陣を教えてください

武田信玄には24の名武将がいた。
このように他の武将でも数多い名武将を抱えていた名君がいたと思うのですが、なるべく多くの名武将陣を教えてください。
上杉○○将とか。

詳しいサイトをご紹介いただくのもありがたく存じます。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Wikipediaで「武田二十四将」を調べたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%B0%86
関連項目のところに出ていました。

徳川二十八神将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%A5%9E%E5%B0%86

上杉二十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86#.E4.B8.8A.E6.9D.89.E4.BA.8C.E5.8D.81.E4.BA.94.E5.B0.86

毛利十八将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%B0%86

西園寺十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9C%92%E5%AF%BA%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86


ある程度有名なところのなかでは、やはり天下を取った徳川の二十八が最多なのかもしれません。

ちなみに中国まで範囲を広げると、雲台二十八将というのがあり、これが徳川二十八神将のモデルとなったということです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B2%E5%8F%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%B0%86


そのあと少しググってみたところ、
丹後八十五将
http://www.google.com/search?source=ig&hl=ja&rlz=1G1GGLQ_ENAE281&q=%E5%85%AB%E5%8D%81*%E5%B0%86&meta=

和田九十三将
http://www.google.com/search?hl=ja&rlz=1G1GGLQ_ENAE281&q=%E4%B9%9D%E5%8D%81*%E5%B0%86&lr=

なんていうのもあるようですが、どの程度一般的な言い方なのかは分かりません。

Wikipediaで「武田二十四将」を調べたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%B0%86
関連項目のところに出ていました。

徳川二十八神将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%A5%9E%E5%B0%86

上杉二十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86#.E4.B8.8A.E6.9D.89.E4.BA.8C.E5.8D.81.E4.BA.94.E5.B0.86

毛利十八将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報