The weather is probably one of the things we talk about the most. Everybody is a weather forecaster. The scientist who predict the weather are called meteorologists. They are now quite accurate about forecasting the weather over the next few days, but are less accurate over the next few weeks or months. Data from observation stations, ships, airplanes, weather balloons and satellites from all around the world are used by meteorologists to produce weather maps called “synoptic charts”. These are used to predict the weather. A typical synoptic chart is shown below. The lines on the map, called “isobars”, join places with the same air pressure. Winds blow from areas of high pressure to areas of lower pressure.
 The equator is the part of the Earth that receives the most energy from the sun. The areas around the North and South Poles receive less energy from the sun. They also reflect a lot of the energy back into space, because they are covered by white snow and ice. So areas around the equator are hot and those around the poles are a lot colder. Nature tries to balance this difference in temperature, so energy in the form of heat is transferred from the equator to the poles by winds and ocean currents. This is what causes our weather. Factors that affect the weather include the location of land masses, the seasons, and the rotation of the Earth on its axis, which causes winds to be deflected. Climate is the description of the weather over the whole year.
 Even in the modern world and with all our technology, we are still at the mercy of the weather. Typhoons, which occur in the western North Pacific Ocean, are very strong tropical storms that can cause enormous damage. To be called a typhoon, a storm must have winds of at least 120 kilometers per hour, but often winds over 200 kilometers per hour are produced. This same type of storm is called a hurricane in the North Atlantic and eastern Pacific Oceans, the Caribbean Sea and the Gulf of Mexico, and a cyclone in the Indian and western South Pacific Ocean. Warm seas are needed to create a typhoon. As the warm, moist air above the ocean rises, clouds of water vapor form, releasing heat energy and causing the air to rise even faster. More air rushes in at sea level and this air rises as well. This causes very strong winds and very heavy rain. To keep the storm going, the air at the top of the storm has to be blown away from it. The center of the storm is very calm and is called the “eye” of the storm.
 On September 8, 1900 the city of Galveston in Texas was hit by one of the worst hurricanes of the 20th century. It was unexpected, and completely destroyed the city, killing more than 8,000 people. We now use satellites to track typhoons and predict their path. We generally have at least 24 hours’ warning of the arrival of a typhoon. So while we can’t control the weather, we are now better prepared for it than ever before.

【語句】
predict 「予測する」 observation station 「観測所」 isobar 「等圧線」 reflect 「反射する」  affect 「影響を及ぼす」 description 「説明」 typhoon 「台風」 hurricane 「ハリケーン」  Caribbean Sea 「カリブ海」(大西洋の付属海で,中米と南米大陸北岸,西インド諸島に囲まれた海域。北西部のユタカン海峡からメキシコ湾(Gulf of Mexico)に通じる。) cyclone 「サイクロン」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

訳をさせて頂きました。

出来るだけ原文に忠実に訳しました。辞書とインターネットを使い、恐らく合っているとは思いますが、もしも間違いがありましたら申し訳ありません。

 天気は、恐らく我々が最も話題にするものの一つである。誰もが天気予報士である。天気を予測する科学者は気象学者と呼ばれる。彼らは今や次の数日の間の天気の予測についてはかなり正確であるが、次の数週や数ヶ月の間となると、あまり正確でなくなる。世界中の観測所・観測船・観測機・気象観測気球・気象観測衛星からの情報は、気象学者が「概況気象図」と呼ばれる図を作成するのに使われる。それらは天気を予測する為に使われる。典型的な概況気象図が下に示してある。図上にある線は、「等圧線」と呼ばれ、同じ気圧の地点を結んでいる。風は高気圧の地域から低気圧の地域へと吹く。
 赤道は地球で太陽から最も大きなエネルギーを受ける部分である。北極と南極の周辺の地域は、あまりエネルギーを受けない。それらの地域は白い雪と氷で覆われている為、多くのエネルギーを反射し宇宙へ返す。それで赤道周辺の地域は暑く、北極と南極周辺の地域は非常に寒い。自然はこの気温の違いを調整しようとするので、熱の中のエネルギーは、風と海流により、赤道から北極と南極に運ばれる。これが我々の天気の原因となっているものである。天気に影響を及ぼす要因には、陸地の位置、季節、地球の地軸における位置が含まれており、それらが風を偏向させている。天候は年間にわたっての天気の説明である。
 現代社会においても、我々の技術全てを用いても、我々は天気に左右されている。太平洋北西で起こる台風は、非常に強い熱帯性の暴風雨であり、すさまじい被害をもたらしうる。台風と呼ばれる為には、暴風雨は最低時速120km以上でないとならないが、しばしば時速200kmを超える風が起こっている。これと同じ種類の暴風雨は太平洋北部、太平洋東部、カリブ海、メキシコ湾ではハリケーンと呼ばれ、インド洋と太平洋南西部ではサイクロンと呼ばれる。温かい海では台風が不可欠である。熱により、洋上の湿った空気が上昇し、水蒸気の雲が発生し、熱い熱が放出され、空気はより速く上昇する。より多くの空気が海面に流れ、この空気もまた上昇する。これは非常に強い風と雨を引き起こす。暴風雨が進行を続ける為には、暴風雨の先端の空気は吹き飛ばされなければならない。暴風雨の中心は非常に穏やかで、台風の「目」と呼ばれる。
 1900年の9月8日、テキサス州のガルベストン市を、20世紀最悪の台風の内の一つが直撃した。それは予想されておらず、完全に市を破壊し、8000人以上の人々が亡くなった。我々は現在、衛星を使って台風を追跡し、その進路を予測する事が出来る。通例最低でも24時間前までには、台風の襲来警報が発令される。その為、我々は天気を操作する事は出来ないが、現在、かつてよりもそれに備える事が出来るのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても長い文章を訳してくださって感謝しています。

お礼日時:2009/05/15 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング