AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

一人暮らしでの照明を
照明をちょっとLiveハウスのようなカラオケ屋というか、赤や青のヴィジュアル系な照明を設置して
音楽を聴いたりしたら楽しいかなと思って設置しようと思っているのですが

なにかデメリットとかありますでしょうか?
あと特殊な照明は寿命とかも早いんですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

特殊な照明と言うのがどのようなものを指しているのかちょっと質問内容からだけでは判断出来ませんが…



言われているようなイメージの照明「だけ」を設置するならデメリットは「普段落ち着かない」とか、「目が疲れる」なんて言うことでしょうか!?
あとは照明器具によっては発熱量も結構あるので、熱対策が必要になることもあります。

ミラーボールにスポットライトを当てる程度であれば発熱量は知れています。

発熱量が気になるならLEDタイプのものもあります。

寿命も使用する照明器具によってマチマチです。とは言っても照明器具本体の寿命では無く、電球がどのくらい使用出来るかと言ったことです。
普通の白熱灯とかスポットタイプの白熱灯であれば使用頻度にもよりますが、長ければ1年とか使用出来ることもありますし、逆に短ければ1ヶ月で切れる場合もあります。まぁ電球は1個100~300円程で購入出来ます。色付き電球を使用する場合でも300~500円くらいでしょう。点滅する照明器具であれば電球の寿命はかなり早いです。例えば本来1000時間使用出来るものだったとして、それが500時間とか、運が悪ければ10時間の使用で球切れを起こすこともあります。

ハロゲン球を使用した照明器具であれば、電球代はバカになりません。1球1,500~2,500円程します。12Vに降圧させるトランス(変圧器)が組み込まれた照明器具であれば、12V用の電球を使用するので長持ちしますが、照明器具本体の金額は高くなります。

それと、ライブハウスなどの天井に吊ってあるようなスポットライトで、一点だけを集中して照らすものがありますよね。あればピンスポットライトと言うものです。本体は安くても定価で3~4万くらいします。小さなライブハウスにあるようなもので定価が6~10万くらいだと思います。本格的なものでは15万以上するものも多数あります。これらの高級機はコントローラーとセットで使用するもので、それこそ大ホールなんかのステージ用照明器具は全て含めると高級車が1台、下手したら安い家が購入出来るくらいになります。勿論家庭で使用するものでは一切無いので、あくまでも一例として書き込んでみました。

私はそのようなステージ用照明器具を家庭で使用した例を実際見たことは無いのですが、以前仕事で店舗設計をした時に、簡易ステージを用意してミニライブをしたいと言うことだったので、その時に取り付けたのはLEDタイプのスポットライトでした。これは発熱量も少なく、意外と照明器具本体の価格も安かったですし、勿論LEDなので消費電力も少ないです。設置したものは色を3~4色くらい変化させられるものでした。数年前のことなので正確な金額は覚えていませんが、見積書を見た時に多分4万くらいと記載されていたように思います。今はLEDも普及しているのでかなり安くなっているでしょうね。
実際は光量が足りなかったのと、光も暖かみが無かったので追加で白熱球のスポットライトも設置しましたけど…

最後に一言、デメリットと言うのはあまり無いと思います。とは言え、もし仮にこのような照明器具だけを使用するのであれば日常生活が困難になるので、普通の照明も併用して下さい。


LEDのスポットライト、探してみたらかなり安いみたいですよ。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …

比較的安価なLEDスポットライトはどちらかと言えばミラーボールに光を当てる為のものと考えた方が良いかもしれません。
    • good
    • 0

女性だったら生理が不通になったりバラバラになります、枝毛が多くなったり抜けたり白髪になったり

    • good
    • 0

ちょうどクリスマスも近づいてきたので


クリスマスツリーや家をイルミネーションで飾る
LED照明を買ってきたら、簡単ですし
点滅もするのでどうでしょうか??
トイザラス等で探してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング