到:~まで(へ・に):到達する地点を表す ←この意味でいいですか?

(1)
桌子上 放着 的 那 几 本 书 到 哪儿 去 了?
テーブルに置いておいた何冊かの本は何処へ行ったの?


(2)
一 到 五点 就 走 了
5時になるとすぐに帰りました


なんで到が使われているのかがわからないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本語における意味はそれで大丈夫です。


中国語の場合は『~になった』という形で使われている場合が多いです。

例文に無理矢理到るを組み込むと、

(1)テーブルの上に置いておいた何冊かの本は何処へ到ったの?
→(1)は『何処』に『到る』がかかっています。
本は何処かに去った(無くなった)と訳せます。

(2)5時に到るとすぐに帰りました。
→(2)は『5時(時間)』にかかっています。
この法則に当て嵌めると、

・到(なった)
・五点(5時)
・就(就く)
・走(急いで)
・了(帰路)

()内を自然な状態にすると、『5時になったので急いで帰った』と訳すことが出来ます。

意訳ですが助詞毎にくぎって考えるとわかりやすいと思います。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 09:03

「到~」という句を到達点を表わして動詞(述語)を修飾すると解釈すると便利なことが多いですが、「どこかに到る、行ってしまう」という動詞が基本にあります。



(1)の方は、「到哪儿」で「どこへ」→「去了」(行った)と解釈することもできますが、
「到去(了)」というように「到」という動詞に方向補語が付いたと考えた方が方がよいように思います。
例「你到哪儿去?」で「どこへお出かけですか?」
場所はこのように方向補語との間にも入ります。

(2)の方は「到五点」で、「5時になる」です。主語がないのは「下雨」と同じと考えてよいと思います。
文章全体では「一~就~」ですから、「~してすぐに~」ですね。
前半と後半でそれぞれ別の文ですから、「走了」との関係はありません。

ということで、両方とも「到」は動詞として述語になっているということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 09:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語から英語への自動翻訳

エキサイト翻訳やyahoo翻訳のような中国語から日本語への
翻訳サイトはあるのですが、標記のような中国語から英語への
翻訳サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理と思います。

 利用者にもこれらを使いこなせるだけの力が要求されます。
 入力は出来るだけ単純な文章を入力すること、翻訳結果が分かっている文章を使い、Trial Errorを繰り返して、機械の癖をつかむこと。(機械が理解しやすい様なロジックに合わせて入力する)

等等の準備が必要だろうと思います。

自動翻訳を使いこなすための力を身につけるのと自分の力で翻訳する力を身につけるかどちらが先に駆け着くかでしょうね。

完璧とは言わなくても、ある程度語学力が身につけば、それこそWaveの辞書を使えばかなりな事は出来るのではないでしょうか。

がんばってください。

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理...続きを読む

Q中国語:~に座っ「ている」:状態(在~坐着、坐在~) と ~に座「る」:動作(在~坐) の区別

(1)まず、
・座っ「ている」(状態)の意味を表現したいなら、結果補語「在」を使って、例えば、「那个人 坐在 門外」が常用。
・なお、「那个人 在門外 坐」(とりあえず、これが普通に使われる表現かどうかとい問題は別に置いておいて。)での「坐」は、~に座「る」(動作)という意味になり(ここでは「在」は介詞)、座っ「ている」(状態)という表現にはならない。
という理解でよろしいでしょうか?

(2)次ぎに、
・座っ「ている」(状態)の意味を表現するには、ほかに、「坐」(座「る」:動作)を「坐着」(座っ「ている」:状態)の形に変えて、「那个人 在門外 坐着」と表現することも可能。この場合、「在」は介詞。
・「坐在」の文と若干ニュアンスが変わるがこれも同様に常用。
という理解でよろしいでしょうか?

(3)また、「坐」を座「る」(動作)という意味で使えば、「在」を介詞として使った、例えば、「那个人 在門外 坐了下来」(その人は、門の外に座った)という表現も常用の表現となる。
という理解でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

全部、だいたいは、それでよろしいかと思います。

最初の動作と状態の区別は、文法的に、補語があるなしの違いを突き詰めればそういうことになりますが、使う場面では、補語「在」がないから状態ではなく動作ということはありませんね。動作があれば、状態があるだろうということは、誰もが考えます。

アスペクトで「着」を使うこともできます。

最後の(複合)方向補語「下来」を使いたければ、介詞で場所を表すことは考えられますね。
まあ、「座った」よりは「腰を下ろす」とか「お座りください」のようなニュアンスを表現する場合ですね。
座るだけなら「坐在」で簡単にいえますから。^^;)

Q中国語翻訳について

英語→日本語、日本語→英語の翻訳サイトは沢山あるのですが、中国語→日本語、日本語→中国語の翻訳が出来るサイト(翻訳無料)は幾ら探しても見つかりませんでした、どなたか御存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日本語→中国語だけなら、Amikaiの多国語間翻訳(参考URL)で日本語→英語と英語→中国語ができるので、英語経由でなら翻訳できますが…。
中国語→日本語は探したけど見つかりませんでした。すみません。

参考URL:http://www.amikai.com/translate/

Q我有問題(了の用法): (1)我到了北京。 と、(2)我到了北京給他打

我有問題(了の用法): (1)我到了北京。 と、(2)我到了北京給他打電話

登場人物は三名: 私、私の女友達、私の知人(男)

状況の説明  : 私は、普段、上海に居ることを女友達は知っている。私は北京に向かうつもりだと、その女友達に先週伝えたが、具体的な到着日は伝えていない。


私の理解は、
(1)は、北京に到着した。
(2)は、北京に到着したら、彼に電話する。


さて、質問ですが
中国人ネイティブの方々は、話し相手が「我到了北京」とまで文章を言った段階で、どのように聞こえるのですか? その段階では、北京に到着した、と聞こえるのですか? そして、文章が続いて初めて、ああ到着はまだであって、到着した後の話をしているのだなと聞こえるのでしょうか?

中国語は、単語に変化がなくて、とっつきにくいです、単語の順番や、文章をどこで区切って読むかで意味が変わるような気がします。4月から中国語を学んでいて今 大変です !!

Aベストアンサー

No.1 さんのおっしゃるように、1の方は、このままでは「北京に到着したら・・・ 」という、中途半端な印象になりますね。
「我到北京了。」と語気助詞の「了」で文章を終わると、「着いたよ。」という話し方になります。

他の方のご質問でも、アスペクト助詞の「了」(主に動作の完了を表現)がありましたが、動詞の直後に付いた場合は、その動作の完了を表現しますが、過去を表すものではないことに注意する必要があります。
単に「着いた」と日本語で言うと過去のように聞こえますが、「着いたとしたら」「着いた時点で」と書くと、これは完了だということがわかりますね。
ですので、2のような文だと「北京に着いたら電話する」というように、動作の完了が次の電話する動作の前提になっています。
動作の過去を表現するわけではないので、この文だけでは、これから起ころうとしていることを表現していることになります。
既に電話をした後であれば、「我到了北京就給他打電話了。」のように、これも「了」でしめくくるなどするでしょう。
「就」を入れたように、文のニュアンスによって「就」「才」などを入れることはよくあると思います。

「就」「才」などは副詞ですが、「了」は助詞です。念のため。

No.1 さんのおっしゃるように、1の方は、このままでは「北京に到着したら・・・ 」という、中途半端な印象になりますね。
「我到北京了。」と語気助詞の「了」で文章を終わると、「着いたよ。」という話し方になります。

他の方のご質問でも、アスペクト助詞の「了」(主に動作の完了を表現)がありましたが、動詞の直後に付いた場合は、その動作の完了を表現しますが、過去を表すものではないことに注意する必要があります。
単に「着いた」と日本語で言うと過去のように聞こえますが、「着いたとしたら」「着...続きを読む

QPDFの中国語を無料で翻訳したい

中国語のPDFを何とか無料で翻訳したいと考えております。

単純にPDFのテキスト(中国語)をコピーして
翻訳サイトに貼り付けると、漢字が変換されて正しく貼り付けが出来ません。

手順としては、この方法が無料で出来ると考えるのですが
PDFの中国語を翻訳サイト(エキサイト等)に貼り付ける方法が
ありましたら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

中国サイトに登録されている中国語PDFをダウンロードすることが
ありますが、Adobe Readerで開いて、例えば、Exciteの翻訳ページ
にふつうに貼り付け→翻訳できていますよ。

中国語と言っても、台湾や香港で使われている繁体字と中国本土で
使われている簡体字がありますが、それはきちんと区別しています
でしょうか?

また、「漢字が変換されて正しく貼り付けが」できないというのは
特定の中国語PDFでしょうか? それとも、どの中国語PDFでも起きる
のでしょうか? 
中国の検索エンジンでファイルタイプとして「PDF」を指定すれば、
PDFファイルだけを検索できますので、適当な中国語PDFファイルを
ダウンロードして試してみてください。

その他にも試してみたらよいことがありますが、まずは上記を
ご確認ください。

Q「遇到了交通事故」と「遭到了交通事故」の意味上の違いについて

「(あなたは)交通事故にあった」の中国語訳を「遭到了交通事故」としたところ、台湾人の知り合いに「遇到了交通事故」が正しいと言われました。これらの違いはどこにあるのでしょうか?

前者は、好ましくないことを強調し、後者は偶然性を強調しているのでしょうか。説明いただけたら幸いです。ps尚私は、小学館の中日辞典の「不幸遇到了事故(不幸にして事故にあう)」を参考にしました。

Aベストアンサー

超難しい、すごく考え込んだです。

 「好ましくないこと」に「遭到」
 「偶然性」に「遇到」

確かにそうです。ただ交通事故も「好ましくない」し、
それに「偶然性」でない時にも「遇到」を使うこともあります。

私は以下の理由だと思います。(専門外で自信はない)

 「遭到」の後ろに、動作(他動詞)が来る
 「遇到」の後ろに、動作(他動詞、自動詞)また名詞が来る

# 中国語で他動詞は及物動詞、自動詞は不及物動詞と言うかな

「遇到交通事故」は「交通事故」が名詞だからです。
他に「遇到」しか言わない例
  名詞:遇到暴風雨、遇到李先生
  動作(自動詞):遇到下雨

動作が他動詞の場合は両方使えます。
そのとき、「好ましい」「偶然性」のニュアンスがあります。
例えば

A.他遭到了襲撃。
B.他遇到了襲撃。

A.他遭到了非難。
B.他遇到了非難。

Aパタンは「可哀そうに、同情の気持ち」があります。
Bパタンは淡々と事実を述べているだけです。
どちらでも受け身の意味で「受到了」と同じぐらい意味です。

超難しい、すごく考え込んだです。

 「好ましくないこと」に「遭到」
 「偶然性」に「遇到」

確かにそうです。ただ交通事故も「好ましくない」し、
それに「偶然性」でない時にも「遇到」を使うこともあります。

私は以下の理由だと思います。(専門外で自信はない)

 「遭到」の後ろに、動作(他動詞)が来る
 「遇到」の後ろに、動作(他動詞、自動詞)また名詞が来る

# 中国語で他動詞は及物動詞、自動詞は不及物動詞と言うかな

「遇到交通事故」は「交通事故」が名詞だからです。
...続きを読む

Q日本の曲を中国語で聴くのが好きなのですが、中国語の歌詞を日本語に翻訳したサイトは無いでしょうか?

日本の曲を中国語で聴くのが好きなのですが、中国語の歌詞を日本語に翻訳したサイトは無いでしょうか?

Aベストアンサー

こちらはどうでしょうか。中国語曲の翻訳を見ることが出来ます。テレサテンがもともと日本語の曲を中国語で歌っている曲の翻訳もあります。
https://bitex-cn.com/
教材・文法集→中国語歌詞と進んでください。

Q「从・・・到~+動詞」と「从・・・+動詞+到~」

(1)「从你家到车站怎么走?」(あなたの家から駅までどうやって行きますか?)
(2)「从我家走到车站去(家から駅まで歩いて行く)」

ある動作を「どこからどこまで行う」「いつからいつまで行う」という場合、
動詞は「「从・・・到~」の後ではなく、「到」の前に置かなければならない。
(郭春貴著『誤用から学ぶ中国語』より)

「到」は動詞(到着する)で、中国語は動作の時間順に並べるので、
「走(歩く)」→「到车站(駅に到着する)」+「去(方向を表す)」というのは
動作の時間順に並んでいる。
(とある方のブログより)

この2つの説明から(2)の文の構造はわかります。
ではどうして(1)は「从你家怎么走到车站?」と言えないのでしょうか?
その他にも「从我家到车站需要一个小时」などの文もよく見かけますが、
この場合も「从・・・到~+動詞」の順番です。
「到」の使い方(置く位置)がいまいちよくわかりません。
「到」は前置詞(介詞)だと言う人と、前置詞ではなく動詞だと言う人がいますが、
(1)の文を見ると前置詞のような使い方ですし、(2)の文を見ると動詞のようです。

また、郭春貴氏の同書では(2)のような場合の「到」は「結果補語」だと書かれています。
動詞の後につけて「場所、目的、時間、範囲、程度」に達することを表すとのことです。
(2)の場合はある場所に達することを表しています。

ただ、講談社の中日辞典を見ると郭春貴氏の言われる使い方でも補語ではなく「動詞」だと書かれています。

「从・・・+動詞+到~」は比較的わかりやすいのですが、
「从・・・到~+動詞」はどういう場合にこの構文になるのかがあやふやです。

教えてください。
よろしくお願いします。

(1)「从你家到车站怎么走?」(あなたの家から駅までどうやって行きますか?)
(2)「从我家走到车站去(家から駅まで歩いて行く)」

ある動作を「どこからどこまで行う」「いつからいつまで行う」という場合、
動詞は「「从・・・到~」の後ではなく、「到」の前に置かなければならない。
(郭春貴著『誤用から学ぶ中国語』より)

「到」は動詞(到着する)で、中国語は動作の時間順に並べるので、
「走(歩く)」→「到车站(駅に到着する)」+「去(方向を表す)」というのは
動作の時間順に並んでいる。
(とあ...続きを読む

Aベストアンサー

もしかすると「補語の到は介詞」とお考えでしょうか。
結果補語になるものは「動詞」と「形容詞」ですから、講談社の中日辞典で動詞と書かれてのは間違っていません。

「○到」は結果補語です。「到」は動詞です。
「从・・・到~+述語」の「到」は介詞です。(「从・・・到~」は状語)

ですから、結果補語を用いた場合には、結果に重きが置かれます。

> ある動作を「どこからどこまで行う」「いつからいつまで行う」という場合
この場合は範囲を示すわけで、「从・・・到~+述語」ではありませんか?
これも結果補語を使うように書かれていたのでしょうか。

「从你家到车站怎么走?」は、「あなたの家から駅までの区間」をどのように行けばよいのかを尋ねる普通の質問。
「从你家怎么走到车站?」は、「あなたの家からどうしたら駅までたどり着けるのか」という切実な質問ととらえることもできます。
他の解釈もありえますが、ここでは省略します。

Q中国語のわかる方、次の日本語を中国語に翻訳してください。

中国語のわかる方、次の日本語を中国語に翻訳してください。
中国語のわかる方、「私の家へ5月1日に到着するよう荷物を送ってください」の日本語を中国語に翻訳してください。お願いします。

Aベストアンサー

?(qing)在(zai)5(wu)月(yue)1(yi)日(ri)将(jiang)那(na)件(jian)行(xing)李(li)寄(ji)到(dao)我(wo)家(jia)

Q这の意味がよくわかりません。

(6)の这の事を、「今回の意味でいいですか?」と先生に質問したところ、
先生の回答は、今回の意味ではなく、「成績がいいのは、いい成績を出す原因は、(刘と王の帮助)」
としか書いてないです。

結局、「这」の意味が何なのかがわからないままです?

(1)
刘京
这 次 考试 成绩 怎么样?
今回の試験の成績どうでしたか?

(2)
大卫
还 可以。笔试 九十 分,口试 八十五 分
まあまあです。筆記試験90分、口答試験85分

(3)
玛丽
你 知道 吗?他 的 成绩 全 班 第一。
あなた知ってますか?彼の成績が全クラスで一番です

(4)
刘京
考得 真 好,祝贺 你!
試験の成績がとてもよくて、おめでとう

(5)
大卫
玛丽 也 考得 不错
玛丽も成績がすごいよかったです。

(6)
玛丽
这 要 感谢 刘京 和 王兰 的 帮助。
刘京と王兰のお陰です

Aベストアンサー

(6)の这はいい成績を取ったことだと思います。
これは(いい成績を取ったこと)刘京と王兰のお陰です 。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報