先日より、基本情報処理の学校に通い始めました。
夜間で半年ぐらいのコ-スです。
そこでなんですが、授業の内容がほとんどその場では理解
できません。家に帰って復習してかろうじて理解できているかな
っといった状態です。
まだ、実際のプログラミングは行っていないのですが
この先がとても不安です。
やはり、かなりの覚悟が必要なんでしょうか?
授業中に先生の言ってることが
理解できる日はくるのでしょうか?
やはり、復習だけでなく学校でのテキスト以外にも
勉強の範囲を広げるといった方法も必要なんでしょうか?
とりあえず今学校では、2進数・16進数・固定小数点・浮動小数点
などを勉強しています。
絶対につづけて行きたいと思ってはいるのですが、
とても心が弱っていますので、「やめたほうがいい!」的な
お返事は控えていただきたいと思います。
どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アドバイスです。



過去にプログラムを組んだことがある・無いはかなり大きいので
独学でも良いので覚えておくと自分にプラスになります。

私も情報処理を教えてくれる専門学校に通っていましたが
最初はさっぱりでした。
今はさっぱりでも、秋まで時間がありますからすこしづづ覚えていけばよいと思います。
(ちなみに私が通っていた学校は15日程度で集中して学習します。)
基本情報…に名前が変わってから問題が難しかったらしいので
秋の試験は少しやさしくなるかも…

では、がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
時間ですかね、やはり。

お礼日時:2001/04/30 22:01

私もその経験あります。


学校ではないのですが、講習を聞きに行ったことがあります。
言ってる内容がわからない場合は、行く前に予習することを
お勧めします。
そうすると自分で納得できることとわからないことの区別が
出てくると思います。
ちゃんと理解できる日はきますよ。
この試験は結構難しいというか、範囲が広いので
大変だと思いますが。
私もわからなくて何度も落ちましたが、
あとは繰り返し何度も問題を解くと自然と理解できるように
なってきます。がんばってくださいね。
    • good
    • 0

こんばんわ。

基本情報技術者試験を目指されるんですね?

私なりのアドバイスを書きたいと思います。

まず、講師の方が説明してくれると思いますが、その話を
nao-toさんはどのように聞いていますか?
真面目に聞いていても、理解できないことや、聞き逃してしまうこともあるでしょう。

一番よい方法はカセットレコーダーを買って、講義を丸ごと録音することです。
それで、暇なときに何回も聞きなおすこと!
それによって復習にもなりますし、講義では思いつかなかった新たな疑問点も出てくるでしょう。それを次の講義で講師に聞けばよいのです。

私も、法人税法の勉強をしていて講習会に参加していますが、一番前に座り
講師の話を録音して何回も聞いています。1回聞いただけでは理解できない内容も、何回も聞くとある程度分かってきます。

nao-toさんは、やる気があるということですので、この方法をお試しください。
絶対に効果は有ります。
勉強がんばってください!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浮動小数点

浮動小数点について勉強していますが、本を見てもよくわかりません。

「イクセス表記とは、本来8ビットで表現できる値は0~255であるのに対し、元の値に127を加算することにより、-127~128までの表現を可能としています。つまり、Eが0の場合は-127を、Eが127の場合は0を、Eがすべて1の場合は128を示しています。」(日経BP社)

とありましたが、
●127を加算したら、なぜ-127~128か?このマイナスはどうしてでてくるのか?

何か、例をあげて教えてもらえればうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>本来8ビットで表現できる値は0~255
------------------------
11111111 = +255
11111110 = +254
……
10000001 = +129
10000000 = +128
01111111 = +127
01111110 = +126
……
00000001 = +1
00000000 = 0
------------------------

>イクセス表現とは、元の値に127(01111111)を加算
------------------------
11111111 = +128 >Eがすべて1の場合は128を
11111110 = +127
……
10000001 = +2
10000000 = +1
01111111 = 0 >つまりEが127の場合は0を
01111110 = -1
……
00000001 = -126
00000000 = -127 >Eが0の場合は-127を、
------------------------

ということで,8ビット=256通りのパターンに
どの数値に対応づけているかが違うわけです。

符号なし固定小数点数では,
(11111111)~(00000000)に +255~0を対応。

イクセス127のゲタばき表現では,
(11111111)~(00000000)に +128~-127を対応。※

ちなみに,符号あり2の補数表現では,
(01111111)~(00000000)に +127~0,
(11111111)~(10000000)に -1~-128となります。

(※ celtisさんご紹介のURLに詳細がありますが,
IEEE 754 では指数部がオール1・オール0
の数を,特殊な数に対応づけています。)


>ビット反転+1よりも、127加算するほうが単純
------------------------
仮数に登場する負の数の表現には「2の補数」を使う意味があるけれど,
指数に登場する負の数には補数を使う意味がないということですよね。

指数の大きさを合わせた後の仮数同士の計算は,
(+5)+(-3)=(+2)
でよいから,「補数の加算,で減算を実現」できる2の補数の意味がある。

でも,(aの5乗)+(aの-3乗)のような異なる指数の計算では,
指数をそのまま加減算してもダメですからね。
------------------------

>本来8ビットで表現できる値は0~255
------------------------
11111111 = +255
11111110 = +254
……
10000001 = +129
10000000 = +128
01111111 = +127
01111110 = +126
……
00000001 = +1
00000000 = 0
------------------------

>イクセス表現とは、元の値に127(01111111)を加算
------------------------
11111111 = +128 >Eがすべて1の場合は128を
11111110 = +127
……
10000001 = +2
10000000 = +1
01111111 = 0 >つまりEが127の場合は0を
...続きを読む

Q浮動小数点数の表現について

浮動小数点数の表現で、このIEEEともう一つの方式の違いは何でしょうか?
参考書にこう載っていましたが、よく理解できませんでした。
違いを教えてください。

10進数の28をIEEE仕様の浮動小数点数で表示します。

仮数部を2進数に (28)10 → (11100)2
仮数部の正規化 (11100)2 ×2 0 →(1.1100)2 ×2 4
指数部をイクセス表記に2 4 → 2 131

10進数の28をもう一つの仕様の浮動小数点数で表示します。

仮数部を16進数に (28)10 → (1C)16
仮数部の正規化 (1C)16×16 0 → (0.1C)16 ×16 2

Aベストアンサー

> 浮動小数点数の表現で、このIEEEともう一つの方式の違いは何でしょうか?

もう一つの方式って,IBM 方式 (エクセス64形式) でしょうか?
主な違いは基数が2と16の違いという点でしょう.

・仮数部:正規化する場合,後者は4ビット単位でしかシフトできない.
 このため基数2の場合に比べて,仮数部ビット数が同じならば
 下位3ビット分の精度が失われる場合がある.
 (つまり仮数部の小数点以下3ビットが .000 となる場合)

・指数部:指数部のビット数について言えば,基数16は基数2に比べて,
 2ビット少なくてもほぼ同じ範囲を表現できる.
 例えば浮動小数点数 16.0 について考えてみる.
 説明の都合上仮数部を 1.0 とし,指数部のバイアス (ゲタ) を0とすると,
 16.0 = 1.0 × 2^4 = 1.0 × 16^1 なので,
 基数2の場合の指数部は 100(2) で3ビット,基数16の場合の指数部は 1(2) で1ビット.


浮動小数点数 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E5%8B%95%E5%B0%8F%E6%95%B0%E7%82%B9%E6%95%B0

> 浮動小数点数の表現で、このIEEEともう一つの方式の違いは何でしょうか?

もう一つの方式って,IBM 方式 (エクセス64形式) でしょうか?
主な違いは基数が2と16の違いという点でしょう.

・仮数部:正規化する場合,後者は4ビット単位でしかシフトできない.
 このため基数2の場合に比べて,仮数部ビット数が同じならば
 下位3ビット分の精度が失われる場合がある.
 (つまり仮数部の小数点以下3ビットが .000 となる場合)

・指数部:指数部のビット数について言えば,基数16は基数2に比...続きを読む

Q基本情報の浮動小数点について

基本情報技術者試験の勉強をしているのですが、浮動小数点の問題がどうしても解けません。問題を読んでもいまひとつ理解できず、四苦八苦しています。
下記の問題なのですが、教えていただけますでしょうか。
(平成12年に出題された問題(十進数0.375を正規化)は、理解できました)

問題集には解き方が載っているのですが、それが理解できません。解き方は以下です。

26.5を長さ32ビットの浮動小数点で表す

(1) 26.5を16進数に変換

 26.5の2進数:11010.1
 11010.1の16進数:0001 1010 . 1000
1  A . 8  
(2) 小数点位置の移動
       
 小数点を左に2けた移動:1A.8 → (0.1A8) × 16の2乗
 #ここまでは理解できます

(3) 指数部の値16の2乗 → 16の0乗を(1000000)2進数=64とする
 #ここがまるで分かりません
       16の2乗の2を64に加える
       1000000 … 64の2進数
      + 10 … 2の2進数
      ─────
       1000010 … 指数の値とする
 #「16の0乗を1000000=64とする」の部分が分かりません
(4) まとめ
 符号 指数部 仮数部
  0│1000010│0001│1010│1000│00…0
    16の2乗 1  A  8
 #符号と仮数部は理解できるのですが、指数部が分かりません

よろしくお願いいたします。

基本情報技術者試験の勉強をしているのですが、浮動小数点の問題がどうしても解けません。問題を読んでもいまひとつ理解できず、四苦八苦しています。
下記の問題なのですが、教えていただけますでしょうか。
(平成12年に出題された問題(十進数0.375を正規化)は、理解できました)

問題集には解き方が載っているのですが、それが理解できません。解き方は以下です。

26.5を長さ32ビットの浮動小数点で表す

(1) 26.5を16進数に変換

 26.5の2進数:11010.1
 11010.1の16進数:0001 1010 . 1000
...続きを読む

Aベストアンサー

確かにつまずきやすいところです。

>指数部の値16の2乗 → 16の0乗を(1000000)2進数=64とする

指数部にも+と-が有る事はお判りですね。
指数部では、2の補数と言うのを使わずに、64のところをゼロ乗と決めたのです。
64より小さければ負、64より大きければ正なのです。
ほんとに紛らわしいですよね。

Q浮動小数点の正規化方法について

基本情報処理技術者試験を20日に受けます。勉強不足で困っています。どなたか教えてください。
問題「数値を16ビットの浮動小数点表示法で表現する。10進数0.375を正規化せよ:ここでの正規化は仮数部の有効数字よりも上位の0がなくなるように指数部を調節する操作である。」 
答え「0111111000000000」 最初の1ビットが仮数部の符号、次の4ビットが2のべき乗の指数部で負数は2の補数、残りの11ビットが仮数部の絶対値
となっています。
0.375を2進数に直すところまではわかったのですが、次の正規化がよくわかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10進数の0.375は、2進数は0.011です。
使用できるビット数が指数部、仮数部ともに限りがありますので、0.011をそのまま表記すると、仮数部が011となります。この先頭の"0"は別になくてもいいですよね?その分を指数部であらわせば、仮数部の桁を一桁稼ぐことができます。つまり、より正確な値を保持できることになります。これが正規化する意義です。

仮数部を(2倍)したわけですから、指数部は(1/2倍)します。よって指数部は(-1)です。負数ですから2の補数で表示すると1111(4ビット)になります。

浮動小数点表示は、正規化が絡んできますので、場合によっては情報落ちや桁落ちなどが発生します。このあたりを、再確認して試験に臨んでください。

Q32bitの浮動小数点数表現について悩んでいます

情報処理の初心者です。
今、14070366(10)を数値データとしてとらえ、
32bitの浮動小数点数で表現するという問題について考えています。

14070366(10)
=100111000001010000101110(2)

10進数を2進数に基数変換した部分、25桁が仮数部になるんですよね?
符号部は+なので0。
では指数部の7桁には何が入るのでしょうか?

以上が私の分かっていることですが、
最終的な解答を16進数で表記すると、
14070366はどうなるのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

http://hwb.ecc.u-tokyo.ac.jp/current/4857422FBEF0CAF3A4C8C9E4B9E6B2BD2FBFF4C3CD2FC9E2C6B0BEAEBFF4C5C0.html
http://www.jtw.zaq.ne.jp/kayakaya/new/kihon/text/fudo.htm

IEEEでは仮数部・指数部の桁数が違うようですが...

14070366(10)
=100111000001010000101110(2)
=0.100111000001010000101110*(2^24)

という事で24が入ります。浮動小数点表記では一般的に数字を0.xx*(2(または10)^xx)という表記にします。
0<=仮数部<1
とすることで小数点位置を浮動させ、整数部は0のままにします。

最終的な回答は計算してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報