今度実験で中和滴定をすることになりました。

そのとき、0.1Mの水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めよとあります。


ファクターについて調べてみたのですが、あまりピンときません…(-_-;)


ファクターとは何なのでしょうか??


また、求め方はどうするのでしょうか??


わかる方教えてください…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

標準物質は、高純度で、吸湿がなく、秤量調製が容易に出来る物質です。


 水酸化ナトリウムは、粒状で吸湿性がある等で正確な目的濃度の調製が
 困難です。このため、高純度で調整しやすいシュウ酸は標準物質としに
 することができます。これと水酸化ナトリウムを比較し、水酸化ナトリウム  
 の純度をファクターと言う係数で補正します。
 シュウ酸のほかにK2Cr2O7も代表的な標準物質です。
 
    • good
    • 3

おそらくシュウ酸を一次標準として利用されるのでしょうが、シュウ酸にもファクターがあります。



ファクターは、たとえば0.05 Mシュウ酸だと20℃で1.006とか試薬びんに書いてあると思います。シュウ酸はきちんと秤量できるので工場できちんと生産するときに、正確に0.05 Mの溶液ができます。しかし、温度が変わると溶媒の体積が変化するために、溶液濃度が微妙に変わります。その補正項のことです。
上記の例で言えば、20℃のファクターが1.006の0.05 Mシュウ酸溶液の場合、20℃だと、0.05×1.006=0.0503 Mですよ、ということを言っているわけです。

同じように、水酸化ナトリウムも考えることができるわけです。ただ、水酸化ナトリウム水溶液は潮解性そのほかの理由で正確に調製できないので、シュウ酸を使って水酸化ナトリウム水溶液の濃度を決めるのですが、そのときに0.090Mという結果が出てきたとしたら、0.1 Mのを作ったつもりだったけど実は0.09 Mだったということで、ファクターは、f = 0.09÷0.1 = 0.9(実験した温度)ということになるわけです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!!

お礼日時:2011/12/21 18:06

No.1です。

失礼しました。
No.2さんのご回答をみて思い出しました。この場合は一次標準として蓚酸を使うのが正解と思います。
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2004/ …
これで正確な濃度を決められます。
    • good
    • 1

正確に0.1000MのNaOHの溶液はできません。

0.1Mを目標にNaOHを秤量し、メスコルベンにいれて定容にしたものは、0.1Mかならず0.1Mに0.0995とか1.0023とかをかけた数字の濃度になっているはずです。これがfactorです。これは他の溶液も同様です。

factorの決定についてですが、NaOH溶液は1次標準になりません。最初の天秤の秤量値だけで濃度補正値にはできません。NaOHを扱えば分かりますが、正確なNaOHの重量を測るのは困難です。そこでできたNaOH水溶液を1次標準の液で標定します。これから先は分析化学を忘れて自信がありませんが、一つのルートはNaOHを蒸留塩酸で中和滴定し、その蒸留塩酸をAgNO3(硝酸銀)で沈殿滴定です。蒸留塩酸だけで一次標準にできるかは自信ありません。AgNO3水溶液は一次標準になるものを作れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファクターについて理解できました!!

ありがとうございます!!

お礼日時:2011/12/21 18:08

こちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1498341.html

http://okwave.jp/qa/q4019982.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題です f(x)=arcsin√(1-x^2) の定義域と値域の求め方を教えてほしいです!

数学の問題です

f(x)=arcsin√(1-x^2)
の定義域と値域の求め方を教えてほしいです!

お願いします。

Aベストアンサー

逆関数の条件として、y=f(x)の値域に含まれる任意のyに対して、対応するxの値がただ1つ定まることがあります。つまり1:1対応です。
y=sinxの場合、yに対して対応するxは無限にあります。従って、sinxの逆関数を定義できる範囲は-π/2≦x≦π/2です。
また、逆関数ではxとyが入れ替わると同時に、定義域と値域が入れ替わります。
y=sinx  定義域-π/2≦x≦π/2、値域-1≦y≦1
y=asinx  定義域-1≦x≦1、値域-π/2≦y≦π/2
また、逆関数はy=xに対称になることも特徴です。
下図を見て頂くと、定義域と値域が入れ替わっていること、y=xに対称であることが分かります。

蛇足ですが、y=xに対称であることを証明するにはいろいろありますが、2つ紹介しておきます。
具体的な計算は自分でやってみてください。
1.y=f(x)上の点A=(a,f(a))とx=y(x)の点B=(f(a),a)のベクトルとy=xの方向を示す単位ベクトル(1,1)の内積が0となるので直交する。
2.点Aと点Bの中点がy=x上を通る。

Q今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くと

今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くという実験を行いました。
その時の考察についてわからない個所があったので質問します。

リン酸…濃度未知 10mlを200mlビーカーにとり、蒸留水を50ml加えた
水酸化ナトリウム…0.1M 全部で40ml

考察
1)滴定曲線から第一、第二当量点をそれぞれ求め、リン酸濃度を計算する
  →当量点の方は問題ないのですが、それを濃度計算にどう用いればよいのか?
2)フェノールフタレインの変色点を求める。この値が、リン酸の第二当量点を求めるために適当かどう  かを評価する。
  →評価方法?
3)半当量点でのpHがpKaに等しいとしてリン酸のpK1とpK2を、滴定曲線から求める。
  半当量点とは? pKaとは? pK1 pK2の求め方?

提出が来週の火曜日なので、できるだけ早めに回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

(2)

第2当量点のpHは、生じる 「HPO4^2-」の不均化反応、

2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3-

が、他の反応と比べて特に進み易いので、[H2PO4^-]≒[PO4^3-] と見做せるから、

pH≒(pK2+pK3)/2 と近似できます。


これをP.Pの変色域と比較して評価すればよい気がします。

Q接戦の求め方について質問です。「F(x)=x^3-x^2-3x+7上の点A(1、4)における接線を

接戦の求め方について質問です。
「F(x)=x^3-x^2-3x+7上の点A(1、4)における接線を求めよ」という問題があります
この解法についてなのですが、
F(x)を(x-1)^2でわって出たあまりが接線となる解き方は解答で記述する時どのように書いたら良いのですか?教えてください。
なんか、割り算の原理を使ってるみたいです

Aベストアンサー

F(x) を (x - 1)^2 で割った商を f(x), 余りを p(x - 1) + q とすると、
F(x) = ((x - 1)^2)f(x) + p(x - 1) + q と表せますが、この両辺を x で微分すると
F'(x) = 2(x - 1)f(x) + ((x - 1)^2)f'(x) + p となります。
これより、求める接線の傾きは F'(1) = p なので、
接線の方程式は y - F(1) = p(x - 1) となります。
F(1) = q ですから、整理すると y = p(x - 1) + q が接線の方程式と分かります。
>F(x)を(x-1)^2でわって出たあまりが接線となる
という質問者様の主張が正しいことが、これにて示されました。
あとは実際に F(x) = x^3 - x^2 - 3x + 7 を (x - 1)^2 = x^2 - 2x + 1 で割って余りを求めて、それを答えとして書けばいいでしょう。

Q食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。
1)うすめた食酢のモル濃度
2)もとの食酢のモル濃度
3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3)
を求めるのですが、1)の解き方がわかりません;
あと、食酢は10ml→40mlになったので
4倍に薄まったのでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この中和滴定で起きているのは下記の反応です。
CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O
ここから判ることは、酢酸と水酸化ナトリウムが1:1(モル比)で反応するということです。

0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液7.5mLに含まれる水酸化ナトリウムの量(モル数)はどれだけでしょう?

上記から、酢酸と水酸化ナトリウムのモル数は同じです。これだけの酢酸が(1)の場合は40ml中、(2)の場合は10ml中に含まれているので、それぞれのモル濃度はどれだけでしょう?

上記から、モル数が判ったので酢酸の質量もわかるはずです。それが10ml(密度が1g/cm3なので10g)中に含まれているので質量%濃度も出ますよね?

Q力F[N]の求め方がわかりません。

力F[N]の求め方がわかりません。
下図(URL参照)のように断面積が異なる2つの管を連結し、内部を流体(動粘度μ)で満たします。
その際、左側の管の断面積をA1[m^2]、速度をv1[m/s]とし、右側の管の断面積をA2[m^2]、速度をv2[m/s]とします。
このような条件の基で、左側(A1側)の管から、一定速度V[m/s]で流体を押し出す運動を考えたとき、一定速度V[m/s]で押すのに必要な力F[N]の求め方がわかりません。
最終的には、一定速度V[m/s]を変えずに、右側の管の断面積A2[m^2]を小さくしていった際、必要な力F[N]がどのように上昇するのかを求めたいと思っています。
ご教授ください。

URL:http://geocities.yahoo.co.jp/gl/fangxiao0215

Aベストアンサー

新潟大学「化学工学資料のページ」中

http://chemeng.on.coocan.jp/fl/fl13.html

の「絞り管にかかる力」に計算方法があります。
運動量検査面を設定し、運動量の法則式を立てます。

Q中和滴定の実験

皆さん宜しくお願いします。市販食酢10mlをホールピペットで取り、100mlメスフラスコに入れ、水で定量まで希釈する。この食酢を10mlホールピペットで取り、三角フラスコの入れ0.1N NaOH(F=1.007:Fは力価です)で滴定する。指示薬はフェノールフタレインを用いて3回滴定した。1回目7.22ml、二回目7.29ml、三回目7.21mlで平均7.24mlとなりました。食酢中の酢酸の含量%(w/v)を求め、モル濃度を求める。0.1N水酸化ナトリウム溶液1mlに相当する酢酸のグラム数を求める。 わからないです。教えてください。

Aベストアンサー

> わからないです。教えてください。
 何が分からないのでしょうか?
 何を教えて欲しいのでしょうか?

 もう少し考えて質問を書いていただいた方が適切な回答が得られますよ。

 ちなみに,トップページ(↓)で「中和滴定」を検索すると多数の類似質問がヒットしますので参考にして下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3

Qファクターの求め方

こんにちは。
分析化学についての質問です。
お詳しい方、どうかご協力お願いいたします。

例えば、中和滴定で、
0.1Nシュウ酸標準液10ml で 0.1N水酸化ナトリウムを滴定すると10.2ml 
要したとすると、水酸化ナトリウムの規定度は

酸のN×酸の体積=塩基のN×塩基の体積 から
塩基のN≒0.098

そこから 0.1N水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めるときに

f=滴定で求めたNaOH溶液のN(0.098) ÷ 0.1

となるのは何故でしょうか?
根本的なところを理解できていないような気もします。
申し訳ございません。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>根本的なところ

そういえば言えますが、ファクターとは早い話「理想の値」と「現実の値」との「比」なので、このまま覚えて下さい。
別の言葉で言えば、「現実の値」÷「理想の値」がファクターの定義です。

Q中和滴定の実験 注意点

今日中和滴定の実験を行いました。


ビュレットにはいったNaOH(滴下前に体積を測っておく)をフェノールフタレイン溶液を1,2滴いれた10倍希釈のCH3COOHに加えて、薄い赤色になったら加えるのをやめる そして、滴下後の体積を測るという操作を3回やって3回の滴下量の平均値を出しました。

そこで、資料集をみたところ
1回目の終りのメモリ(1回目の滴下後)を2回目のはじめのメモリ(2回目の滴下前)にしないほうがよい。

と書いてあったんですが、
これは一体なぜですか?

わかる方お願い致します><

Aベストアンサー

H島書店の「ニューステージ」のP.65ですね。

個人的には、別に問題は無いと思います。

考えられるのは2つの理由でしょう。
(1)ビュレットの目盛りを超える可能性がある。
1回目のデータから推定すればわかることです。

(2)目分量で読む誤差を二重に受けることになる。
開始点と終了点が重なる訳ですから、むしろ測定誤差が相殺されて
良いように思います。

Qヨウ素価分析・チオ硫酸ナトリウムのファクターの求め方

ヨウ素価に使用するチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)のファクターの測定、算出方法の原理がわかりません。

(1)KIO3(99.96%)を乾燥、放冷後1.7833g量り、500のメスフラにて水でメスアッフ(0.1Nヨウ素酸カリウム標準液)
(2)(1)を25mlをフラスコにとり、KI 2g、17%硫酸5mlを加え5分放置
(3)(2)を0.1Nハイポ溶液で滴定(デンプンを指示薬)
(4)同時に空試験を行い、ファクターを算出する

計算方法:ファクター={KIO3秤量値(g)×25ml×6×1000ml}/{KIO3希釈量(ml)×KIO3分子量(214)×(滴定量ml-BL滴定量ml)×0.1}

化学がとても苦手です。
大変申し訳ありませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話を分かり易くするためにとりあえず空試験を無視して「BL滴定量」を0とします。

fをファクタとしてハイポ水溶液の濃度を[Na2S2O3]=0.1f(M)とします。

KIO3 + 5KI + 3H2SO4 → 3I2 + 3H2O + 3K2SO4
I2 + 2Na2S2O3 → Na2S4O6 + 2NaI

2つの反応式から1molのKIO3に対して、3*2=6molのNa2S2O3が反応します。すると、

{KIO3の質量(g)/分子量}*{取り出した量(ml)/希釈量(ml)}*6
=(反応するNa2S2O3の物質量)=0.1f*{滴定量(ml)/1000(ml)}
が成り立つから、fについてまとめてみましょう。

理解できたら空試験を考慮した場合を考えます。
これはKIO3により生じたものではないI2を考慮する為に行うと考えてくらさい。

Q中和滴定の実験

実験で中和滴定をしました。その内容はアンモニア10mlをホールピペットで取り、これに水を10mlを加えた溶液20mlに指示薬をいれ、0.1M塩酸で滴定しました。指示薬はメチルレッド、フェノールフタレインそれぞれ実験して、フェノールフタレインの方が塩酸の滴定量が少なかったです。この実験で中和点は塩基性よりになる理由が分かりません。H3O+ができて酸性にはならないんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一般に弱い塩基と強い酸の塩は、弱酸性を示します。
ここでは、アンモニアが弱い酸であり、塩酸が強い酸です。
そのため、当量点では、弱い塩基と強い酸の塩が生じることになるので、弱酸性になります。塩基性ではありません。
そのために、この組み合わせの滴定では、弱い酸性で変色するメチルオレンジを使うのが適当です。
フェノールフタレインは弱塩基性で変色する指示薬ですので、これを用いると、当量点に達する前に変色(というより、ピンク色の脱色)が起こることになって、当量点を求めることは出来ません。
ですから、フェノールフタレインの色が変化したときにはまだ塩基性であり、当量点には達していません。
そのあたりのことを誤解されているのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報