ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私は障害年金の申請をする為、年金事務所や病院から書類を取り寄せました。

医師から私の障害の程度は3級と言われていましたが、初診日が国民年金だった為に、3級がなくて申請断念しました。

私と同じく、障害年金断念した人のお話ありましたら何故断念したか聞きたいです。

例えば、年金支払い年数が足りなかったとか、働けるから通らなかったとか、厚生年金の3級なら通るけど国民年金では通らないとか、その病名は対象外、等。

通らなかったエピソード教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

仕事上のエピソードでよろしいですか?


通らなかったエピソードはいろいろありますが、
おおよそ、質問者さんが考えておられるようなケースがほとんどです。
大きく分けると、以下のようなパターンに分かれますよ。

A 初診証明を取ることができなかった
B 初診日の属する月の2か月前までの保険料納付状況がNGだった
C 初診日が国民年金か20歳前なので、3級相当でも不支給だった
D 作業所での福祉的就労なのに、働いているだけでNGだった

順に、簡単に説明してゆきましょう。

Aは、初診日から十数年も経ってからやっと請求に踏み切った、という方や、
生来性の障害(知的障害や発達障害に、意外と多く見られます)の方などに
よく見られます。
また、精神疾患もそうですね。
転院を繰り返していたり、あるいは、精神科以外の受診が初診日とされる、
といったようなケースがそうなります。
精神的不調では、精神科以外(例えば、内科)も初診日になるからです。

Bは、20歳以降の初診では致命的です。
経済的に困窮したりしていて、未納のまんま放置していたために、
保険料をきちんと納められず、要件を満たせなくなってしまうのです。
おまけに、周りにきちんとアドバイスしてくれる方がいなかったりして、
免除を受けさえすれば要件を満たせることがある、ということを
知らないままでいたりするのです。
これは、国や行政がわかりやすく伝えてないことも影響している、と
私は思っていますから、ある意味、責任を問う必要があるかもしれません。

Cは、制度がそうなっているからといっても、何とも納得できませんよね。
どうして厚生年金保険の人にだけ3級があるんだろう、と思ってしまいます。
障害を持つことのつらさそのものは変わらないはずなのに、
どうしても不公平に感じてしまう、という気持ちはよくわかります。

Dは、知的障害で多かったのですよ(いまは是正されています)。
作業所での就労であるにもかかわらず、働いているというだけで不支給、
あるいは支給停止になってしまう、という例が相次ぎました。
それはおかしいぞ、ということで知的障害者団体や親の会が運動して、
平成23年9月改正の国民年金・厚生年金保険障害認定基準で、
やっとのことで「単に働いているというだけで、いきなりそうしない」と
いうことが明記されることになりました。

こんなところでよろしいですか?

そのほか、精神疾患の場合、独特な考え方を持つ精神科の先生もいて、
「障害年金を受けるとろくな使い方はされない」などと言い張って、
診断書をなかなか書いて下さらない、という方もいます。
うそはもちろん書けないのですが、ある程度は重めに書いてもらわないと
精神疾患による障害年金は通りにくいのですが、
頑として書こうとされない精神科の先生も多いですよ。

障害年金をもらいながら一見元気で働いている人と、
逆に、障害が重いのに1円ももらえなかった人とを単純にくらべたら、
確かに不公平に思ってしまうでしょう。
ただ、制度の最低線に該当しないと受けられない、ということも事実で、
単に働ける・働けないだけで線引きしているわけでもないのです。
申し訳ないのですが、そこだけはカッとならないで、
制度をよく理解されたほうが良いと思います。

とは言っても、やはり、その線引きといいますか基準といいますか、
どのような基準でやっているのかがとても見えづらいのですよね。
ですから、実際には、どんなに制度のことを知ったところで、
疑心暗鬼にもなってしまいますし、不満も生じてしまいます。

専門の仕事をしていたって、理不尽だなあと思います。
複数の障害を持つ人に対する併合基準などは、もっと奇々怪々ですよ。
差引認定といって、元の障害の重さを差し引くしくみがあるのです。

オープンなしくみではありませんよね。
ブラックボックスといいますか、受けようとする人に対して不親切過ぎます。
同じ病名なのに誰々は受けられて私は受けられないのはなぜ、と疑問を持つのは、
むしろ当然のことですし、エピソードも知りたくなってあたり前です。
無理もないことだと思いますよ。
(但し、そのエピソードが障害年金のすべて、と早合点してはダメですよ。)
 
    • good
    • 8
この回答へのお礼

お仕事上の貴重なお話を書いていただきありがとうございます。

とてもわかりやすかったです。

専門職の方から見ても理不尽だと思う事があるんですね。

自分以外にも沢山の人が悔しい思いをしている事が想像出来ました。

また、こちら側の気持ちも汲んでいただき本当にありがとうございます。

いただいた文章を何度も読み返しています。

納得やあきらめがつくまでは時間がかかりそうですが、少しずつ割り切りたいと思います。

お礼日時:2012/04/02 00:14

わかってくれる人かも!ってかんじだったんで、またまたコメントさせてください。


でも、しつこかったらすみません。

> 例え片側だけでも見えなかったり聞こえなかったりすれば健常者より不便ですよね。
> 線引きで切られる側は本当に悔しいと思います。

ううん。不便だけれど、悔しいとは思わなかったです。
線引きは線引きなので、どうしようもないですからね。
ぐちぐち悔しがってるだけだと、周りもひがみみたいに見えるらしくて。
それに、幸い、ちゃんとしくみの説明を社労士さんからもらったし、納得できたのがよかったかもしれないです。

それでも、スッキリしないのはわかります。そういう気持ちは同じです。
でも、しくみはやっぱり知ってないといかんなと思いました。知っていれば、何とかできましたし。

だから、ここで専門の人の話を聞けるのはありがたいし、わたしにはすんごく貴重です。
お礼もたくさん言いたいくらいだけど、ただし、もっと早くからいろんなこと教えてくれたらなあ・書いてくれたらなあなんて思います。
専門の人でもそうじゃなくっても、書いてくれてるだけでありがたいですけど、わたしはおんなじような境遇の人ってのはどっかに間違ってたところも多いんで、あんまり参考にならないところもあるかもって思ってしまいました。
だって、失敗したことばかり聞いてても、悔しさが増えるだけだし、これからの参考にあんましならなかったんです。
たぶん、同病相憐れむだけだと視野が狭くなっちゃうんだと思いました。
だから、わたしだったら、エピソードばっかしじゃなくって、いろんなしくみとか社労士さんとかの専門の話もどんどん聞きたいですし、大歓迎です。知らないまんまってこわいので。お礼つけないとかもう書かないでとかは言いたくないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

二度のコメントありがとうございます。

いろんな人がいますから、自分と考えが違う人がいるのも仕方ないと思っています。

その時、その人が必要だと感じる情報を探して手に入れる。

それは端から見たら無意味な情報であっても本人に必要ならそれでいいと思います。

ある人は仕組みが知りたい。ある人は結果が知りたい。

人それぞれですね。

お礼日時:2012/04/02 09:35

断念ではないんですけど、遡及が通らなくて事後重症になってしまいました。


遡及されるには、障害認定日から3ヶ月の間にちゃんと受診してないといけなくて、そのときのことを診断書に書いてもらえれば遡及できるんですけど、たまたまその範囲では受診してなかったんですよね。
それで診断書を書いてもらえなくて、事後重症にしかなりませんでした。数百万円も違っちゃうんです。
まあ、そういうこともあるんだなと思いましたけど、たった3ヶ月っていうのは何とも言えませんでした。わざわざそのときを狙って受診したり障害になったりするわけじゃないですけれど。

あと、聞いた話だと、うつ病とうつ状態では違ってて、うつ状態というのは神経症の一種なので、神経症になっちゃうと受けられないと聞いたことがあります。人格障害でもだめで、境界型とか解離性人格障害とかだとだめだよと知りました。

わたしは聴覚なんですけれど、聞こえの数字で認定されるんですけど、ちょっと聞きづらいぐらいじゃ受けられなかったり、片方だけが聞こえないっていう人だと不便を感じてても受けられなかったり、やっぱり何か不公平だなと思いました。
眼の障害なんかもそうだ、という話です。
両方が悪くないとだめだという考え方なんでしょうね。片方だけが悪いときでも、生活が不便になるんだから障害なのに。
いろいろ割り切れないことって多いですね。
でも、他人とくらべても悔しいだけなので、あんまり考えないようにしてます。それより、やっぱりしくみを知らないと損するなあと思いました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご自身の貴重なお話を書いていただきありがとうございます。

例え片側だけでも見えなかったり聞こえなかったりすれば健常者より不便ですよね。

線引きで切られる側は本当に悔しいと思います。

決まりだから仕方ないとわかっていてもスッキリ出来ず他の方の体験が聞きたくて質問投稿しました。

コメントありがとうございました。

お礼日時:2012/04/02 00:01

障害年金っていうのは、病状だけ見てるもんじゃないんですよ。


民間の生命保険なんかとおんなじ保険給付。
なので、納めるべき保険料をちゃんと納めてなかったら、原則、出やしません。
これは、保険料納付要件といいます。

ただし、20歳前からの障害のときは、特例があります。
その障害の初診日に何ひとつ公的年金制度に入ってなかった、ということが証明できるときに限っては、特例的に保険料納付要件なしで認められます。

逆に、20歳前からの障害でも、たとえば高卒後にすぐ厚生年金保険に入って厚生年金保険だったときに初診日があるときは?
当然、保険料納付要件が必要です。
もちろん、要件がNGだったら障害年金はもらえませんよ。
保険給付っていうのは、そういうしくみなんですから。

結局、渋いとかどうたらという性質のもんじゃないんですよ。

上で書いたように、初診日が20歳前でも保険料納付要件が必要なときがあります。
つまり、「20歳前だったら出るんですね」ではないんです。

もう1つ。
障害年金は、就労が困難だったり著しい制限が付く場合の経済的保障という性質があります。
なので、就労状況を見るのは当然のことです。
さらに、国民年金と厚生年金保険では、そもそも元々の制度が違います。
昭和61年に無理矢理一緒にして基礎年金制度を作ったので、どうしてもどこかで矛盾が出ています。
たとえば、3級では障害基礎年金が出なかったり。
言い替えると、そういったことがちゃんとわかってないと、不満たらたらになってしまいます。
知らないからあれこれ不満が出るわけですよね。
でも、しくみの限界を知っていれば、ああそういうことなんだなと割り切れるでしょ?

最後に。
障害イコール病状ではないです。
だから、同じ病状でも平等、とは言えないんですよ。

いま同じ病状だったとしても、別の病気が原因でそうなってる人と、いきなりその病気になった人とでは違います。
いままでどう困ってきたか。
生活にどういう制限が生じていたのか。
仕事にありつけなかったりしたときがあったのか。
いろいろなことが絡んできます。

そういうことって、ひとりひとり違うでしょ?
障害っていうのは、そういうもんなんです。
病気そのものではなくって、病気によって生じたさまざまな制約事項(ひとりひとりで当然違います)を見るんです。

そういう考え方のもとに、まず最初に、ある共通する最低限の基準(初診証明を取ること、保険料納付要件を満たすこと、障害の状態がある基準以上であること)をあてはめます。
そして、次に、ひとりひとりの生活の違いを考慮します。
その結果、障害年金が決まります。そういうものなんです。

なので、はっきり言いますけど、どうして受けられなかったのかとかを聞いても、あんまり意味がないです。
ひとりひとり違いますから。

ただ、強いて言えば、共通する最低限の基準を満たせなかったから。
最低限の基準さえ満たせなかったら、受けられようもないでしょ?
正直、それだけの話ですよ。

言い替えたら、そういう最低限の基準(国民年金法、厚生年金保険法、国民年金・厚生年金保険障害認定基準)をしっかり理解してなくっちゃなりません。
ぐちゃぐちゃとむずかしいしくみではあります。
けれども、もし、そういうしくみをちゃんと理解してないところで不満とかを言うんだとしたら、「それってちょっと違うんじゃない?」って私は思います。

同病の方とか障害年金を受けてる方ってのは、正直、自分のことしか知りません。
なので、はっきり言って、こういうしくみをきちっと理解してる方ばっかりとは限りません。
見ててヒヤヒヤしますけど、とんでもない間違いを書いてる方も多いんです。
このとき、書かれたことを真に受けてしまったらどうなります?
自分にとって不利益になっちゃうことだってあるでしょ?

だから、少しずつでもいいので、しくみをちゃんと理解しましょう。
どんなにむずかしくっても、理解してるのとしてないのとでは雲泥の差だと思いますよ。
根拠になってる法令とか障害認定基準とかは、誰でも見れます。
厚生労働省とか日本年金機構のサイトを検索すれば出てきます。

この回答への補足

私は障害年金申請が通らなかったエピソードが知りたいだけですので、
せっかく二回の投稿により細かいご説明をいただきましたが、これ以上のご説明はしていただかなくて大丈夫です。

親身にコメントしていただき、ありがとうございました。

補足日時:2012/04/01 11:19
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。

でも制度を詳しく知ったとしても、やはり不満は感じると思います。

私はそういう人間です。

働けるか働けるないかで貰える線引きが変わる事については、無理すれば働けるけど働かない人と、無理矢理働いている人では、無理しないで働かない人の方が働かずして保険を貰える事がうらやましいし無理した側としては悔しいです。

その人が本当に働けないのか、無理すれば働けるのかは、その人にしかわかりませんから、全否定出来ませんが。。

生活保護もそうですが、本当に仕事したいのに出来ない人と、働く意志を持たず、保護されながらパチンコする人がいる現状はおかしいと思います。

これに関しても無理して働かない方が楽出来ると考える人が楽して保護を得るなんて、と不満感じます。

障害年金も、無理をしなかった人が得してると思うと悔しいのです。

現に障害年金二級貰いながら、温泉やスノボに行ったり、毎日ネット閲覧やブログ更新てる友人がいます。

働かない人が楽出来て、無理矢理働いた自分は枠から外れる事が悔しくて、
他に悔しい思いをした人の話を聞きたかっただけです。

お礼日時:2012/04/01 11:07

> 厚生年金の3級基準の一部が国民年金2級に該当する場合もあり



そんなことはないので、真っ赤なうそです。
ちゃんと障害認定基準を確認した発言だとは思えないですね。

たとえば、3級13号だったら、労働に著しい制限を受けるか又は著しい制限を加えることを必要とする程度の、精神又は神経系統の障害。
そして、3級14号だったら、特例的に、そのような状態であっても、傷病が治らないときにも認めると。
労働には制約が生じるけれど、日常生活までには制約が生じているとは認められない、という状態。

2級16号だと、精神の障害で前各号と同程度以上のもの、つまりは、2級15号までの重さと同じ程度以上のものでなければ認められないので、3級の一部があてはまるなんてことはないんです。
長期に亘る安静を必要とされる状態であるか、労働ばかりではなく、日常生活にも著しい制限を受けるか又は制限を加えることを必要とする状態をいいます。

いい加減な回答を書くのはやめてほしいですね。
誤解を招きます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。

細かい区分けがあるんですね。

お礼日時:2012/03/31 22:31

国民年金の3級障害は確かにありませんが、厚生年金の3級基準の一部が国民年金2級に該当する場合もあり、一概に申請断念する必要無し。

申請して却下通知が来たらそれから考えれば済む話です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ちょっと希望がもてました。

お礼日時:2012/03/31 12:29

初診日の年齢は、うちは20歳前だったので、もらえましたよ、国民ん年金から。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

初診日が二十歳前だと貰えるんですね。

もう遠い昔ですW

お礼日時:2012/03/31 12:31

うちは現在精神2級ですが、加入年数が足りないと言われたりした経緯があります。



1992年1月~1996年1月の間は、共済年金でしたが、この情報が
消えてしまい、更に、それ以降は国民年金でしたが、年金手帳をなくしてしまった
ことにより2001年頃に精神2級を取ってから障害年金をもらおうにしても
年数が足りないの一点張りです。汗

現在も精神2級のままですが、国民年金を支払っていても自立支援を受けているせいか
結局障害年金を受け取れないままです。

なお、障害年金とは別に、前の自治体では、ごくわずかですが年金を支払っていなくても
もらえた障害手当がありました。

ここの自治体でもあるにはあるのですが、1級でないと支払われないようですが、
逆に高額手当のようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

やはりいろいろ渋いんですね。。

同じ病状でも無理して働くか働かないかで貰える状況が変わる事や、国民年金か厚生年金の違いでも状況が変わる事が悔しいです。

同じ病状の人には平等な制度を当てはめてほしいですね。

お礼日時:2012/03/31 12:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神障害年金もらえない場合について。

質問観覧ありがとうございます。
今、体調が悪く頭の回転が悪く分かりやすく書けないです。

箇条書きみたくなりますが宜しくお願いします。

今年の4月に福岡から鹿児島に引っ越してきました。彼氏と同棲中です。

元々、精神的に病気があり今まで仕事をしたりしなかったりと言う生活でした。

彼氏と住み出し精神的に不安定な日々が続き体調も悪く先日、感情のコントロールが出来ずリストカットを3年ぶりにしました。

昨日、引っ越してきて3回目のリストカットをして傷が深く夜中病院に行って腕を縫ってもらいました。

このままでは、衝動的に危ない事しかねないので精神科の受診と入院を考えてますが無職の為、病院に行くお金がありません。。。

現在、彼氏が生活費など出してくれてますがこれ以上頼るのは申し訳なくて・・・

どこに相談に行ったらいいか分からず県の精神保健福祉センターに電話して相談したら、
「生活保護の申請は彼氏と世帯が一緒だから難しいので障害年金を申請したらどうか」と言われました。
私は17歳の時うつ病発症し高校を休学し退学
19歳の時。処方薬依存と薬物依存症や自殺未遂で7回ほど入退院を繰り返しました。
21歳で依存が止まりバイトなどしてましたがうつ病がひどくなり何度かバイトもやめました。

病院には行ったり行かなかったりで症状が落ち着いていたので、現状報告をたまにしに行く程度で、最後に病院を受診したのが去年の4月です。

現在、両親とは関係が上手く行っていなく、父親も求職中のため援助は難しいです。
兄弟とは全く連絡取ってないです。

今年25歳で国民年金は23年7月から今年の6月まで免除して貰ってますがそれ以前は未納です。

多分、障害年金は貰えないと思うので他に何か良い方法は無いでしょうか??

以前の病院で自立支援の1割負担申請してました。

今回も病院に行って申請する予定ですが、全く収入が無いので彼氏には頼りたくないのが正直なところです・・・

もし、症状が悪化して入院となると自立支援は適応されないし・・・

早く今の状態から抜け出して少しでも早くアルバイトなどできる状態になりたいので知恵をお貸し下さい。

現在、国民健康保険に加入しています。

住所変更で役所に行った時入りました。その時「収入が無いので保険料が高かったら困るので保険は要らない」と言ったら「加入は拒否できません保険料はまだ金額が分かりませんし、保険料が決まって保険料が払えないなら納税課に行って下さいと言われました。」

まだ保険料が決まってなく何も言えませんが保険料の免除などはあるのでしょうか??

読みにくい文章で申し訳有りませんが宜しくお願い致します。

質問観覧ありがとうございます。
今、体調が悪く頭の回転が悪く分かりやすく書けないです。

箇条書きみたくなりますが宜しくお願いします。

今年の4月に福岡から鹿児島に引っ越してきました。彼氏と同棲中です。

元々、精神的に病気があり今まで仕事をしたりしなかったりと言う生活でした。

彼氏と住み出し精神的に不安定な日々が続き体調も悪く先日、感情のコントロールが出来ずリストカットを3年ぶりにしました。

昨日、引っ越してきて3回目のリストカットをして傷が深く夜中病院に行って腕を縫ってもらい...続きを読む

Aベストアンサー

20歳よりも前のときから精神疾患の受診歴があるので、
場合によっては、国民年金保険料の納付実績を気にせずに、
障害基礎年金を受けられるかもしれません。
(17歳のときにうつ病を発症‥‥とあるので)

現在25歳、ということは、発病は8年前。
カルテの法定保存年限が5年なので、
初診当時のカルテが残っているかどうかが心配ですが、
運良く残っていれば、その病医院で初診証明を書いてもらいます。

次いで、20歳のときにかかっていた病医院で、
その当時の病状のことを記した年金用診断書を書いてもらいます。

その結果、もしもその病状が障害年金の基準(1級か2級)に
あてはまるような重さだったら、障害年金を受けられます。

この障害年金は、20歳前初診の障害基礎年金といって、
20歳前の何も働いていないときに初診日があるときに限って、
国民年金保険料の納付実績を全く気にせずに受けられる、という、
特別な障害年金です。

ということで、これを受けられる可能性がないかどうか、
お医者さんなり、福祉の方(精神保健福祉士さんなど)の力を借りて、
きちっと確認したほうがよいと思います。

なお、障害年金を受けられるかどうかについては、
精神障害者保健福祉手帳のことや自立支援医療とも無関係です。
それぞれ認定基準が違っているからで、相互に関係し合いません。
生活保護を受けられる・受けられないとも関係ありません。
また、自立支援医療(精神科医療)は通院だけが対象なので、
入院するときには公費でカバーしてもらえることはなくなります。
(但し、市区町村によっては特別に補助してくれる所もあります)

きちっと受診していない場合は、病状経過を追えないため、
通常は、精神科のお医者さんは診断書を書くことをいやがります。
書いてもらえない、ということはありませんが、
一般に最低でも1年から2年の経過を追わないと書きようがないので、
そういうことも踏まえて考えてみて下さい。

20歳以降に初診日があるときは、
保険料の納付実績によっては、障害年金を受けられなくなります。
ただ、これは素人には判断がむずかしいので、
年金事務所の窓口に直接出向いていって、
その窓口でチェックをしてもらったほうがベストです。

国民健康保険のほうは、生活保護と同様のイメージで、
原則、住民票が置かれる世帯単位で計算されます。
早い話が、個人個人の状況だけでは決められません。
そして、いったん保険料が示されたあとでなければ、
減免なり免除なりの手続きはできませんから、
納付書(通知書)が届いた後で手続きをしてみて下さい。
(市区町村ごとに、細かいきまりごとにかなり差があります)
 

20歳よりも前のときから精神疾患の受診歴があるので、
場合によっては、国民年金保険料の納付実績を気にせずに、
障害基礎年金を受けられるかもしれません。
(17歳のときにうつ病を発症‥‥とあるので)

現在25歳、ということは、発病は8年前。
カルテの法定保存年限が5年なので、
初診当時のカルテが残っているかどうかが心配ですが、
運良く残っていれば、その病医院で初診証明を書いてもらいます。

次いで、20歳のときにかかっていた病医院で、
その当時の病状のことを記した年金用診断書を書いても...続きを読む

Q年金を払っていない場合、障害年金は絶対にもらえませんか?

現在37歳の友人が統合失調症で
幻聴妄想に加え体がだるく何もできない状態らしいです

本来なら障害年金をもらえるのですが、
友人は病識がなく病院に行ってなかった期間がかなり長いので
働くこともできず、年金をほとんど納めていませんでした

この場合障害年金はどうやってももらえないのでしょうか?
今までの分を払ったとしてもダメなんでしょうか?

Aベストアンサー

保険料免除申請されていないようなので残念ですがもらうことはできません。
現在37歳ということなので17年加入可能期間があります。
3分の2以上の約6年(免除期間含む)払っていればもらうことができましたが、その条件を満たしていないので無理です。
今までの分を払うことはできますが2年分だけです。

障害基礎年金は障害があればもらえるというものではありません。
障害の度合いによってはもらえません。

Q国民年金を払ってないと障害年金を受け取れない?

国民年金をずっと支払っていないともし明日事故で足が無くなったりした場合に、障害年金を受け取れないのですか?金銭的な援助は何も受け取れないということでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>国民年金をずっと支払っていないと…障害年金を受け取れないのですか?

「ずっと」の内容によって違ってきます。

もちろん、「20歳からずっと(免除・猶予ではなく)納めていない(滞納→未納)」の場合は、支給されません。

ただし、「ずっと納めていないが、免除・猶予になっている」「以前は納めていたが、最近はずっと納めていない」「以前はずっと納めていなかったが、最近は納めている」というような「ずっと」であれば、「受給要件」を満たす場合【も】あります。

なお、「老齢年金」とは違いますので、「納めた期間」と「年金額」は【無関係】です。
あくまでも、「障害の程度」で支給額が決定します。

(参考)『障害年金』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3225
>>…障害基礎年金を受けるためには、初診日のある月の前々月までの【公的年金の加入期間の2/3以上の期間】について、保険料が【納付又は免除】されていること…
>>…【または】【初診日のある月の前々月までの1年間】に保険料の未納がないこと…(時限措置、過去に延長の経緯あり)

>金銭的な援助は何も受け取れないということでしょうか?

「公的年金制度」からの保障はありません。
ただし、「国」「住んでいる自治体」による「障害者支援」の制度があります。

(千葉市の案内)『「障害者福祉のあんない」』
http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/koreishogai/kikaku/annai.html
>>…障害のある方の相談窓口のほか、各種サービスを、福祉分野のみならず、住宅、就労、税、教育など、総合的に掲載している冊子です。…

ちなみに、「障害者手帳」は「公的年金制度」とは制度が違いますので、審査次第で発行されます。

『障害年金疑問解消ナビ>障害者手帳のメリット』
http://www.saints-martyrs.com/nenkin/tetyo01.php
『障害年金疑問解消ナビ>障害者手帳について>障害年金との関係』
http://www.saints-martyrs.com/nenkin/tetyo03.php

また、「生活保護」も制度自体が違いますから、「年金保険料の未納」は審査に影響しません。

『厚生労働省>生活保護制度』
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

*****
(その他参考URL)

『保険料滞納中の障害年金請求』
http://syougai.jp/faq/faq0063.html
『学生無年金障害者訴訟』
http://kotobank.jp/word/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%84%A1%E5%B9%B4%E9%87%91%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E8%A8%B4%E8%A8%9F
---
『内閣府>障害年金の制度をご存じですか?がんや糖尿病、心疾患など内部疾患の方も対象です』
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201201/2.html
『なぜ障害年金の請求漏れやもらい損ねが起きるのか?』
http://www.fujisawa-office.com/shogai1.html
---
『保険料を納めることが、経済的に難しいとき』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3770
---
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
---
『労災保険情報センター>一般・労働者のかた>保険給付等の種類>障害>障害給付等 』
http://www.rousai-ric.or.jp/tabid/111/Default.aspx
『労働保険とはこのような制度です』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html
---
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

---
『障害者と税』
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/03_2.htm
『花巻市|個人住民税の非課税限度額とは』
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/living/zeimu/1291090906546.html
※「均等割の非課税限度額」は、最低額が31万5千円、35万円の市町村があります。
『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>国民年金をずっと支払っていないと…障害年金を受け取れないのですか?

「ずっと」の内容によって違ってきます。

もちろん、「20歳からずっと(免除・猶予ではなく)納めていない(滞納→未納)」の場合は、支給されません。

ただし、「ずっと納めていないが、免除・猶予になっている」「以前は納めていたが、最近はずっと納めていない」「以前はずっと納めていなかったが、最近は納めている」というような「ずっと」であれば、「受給要件」を満たす場合【も】あります...続きを読む

Q障害年金2級を貰いながら働くことは可能ですか?

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌から探してバイトをしてもいいのでしょうか?そうすると情報が主治医や職安や年金事務所に伝わるんでしょうか?その結果3等級に落ちるのでしょうか?例えばれなくとも法律的に2級のまま働くのはいけないんでしょうか?そして、その後の更新日(来年)に主治医に報告が必要になるんでしょうか?その場合主治医との約束違反になります。働いていないと言ってもいいんでしょうか?しかし役場には情報が入ってるでしょうし、主治医にも情報がいくのでしょうか?因みに更新日までには治して等級が下がっても、受給停止になっても正社員で働きたいと思っています。とにかく今は切羽つまった状態で困っています。乱文で申し訳ありませんが教えて下さい。

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌...続きを読む

Aベストアンサー

どの障害でも同じですが、障害基礎年金2級の認定基準に該当しないと再認定時の診断書によって判断された場合は3級がありませんので支給停止になります。
2級の認定基準は、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。とされていますので、継続した労働が可能になれば障害は改善したと判断される事になります。
仕事をする(した)、しないではなく、障害の状態が改善していれば支給停止になりますが、改善したかどうかを判断するのは年金機構です。
ですので、再認定時の診断書の内容にもよりますが、支給停止になる可能性はあります。
仮に、障害の状態が改善した場合は2級の認定基準に該当しなければ、働かないでいても支給停止になります。
仮に支給停止になっても、将来万が一悪化した場合は「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて提出する事によって、支給再開を要求する事ができます。
無理し過ぎない程度に、主治医と相談しながらお仕事なさってくださいね。

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良か

障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良かったら職種も教えて欲しいです。また、障害年金に詳しい方、年金受給に響くのか教えて下さい。ケースワーカーさんに聞いてみましたが、はっきりした答えが得られなかったので、お願いします。現在、調子は良くない日もありますが、働きたいと思ってます。

Aベストアンサー

私は(精神)障害年金2級で年金をもらいながら週5で6時間で働いています。
職種はサービス業です。
仕事内容はレジの補助です。
障害年金2級をとるのは、かなり状態が悪くないと取れません。
回答者さんの場合、働く意欲がある場合とるのに難しいかもしれません。
一番良いのは申請が通ってから働くのがベストです。
一度2級を取れれば、体調がよくなり働いても年金はもらえます。
ただし期間があり(だいたい2年間)働けるまで回復していれば次は3級に降格するでしょう

Q障害年金の認定結果はどのくらいの期間がかかりますか

今月末までに障害年金の申請をします。

その場合、認定結果がでるのは何ヶ月くらいかかりますか?

ご存知のかたはおおしえください。

Aベストアンサー

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)

◯ 障害基礎年金で3か月以内
◯ 障害厚生年金では3か月半以内

但し、実際には、この日数内に終わることは少なくなっています。
平成22年度末現在、障害基礎年金では87.7%が期限内でしたが、
障害厚生年金では7.7%足らずでした。

平成23年度末現在は、障害基礎年金ではほぼ同様(9割近く)ですが、
障害厚生年金ではいまだ半数にも満たない状態(44%)です。

つまり、結果が知らされるまで、障害厚生年金のときは
半年近くの日数を要することが稀ではありませんので、
あらかじめ承知しておいていただいたほうが良いと思います。
(障害厚生年金+障害基礎年金のときもそうです。)

★ 注
初診日が厚生年金保険の被保険者期間中にあり、
年金法でいう障害の状態(障害者手帳の級とは全く無関係です)の
2級や1級に該当する可能性があるならば、
「障害厚生年金+障害基礎年金」としての請求になります。
(このとき、2級か1級ならば、同じ級の障害基礎年金も出るから。)

いずれにしても、請求後は、結果がわかるまで待っていただくしかありません。
また、結果がわかってから約40~50日後が実際の初回振込日です。
 

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)...続きを読む

Q障害者年金は働いてもストップしないんですか?

私は1級身体障害者ですが、この4月から事務員のパートとして働き始めました。現在、障害基礎年金と障害厚生年金をもらっていますが、働いて、ある程度以上収入を得るようになると、年金はストップするという話を耳にしたことがあるんですが、どうなのか教えてください。今は、パートですし、収入も少ないのですが、将来、収入が増えた時のことが気になります。年金がストップするボーダーラインなどは決められているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。
年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。)に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。

20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」ではないケースもありえます。
たとえば、20歳前に社会人として就職し、厚生年金保険に加入した場合などです。
上述した印字がなければ、支給制限の対象とはならない通常の障害基礎年金(国民年金保険料を支払っており、かつ、20歳以降に初診日があるとき)か、もしくは障害厚生年金です。
すなわち、支給制限に該当しない障害年金の場合には、いくら給与所得があっても、支給制限には引っかかりません。

支給制限については、過去、私自身が下記に詳述してあります。
所得に関して、給与所得のほかにどういった所得がある場合に支給制限に該当するか、そして、その所得の合計額がどういう場合に該当するか、ということを、簡単な計算式で示してあります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1796256

障害年金受給者は通常、特に定められた障害である場合を除き、決められた期間ごとに診断書付きの現況届で身体の障害の状況を報告する義務があります。
そのとき、もしも障害の等級(手帳の等級ではなく、年金の等級のことです。手帳と年金とは全く個別。)が軽減してしまっていると、より受給額の少ない級に落とされてしまったり、あるいは、障害年金を受けられなくなります。

障害年金については法改正があり、平成18年4月からは、「障害基礎年金+老齢厚生年金」という形で受給できるようになりました。
いままでは、老齢厚生年金を受け取れるような年齢になると、障害基礎年金を受け取り続けるか、それとも老齢厚生年金に変えるか、どちらかを選択しなければならなかったのです。
しかし、障害基礎年金を受給している障害者は、老齢厚生年金を受け取れる年齢になっても、引き続き、障害基礎年金を受け取れます。
これは、画期的な法改正ではないでしょうか。
なお、法改正後は、上記の場合、もし「老齢厚生年金」を受け取ると、「障害厚生年金」はストップになります。
但し、どちらを受け取るかを選択できます。「老齢厚生年金の額」>「障害厚生年金の額」となる場合に限り、選択が生きてきます。
そうでない場合には、「障害基礎年金+障害厚生年金」のままでいたほうが無難でしょう。

※ 障害基礎年金と障害厚生年金を混同しないよう、十分お気をつけ下さい。
※ 前述のとおり、障害基礎年金には、支給制限に該当してしまうものと該当しないものと、2種あります。

「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」(国民年金法第30条の4)は、受給権者の所得が『「所得税法で定められた控除対象配偶者及び扶養親族の数」に応じて定められた限度額』を超える場合には、その年の8月分から翌年の7月分までの1年間、全額または2分の1が支給停止になります。

所得には、地方税法における都道府県民税の課税対象とならない所得は含めません。
これらは以下のとおりです。
逆に言いますと、以下のもの以外の所得があれば、所得として考慮されることになります。

○当座預金の利子、老人・障害者のいわゆるマル優の利子
○遺族年金、恩給
○給与所得者の出張旅費、転任補助金
○給与所得者の通勤手当(~10万円)
○相続、贈与による所得(但し、相続税や贈与税は課税されます)
○国民年金法による給付(老齢年金は除く)
○厚生年金保険法による給付(同上)
○宝くじの当選金
○公害補償金

株式の売買による儲けや配当は、所得になります。
つまり、支給停止を考えるときの所得にあたります。

データは少し古いのですが、平成15年8月から平成16年7月までの支給停止における所得制限額は、次のとおりでした。
現在もその額はほとんど変わりませんので、参考になさって下さい。

●全額支給停止
462万1000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であったとき
加給年金部分(配偶者等分に相当)も支給停止
●半額支給停止
360万4000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であるとき
加給年金部分(同上)は支給される

受給権者の所得が限度額を超えるかどうかを計算する式は、次のとおりです。

所得=a-(b+c)
a:上記非課税所得以外の所得の額(退職金等も含む)
b:地方税法における雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、配偶者特別控除
c:地方税法における障害者控除、老年者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除

こんにちは。
障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。
年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。)に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。

20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」では...続きを読む

Q障害者年金の年金請求書審査期間があまりにかかりすぎます

障害者年金の年金請求書審査期間があまりにかかりすぎます

お世話になります。
昨年11月に日本年金機構に障害者年金の年金請求書を出しました。
請求書の審査を行い、年金支給という流れになるのですが、その審査に
標準的には3ヵ月半くらいかかると聞いていました。
全国の方を対象とするのでやはりそれくらいはかかるのは仕方ないのだろうと思っていました。

約4ヶ月たったころ、年金機構から「審査の遅延について」という知らせが来て、
審査に時間がかかっているので、今しばらく待って欲しいということでした。
それで1ヶ月ほど待ってみましたが、なにも動きがないので、年金機構に問合せの電話をしました。
そうすると、「現在、審査中なのであと5ヶ月ほど時間が必要」との回答をされ、驚いてしまいました。
「こちらの出した書類に何か問題があって手間取っているのか?」と聞くと、そうではなく、審査しなければならない書類が多いため、全体的に時間がかかっているとのこと。
あまりに時間がかかりすぎではないかと言っても、それ以上のことは教えてくれません。こうなると書類を提出して、1年近くも審査にかかってしまうということになります。
お役所仕事とはいえ、あんまりではないでしょうか? それともこれが一般的なのでしょうか?

標準の倍以上も期間がかかるのがわかっていて、こちらから問合せしないと答えず、しかも「標準的には3ヵ月半」とはっきり明示しているのにもかかわらず、平気であと5ヶ月かかるなどと言う態度自体が信じられません。それも書類に問題がある等、なにか理由があるのならまだしも全体的にそうだというのなら、いったい「標準3ヵ月半」というのはなんなのでしょうか? 

この調子だと、たとえこのままじっと5ヶ月待ったところで、また「あと5ヶ月必要です」などという回答をもらいかねません。
こちらも申請して少なくとも半年すれば、なんとかなるだろうと考えていただけに、こんな対応に困り果てています。
こういうことに関しては、いったいどこへ相談すればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけると大変助かります。
宜しくお願いいたします。

障害者年金の年金請求書審査期間があまりにかかりすぎます

お世話になります。
昨年11月に日本年金機構に障害者年金の年金請求書を出しました。
請求書の審査を行い、年金支給という流れになるのですが、その審査に
標準的には3ヵ月半くらいかかると聞いていました。
全国の方を対象とするのでやはりそれくらいはかかるのは仕方ないのだろうと思っていました。

約4ヶ月たったころ、年金機構から「審査の遅延について」という知らせが来て、
審査に時間がかかっているので、今しばらく待って欲しいということ...続きを読む

Aベストアンサー

もと国民年金係の市職員です。
日本年金機構に組織が変わり、単純な人員減もさることながら、ベテラン職員の減少により、
障害年金のみならずすべての処理が停滞している様子です。
年金事務にたずさわった経験のある者なら、組織変更後にこうなることは
誰もが予測していたと思います。

社会保険庁や社会保険事務所は、問題があったのが事実であったとしても、
事実以上に悪者扱いされ、A級戦犯に仕立て上げられたと私は見ています。
年金記録問題については、政治家や企業、そして年金加入者自身にも、実は大きな責任があったのです。

>こういうことに関しては、いったいどこへ相談すればいいのでしょうか?

残念ながら、皆さんが問い合わせるほど、その時間に事務時間が取られるだけの状態と思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング