これからの季節に親子でハイキング! >>

T字路の横棒を行く方が右折しようと一時停止し、縦棒を行く方も右折しようと一時停止で、さてどちらが優先的に右折できるか、交通マナー等でなく、道路交通法等法律を根拠に教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

左方優先について、道路交通法第36条第1項第1号で定められています。


また、第120条に罰則(5万円以下の罰金)も設けられています。

(交差点における他の車両等との関係等)
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車

交差点の形状(十字路T字路)は関係ないようです。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
明確に規定されていますね。

お礼日時:2004/05/08 20:56

「交差する道路(以下「交差道路」という。

)を左方から進行してくる」「車両等の進行妨害をしてはならない。」(道路交通法第三十六条第一項第一号と道路交通法第三十六条第一項本文より抜粋)
「交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。」(道路交通法第三十六条第二項より抜粋)

道路交通法は第三十六条第一項で「次項の規定が適用される場合を除き、」「交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる」「車両等の進行妨害をしてはならない。」と定めています。
回答No.1の「優先道路から右折してくる人が 突き当たりの人の右折よりも優先されます」は、優先道路なら優先されるのが当然で、本質問の回答としては無意味なものです。
回答No.2の「T字路においては特に規制のない限り横棒を行く車が優先です。」は、道路交通法に照らして全くの誤りです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/05/08 20:58

『左方車優先』というのは教習所でも教えています。

そこで使用するテキストにも載っています。また、試験でもその通りに扱われます。

教習所での学習内容がすべて法律に基づいているのであれば、法的根拠があると思いますが……
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もそう思っています。
教則本等見ても、根拠が明確でないのですね。
本問のモチーフは、その辺がどのように法的に規定されているかなのです。

お礼日時:2004/05/08 20:19

回答No.3に一票。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

あの、アンケートでなく、法的根拠の質問なもので・・・・。

お礼日時:2004/05/08 19:16

「左方車優先」です。


つまり自分から見て「左にいる車」が優先されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そのような解釈もネット上まま見られますが、法的根拠は?

お礼日時:2004/05/08 19:15

T字路においては特に規制のない限り横棒を行く車が優先です。


質問の事例では横棒を来た車が停止している車の前を右折しながら通過し、その後縦棒を進んできた車が右折という順序です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一番目のご回答同様、印象としてはそうなのですが、道交法や政令上、どう根拠付けられるかというのが、質問の趣旨です。

お礼日時:2004/05/08 19:14




こちらから右折したい人があとです

右折する人が左折直進より優先度が落ちますが
優先道路から右折してくる人が 突き当たりの人の右折よりも優先されます
あとはお互いの混み具合や譲り合いだで変化はあると思いますが
    • good
    • 3
この回答へのお礼

私も直感的にそう思っているのですが、いまいただきたいのは法的根拠なのですが・・・・。

お礼日時:2004/05/08 19:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右折同士、どっちが優先?

いわゆる一般道路から、駐車場に入ろうとして、右折待ちしている車と、その駐車場から一般道路に入ろうと右折待ちしている車があるとします。

同時に発進すれば、当たり前ですが、ぶつかるので、どちらが先にいくのが正しいのでしょうか?

こちらはたとえ優先側でも注意していますが、以前譲りあいが長引き、挙句の果てに対向車がきてしまい、結局発進できず立ち往生してしまいまして・・・。

また、こういう駆け引きでなにも合図(バッシングなど)がない場合、いつ発進するかのコツとかあればお願いします。

Aベストアンサー

原則的には左側優先です。

道幅が同じ交差道路で直進同士が出合いがしらになったときも左側のクルマに優先権があります。

Q交差点での右折優先について

質問させて頂きます。交差点右折について何ですが
お互いに信号待ちで対向車も右折をしようとしています。
自分も右折、対向車も右折をしようとしている場合は何を基準に優先されるのでしょうか?
それとも同時に発進してもいいのでしょうか?
教習で同時に発進し、対向車が邪魔になってしまい右側通行をしてしまい怒られました。
回答お願いします

Aベストアンサー

右折時に「優先」なんて概念はありません。お互いに相手及び周囲の安全を確認しつつ、
右折態勢に入る。だめと思ったら、右折行動を中止し待つ。もしくは譲り合う。これしかないはずです。
よってどちらが優先だからと言うよりは、あなたは教習中なので、譲る精神を教えられたのだと思って良いでしょう。

最初は私も他の回答者様同様「お互い右折同士ならそんな状態になりえない。」と思っていたのですが、
よくよく考えると「右折レーンの無い、片側1車線道路同士」ではぶつかりますね。
絵を描いてみると分かるのですが、3本の平行線を十字に書いてみてください。交差点を上から見た図です。
右下の交点を中心として、交差点のクロスする、センターライン同士、左側ライン同士を同心円で結んだところが
自車の右折時に通るルートとなります。
次に左上の交点を中心として、同様に同心円を描いてください。すると、ちょうど交差点中央付近ではかぶるところが出来ますね。
これが誘導ラインの描かれていない交差点での本当のルートと教官は解釈しているのでしょう。
それを、相手をよけるために右側にハンドルを切りそのルートから右側へはみ出した。=ショートカットしたとみなされたのでしょう。

免許取得後の実運転上はショートカットでもお咎めなしが多いです(と言うか私を含め普通に行われているからこそ、
そんな状況はありえないと皆が同じ回答をする)が、質問者様は教習中の身ですので教官に右側通行を指摘されたのではないかと。

よって右側通行で注意は、
・右折中にショートカットした。(たぶんこれ)
・右折前に右後輪がセンターラインを踏んでしまった。(これもかも)
・右折後に右後輪がセンターラインを踏んでしまった。(これもかも)
の3点のいずれか(もしくは全部)だと思います。

教官が指摘したのなら何らかの根拠があるはずと無理やり自分の概念を変えて考えてみました。
よって、事実かどうかは分かりませんので、次回教官に真意を聞いてみてください。そのための自動車学校です。
教習中は日常走行の慣例とは違って、厳密な法解釈および、譲り合い(特に譲る方)の意識の教育がなされているはずです。

右折時に「優先」なんて概念はありません。お互いに相手及び周囲の安全を確認しつつ、
右折態勢に入る。だめと思ったら、右折行動を中止し待つ。もしくは譲り合う。これしかないはずです。
よってどちらが優先だからと言うよりは、あなたは教習中なので、譲る精神を教えられたのだと思って良いでしょう。

最初は私も他の回答者様同様「お互い右折同士ならそんな状態になりえない。」と思っていたのですが、
よくよく考えると「右折レーンの無い、片側1車線道路同士」ではぶつかりますね。
絵を描いてみる...続きを読む

Q丁字路での右折と左方優先

信号機のない丁字路です。
丁字路の横棒側はセンターラインが交差点の中までずっと引かれ、縦棒側に停止線と一時停止標識があります。
この丁字路に横棒側 A車と縦棒側 B車が同時に右折しようとした場合、優先権は当然 A車にありますよね。

ところが私の地方では、B車に優先権があるかのような解釈がはびこっているのです。
B車が先に交差点に近づいて一時停止しているにもかかわらず、あとから来た A車は本線上に一時停止してしまい、B車を先に行かせようとするのです。
道路交通法の解釈として、おかしくありませんか。

念のために書いておきますと、B車側の幅員が狭くて B車が出ないと A車が入れないとかではありません。
また、A車側にも停止線と一時停止標識がある丁字路なら、たしかに左方優先の原則から B車に優先権が生じます。

さて、明らかに A車側が優先道路である場合にも「左方優先」は適用されるのでしょうか。
それとも単なるローカルルール?

人口あたりのマイカー保有率でベスト 5に入る田舎県です。

Aベストアンサー

・一時停止線が前すぎるか、もしくは奥すぎる。
・壁などがあって見通しが悪い。
・角に電柱などがあって、停止車両が前進してると曲がれない。
・舗道が狭い
・学生など自転車の通行が多い。
・その他

…など、何らかの理由があって、曲り辛くなっているために曲がらせてしまえ、ということでのローカルルールのような気もします。
でも、ローカルルールって本来はダメですよね。
ダメであることを前提として曲がってる人はまだしも「そういう場所だろここは?」という人も結構いますから。
それに事故が起きれば、適用されるのはやはり「法律」。
法律には複数の解釈があってはいけないのが前提です。

「ゆずりあい」は、あくまでも事実認識がちゃんとしてる同士が行わなければいけないものです。
そしてそれでも、やはり法律違反には違いない。
出来ればやはり「道をどうにかする」という方向で改善したいですね。

Q十字路での交通ルール忘れました。お願いします!

免許取りましたが、3年以上経過してるので
交通ルールを少し忘れました。

信号の無い十字路で、右折する際、正面と、左から車が来ました。
私は右折、左からの車は右折、正面からの車、直進です。

分かっているのは、直進の車が優先だと思いますが、
次は私でしょうか。

確か、十字路の場合、直進以外は、
[自分から右にある車が先に進行する]
ルールだったような気がしますが、、。

また、これについて、記載のあるサイトがあれば、アドレスお願いします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、幅の広い方の道路でが優先

同じ幅なら、直進車が優先

停止線のない方が優先

自分より左側の車が優先

とはいえ、車の大きさや交通状況に合わせて、一番安全に通過できる順番をその場ですりあわせします。

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q若干特殊な現場での過失割合

過去の質問をある程度拝見させていただきましたが、
私と似たようなケースがなかったため書き込ませて頂きます。

先日事故に合ってしまったのですが、現場だけ見ると
[現場]T字路 [相手]左→右の直進 [私]突き当たりを左折
ですので、2:8~3:7で私の過失が多くなると思われます。
ただ通常の道路とは少しばかりケースが違います。

[現場] ̄\_____ ・相手が来た側が距離が短くかなり急な坂道
    ̄\   __ ・左側と突き当たり道路の角が擁壁になってお
     |  |    り、非常に見通しが悪い
     |  |   ・直進車線がせまく、突き当たりの方が               道路が2倍近く広い

上記が現場の状況です。突き当たりにミラーがありますが、突き当たりからですとミラー角度の問題で「坂を上りきった先が視認しにくくなっています」。逆に坂道側からですと、突き当たり側の道路がミラーで見通せます。
そしてそれぞれの車の状況です。
実は私の車は事故の5日前に納車したばかりだったため、傷つけたくない一心でかなり注意深く運転していました。
そのため、ミラーで坂道に車がいないことを確認した後、見通しの悪い左側を目視するために、徐行状態で前に顔を出したところを左から追突された形です。
通常あれだけ急で見通しが悪い坂道であるため、地元の人間はほぼ徐行状態で降りてくるところを、相手側車はかなりのスピードを出しているようでした。

私としては通常通りの過失割合では納得がいかないのが正直なところです・・・。
どなたか今後のアドバイスや、経験談等どのようなことでの結構ですので返信していただけると幸いです。
長文失礼いたしました。

過去の質問をある程度拝見させていただきましたが、
私と似たようなケースがなかったため書き込ませて頂きます。

先日事故に合ってしまったのですが、現場だけ見ると
[現場]T字路 [相手]左→右の直進 [私]突き当たりを左折
ですので、2:8~3:7で私の過失が多くなると思われます。
ただ通常の道路とは少しばかりケースが違います。

[現場] ̄\_____ ・相手が来た側が距離が短くかなり急な坂道
    ̄\   __ ・左側と突き当たり道路の角が擁壁になってお
     |  |    り、...続きを読む

Aベストアンサー

T字路交差点の事故だからといって、「判例タイムズ」の「過失相殺率の認定基準」の中にある「T字路交差点の事故」類型の適用もしくは準用になるわけでは必ずしもありません。今回のケースもまさにそうです。

まず「認定基準」本の表92~99を見てください。持っていなかったら、保険会社にFAXしてもらってくださいね。特に重要なのは表96~99の双方右折車のケースです。これを見て少し疑問に感じないでしょうか。双方右折車のケースだけで、右折車対左折車や左折車同士のケースがどうして記載されていないのか。結論から言えば、いわゆる「交点の生じない事故」だからです。

「交点の生じない事故」というのは、双方の車がそれぞれの走行車線の範囲内を逸脱しないで走行している限り生じない事故のことであり、双方の車の進行路の軌跡を描いてみて、交点が生じないことからそのように言われています。典型例は、対向車同士のセンターオーバー事故で、自車線を走行している限り交点は生じません。先ほどの例に戻ると、突き当たり路側からの右折車と右方交差道路側からの左折車は交点が生じないし、突き当たり路側からの左折車と右方交差道路からの左折車や左方交差道路からの右折車も同様です。唯一交点が生じるのは、突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの右折車のケースだけなのです。96~99はまさにそうだし、図に描いてみれば簡単にわかることですね。つまり、「T字路交差点の事故」類型として前提にしているのは「交点の生じる事故」なわけで、交点の生じない事故は別の事故類型で考えるということです。

以上の前提知識を基に、本件事故について考えてみてください。質問者は突き当たり路側からの左折車でした。他方、相手車は左方交差道路側からの直進車です。交点が生じますか。逸脱しないかぎり交点が生じないケースなのです。だから、今回のケースは「T字路交差点の事故」のケースではないことも理解されたことでしょう。大切なことは、衝突地点です。どちらが逸脱し、相手車線に進入したのか。

T字路交差点の事故だからといって、「判例タイムズ」の「過失相殺率の認定基準」の中にある「T字路交差点の事故」類型の適用もしくは準用になるわけでは必ずしもありません。今回のケースもまさにそうです。

まず「認定基準」本の表92~99を見てください。持っていなかったら、保険会社にFAXしてもらってくださいね。特に重要なのは表96~99の双方右折車のケースです。これを見て少し疑問に感じないでしょうか。双方右折車のケースだけで、右折車対左折車や左折車同士のケースがどうして記載されていな...続きを読む

Q路上教習が怖い!パニック!

つい先日仮免をとって、昨日から路上教習に出ている者です(♀


路上教習が、慣れないせいなのか怖くて怖くて仕方ありません。運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。


当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし…
でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。

今日も、
・駐車車両を避けるのを失敗しかけたり(ギリギリのところで先生がハンドル切ってくれました)
・ガードレールにぶつかりそうになった
・4車線のところで間違って対向車線に入りそうになる;
・右寄せ左寄せ・巻き込み確認がトロい。スピード出したまま出来ない


…今日は本当に死ぬかと思いました;。
特に対向車線に入りかけたとき。
先生にも大変申し訳なく・・・

周りの人に聞くと「路上教習のほうが簡単だった」とか「路上の方がすごく楽しい」という意見ばかりなので、私はちょっとおかしすぎるのか?;と思ってしまいました。

二次教習で路上教習経験者の方は、路上に出たときパニックになりませんでしたか?
また、安心して運転できるコツがありましたら教えてください。
宜しくお願いいたします。

つい先日仮免をとって、昨日から路上教習に出ている者です(♀


路上教習が、慣れないせいなのか怖くて怖くて仕方ありません。運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。


当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし…
でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。

今日も、
・駐車...続きを読む

Aベストアンサー

私も路上教習は楽しくて仕方なかったクチです。ちなみに女です。
(やっと外の世界で運転できる喜びが強かった)
質問者様は最近仮免を取り。。。という事はまだ路上は数回程度しか
乗っていないということですよね?
最初はあせりますよ。そりゃ。
私もストレートで合格はしましたが、路上1日目はビビリ連続でした。
でも次第に状況判断もできるようになるし、慣れてくれば楽しくも感じられると思います。
あと数時間楽な気持ちで教習してみて下さい。
もしそれでも改善しないのであれば運転自体不向きという事に...
仮に時間をずらして道路状況が楽な状態で免許を取得したとしても
道路状況が混雑していたり、車の多い時間帯にも自分で運転する時が絶対にありますからね。
だからただヒタスラ慣れるまで通うべきです。
沢山落ちても落胆せずに。
実際、ストレートで合格した私よりも十時間以上ダブったオバサンの方が
安定した感じだったりもしましたから、無駄にはならないと思いますよ。
頑張って!

Q三叉路で右折する場合

三叉路で私は右折しようとしました。(まっすぐ行こうと思えば行ける側)
すると,右折しようとする道路にいた車も,右折しようとしていました。(まっすぐ行くとぶつかって,どちらかに曲がらないといけない側)
道路の太さが変わらず,「止まれ」もない場合,どちらが優先なんでしょうか?

また十字路の場合はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

交差点=2本以上の道路が交差する=の場合「優先の表示」(一旦停止や優先道路の表示)が無い場合、自分から見て「左側方向」にいる車が「優先」となります。

交差点を行き交う車に対して「優先」という言葉は道路交通法の中にはありません。
ただ司法の見解として「どちらかと言えば優先である」って言ってるだけなんだそうです。
ですが「教習所」などでは分かり易くするために敢えて「優先」とかって言ってるだけなんです。

このケースの場合、質問者さんから見て、「右側から来てる車」なら質問者さんが「優先」となります。
逆に「左側から来てる車」なら相手側が「優先」となるのです。

そこで一つ疑問が湧きますよね?
そうです。
この「三叉路」において同時に3台の車が、同時に「右折」となった場合ですよね?
お互いに「左側方向の車」が同時に互いに「存在」してしまう現象。。。
これでは「どれが優先なんだ?」ってなってしまいますよね?
ですから「道交法」では「優先」って言葉は使ってないんです。
この場合には「譲り合い精神」しかないんですけどね。

分かり易く考えるために「優先」とか言ってるだけで「優先の権利」があるって分けじゃないんです。

しかし、同じ幅の道路でどちらにも「一旦停止」や「優先道路」の標識が無い場合の交差点では「自車から見て左側を優先させる」と言うのが「基本」となっています。
「基本」ではあるのですが「どちらかと言えば」ってだけなので「優先なんだから相手は止まらなければならない」とかって考えで「行け行けどんどん」をやれば「事故」になる可能性は大です。

「事故」を防止する「最大限の努力」を求められてる運転者は「優先だから」って意識だけでは「ダメですよ」って道交法は言いたいんでしょう。

いくら「相手側」が一旦停止であっても「相手が一旦停止無視」して事故になった場合「お互いに安全運転をする努力義務を怠った」となり立ち会った警察官も「どちらが悪いとは言えない」って言います。
そりゃコチラにしてみれば「相手が一旦停止しなかったから事故起きたんじゃねぇか!」って思いはありますが「それをも予想して安全運転しろよ!」って事なんですね。

ですが、この「安全運転の努力義務」ばかりが先行してしまえば、この「同じ道幅で優先表示もない交差点」では、車同士が「睨めっこ」していつまでたっても動かないって現象が発生しないとも限らないので「どちらかと言えば左側から来ている車を優先させましょう」ってだけなんです。

「優先道路」だからと言っても「安全運転の義務」は「あるんだよ」って事なんですね。

以上を踏まえ「左側方向の車を優先」させてあげましょう。
お互いに。。。

交差点=2本以上の道路が交差する=の場合「優先の表示」(一旦停止や優先道路の表示)が無い場合、自分から見て「左側方向」にいる車が「優先」となります。

交差点を行き交う車に対して「優先」という言葉は道路交通法の中にはありません。
ただ司法の見解として「どちらかと言えば優先である」って言ってるだけなんだそうです。
ですが「教習所」などでは分かり易くするために敢えて「優先」とかって言ってるだけなんです。

このケースの場合、質問者さんから見て、「右側から来てる車」なら質問者さ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング