教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

筋交いの向きについて質問です。

たとえば正方形の平屋があり、筋交いの向きと分量が同じ場合で、隅柱の筋交いの頭を上にするか下にするかで金物が変わります。コストからすると金物を下げたほうがいいのですが、構造的にはどのようになるのかわからないです。
たとえ筋交いの向きと分量が同じでも隅柱は頭が上のほうが良いですか?それとも全体で力を分散してくれるのですか?
イメージでは揺れ方が変わりそうにおもいますが・・・

A 回答 (1件)

基本的に筋交いの向きに決まりと言ったものはありません。


筋交いは元々は圧縮材で、地震動が加わると根元の接合部分に大きな力が働きます。
片筋違は、大きな力が働いた時に壊れなければ良いので、
力を加えてバランスよくハの字か逆さハの字で配置してあれば良いと思います。

ここに図を交えて説明が書いてありますので見て下さい。
http://diy-ie.com/ch-suzikai01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資料までありがとうございます。

お礼日時:2015/03/14 17:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図面で筋交いを表す記号について。

こんにちは。よろしくお願いします。
エアコンを取り付けるので、図面で筋交いの位置を確認しています。
図面の下に記号の説明が書かれています。

中が×の横に長い長方形は、「たすきがけ」。
×状に取り付けたと解かります。

三角形の場合が解かりません。
図面に書かれてるのはΔ∠|Δのような二等辺三角形ではなく、Δの斜辺が長いタイプの記号です。
(三角定規2枚セットに入ってる、二等辺三角形ではないもう1枚のタイプと同じ形を思い浮かべてください。)

例えば、下のように表記されてる時、(三角形の垂直の1辺が抜けてますが^^;)

   ∠
______
|     |
|     |


(三角形の向きは右に直角。左に鋭角。と思ってください。)


右角の柱の上部から、左角の柱の下部へ向かって斜めに取り付けたという意味でしょうか?
つまり。/ ←このように。

また、図面の下に記号と意味の右に、45×90と書かれてます。これはどんな意味でしょうか?


伝わりましたでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは。よろしくお願いします。
エアコンを取り付けるので、図面で筋交いの位置を確認しています。
図面の下に記号の説明が書かれています。

中が×の横に長い長方形は、「たすきがけ」。
×状に取り付けたと解かります。

三角形の場合が解かりません。
図面に書かれてるのはΔ∠|Δのような二等辺三角形ではなく、Δの斜辺が長いタイプの記号です。
(三角定規2枚セットに入ってる、二等辺三角形ではないもう1枚のタイプと同じ形を思い浮かべてください。)

例えば、下のように表記されてる時、...続きを読む

Aベストアンサー

通常は図面に凡例を示し、筋交いの種類を描きます。
ですので凡例がないか図面をご確認ください。
ない場合は、おっしゃるとおり、片筋交いだと思います。
45×90は部材の大きさです。厚み45ミリ巾90ミリの筋交いが入っているということです。

Q木造2階建の筋交いの入れ方

木造2階に於ける隅角部では、2階は外倒し方向に1階は内倒し方向に
筋交いを入れますが、構造力学的に真逆の方向(2階を内倒し、1階を外倒し方向)に入れた時との違いや、その影響を文章で表現できる範囲で具体的に教えて下さい。
どなたか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

補足について
そのとおりナンセンスです。
筋かいを入れる場合は、それぞれの階に置いて、各々の耐力壁線上でバランス良く配置するのが基本です。
何回も書いていますが、地震力や風圧力の水平力は、方向が左右に入れ替わり繰り返されます。
耐力壁線上に配置する筋かいは、各方向に最低2本入れるのが基本です。
耐力壁線上には、常に偶数本の筋かいの配置が基本なのです。
耐力壁線上の一箇所(910mm)にしか入れられない場合は、タスキ掛けに入れるという事です。
一般的には、上階の上隅に筋かいの上端がくるように配置するのは、当たり前のように言われていますが・・・
必ずしも上階の上隅に筋かいの上端が無ければならないという事は無いのです。
平面計画上、必ず上階の上隅に筋かいの上端がくるようには、平面計画出来ない場合もあるのですから。
ご参考まで

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Qエアコン工事に伴う筋交いの穴あけ等・・・

大手有名家電販売店の工事担当者にエアコンの後付けについて、「筋交いがある場合はどうするんですか?」と聞いたところ、「筋交いに穴を開けたりして取り付けますよ!」という返事をフツーに頂きました。

一般的に、エアコンを後付け設置する場合はこんな感じの工事になってしまうのでしょうか?大手家電販売店なだけに少し怖くなってきてしまいました。
また、筋交い以外にも注意を必要とする箇所等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

配管の穴?であれば絶対にやってはいけないことです。
こんな声が聞こえてきそうです「一本くらいいいんじゃない、倒れないよ」
だめです。
エアコンを3台付けたら3本の筋交いが切れる可能性があります。
また、たかが一本でされど重要な位置(偏芯が大きくなる位置)ですと危険度は増します。

一般に穴をあける前に壁の下に筋交いが無いか針を刺して探査します。(工事業者さんによっては機械を使用して筋交いの位置を調べるようです。)
それでも穴をあけたところに不幸にも筋交いがあった場合ですが、壁に穴があいた時点で筋交いがあるのに気付く場合がほとんどで、筋交いにはドリルのは先端の歯の直径1cmくらい、深さ1cmくらいの穴が空くだけです。
この場合、大抵は工事業者さん負担で傷ついた筋交いは木工パテで穴埋めし、穴の空いた壁はボードで塞いで隙間をパテで埋め、クロス張りの壁などの場合はクロスの張替えをして元に戻してもらえるはずです。

以上、工事に関しての記述は工事のプロの方のサイトから抜粋編集した物です。

穴がビス穴程度でしたら別ですが、「切らなきゃ施工出来ない」なんて事にならぬ様、上記よく読んで貰ってください。

筋交い以外ですと間柱、胴縁(柱間にある壁を受ける材)も筋交い同様ですね。

ご参考まで。

ちなみに大手であれ外壁に面していない場合付けてくれないかもしれません。
以前断られました。
施主支給のエアコンでしたが、新築物件でしたので設備屋さんに付けて貰いましたが。
その辺も一応ご確認を。

配管の穴?であれば絶対にやってはいけないことです。
こんな声が聞こえてきそうです「一本くらいいいんじゃない、倒れないよ」
だめです。
エアコンを3台付けたら3本の筋交いが切れる可能性があります。
また、たかが一本でされど重要な位置(偏芯が大きくなる位置)ですと危険度は増します。

一般に穴をあける前に壁の下に筋交いが無いか針を刺して探査します。(工事業者さんによっては機械を使用して筋交いの位置を調べるようです。)
それでも穴をあけたところに不幸にも筋交いがあった場合ですが...続きを読む

Qベランダ、ウッドデッキなどは延床面積にはいりますか?

100平方メートル未満に間取りを収めようと頭を悩ませています。
2階にベランダ、1階にウッドデッキを広く取ろうと考えていますが、ベランダとウッドデッキは法的な申請上の延床面積に入りますか?
また入るか入らないかの基準はどの様になりますか?

Aベストアンサー

http://www.iuk.co.jp/img/10_18.pdf
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312684998
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa274407.html

ウッドデッキは野ざらしですね(強引ですが)、入りませんがバルコニーは上記URL以外でも柱の位置や屋根の出等でも変わって来ます、申請でも根拠を示せば判定が変わる事もある(先月も有りましたよ)デリケートな部類と言えましょう。

専門家が勇躍乗り込んでいっても地域の担当により解釈が異なりますから困ったものです。
12都道府県の解釈の比較表がありますがここでも約3パターンの見解相違が見られます。

ですから、バルコニーはざっくり基本に忠実に捉えておけば良いでしょう、若干大きめに見ておいた方が良いでしょうか。
極端に大きいバルコニーでもない限り算定方法が変わっても1.2平米だと思いますよ。

100平米が102平米になっても問題ないですよね。

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Qべた基礎の人通口の配置について

 設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。
 ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。
 先生方どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

river1さんの説明に「補足」をすれば、
基礎のスパンの外側から1/4の位置に「貫通口」を
設けてください。

間違っても「スパンのど真ん中の位置」は避けてください。

ご存んじの通りで“基礎の立ち上がり部分”は
言わば「梁成」なので、モーメントが反転する部分に
穴を開けるのが「一番安全」なのです。

この時、開口部補強の為の「配筋」については
多目なぐらいで「配筋」してください。

Q火打ち土台・梁について

木造軸組・2階建を建築中ですが、火打ち土台・梁について教えて下さい。
1.火打ち土台は、すべての隅角部に入れなくても良い  のでしょうか。
  すべてでなくとも、より多くあった方がよのでしょ  うか。
  現在は6箇所しか入っていません。
2.火打ち土台は、ボルト等で固定しなくてよいのでし  ょうか。
  現在は、上に抜くと簡単に取れてしまいます。
3.火打ち土台は、土台材の上の高さと同じ・中央・下  の方のどの位置に施工するのでしょうか。
  現在は上と中央2種類の高さで施工されています。
4.火打ち梁は、土台以上に重要と聞いたのですが、そ  うすると、隅角部にあればあるほどよいでしょう   か。

Aベストアンサー

1.建築基準法の第46条に【床組及び小屋ばり組の隅角には火打材を使用し、・・・】と定められていますが、数量の規定はありませんので全ての隅角部に入れる必要はありません。

2.ボルトで固定ではなく、75mm(やったかな?)の釘を2本斜め打ちだったと思います。

3.一般的には土台天端に合わせますが、和室などの場合はフロア材と畳の厚さの差だけ下に下げないと、根太が入りません。中央部分に取り付いているところは畳敷きの部屋ではありませんか?

4.おっしゃる通り、火打ち梁は重要です。火打ち土台は基礎から出たアンカーボルトと土台が緊結している為、個人的にはそれほど入れなくても良いのではと思いますが、火打ち梁はそういう訳にはいきません。
少し専門的になりますが、基本は耐力壁で囲まれた部分には必ず入れ、それだけではなく梁の配置を考えながらバランスよく入れます。文章ではわかりにくいかと思いますが、おおざっぱに言えば8帖の大きさの4角に入れる程度であれば問題ないでしょう。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q住宅の図面にある「ALVS」とは?

宜しくご回答下さい。家を立て替えるべく、図面をFAXで業者から取り寄せたのですが、その中に「洋室:A-9.93 L-4.45 V-0.74 S-なし」という表記がありました。この中にある「ALVS」とは何でしょう?ウェブでも調べて見たのですが、見つけられませんでした。ご存知の方がおられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。建築設計の仕事をしている者です。
ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。
とは言ったものの恥ずかしながら私もALVSが
何の略なのかは知りません(^^;

恐らく
A:室面積
L:有効採光面積
V:有効換気面積
S:有効排煙面積
だと思います。
よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に
したこと無かったです。。。
ですのでちょっと自信ないです。

簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・
換気・排煙に有効な開口部が取れているかを
計算するものです。

例えば質問にある洋室の採光であれば有効採光面積
が室面積の1/7以上でなければいけません。
4.45/9.93>1/7なので採光はしっかり取れている
と見ます。
換気・排煙も同様に計算します。
詳しくは
「採光計算」「換気計算」などで検索をするか
本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み
してみればどうでしょう。


人気Q&Aランキング