ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私は現在高校2年です。
ある日学校に大学の先生が
小論文の書き方について講義をしにきました。
その講義内容について学校からレポートの課題を出されたのですが、
質問タイトル通り書き方が全く分かりません。
講義内容をまとめるにしてもまとめ方がわからないし、
自分の意見を述べながらまとめれば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

講義した人や教師に向かって、一体何を語るべきか。

そう考えると何も書けなくなっちゃうでしょう。なので、講義を受けていない、自分よりちょっと物の分かってない人(たとえば、講義を受ける前の自分のような人)、という読者を明確に想定して、その人に向かって説明する文章を作ると良いです。

 まず、講義のまとめ。講義全体を項目に分けて(必要なら番号とか付けちゃう)、それらの間の論理的つながりに着目して、ひとつのストーリー(よく「話の流れ」とか言いますけど)としてまとめる。次に、個々の項目の細目のうち、特に注目する内容(トピック)を取り上げて要点を説明する。(ここの詳しさは、レポートの長さの制限に合わせて調節する。)
 さらに考察として、自分の考えを加える。なんでもかんでも鵜呑みにしましたじゃなくて、疑問点や反論を考えると良い。(もちろん、要点の説明が或る程度詳しくないと、それについての考察が書けない。)ただし、講義された内容についての記述と、それについての自分の意見とを、文章表現として明確に区別し、かつ、段落としても明確に分離すること。
    • good
    • 24

「レポート」なのですから、何を報告のポイントとするのか、どのように書くかも、自分で決める必要があります。



 「講義内容」「講義で拾得したこと」を客観的にまとめてもよいし、講義の内容や講師の主張に対する自分の考えを述べてもよいし、「自分の考えと違う」部分があればそれを論じてもよいし、講義で学んだことを今後どう活用するのかをまとめてもよいし。

 「何を主題にするか」を決めて、「その主題に沿って、読者に伝えるべきことを書く」「読者が納得するように論理的筋道に沿って書く」というのが「書き方」でしょうか。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の講義内容まとめレポートを書けるようになりたい

大学1年生です。講義の後に出す内容まとめレポートが毎回不合格です。

講義テーマ:「アジア各国の環境観に対する違いについて」

設問は毎回以下の形式です。

(1)「指摘」・・・日本を始めとする世界各国の地域の特色、および各地域で発生している問題を抜き出せ
(2)「分析」・・・その特色ができあがった原因や、問題の発生の背景を述べよ
((3)「自分の意見」)
です。文字数の指定はありません。

理解力が無いのか、文章力が無いのかわかりませんが、
文章力に問題があると仮定して、どのような

着眼点・文章構成

をすれば、

指摘→分析の構成

が上手くまとまるのか、アドバイス下さい。
テーマ、設問は無視していただいても結構です。
例文を書いていただくか、参考になるサイト、本をご教授いただきたいと思います。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

こういうのは
(1)基本を知る事(独学を避ける)
(2)数。経験

僕も似たような事で悩んだ事があるけど、まず
(1)のために数冊の本を買った。モノは何でもいい。
アマゾンやブックオフで小論系の本を買って読んだ。
(2)次いでそこに書かれているような内容や練習を、繰り返し書いた。
模範解答をなぞっただけだけどかなり効果あった。


で、最終的にラクをする為に目次を使うようにした。
つまり
1はじめに
2背景(前提条件/○○とは?)
3結論
4理由
5補足
6再結論

と言う風に目次にしてしまう。
それに見合う状況を当て込んで行く。例えば1200字なら6項目なんで200字ずつ。
で、200字に見合うだけの文章量を入れてくわけ。
言わば「自分がウィキペディアやフロムAなんかの情報をテンプレートに合わせて
盛り込んでいく」感じ。
最初は「あまりにラクし過ぎてどうかな?」と実験的だったけど、
これでたいがいA取れたよ。
深みはないけれど、そんなものは求められていないのかもしれない。
そもそも学生の出す論文やレポートの大半は、
相手にはシンプルでも分かりやすくも無く、中身も無いのかもしれないね。

こういうのは
(1)基本を知る事(独学を避ける)
(2)数。経験

僕も似たような事で悩んだ事があるけど、まず
(1)のために数冊の本を買った。モノは何でもいい。
アマゾンやブックオフで小論系の本を買って読んだ。
(2)次いでそこに書かれているような内容や練習を、繰り返し書いた。
模範解答をなぞっただけだけどかなり効果あった。


で、最終的にラクをする為に目次を使うようにした。
つまり
1はじめに
2背景(前提条件/○○とは?)
3結論
4理由
5補足
6再結論

と言う風に目次にしてしまう。
それに見合...続きを読む

Q大学の講義に対するレポートについて

大学1年生です。
講義に対する感想文の書き方がわかりません。
ふつうに感想文を書けばいいのか、序論・本論・結論に分けたほうがいいのか教えてください。
また、文末は、~だと思った・~ということを知ったというように書いていいのでしょうか。

Aベストアンサー

ある授業科目の担当教員ではなく、特別な臨時の講師(ゲストや専門家など)による講演なのでしょうか?
おそらくその講師自身は科目担当者ではないので、試験など課さないのでしょうから、科目担当教員自身がその講演への学生の反応を見たいか、またはその結果を担当講師にフィードバックすることが目的の「感想文」でしょうか。それにしても、「感想」を求められているのではないでしょう。「である」調の方が良いでしょう。

二つの見方があると思われます。

一つは、その講演の内容自体について自分がどのように思ったかを、やはり論理的に順を追って述べることです。単に、「面白かった」、「感心した」、のレベルでは不足です。

もう一つは、その授業科目の流れの中でその講演がどのような意味を持ち、その講師の講演がどのような意義(新鮮な角度、新しい情報、その科目への貢献度、など)を持っていると思うか、自分の立場で考え述べることです。たとえば、極端には、その科目とかけ離れた内容のこともあり授業時間の無駄ということすらあります。それは時間つなぎの頼まれ講師などの場合です。そのことを逆に言うと、その講演が本来の科目の授業をいかに有効に補足し、より理解を深めることができたとか、新しい物の見方ができるようになったとか、を述べて、その講師を喜ばせることすらできます。

ある授業科目の担当教員ではなく、特別な臨時の講師(ゲストや専門家など)による講演なのでしょうか?
おそらくその講師自身は科目担当者ではないので、試験など課さないのでしょうから、科目担当教員自身がその講演への学生の反応を見たいか、またはその結果を担当講師にフィードバックすることが目的の「感想文」でしょうか。それにしても、「感想」を求められているのではないでしょう。「である」調の方が良いでしょう。

二つの見方があると思われます。

一つは、その講演の内容自体について自分がどのよう...続きを読む

Q講義で配布されたレジュメをもとに、レポート作成する場合どのように注、引用、出典の明示等を書けばよいのですか

大学の心理学系の講義で使用しているテキストが、「記憶のふしぎがわかる心理学」(日本実業出版社)です。この本から先生は、パワーポイントで説明するために本の文章や図を流用しています。つまりスライドの画面は、この本から抽出して作成されているわけです。そして、レジュメとしてスライドの画面に映す説明や図や表は、プリントに刷られて学生に配布してくれています。今回、成績はレポートで決まるのですが、これらのレジュメから適当にかなりの分量を引用し、適当に文をつなげてレポートを作成しています。こういう場合、注、引用、出典の明示等はどのように断って書けばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

まず,テキストは専門書ではなく,教科書として編集されているので,テキストの中には,先生自身の見解やデータと,他の専門書や論文のデータが混在しているはずです。そうした場合,テキストそれ自身からの引用と,テキストに引用されているデータの引用とは区別しなければなりません。なぜなら先生の引用が間違っている可能性もあるからで,本当は引用する場合は,その文献に眼を通すのが最低条件です。従って,その場合は,重引ということを明記します。たとえば,○山凸雄「論文名」(×川△子『記憶の不思議がわかる心理学』日本実業出版社,発行年,p.123より重引)。
 引用とは,根拠資料を示し,レポートの記述に間違いがないことを確認するもので,疑問に思ったときにその引用を見て疑問を確認できることが重要です。つまり,再現性があることが重要ですから,限りなく元データに近いものを示すべきなのです。
 仮に,講義のレジュメや資料に書かれていても,テキストの方から,ページを明記して引用すべきです。レジュメや配布資料はわかりやすくしているのでしょうから,引用が必要以上に行われ,レジュメやテキストの文章を適当につなぐレポートは,そもそもレポートとして不適切です。あなたの論旨の根拠として引用されているのはよいですが,単に引用をならべているようなものは,仮に引用を断っても,剽窃に近いものになります。
 ということで,健闘を祈ります。

まず,テキストは専門書ではなく,教科書として編集されているので,テキストの中には,先生自身の見解やデータと,他の専門書や論文のデータが混在しているはずです。そうした場合,テキストそれ自身からの引用と,テキストに引用されているデータの引用とは区別しなければなりません。なぜなら先生の引用が間違っている可能性もあるからで,本当は引用する場合は,その文献に眼を通すのが最低条件です。従って,その場合は,重引ということを明記します。たとえば,○山凸雄「論文名」(×川△子『記憶の不思議がわ...続きを読む

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Qレポートの指定字数について

 大学に通っている1回生のものです。
 只今レポート課題を頑張っているのですが、その課題の指定がワープロ打ちでA4サイズ2枚程度、字数3200字程度となっているのですが、この程度とはどのような意味を含んでいるのでしょうか。
 例えば3200字の9割にあたる2880字以上ならばOKということでしょか。友達の話では指定字数の8割を満たしていれば良いとのことですが・・
 レポート課題に今苦戦していて3200字はなかなかの厳しい状況で・・ 年明けの授業で提出なので困っております。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、レポートの字数制限には、
(1)・・字以内(・・ページ以内)
(2)・・字程度(・・ページ程度)
という2種類があると思います。

出題する方としては、書かれるべき内容の常識的範囲を想定しているので、これを大きく外れることは、書かれた内容に対して、出題者が例外的なプラス評価をしない限り、マイナス点になります。
では、どの程度が常識的な範囲か? 私は会社の内外で論文試験を課す立場にありますので、その点から参考意見を述べれば、次のようになります。

(1) ・・字以内というのは、資格試験や検定試験などで適用されることが多く、この場合には、

・上限 : 指定された字数を、たとえ句点1個といえども超えてはいけません。

・下限 : 字数の指定があれば、それに従います。なければ、一般には、-10%程度が常識です。

(2) ・・程度というのは、学校のレポート課題などで適用されることが多く、上限も下限もゆるやかですが、常識的な範囲としては、

・上限 : 基本的には、指定字数を超えないようにまとめるた方が良いと思います。しかし、+10%ぐらいは許されるのではないでしょうか?
それ以上は、大体が駄文ですから、やめるべきです。

・下限 : -10%を目処にまとめると良いと思います。ただし、-20%でも、書くべきことが要領良くまとめてあればOKですし、-30%でも、出題者が感心するほどの内容であればOKです。

ただし、あくまでも「どんな場合にも通用する目安」だと考えて下さい。
たとえば、技術士試験というものがありますが、「用紙3枚以内にまとめよ」との指定に対して、2枚しか書かなかったのに合格した、という報告もありますから。

一般に、レポートの字数制限には、
(1)・・字以内(・・ページ以内)
(2)・・字程度(・・ページ程度)
という2種類があると思います。

出題する方としては、書かれるべき内容の常識的範囲を想定しているので、これを大きく外れることは、書かれた内容に対して、出題者が例外的なプラス評価をしない限り、マイナス点になります。
では、どの程度が常識的な範囲か? 私は会社の内外で論文試験を課す立場にありますので、その点から参考意見を述べれば、次のようになります。

(1) ・・字以内というのは...続きを読む

Q論文等の本の要約の仕方を教えてください

最近良く本の一章節を与えられ要約してパワーポインタにまとめることをさせられるのですが、どの部分も大事に思えてしまい中々要約という感じに仕上がりません。もし上手に要約するコツなどあるのでしたらおしえてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り返している部分になります。
この部分は、筆者が前の文章をわかりやすく説明し直したり、
例を挙げて説明を増やしている部分だからです。
ここの部分の内容を過不足なく一文でわかりやすくまとめられればOKとなります。

どの文が、どの部分が同じ内容を繰り返しているのかを判断するには、
特定の接続詞や、特定の表現を見つけ出すことです。

たとえば、「例」の部分や「言い換え」の部分です。

 「近年、地球規模で環境破壊が急速に進んでいる。たとえばブラジルでは…、日本では…」

という文章の場合、「たとえば」という言葉の後は、ブラジルや日本の環境破壊の例が詳しく数行にわたって説明されているでしょう。しかし、それは「地球規模での環境破壊の進行」という内容の具体例を説明し直しているだけで、その全内容は「地球規模での環境破壊の進行」という文でまとめられることが多いのです。

要約資料にまとめる場合、
  地球規模での環境破壊の進行
   例) ブラジルの○○○
     日本の△△
という感じでシンプルにまとめられます。詳細は質問されたら口頭で説明ですかね。

また、「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現の前後も、不必要な情報が近くに存在する部分です。

 「~~Aである。これは言い換えると、~~~Bということになる。」

という文章で、Aという内容とBという内容は同じであって、どちらかがちょっとわかりにくい抽象的あるいはまとめ的な表現、どちらかがわかりやすい表現になっている場合が多いです。そういう場合、一方を捨てて、よりわかりやすかったり、より簡潔にまとまっている表現を要約に採用するのです。


これは文章間の関係の話だけではなくて、一文内での余分な情報を減らすことにも使えます。
少し上の文章
  「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現
を例に使いますと、
「すなわち」「つまり」「言い換えると」 = 言い換えの表現
なので、
 『「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの』の部分は不必要でしょう。

これは別に日本語だけに留まりません。英語でも同じです。
 
I like fruits such as apples, oranges, bananas, and mangos.
  → 極端な話、I like fruits. でまとめちゃってもよい
Whether Aの場合 or Bの場合, 日本にとって外交交渉は重要である。
  → AやBがなんであろうが、言いたいことは「日本にとって外交交渉は重要である」なので
   前半のwhether節は要約には不必要な場合が多い
 not only A but also B 「AだけでなくBも」
  → Aについては筆者も読み手もすでにわかっている、メインで言いたいのはBのほう

などのように、特定の表現があると情報の判断がしやすいかな、と思います。


以上の例は、不必要な部分を捨てていけば要約が完成するという、一番簡単な場合を話してみました。もうちょっと高度な作業になると、「例」や「言い換え」の部分の内容を、自分でわかりやすく一文にまとめ直したりしなければいけなかったりします。


■情報の新規性
情報が必要/不必要な部分はどこかを判断するもうひとつのポイントは、その情報が新規なものかどうかです。例として以下のような文を。

 「○○の中に含まれている××というビタミンが~~に効果があることは、これまでにTVなどで数多く取り上げられてきた。しかし最近、ビタミン××は~~だけでなく、△△にも効果があるという報告が寄せられてきている」

この文章の中で、「××というビタミンが~~に効果がある」という内容は、すでに筆者も読み手もわかっている内容なので、この部分を要約に取り上げてもあまり意味がないわけです。
筆者が知らせたくてこのレポート文を書き、読み手も知りたい新しい内容というのは、「ビタミン××は△△にも効果がある」ことです。なので、質問者さんが要約に取り上げて報告すべき内容は、「ビタミン××は△△にも効果がある」だけでよいわけです。



以上、要約をする上で重要だと思われる2点を説明してみましたが、どのような文章を要約するか、また元の文章量がどれくらいのものをどのくらいの分量に要約するかで、情報の取捨選択が変わってきたりします。そこを臨機応変にできるようにするには、ある程度、要約の数をこなすことも重要でしょう。

他にもコツやポイントがあると思われますが、この回答ではこれくらいで。
追加や訂正があったらまた来ます。

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り...続きを読む

Qレポートに自分の体験談

タイトル通りなんですが、大学のレポートに自分の体験談を書いてもいいのでしょうか??

Aベストアンサー

ただ体験の感想を述べるのではなく、自分の主張のを支える
論拠の一つとして用いるなら全然問題ないですよ。
ついでにレポートの書き方を教えてくれるサイトを紹介しておきます。

参考URL:http://sleepingwombat.tea-nifty.com/reponavi/toppage/index.html

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q読書リポートの要約の仕方を教えて下さい!

課題読書リポートが出ています。
要約の仕方がわかりません...

『課題読書の内容を要約したうえで、特に印象に残った点に触れながら、あなた自身の考えなどを1,200~1,600字程度で論になさい。』となっています。

私は文を書くのがとても苦手です。
その上、課題読書が『国際協力』についての本です。
ある程度本は読みました。この本を読む前まで国際協力についての知識はゼロでした。
やらりゼロからのスタートなのであまり頭に入ってきません...

文の構成や要約の仕方、書き出しはどうしたら良いのかを具体的にアドバイスを貰いたいです。

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

ずるい話ですが、本には「まえがき」や「あとがき」があって、そこに著者の「こういうことが書きたかった」とか「これが最終的な結論だ」みたいな「本音」が書いてあることが多いのです。そこから「著者の主張・言いたいこと・結論」を把握して、それを言うために本の中で何をしているのか、を「目次」から整理しましょう。

 それを骨格にして、分量に応じて「具体例」を挙げるとか、著者の文章を引用するとかして、肉付け、臨場感(リアリティ)を付加すればよいと思います。

 書き出しは、たとえば「この本で著者が最も言いたかったことは、~」「この本で主張されていることは、~」「この本は~を論じたもので、その中で著者は・・・の立場から主張を展開している」などなど、その後にあなたが「自分の考え」を書く上で都合のよいよいに書けばよいのです。

 ただし、「要約」は、あくまで「自分の考え」を書く上での「前振り」に過ぎないことをお忘れなく。レポートの中心は「自分の考え」の部分ですから。
 「この本を読む前まで国際協力についての知識はゼロでした。やはりゼロからのスタートなのであまり頭に入ってきません...」というのも、ひとつの「自分の考え」ですよ。自分を「平均的な日本人」(あるいはある世代の代表)とみなして。

ずるい話ですが、本には「まえがき」や「あとがき」があって、そこに著者の「こういうことが書きたかった」とか「これが最終的な結論だ」みたいな「本音」が書いてあることが多いのです。そこから「著者の主張・言いたいこと・結論」を把握して、それを言うために本の中で何をしているのか、を「目次」から整理しましょう。

 それを骨格にして、分量に応じて「具体例」を挙げるとか、著者の文章を引用するとかして、肉付け、臨場感(リアリティ)を付加すればよいと思います。

 書き出しは、たとえば「この本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング