教えてください。
この4月に新しい職場に転職をします。現在勤めている会社は3末まで在籍です。
幸運なことに新しい職場では給与が増加することになります。

そこで質問なのですが、通常社会保険(厚生年金、健康保険、介護保険)などは
4-6月の給与をベースに標準月額報酬として決定されると理解しておりますが、
だとした場合、4月の私の社会保険などはそのまま現在の水準が適用されますでしょうか?

また新しい給与水準での標準月額報酬は、今年度7月の給与から適用になるということで
認識は合っていますでしょうか?

当質問におきまして、回答するに足らない情報があるやもしれませんが、
一旦上記情報にて上げさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>4-6月の給与をベースに標準月額報酬として決定されると理解しておりますが、



それは、既存の社員の「7月の定時決定」のやり方です。

あなたは、4月に転職、入社するのだから、転職先の会社では新入社員として扱われます。入社時の標準月額報酬は、転職先会社が日本年金機構へ提出する「健康保険・厚生年金保険__被保険者資格取得届」に基づいて決められます。ですから、現在の標準報酬月額が適用されるわけではありません。
ただ、給与の水準によっては、現在の標準報酬月額と入社時の標準報酬月額とが同じ、ということはあり得ますけど。


>また新しい給与水準での標準月額報酬は、今年度7月の給与から適用になる・・

いいえ。新しい(入社時の)給与水準での標準報酬月額は、入社時の4月から適用され、5月の給与から天引きが始まります。

また、もし7月の定時決定で、入社時の標準報酬月額とは異なる標準報酬月額になった場合は、最新の標準報酬月額は9月から適用されるので、最新の保険料は、あなたの10月の給与から天引きが始まります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hinode22様
この度は分かりやすく教えていただき、大変助かりました。
よーく理解できました。

ありがとうございました!

お礼日時:2016/03/02 11:18

新規採用で社会保険に加入する場合、雇用契約書で定められた賃金を元に、標準報酬月額を決めます。


毎月一定時間数の残業があるのが判っていたら、その分も含めて計算します。
3月末までおられる会社の給与は、4月からお勤めになる会社の社会保険に関して全く関係しません。

社会保険の標準報酬月額を決定するには、3パターンあります。
①採用時。雇用契約書で定められた賃金を元に決定されます。4月から適用されます。
②随時改定。昇給等により固定的賃金に変更があり、それが3か月続き、それまでとは2等級以上の差がある時に行うものです。変動があった月から4か月目で適用されます。例えば10月給与から何らかの手当がついた場合、10~12月の給与の平均がそれまでと2等級以上の差がでた場合、1月から適用されます。
③定時決定。毎年4~6月の賃金で決定される標準報酬月額。9月から適用になります。

よって質問者様の場合、4月入社時に①の雇用契約書に定めらた賃金で決定され、4~6月の給与を元に③が行われ①と違いがあれば標準報酬月額が変更され社会保険料に変更が生じます。途中から、基本給が上がったり、何らかの手当がついたとき、その状態が3か月続きさらに2等級以上の差が出た場合に、その都度②が行われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takaokeiko様
ご丁寧にかつ詳細に回答をいただきまして
誠にありがとうございました!

よく理解できました。
大変感謝しております!!

お礼日時:2016/03/02 11:17

>この4月に新しい職場に転職


⇒ 転職前の数値は一切関係無し、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

lindbergさま

関係ないんですね。。。言われてみれば確かにって感じです。
ありがとうございました!

お礼日時:2016/03/02 11:16

>4-6月の給与をベースに標準月額報酬として決定されると理解しておりますが


 ・それは、通常時の場合です・・・今回の場合は、勤めてからの話になります
>また新しい給与水準での標準月額報酬は、今年度7月の給与から適用になるということで
認識は合っていますでしょうか?
 ・7月ではなく、9月から適用されます
・入社時の保険料は、入社時の予定給与から計算されます(4月分の給与から計算する)
 それで、4月~6月を元に変更があれば、9月から変更・・なければそのまま
・入社時の保険料の参考値は下記を参照(健康保険は協会けんぽ:東京)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shar …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

coco1701さま
早々にかつ丁寧に回答をいただきましてありがとうございました。
この手の話って、意外と知らずに過ごしているなぁと改めて思いました。

大変助かりました。
そして本当にありがとうございました!

お礼日時:2016/03/02 11:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4月5月6月のみ残業ゼロの標準報酬月額

タイトルのように4月5月6月のみ残業ゼロで、
残りの月はめいっぱい残業(休日出勤含む)したとします。
--私は締めとか支給月とかコレらに詳しくないので、
 標準報酬月額が決定される3ヶ月間という解釈で考えて下さい。--

毎月の固定給が40万円で、残業代が月10万円と仮定しますと、
この場合、社会保険料にかなりの差が出ますか?
また賞与が年間総額200万円ですが、
(1)夏冬の2回支給(2)1回支給(3)12等分して、給与に組み込む
コレらのやり方で社会保険料にかなりの差が出ますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

全部計算するのは嫌なので、政府管掌型健康保険だけで答えます

> 毎月の固定給が40万円で、残業代が月10万円と仮定しますと、
> この場合、社会保険料にかなりの差が出ますか?
・残業代を請求しない時
 平均報酬月額400千円⇒標準報酬月額410千円
 健康保険料(政府管掌型)だけを計算してみると
 410千円×41/100=16,810千円/月
  ⇒ 年額201,720円
・残業代を正しく請求した時
 平均報酬月額500千円⇒標準報酬月額500千円
 健康保険料(政府管掌型)だけを計算してみると
 500千円×41/100=20,500円/月
  ⇒ 年額246,000円
【標準報酬月額表】
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2003/ryogaku01.pdf

> また賞与が年間総額200万円ですが、
> (1)夏冬の2回支給(2)1回支給(3)12等分して、給与に組み込む
> コレらのやり方で社会保険料にかなりの差が出ますでしょうか?
・1番と2番ですが、標準賞与額の上限未満[健康保険に限った場合]なので、年間に支払う保険料は同じになります。
健康保険料(政府管掌型)だけで計算すると
 2000千円×41/1000=82,000円
・3番の場合[残業代10万円を含む]、全て給料となる尤も単純な場合に該当すると考えられます(賃金の契約内容によっては、異なります。)
 本来の給料500千円+2000千円÷12≒666.67千円
 ⇒故に標準報酬月額は680千円[厚生年金は620千円]
 よって、健康保険料(政府管掌型)だけで計算すると
 680千円×41/1000=27,880千円/月
  ⇒ 年額334,560円
 この334,560円には、最初に計算した本来の給料部分246,000円が含まれているので、差額の88,560円が賞与部分といえます。(
[標準報酬月額・標準賞与額]
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo10.htm#1

後はご自身で考えてください。

全部計算するのは嫌なので、政府管掌型健康保険だけで答えます

> 毎月の固定給が40万円で、残業代が月10万円と仮定しますと、
> この場合、社会保険料にかなりの差が出ますか?
・残業代を請求しない時
 平均報酬月額400千円⇒標準報酬月額410千円
 健康保険料(政府管掌型)だけを計算してみると
 410千円×41/100=16,810千円/月
  ⇒ 年額201,720円
・残業代を正しく請求した時
 平均報酬月額500千円⇒標準報酬月額500千円
 健康保険料(政府管掌型)だけを計算してみると
...続きを読む

Q[質問]健康保険標準月額と厚生保険標準月額のちがい

1,給与明細書に書かれた健康保険標準月額と厚生保険標準月額のちがい
を教えて下さい。
2,自分の給与額としては、どちらを書くべきなのでしょうか

Aベストアンサー

標準報酬月額は基本的には、健康保険も厚生年金も同じですが、上限と下限がそれぞれ異なりますので、質問者の方の給与が605,000以上あるかもしくは93,000円未満だと、健保と厚年の標準報酬が異なることになります。詳細は、社保庁のHPで保険料額表をご覧ください。

2.「給与額としてどちらを書くのか」
何に書くのでしょうか?給与額を書くのならそのまま給与額を書けばよいので、標準報酬月額は考慮しなくてもいいと思います。

Q標準報酬と報酬月額

政府管掌健康保険・厚生年金保険標準報酬及び保険料額表の
標準報酬と報酬月額ですが、どういう違いがあるのでしょうか?
見方で迷っています。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在事業所で社会保険の事務手続きを担当している者です。
標準報酬と報酬月額の違いは、

◎標準報酬→社会保険料の算定に用いる額(必ず給与額と一致する訳ではありません。報酬月額から求めます)
◎報酬月額→○○円以上○○円未満というふうに記載されており、その被保険者の給与の3ヶ月分の平均額又は、資格取得時の見込み月給額をこの範囲から探し、標準報酬を求めます。

具体例をあげて説明します。
[例]新入社員Aさんの見込み月給額は172300円
です。Aさんの標準報酬と報酬月額を求めなさい。
1.報酬月額
Aさんの見込み月給額は172300円ですから、
報酬月額は165000円以上175000円未満に該当します。
2.標準報酬
1より、Aさんの標準報酬は180000円となります。

以上、ご参考になれば幸いです。
もし、わかりづらければおっしゃってください。
再回答いたします。

Q社会保険の標準報酬月額

期間未定(長くて1年)で転勤している社員の会社までの交通費(会社で定期券を購入/月16,000円)は、通勤手当として給与に含めたほうが良いのでしょうか?含める場合は、標準報酬に入れ社会保険料もUPの可能性もありますが。
それとも、個人の給与に含めず出張に伴う旅費交通費として扱ってよいものですか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
つまり、「通勤用の定期券」を支給されているということですよね?
それであれば「現物給付」として、標準報酬の算定対象になると思います。
例えば3ヶ月間有効の定期券を支給されているのであれば、定期券の購入金額÷3(端数切捨)の額が、1ヶ月分の「現物給付」額となり、該当箇所に記載されることになります。
旅費交通費というのは、あくまで一時的な出張に関するものであり、ご質問の「転勤時の通勤費」は対象外かと思われます。
また、社会保険料の変更は、3ヶ月の平均で現在より2段階UPになった場合に月額変更届(随時改定)に該当となりますので、1段階のUPであれば、随時改定にはなりません。
ご参考になれば幸いです。

Q社会保険料の標準月額報酬随時改定時期のミスについてアドバイスお願いします

中小企業で経理をしているものです。宜しくお願いいたします。

5・6・7月と連続して固定給与が昇給し、2等級以上標準月額報酬が上がった従業員がいます。

8月分社会保険料から変更(実際には、9月給与で控除する)ところを、8月分給与から間違って変更・控除してしまいました。

このミスは、年末調整をする事で問題ないでしょうか?
それとも、気づいた時点(今日)なので、明日が丁度給料日なので、社会保険料調整等の項目を使って従業員に還付した方が適切でしょうか?

何卒宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕訳の意味はわかりました。
税理士さんの仰ることなのでしたら良いのかもしれませんが、前回の回答で私が書いた仕訳の方が望ましいのでは?という感想を持ちました。
(専門家ではありません。単に我が社でのやり方です。)
給料支給から社会保険の支払までの間は「預り金」として負債勘定として認識しておくべきかと思います。
この仕訳でも、仰っているように社会保険支払時には特に考えることなく、支払うべき金額から給料支給時に預った額を法定福利費として計上するだけなので、手間は変わらないと思います。
所得税では預り金計上されているようなので、これと同じことなのですが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報