AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

お酒についてです。
よくお酒に合うおつまみ(ビールには枝豆やワインにはチーズ)などありますが合うとはどういうことなのでしょうか?口の中で味が混ざった時に美味しいのでしょうか?または、風味や味がお互いを誘うから合うと思うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

サラミ」に関するQ&A: フランスのサラミ

A 回答 (2件)

「風味や味がお互いを誘う」←こちらだと思います。


つまむと酒が飲みたくなる。酒を飲むときにそれをつまんでも酒の邪魔をしない(できれば引き立つ)。
私はそんな感じですかね。

日本酒には鰹のたたき、イカ、ハマチなど。菜の花のマスタード和えなんかも良いなぁ。
バーボンにはジャーキーやサラミ、チーズ。
アイラモルトにはナッツやチョコ。
ホッピーには焼き鳥。
飲みたくなってきた....
    • good
    • 1

おつまみとアルコールの関係は、その国の食文化が大きくかかわります。


ご質問の例で言えば、ビールに枝豆があうというのは、日本人にとって枝豆がお酒のおともによく出されており、なじみがあるからですが、枝豆が食文化にない国の人にとっては別のものの方が合うということになります。

また化学的な分析からいうと、一般に言われている組合せが必ずしも味わいとしてはあわない場合もあります。例をあげるとブルーチーズと甘い白ワインは、それぞれの化学的分析からいうと喧嘩しあう関係であり、決してベストな組み合わせではないのです。にもかかわらずそれが美味しいと言われるのは、食習慣としてその組合せになじみがあり、あらかじめそれぞれが合うという前提で脳に記憶されているのでそのように思えるということもあるのです。
ですからすべての組み合わせが物質の相性という面で誘っているからとは言えません。実際にその組合せを試した個人の好き嫌い、嗜好で許容されれば「美味しい」、許容されなければ「ちょっと今いち」ということになることもあります。

その一方、化学的に裏付けられる組合せもあります。例えばビールと焼き鳥とかビールと塩ゆで枝豆です。ビールにはカリウムイオンが多い上に大量の水分を摂取することになることから、血中のナトリウムとカリウムのオンバランスが崩れることとなり、これを整えるため、食塩を摂ってナトリウムを補うことを体が求めます。この為塩分がきちんと感じられる焼き鳥や塩ゆで枝豆を一緒に食べると「美味しい」と思うのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む


人気Q&Aランキング