「私はこのチームのメンバーなんですか?」
を英訳してください!!

A 回答 (2件)

Am I a member of this team?

    • good
    • 1

Do I belong to the team?

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「そんな理由で俺は、、」「あなたは私が、、」「このタイミングで名言ぶっ込んでくるんじゃねーよ!」

お笑いの技術に漫才などでよく見られるドタバタを力押しで乗り切るというものがあると思います。 それを英語で表現するのは難しいとは思いますが、挑戦してみました。

訳したい文章の背景:

主人公が、襲撃者に襲われたのですが、ボディーガードの美少女は「あわや!」という瞬間まで現れません。 それは、その美少女がSで、「つい」主人公の苦しむ姿を楽しんで見ていたからだというのでした。

訳したい文章:

「つい!? そんな理由で俺は死にかけたの!?」
「あなたは死なないわ。 私が護るもの。」
「このタイミングで名言ぶっ込んでくるんじゃねーよ! いま俺は怒ってんだよ!? わかってんの!?」
(文の出典:ボディーガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。)

トライした訳:

"You couldn't help it!? Is that the reason why I almost died!?"
"You won't die. I PROTECT you."
"Read the atmosphere! This is not a time for making a cute remark! I am angry! You know that!?"

何ででしょうか?ドタバタ感が出てこないですし、僕の訳ですとなぜか普通の会話になっているような、、、。(こんな事いっているのに。)

お手本訳、僕の訳の修正、どちらでも結構ですので、よろしくお願い致します。

*仕事ではなく、翻訳の勉強のために質問しています。 全く急いでいませんので、お時間のある時にでも教えていただければと思います。 よろしくお願い致します。

お笑いの技術に漫才などでよく見られるドタバタを力押しで乗り切るというものがあると思います。 それを英語で表現するのは難しいとは思いますが、挑戦してみました。

訳したい文章の背景:

主人公が、襲撃者に襲われたのですが、ボディーガードの美少女は「あわや!」という瞬間まで現れません。 それは、その美少女がSで、「つい」主人公の苦しむ姿を楽しんで見ていたからだというのでした。

訳したい文章:

「つい!? そんな理由で俺は死にかけたの!?」
「あなたは死なないわ。 私が護るも...続きを読む

Aベストアンサー

--"Oh oops. I'm sorry. I was enjoying watching you squirm."--

"Oops!? Just that, oops!? I nearly died and all you have to say is oops!?"

"You won't die. I won't let them kill you."

"Oh please! Don't give me the super efficient bodyguard act right now! Can't you see how angry I am!? Not even a little bit!?"

全力で意訳してみました。一行目は「つい」をなんて言えば良いのだろうと考えた結果です。



"You couldn't help it!? Just for that I nearly died!?"
"You won't die. I will protect you."
"Hello! This is not the time for cutesy comments like that! You do get that I'm angry right now, don't you!?"

--"Oh oops. I'm sorry. I was enjoying watching you squirm."--

"Oops!? Just that, oops!? I nearly died and all you have to say is oops!?"

"You won't die. I won't let them kill you."

"Oh please! Don't give me the super efficient bodyguard act right now! Can't you see how angry I am!? Not even a little bit!?"

全力で意訳してみました。一行目は「つい」をなんて言えば良いのだろうと考えた結果です。



"You couldn't help it!? Just for that I nearly died!?"
"You won't die. I will...続きを読む

Q「俺」「僕」「私」「小生」「我が輩」「あたい」→「I」だけ?

洋画などを観ていて思うんですが…登場人物によってセリフの字幕が「俺」と訳されてたり「私」や「僕」と訳されてたりしてますよね。でも結局はどれも「I=アイ」って言ってるじゃないですかぁ~
日本語にはタイトルで書いたように自分を指す言葉がたくさんありますが、なんで英語は「I」だけなんですか?
同じ「I」なのに「俺」とか「僕」とか訳される違いは何???
まさか、ガラの悪そうな男が言った「I」は「俺」になって、気の弱そうな少年が言った「I」は「僕」になるとか?(苦笑)

Aベストアンサー

民族の言葉や習慣は長い歴史と関係があり、「何故」と言い出したらキリがありません。

従って通訳や翻訳は外国語が出来るだけでは務まらないのです。その言葉の由来を知り、その国の文化を知り、同時に日本と日本語の知識が要求されます。両方の知識のバランスが取れてなければ単なる外国語かぶれになります。

我々は「雪のように白い」とか「海が荒れている」といいまが、イヌイットにとっては雪の色(状態)はいろいろな言葉で表現するので「雪が白い」では翻訳できないことになるそうです。同様に海洋民族にとっては「荒れた海」を表す言葉がたくさんあるので、このようなシンプルな日本語表現は翻訳できないことになります。

海外(外国人)向け日本語での「I」は「私」に統一される日がくるかも知れませんね。僕、君、俺、お前のニュアンス(つまり日本民族の歴史、習慣)が分からない外人には、「私」で十分だと思います。
100通りの意味(ニュアンス)があるI love youを
日本人は「愛しています、君が好きだ」と翻訳しても
不思議に思わないのと似ています。

以上、間接的な説明になりました。

民族の言葉や習慣は長い歴史と関係があり、「何故」と言い出したらキリがありません。

従って通訳や翻訳は外国語が出来るだけでは務まらないのです。その言葉の由来を知り、その国の文化を知り、同時に日本と日本語の知識が要求されます。両方の知識のバランスが取れてなければ単なる外国語かぶれになります。

我々は「雪のように白い」とか「海が荒れている」といいまが、イヌイットにとっては雪の色(状態)はいろいろな言葉で表現するので「雪が白い」では翻訳できないことになるそうです。同様に海洋民...続きを読む

Q「○○チーム」ではなくて「チーム○○」という表現について

オリンピック関係で最近良く耳にするのですが、例えば高橋尚子選手のサポートチームで「チームQ」というものや、上村愛子選手の「チーム・アイコ」という表現は日本特有のものなのでしょうか。一度フランスのフィギュア選手についても「チーム(選手の苗字)」と言うのを見かけましたが、オリジナルのものなのか、はたまた日本のマスコミによるものなのかよく分かりませんでした。

また、この種の表現が出てきた理由を論理的に説明していただけますでしょうか。「アイコ・チーム」だと普通すぎて「ダサい」ということですか?分かる方、お願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、用法が違うからなんです。 つまり、意味合いが違うのです。

山田さん・田中さん・鈴木さんのチームとJohnson, Jackson,Jamesonさんのチームがいて、日本人チームを呼ぶときに、山田さんを代表としてYamada Teamと呼んでいるわけです。 つまり、Aiko teamと言えばAikoさんを代表として呼んでいる仮の名前と言っても良いかもしれません。

しかし、この3人が自分たちのチームの名前を作ると言うことで、山田さんが一番キャプテンらしい、ないし、山田さんを立てるために、Team Yamadaと言う名前を作るわけです。 お分かりでしょうか、この違いが。

Team AmericaはTeamAmericaと言う名前であって、American Teamではないのです。

Italian restaurantはイタリア料理店ですね。 Restaurant Italia (Ristorante Italiano)はその店の名前なわけです。

もちろん、自分たちがYamada Teamと言う名前をつければそれが名前になります。 

と言うことで、Aiko teamはアイコさんチームと言う場合と「アイコ・チーム」と言う名前の場合があり、Team Aikoはチーム・アイコと言う名前であるわけです。

よって、日本独特のものではありません。 ちなみに、ソロとしてやりかけていたとき私がまだチームの現役だったときには、Team XXXX (XXXXは流派の名前)と言う名前を使っていましたし、私がコーチ・監督していた二つのチームはTeam DragonsとTeam XX (double X)と言う名前を使っていました。(そんな昔も私にもあったなとちょっと懐かしくなりました)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、用法が違うからなんです。 つまり、意味合いが違うのです。

山田さん・田中さん・鈴木さんのチームとJohnson, Jackson,Jamesonさんのチームがいて、日本人チームを呼ぶときに、山田さんを代表としてYamada Teamと呼んでいるわけです。 つまり、Aiko teamと言えばAikoさんを代表として呼んでいる仮の名前と言っても良いかもしれません。

しかし、この3人が自分たちのチームの名前を作ると言うことで、山田さんが一番キャプテン...続きを読む

Q「心腹の友」の英訳をお願いしますっ!!!!!

メールアドレス変更で、「心腹の友」のような友情系の英語を取り入れようと思い、自分でも(yahooのテキスト翻訳で)
調べてみたのですが、「A feiend of intention」と出てきて、「intention」とは「意図」という意味だから、これは違うのかなと思い、質問することにしました。
 誰か、英訳お願いします!!それか、友情(親友)系の英語を知ってる人、教えてください!!!

Aベストアンサー

こんばんは。メールアドレスに使われるそうですね。

Akijakeさんの『Dearest Friend』は
一般的に良く使われる表現でもあり、
馴染み深い良い表現ですね。

ただ、この場合は表現力の楽しめるところなので、
『Faithful One』(誠実な人)
『Man with Tenderness』(*1)(優しい男)
『The United/The Banded』(*2)(結束した者たち)
の様に、歌や映画の題名に使いそうな表現も
ありでしょうか(^^)ヾ。

(*1)
ちなみに、恋人のことを『Only One』と呼ぶ場面は
何度かお目に掛かった事があるので、
『One』は親密な人には使える表現かと思います。

(*2)
動詞を過去分詞にして『the』をつけると
『~されたもの』という名詞的意味が生じます。

Q「J」「K」「Q」「U」「V」「X」「Y」「Z」で始まる英単語が少ないのは何故ですか?

「J」「K」「Q」「U」「V」「X」「Y」「Z」で始まる英単語が少ないのは何故ですか?
御存知の方は詳しく御回答を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

X/Z で始まる単語の多くはギリシア語系の借入語。
V で始まるのはラテン語、フランス語その他ロマン系からの借入語が多い。本来英語では V は語頭に立たず F が母音に挟まれたときに有声化するのが本来。ofer > over, lufu > love これらの F は古英語のときから [v] と発音されていた。
K は [ki, ke] と発音するときに使うのが原則でそれ以外では C を用いるのが普通だから。king, kept, keep / cap, cop, cup
また「キ、ケ」の音は非常に古い時代に「チ、チェ」に変わったものも多くそれらは ch で綴られる。
cirice(キリケ→キィリキェ→チリチェ)> church
Q はラテン語からの借入語が多い。本来の英語にも queen, quick などがあるがもともと [kw] が語頭に来るのはそう多くなかった(古くは cwen, cwic のように綴られた)。
J は本来英語にない文字。「ヂ」の音で始まるものの多くはフランス語からかラテン語からの借入語を英語風に発音したもの。本来のラテン語では J の発音は [j](ヤ行)。
Y が語頭に来るのは本来の英語が多い。逆に語中にあるときはギリシア系が少なくない(type, rhythm etc)。もともと Y で始まる語(古英語では Y は母音を表し [j] には 3 に似た別の文字を使っていた)は少なくなかったが北欧語(古ノルド語)が流入したとき語源的に対応する北欧語の単語に置き換わったものがある。
yate - gate
yeve - give
yete - get

なお、逆に際立って語数が多く見える S, T, C などは sh, st, str, sp, t, tr, th, ch, cr, cl のような語頭における子音連続のバリエーションが多いことも理由としてあげられる。

思いつくところを挙げてみましたがいかがでしょうか。

X/Z で始まる単語の多くはギリシア語系の借入語。
V で始まるのはラテン語、フランス語その他ロマン系からの借入語が多い。本来英語では V は語頭に立たず F が母音に挟まれたときに有声化するのが本来。ofer > over, lufu > love これらの F は古英語のときから [v] と発音されていた。
K は [ki, ke] と発音するときに使うのが原則でそれ以外では C を用いるのが普通だから。king, kept, keep / cap, cop, cup
また「キ、ケ」の音は非常に古い時代に「チ、チェ」に変わったものも多くそれらは ch で綴られる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報