ちょっと変わったマニアな作品が集結

国家資格探して貸す

合格率が30~40%ぐらいのほうがいいです

この条件に合えばなんでもいいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何度もすみません。


国家資格はURLに一覧があります。
アマチュア無線や小型船舶操縦士なども国家資格でとりやすいものですね。
あとはファイナンシャル・プランニング技能士の三級もとりやすいかと思います

参考URL:http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html
    • good
    • 0

初級シスアドはどうですか?


高校生には難しいかもしれませんが、とれないことはないでしょう。
自分の進路にかかわらず、もっていて無駄にはならない資格だと思います☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/07/25 14:18

危険物取扱者乙4種はどうですか?


合格率も40%くらいで、国家資格です。

将来、ガススタでバイトをすることがあるようでしたら、時給がアップするところも多いです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校生で取れる資格、何かありますか?

私は今高1で、
何か資格を取りたいと
思っているのですが
将来役に立って、
高校生でも取れる
資格があれば教えてください!
ちなみに
私は漢字が好きなので
漢検を取りたいと思っています。
しかし、漢検より、英検のほうが
役に立つと思うのですが
漢検も取っておいて損はないでしょうか??
英語は苦手なので
英検は取る気はないのですが。。

Aベストアンサー

高校1年生・・・
今、1番楽しい時期ですね。(*'-'*)
就職の際は、同じレベルなら資格を持っている人(向上心のある人を)会社は採用します。
私は、数年前までは、大学卒後しても自動車免許しか持っていませんでした。(^_^;)
社会人になってから、独学で勉強して、資格も取得しています。

将来どのような会社にあなたが、就職するか分かりませんが、パソコンと英語関係の資格は必ず役に立ちます。
パソコンはできて当然、英語の他ににも、中国語、韓国語などができれば尚、良いでしょう。

質問の回答ですが、英語ならTOEIC、パソコン関連では、ワープロ実務検定、パソコン検定(P検)情報処理活用能力検定(J検)などが、検定料金も安くて、年齢制限はありません。

>私は漢字が好きなので・・・
ぜひ漢検も取得してください。
ワープロソフトを使用する際に有利ですし、数学の知識がないと、表計算ソフトも使いこなせません。
パソコンの時代でも、そろばん教室は、存在します。

とにかく、まだ高校1年生なので、自分の好きなことから挑戦してみて下さい。
それでは、頑張ってね。

高校1年生・・・
今、1番楽しい時期ですね。(*'-'*)
就職の際は、同じレベルなら資格を持っている人(向上心のある人を)会社は採用します。
私は、数年前までは、大学卒後しても自動車免許しか持っていませんでした。(^_^;)
社会人になってから、独学で勉強して、資格も取得しています。

将来どのような会社にあなたが、就職するか分かりませんが、パソコンと英語関係の資格は必ず役に立ちます。
パソコンはできて当然、英語の他ににも、中国語、韓国語などができれば尚、良いでしょう。

質問の回答...続きを読む

Q危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくら

危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくらいですか。

Aベストアンサー

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動機がほとんどでした。彼らがまず受けるのが第4類です。合格率は低いです。1桁台だろうと思います。

#2にあるように乙全体での合格率が38%、乙4類で32%、その他の類で50%です。この数字から乙4類の受験者の数は他の類(1、2、3、5、6)全体の受験者の数の2倍であるということがわかります。第4類は液体状の可燃物(油、その他)ですから火災に一番イメージがつながりやすいです。とにかく受けてみようという人は皆第4類を受けています。他の類はその物質が関係するような環境にある人が主に受けます。第4類でも仕事で必要という人の場合、他の類と似た合格率だろうと思います。(第4類を持っていて他の類を受ける場合は試験が一部免除になります。合格率が高くなる理由の1つかも知れません。)

仕事に必要であるという方は気持ちの持ち方が違うだろうと思います。何度も行くわけには行きませんから受けるからには通るつもりで行くということになります。テキストを手に入れて勉強して、ある程度勉強が進んで、これならいけそうだと思ってから受験申し込みをやるでしょう。でも、まず申し込んで、試験まで後何日となってからテキストを読み始める高校生が結構います。通るわけがありません。

一般的な化学系の資格ではありません。消防庁の資格です。火災の原因になるかもしれないという物質についてのものです。普通の辞典には載っていない特殊な物質でも、どこかの事業所でその物質が原因の事故が起これば危険物の指定に入ってくるという場合もあります。そういう物質は解説本ごとに構造が異なるというようなことも起こってしまいます。名前しかわからないので構造は推定になってしまうのです。
中学レベルだと思われる内容に特殊な内容が混ざっていると思うような項目もあります。
そういうレベルの違いには一切無頓着に、ただ覚えて済まそうとしている人もかなりいます。そういう人は試験が済んでしまうとややこしいことと一緒に簡単なことも忘れてしまいます。

私はガソリンも灯油もアルコールも生徒の目の前で燃やして見せています。どうやったら消えるかもやっています。火のついたテンプラ油に水をかけるとどうなるかというのも見せています。
危険物の資格を持っている人でもガソリンを燃やして、消したという経験のある方はあまり多くはないだろうと思っています。
でも就職やバイトで有利になるかもしれないというのは「何らかの責任を問われることもある」ということです。資格は取ったら終わりというものではありません。

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動...続きを読む


人気Q&Aランキング