医療機関に勤務しているため、自分がインフルエンザウイルスを持って帰って、だんなや子供にうつしてはいけないと思い、今年は早々に予防接種をしました。
ところが、自分の生理日の勘違いから、妊娠の可能性を疑うことなく、1回目の接種を終えたのですが、ふとしたトキに調べると、生理予定日を1週間すぎていました。
さっそく妊娠検査薬で調べると、「陽性」。その後、病院へいき、妊娠5週目と0日と確認されました。
一番のきがかりは、予防接種のことです。
4週目で接種したことになるのですが、流産とか、考えられる影響はどんなことなのでしょうか?
また風疹などでは、妊娠初期段階で、かなり高い確率で催奇形性がみられるそうですが、インフルエンザの場合はどうでしょうか?
主治医の先生は、「ちょっと早まったかな」とおっしゃっていましたが、どれほどの割合で、なんらかの影響がでるのか、ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えてください。
妊娠の可能性は、どんな時でも常に頭においておかないといけないのに、考えなかった自分を少し情けなく思っています。
ただ、夫婦の結論では、どういう状況でも、せっかく宿った命だから生みたい!
という気持ちです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

インフルエンザワクチンは通常『不活化』ワクチンで、病原体そのものではないですから、妊娠初期に起こったウイルス感染症…と同義に考える必要はありません。

つまり、生ワクチンのように感染をおこしそれによる奇形の誘発、障害の可能性というのは可能性から言えば低くなります。
(理屈の上で…それ以上はデータがありません)

しかし、免疫が発動した状況、つまり体内のインターフェロンなどがガンガンに分泌される状況を人工的に作るわけですから、まったくの平常な状況ともいえないわけです。
もし、体にとって負担が大きくなれば、時期的に考えて流産の恐れは否定できません。また妊婦に関しては基本的に接種が認められていませんからこれ以上の詳しい予測は困難です。

結論から言えば、なるべく安静にして体力を温存して流産しないように体を休めることだけだと思います。

インフルエンザワクチンの副作用の多くは2週間以内に現れていますから(添付文書から)それを過ぎて検診でも問題がなければ一安心ということでしょうね。
安心してとはいいませんが、落ち着いて、今出来ることをしましょう。

専門外ですので一般人としての回答です。
添付文書は阪大微生物研究会、田辺製薬のものからです。

参考URL:http://www1.mhlw.go.jp/topics/kaigai_13/JP/vacci …
    • good
    • 0

TOPページで「予防接種 妊娠」と入れて検索するといくつかHitしますが参考になりますでしょうか・・・?



ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザ予防接種 接種量

 こんにちは。4歳児(標準体重)のインフルエンザ予防接種について質問です。

 毎年二回接種しています。今年も11月1日に1回目を接種しました。初めて行く病院(内科・小児科)でした。その際、母子手帳の備考欄に「0.3ml」と記入がありました。備考欄に何か記入されるのは初めてだったので目にとまりました。

 その後ネットで調べてみると、6歳未満であれば1回の接種は「0.2ml」ということでした。うちの子は「0.3ml」ですが大丈夫でしょうか。体調は現在何も問題がありません。

 二回目の接種を来週にも受けようと思うのですが、心配になっています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 もし0.3ml接種していたとしても全く問題ありません。ちなみにアメリカでは3歳以上の接種量は0.5mlとなっています。なぜ日本で減量しているのか、はっきりとした根拠はないはずです。アメリカ並みの量を接種しないと効果は上がらないとの懸念もされていくくらいです。安心してください。
http://www13.plala.or.jp/y-ped/flu.htm#3

 しかし実際には接種は0.2mlだったけれども母子手帳に書き間違えた、という可能性が最も高いです。接種した医院に電話でお問い合わせください。

Q妊娠希望でインフルエンザの予防接種

今日、テレビで「今年もインフルエンザ流行」のニュースをみて心配になりました。
妊娠希望です。現在生理開始日から2日目です。毎月、妊娠に向けてがんばていますが、この冬、妊娠してインフルエンザに感染しないか心配です。予防接種を受けるならいつがいいでしょうか。受けた月(つまり次回排卵日の11月5日あたり)は避妊すべきなのでしょうか。生理周期は25日くらいです。(24日ー28日)

Aベストアンサー

日本で使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンなので基本的には胎児に影響はないとされているので、妊婦でも受けられるはずです。
 なので問題はないはずなのですが、データが出てないだけで100%大丈夫とはいいきれず、これから妊娠するお体では慎重になるのも当然かと思われます。
 ワクチンが効果を発揮しだすのが2週間後くらいからなので、もし心配でしたら摂取後2ヶ月くらい避妊してみてはどうでしょうか?11/5はパスした方が無難かもしれません。
 インフルエンザに気をつけてよい、子作りを!(*^-^*)

Qインフルエンザ予防接種費用

教えてください。
大阪府 吹田市もしくは、東淀川区でインフルエンザの予防接種が¥2000以下の病院があれば教えてください。
注射を受けるのは、成人です。

Aベストアンサー

余談ですが.....


インフルエンザ予防接種には、 水銀化合物(チメロサール)が入っているタイプと、入っていないムンプスワクチンというタイプがあります。
水銀化合物入りの原価は安く、入っていないムンプスワクチンの原価は高くなっています。
水俣病を引き起こした毒性の強いメチル水銀ではないので、危なくないと云われています。

1回の接種では人体に影響はない量です。
もしも、水銀化合物の含有量が基準目一杯の場合は、2回続けて受けると安全な量を超えます
なお、1回目に受けた水銀化合物の含有量が基準目一杯でも、70日経過すると約半分が体排出されます。
もしも、2回目も水銀化合物の含有量が基準目一杯でも基準内になります。
(報道特捜プロジェクト2002.11.16.全国放送)
でも、やはり良い気がしないので、我が家は、安くないムンプスワクチンを利用するようにしています。


国立感染症研究所は、前季につづき今季もホームページに「最も免疫を獲得する効果が高いのは1回目の接種と2回目の接種間隔がおよそ4週間の場合とされています」と解説しています。
これに従って、我が家は、大人も子供も2回接種するようにしています。


http://www.ntv.co.jp/tokuso/index.html
http://top-page.jp/site/page/okasora/anone/anone13/
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/thimerosal1.htm
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/fluQA/QAgen-02.html
http://odn.okwave.jp/qa1079360.html
http://odn.okwave.jp/qa1699443.html
http://odn.okwave.jp/qa1720189.html
http://odn.okwave.jp/qa1786179.html
http://odn.okwave.jp/qa2455163.html
http://odn.okwave.jp/qa1808408.html
http://odn.okwave.jp/qa1800338.html
http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1786179
http://odn.okwave.jp/qa801531.html

参考URL:http://odn.okwave.jp/qa417086.html

余談ですが.....


インフルエンザ予防接種には、 水銀化合物(チメロサール)が入っているタイプと、入っていないムンプスワクチンというタイプがあります。
水銀化合物入りの原価は安く、入っていないムンプスワクチンの原価は高くなっています。
水俣病を引き起こした毒性の強いメチル水銀ではないので、危なくないと云われています。

1回の接種では人体に影響はない量です。
もしも、水銀化合物の含有量が基準目一杯の場合は、2回続けて受けると安全な量を超えます
なお、1回目に受けた水銀化合物の含...続きを読む

Qインフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種について教えてください。
保育園に通う子供に予防接種を受けさせたいのですが、今年は新型インフルエンザの接種が10月19日から受けられると聞きました。
毎年受けている普通のインフルエンザの予防接種と両方受ける方がいいということでしょうか?
毎年2回接種していますが、いつ頃 どのようにするのがいいのか教えてください。

Aベストアンサー

医療については素人ですので知ってる限りで。

インフルエンザの予防接種は、流行するインフルエンザの型にあった、ワクチンを接種しなければ意味がありません。

毎年受けているインフルエンザの予防接種は、香港A型などいわるゆ季節型というもので、毎年流行する型が違いますので
今年流行が予測されるウイルス株にあったワクチンを接種する事となります。
たとえば香港A型が流行ると予測される場合は、香港A型のワクチンを接種します。
が、香港A型以外のインフルエンザに感染した場合は、ワクチンの効果はありません。

そして新型インフルエンザは、いままで流行していたどのインフルエンザウィルスとも違う型で、その名の通り新型、フルモデルチェンジ型ですので、
新型インフルに罹患していない人はだれもこの抗体を持っていません。
ですのでワクチン投与が特に強く推奨されてます。

ですので、今年は従来の季節型インフルと新型インフルのワクチン、2種類の摂取が望ましいとされてます。

接種のタイミングですが、まだ新型インフルのワクチン接種については、政府の決定待ちでいつから接種が開始されるのか、まだ不明のようですので、まずは季節型インフルの方を先に接種されてはどうでしょうか。
新型インフルはもう少し先になりそうですので

医療については素人ですので知ってる限りで。

インフルエンザの予防接種は、流行するインフルエンザの型にあった、ワクチンを接種しなければ意味がありません。

毎年受けているインフルエンザの予防接種は、香港A型などいわるゆ季節型というもので、毎年流行する型が違いますので
今年流行が予測されるウイルス株にあったワクチンを接種する事となります。
たとえば香港A型が流行ると予測される場合は、香港A型のワクチンを接種します。
が、香港A型以外のインフルエンザに感染した場合は、ワクチン...続きを読む

Qインフルエンザ予防接種の歴史

ちょっと不思議だったので、どなたかご存じだったら教えてもらいたいと思いまして・・。

80歳の祖母がいいました。
「女学校の頃、インフルエンザの予防接種をして腰が抜けて、ひと月寝込んだことがある」

「腰がぬけた」のも、予防接種との関連性を疑いましたが、そもそもそんな昔から予防接種って一般的に行われていたんでしょうか?

Aベストアンサー

↓のサイトによると日本におけるインフルエンザ予防接種は1962年から

Salkがポリオワクチン開発したのが1955年

60年前にあったワクチンというと種痘ではないかと思います。
(日本では1849年から もちろんウィルスの発見前です)
ワクチンの開発には必ずしもウィルスの発見や単体分離は必要ではなくて弱毒化できれば十分なものもある。

いづれも発熱ていどは引き起こす可能性があり、
わたしもインフルエンザワクチンを接種する度に半日ほど寝込むことが多いです。

参考URL:http://www.doc-nozawa.com/mkog-00122.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報