出産前後の痔にはご注意!

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

A 回答 (2件)

はじめまして。

例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございます。よくわかりました。

お礼日時:2006/11/07 11:32

文型はSVCになるのかな? to以下は副詞句でいいのでは?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qlikely の使い方

こんにちは!

可能性を示す

be likely
more likely
most likely

について質問です

とあるサイトに
be likely to/~しそうである,可能性がある
be more likely to/どちらかといえば~しそうである
be most likely to/大いに~しそうである,可能性が高い
it is likely that/~という可能性がある

とありました。

”likely”は形容詞だと思っています。

she is likely to forget

形容詞+to do
形容詞+that 節

はありだということはわかります。

でも、”most likely”で調べていると・・・

He is most likely to succeed. →これはわかります。形容詞+To do


My days are most likely numbered ⇒??
She has most likely lost her way ⇒???

あたかも 副詞のような。。。 前者は受動(もしくは形容詞)、後者は現在完了です!


”彼は被害者の可能性が高い”だったら she is most likely to be victim ??


likelyのあと、どのようにつなげることができるのか
例文があれば合わせていただけるとうれしいです!

今日一日中考えていたのですが、もやもやしていて、、、

こんにちは!

可能性を示す

be likely
more likely
most likely

について質問です

とあるサイトに
be likely to/~しそうである,可能性がある
be more likely to/どちらかといえば~しそうである
be most likely to/大いに~しそうである,可能性が高い
it is likely that/~という可能性がある

とありました。

”likely”は形容詞だと思っています。

she is likely to forget

形容詞+to do
形容詞+that 節

はありだということはわかります。

でも、”most likely”で調べていると・・・

He...続きを読む

Aベストアンサー

S is likely to 原形
It is likely (that) S will 原形

通常,未来について「~しそうだ,する可能性がある(高い)」なので,
that 節では will がつきます。

この構文の likely は形容詞ですが,
S will likely 原形
Likely, S will 原形
のように,副詞として用いることもあります。

この副詞の場合,more likely, most likely, very likely, quite likely
のように,何か修飾語が前につくのが普通で,単独で用いるのは誤りなのですが,
口語,特にアメリカでは許容されることが多いようです。

more/most がついても,特に比較というのでなく very とあまり変わりません。

こういう副詞は「おそらく」の意味で,「おそらくしたであろう」のように過去や現在完了でも
用いられます。

are numbered は「~を数える」という動詞の受動態で
「~が数えられる」あるいは「制限される」
My days are numbered なら「寿命が限られる」の意味にもなります。

とにかく,形容詞も副詞も likely です。

S is likely to 原形
It is likely (that) S will 原形

通常,未来について「~しそうだ,する可能性がある(高い)」なので,
that 節では will がつきます。

この構文の likely は形容詞ですが,
S will likely 原形
Likely, S will 原形
のように,副詞として用いることもあります。

この副詞の場合,more likely, most likely, very likely, quite likely
のように,何か修飾語が前につくのが普通で,単独で用いるのは誤りなのですが,
口語,特にアメリカでは許容されることが多いようです。

more/most ...続きを読む

QShe looks like her mother.の文法はどうなってるのですか?

She looks like her mother.は「彼女は母親に似ている」という意味と思いますが,これは何文型なのでしょうか?
Sheが主語,looksが動詞なのは解ります.Likeは形容詞で前置詞のように働くと聞きました.
もし前置詞だとするならば,like以下は修飾語なので1文型となるでしょう.
しかし,ジーニアス英和辞書を見ると,SVCの2文型の箇所に似たような文章が
記載されてました.確かに,likeは形容詞であり,形容詞は補語になれます.
一体,この文章は何文型で,likeとher motherは文法上,一体となって一つの品詞を構成しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 「彼女と彼女のお母さんは似ている」というのを
She and her mother are alike. とは言えても,She and her mother are like. とは言えません。like という単語は,She is like her mother. という形にして,she のみを主語にしなければならないのです。すなわち,like は,他動詞が目的語をとるのと同じで,like の後に何に似ているかを置くのです。「似ている,ようだ」という意味で,be の補語になり,形容詞的な意味ですが,She and her mother are like. とは言えませんし,She is like. で「彼女は,似ている」で終わることもできません。A is like B で「AはBに似ている」となるわけです。意味的にも,be の補語になるという点でも形容詞ですが,後に何に似ているかという目的語が必要なのです。
 しかし,今では前置詞と考えることが多いと思います。そして,sing like a bird のように,like ~を副詞的にも用いることができるようになるのです。like が形容詞で,a bird がその目的語と考えると,sing という動詞の後にくることの説明ができません。
 near という語は,「~に近い」という意味の前置詞であることはおそらくご存じでしょうが,「近い」という通り,もともと形容詞なのです。そして,「~に近い」という場合,目的語をとったのです。今でも near は形容詞として用いられ,さきほどの like と異なり,The park is near. という言い方が可能です。そして,「私の家に近い」という場合,The park is near my house. とすると,前置詞と理解され,形容詞のまま書こうとすると,near to my house のように言うことになるのです。
 このような目的語をとる形容詞というのは like, unlike, near, next, opposite, worth くらいだと思います。
 This book is worth reading. の worth もジーニアスでは前置詞と説明されていますが,これは我々からみても,(目的語をとる)形容詞とする方がなじみやすいかもしれません。

 「彼女と彼女のお母さんは似ている」というのを
She and her mother are alike. とは言えても,She and her mother are like. とは言えません。like という単語は,She is like her mother. という形にして,she のみを主語にしなければならないのです。すなわち,like は,他動詞が目的語をとるのと同じで,like の後に何に似ているかを置くのです。「似ている,ようだ」という意味で,be の補語になり,形容詞的な意味ですが,She and her mother are like. とは言えませんし,She is like. で「彼女は,似て...続きを読む

QBe動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味賢い。」
"It is in general correct."「それは一般的に正しい。」
(文型はSVC)

"The meeting is at the moment adjourned."「その会議は現在一時的に休止されています。」
"The suspect was after all arrested."「その容疑者は結局逮捕された。」
(文型はSV)
*前回の回答でbe動詞は「不完全自動詞」であると説明しましたが、上のように受動態で使われるものは、「助動詞」のひとつとして考えられます。


文型や前置詞句の用法を判断するにはbe動詞の部分だけではなく、文全体を見ていくことが必要になると思います。第二文型SVCであればS=Cという関係が成り立っているかどうか、または他に補語になるようなものはないかを確認し、用法を見分けるには前置詞句を文からはずしてみて、その文が文法的に成り立つかどうかで判断していけるのではないかと思います。

参考になりましたでしょうか?また何かありましたら、補足のほうをお願いします。

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q分詞構文で、コンマがある場合とない場合があるのは

どうしてかよくわかりません。参考書の中に、次の2つの例文が出ていました。
I walked around the town taking pictures. (コンマなし)
写真を撮りながら、私は町を散策した。

We sat up all night, talking on the phone. (コンマあり)
電話で話しながら、私たちは夜を明かした。

コンマがある場合とない場合で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語...続きを読む

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

Qtry to doとtry doingのちがい

現在形
try to do しようと努力する(まだしていない) try doingためしにやってみる(まだしていない)
過去形
tried to doしようと努力した(まだしていない) tried doingためしにやってみた(すでにした)
未来形
will try to doしようと努力するつもりです。 will try doingためしにやってみるつもりです。
結局、過去形以外はなにがちがうかピンときません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

try to do ~しようとする

try doing 試しに~してみる

不定詞は、未来に気持ちが向かっている が基本的な意味です。前置詞の to Osaka も 大阪へ という意味ですが、同じように大阪に気持ちが向かっていますね。不定詞の to と 前置詞の to はまったく関係がないわけではありません。

動名詞は 一般的なこと、あるいは済んでしまったことを意味します.

I tried to eat sushi. 私はすしを食べてみようとした(実際に食べたかどうかは分かりません)

I tried eating sushi. 私は試しにすしを食べてみた(食べたことははっきりしています)

try to do は やってみようという気持ちがあった ということを言っているだけです.

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q関係詞が、関係詞節中で補語の働きをするということは可能でしょうか?

関係詞が関係詞節中で主格補語or目的格補語のはたらきをするような例文をみたことないのですが、存在するのでしょうか? もしくは文法的に可能なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

what I am「今の私」のような表現も,実は am の後にあるべき補語が欠けて前にでて,
what の中に含まれる関係代名詞 which になっているのです。

He isn't what he used to be.「彼は以前の彼ではない」は
He isn't the man (that) he used to be. ということもできます。

下の文だと,the man が先行詞であり,関係詞節中では be の後の補語となります。

the man は「人」には違いないのですが,その人が持つ人格なり性質というべき「もの」ですので,who は用いられず,通常 that になります。また,この that は文法的には主格なのですが,省略できます。

My father is a doctor, which I don't want to be.
「私の父は医者ですが,私は医者になりたくありません」
の場合,a doctor が先行詞ですが,これも「医者」という人でなく,
職業を表しているため,who でなく,which になっています。

このパターンの場合,限定用法だと that,継続用法になると that は使えないので which とするのが普通です。
人自体でなく,性質とか職業というものになっているからです。

what I am「今の私」のような表現も,実は am の後にあるべき補語が欠けて前にでて,
what の中に含まれる関係代名詞 which になっているのです。

He isn't what he used to be.「彼は以前の彼ではない」は
He isn't the man (that) he used to be. ということもできます。

下の文だと,the man が先行詞であり,関係詞節中では be の後の補語となります。

the man は「人」には違いないのですが,その人が持つ人格なり性質というべき「もの」ですので,who は用いられず,通常 that になります。また...続きを読む

Qas , while , when の違いは? (英語、接続詞、TOEIC、英検)

as , while , when の違いを教えていただけないでしょうか m(_ _)m
よろしくお願い致します m(_ _)m

Aベストアンサー

時間をしめすという話に限ってかいせつします。
asは同時性が高い時、同時に起こっていることが意識にあるとき
よく使われます。
whenはそれほど同時性は問われません。例えばカナダに住んでいた時
その話をきいたっていうような時は、
When I was in Canada, I heard that story.
でasは使いにくいと思います。
whileはなにか両方が進行している感覚がある時につかいます。
時という訳をあてはめることができる場合でも、一方と言い換え
れるような場合という感覚です。


人気Q&Aランキング