最新閲覧日:

建築現場において近隣の方々へのあいさつ回りの為
菓子折りを購入しました。
この費用は税務上、交際費になりますか?打合費として会議費
になりますか?

それと、工事完了し、竣工式に花を贈呈しました。
その費用もまた科目は何になりますか?
ご回答の程よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近隣の挨拶は当然ながら「交際費」です。


竣工式に花を贈呈は金額にもよりますが1万以上であれば「交際費」で何千円ぐらいであれば「雑費」でかまいません。
    • good
    • 3

交際費です。

花は消耗品費で構いません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会議費、接待費

個人事業をしています。
会議費と接待費の使い分けがいまいちわかりません。
相手先(お客様)と食事、お茶をしにいった場合接待費ですか?
同業者、同じ会社に務めているスタッフと食事した場合どうなりますか?
また、仕事の話をしたりしている場合はどうなりますか?
皆さん、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業主です。

会議をするために、ホテル・喫茶店等の会議室を使用した場合の経費、また会議で使用したマイク使用量等の経費、何れも会議費です。
自分以外の第三者がいて、飲食した場合は交際接待費です。

仕訳が難しくて問題になるのが、会議で食事をした場合ですが、税務署で確認したところ、常識的な金額、昼食なら1000円以内、
夕食なら2000円前後なら会議費でも差し支えないとのことでした。

質問にあるスタッフとの食事ですが、自分の分は事業主勘定(店主勘定)、スタッフ(部下・職員)の場合は福利厚生費が妥当と思います。
同業者との食事は交際接待費で宜しいかと思います。

要は、何れの場合も常識的・一般的な金額の場合、勘定科目=費目が問題になることはありません。

自己消費や家庭内での出費等を計上しない限り、問題ないと思います。

また、私は諸会費という費目を設け、会議とその後の懇親会費用等を、「研修費」として計上していますが、特に指摘はありませんでした。

Q一般社団法人の広告宣伝費の立替費用について

経理初心者で、色々と調べてみたのですが、
いまいち理解が出来ておりませんので、
申し訳ございませんが質問させていただきます。

自然食に関する一般社団法人を設立するはこびとなりました。
その法人で行う、会員募集等の宣伝費についての質問です。

宣伝費は理事が経営している広告代理店へ発注しようと思っていますが、
法人に基金もなく、すぐには支払いができませんので、
支払を会費等が集まるまで待ってもらうことにしました。

広告費ですので、収入がない1年目でも、
300万くらいの未払金になってしまうと思います。
会費等の収入が入ってきた段階で、
2~3年かけて徐々に支払いしようと考えております。
このようなやり方は問題ないでしょうか。

初めから設立時基金としてお金を出すという方法もあるとは思うのですが、
皆、資金がないもので。。。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

宣伝広告費  300万円  / 未払金  300万円

この仕訳で良いと思います。

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q基本情報について教えて下さい(._.) 直接材料費 , 間接材料費 直接労務費 ,

基本情報について教えて下さい(._.)

直接材料費 , 間接材料費

直接労務費 , 間接労務費

直接経費 , 間接経費

の違いがよく分からないです。

Aベストアンサー

直接・間接の違いは、簡単に言えば、売上に直接関係するかどうかの違いです。
製造業を例にあげると以下になります。

直接材料費:製品を作る上で必要な材料の費用(鋼材、IC等の半導体、ネジ等)
間接材料費:製品を製造する機械を正常に動かすための費用(潤滑油、純水、交換部品等)

直接労務費:製品を作る人の人件費(加工、組立、試験、検査等)
間接材料費:企業運営に必要な人の人件費(人事、総務、経理等)

直接経費:製品を作る上での経費(上記の直接材料費、直接労務費が該当)
間接経費:企業運営に必要となる経費(上記の間接材料費、間接労務費が該当)

Q費用となる税金と費用とならない税金の違いは?

費用となる税金として、固定資産税、印紙税、
自動車税が列挙されています。

ほかにありますか?

そして、費用となるならないはどうやって決まるのでしょうか?
どういう場合が計上できるのでしょうか?
費用となるならない、どっちか判断する基準はないのでしょうか?

また、費用となるならないは実際どういう影響を与えるのでしょうか?

結局税金を払うんですよね?
税金をいくらって決めてから、費用となるならないが判断されるから、額が変わることはない気がするのですが。

Aベストアンサー

 補足に対しましてご説明します。
 質問者が補足に書かれている内容が「二重に税金を計算する」と表現できるのであれば、書かれていることは正しいです。
 遠回しな言い方になってしまいましたが、つまり私はそういう表現ではしっくりこないのです。「二重」という言葉には「同じものを2回」というニュアンスがあると思いますが、経費となる税金はその結果が使われるだけでもう一度計算されているとは思わないからです。
 細かいことで大変恐縮ですが、内容については質問者の仰るとおりだと思っておりますのでご容赦下さい。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報