外注(在宅)で入力の仕事をしている者です。
確定申告(白色)書類を作って、もう税務署に郵送してしまったんですが、送った後で「ハタ」と思ったことがあります。
去年PCを買ったので、減価償却費で落としたのですが、領収証原本を送ってしまいました。減価償却費は何年にも渡って(PCは5年ですよね?)落とすものですから、領収証の原本を送ってしまってはいけなかったんでしょうか?来年は領収証なしでも通用するのでしょうか?
つまらない質問をしてしまって申し訳ありませんが、ご教授いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

回答がダブる場合はお許しください。


まず、白色申告書にはそれぞれの費用を記入して、郵送されているのですね?
それとも、領収書を全て添付しているとのことですから、
白紙で、押印だけですか?
まず、プリンタ用紙を買ったとします。
申告書用紙のどの欄に代金を書いていますか?
消耗品の欄に書いているなら、あなたは購入時に
(消耗品)××  (現金)××
という仕訳をしたことになります。
PCも金額によりますが、一年で償却してしまうことも
可能ですが、もともと、売上自体がさほど多くないなら、
数年にわたって償却した方が、売上の多かった年には
有効でしょう。
領収書を添付しなくても、保管しているだけでいいのです。
ノートか何かにはりつけておくといいでしょう。
税務署に郵送するのは、申告書のみでいいのです。
税務署が確認をしたいと思った時に、あなたの所へ
訪問しますから、その時に領収書はみせればいいので、
申告書郵送時に購入の証明はする必要がありません。
また、小規模な内職程度のところに調査がはいること自体考えられませんが、調査が入った時に領収書関係は
郵送してしまってありませんということが、問題です。
最低は5年間ご自分で手元に保管しておかなくてはなりません。
税務署が保管してあるとは、考えにくいのですが、
返還してもらうほうがよいと思われます。
本題にもどれば、今年の申告書があるので、翌年以降も
減価償却をおこなうにあたり、領収書は必要ありません。
計算のもととなる資料(今年の申告書)があるからです。
翌年からは、領収書は送らないようにして下さい。
    • good
    • 0

 これはどうもすみません。

青色申告(税理士に任せていますが)している会社に勤めているものですから、偏っていくことをお詫びします。

 ここで、私としては、あなたに非難される事になろうとも、簿記の知識を取得されることをお願いしたいです。
 どうしても専門用語がたくさん出てきます。あなたがその仕事をこれからも継続されるのであれば、これ以外の場面でも、知識が必要な場面が出てくると思います。

 この度の本来の質問に対しての返答は、領収書が無くても大丈夫と言う事なのですが、私が書いた内容により、あなたを振り回すような結果になってしまい、また、解り易く説明してあげられなくて、申し訳ありませんでした。

 それでは、失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。非難するだなんて、とんでもありません。いただいたアドバイスは頭のどこかに残しておきます。
ただ、日々の仕事や家事が忙しいため、なかなか簿記まで手が回りそうにありません。仕事もまだ初心者のため、これから覚えていくことがたくさんありますので、まずはそちらからと思っています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 00:32

 ちょっと確認したいのですが、パソコン購入時にどういう仕訳をしましたか?仕訳内容を教えてください。



 備品勘定は、貸借対照表における、固定資産の中のうちの1つです。あなたの方では勘定科目の設定を減らしてあって、全て固定資産という名前の勘定科目で計上されているのでしょうか?どういう処理をされたか教えてください。詳しく説明できるようになると思います。

 それから、ぜひ確認してもらいたいことがあります。パソコンの購入時期と、あなたの勤務先(バイト先かな?)の条件によっては、パソコン減税の対象になるかも知れません。これについては、既に提出してあるのであれば、提出先の税務署へ出向いて、確認してください。これは、自分から出向かなければなりませんよ。税務署は税金を多く払ってくれる分については、何も言いませんからね。

 商工会議所については、無料相談日が有れば、堂々と出向いてください。あなたの勤務先?が商工会議所の会員で無いと、勧誘されるかもしれませんが、考えておきますとでも返事してください。

この回答への補足

すみません。おっしゃってることが、何が何だかわかりません(T_T)。
仕訳内容って??購入時にそんなことしないといけないんですか??
普通にパソコン専門店で購入したんですが…。

賃借対照表??名前は聞いたことあるんですが、白色申告でそこまでする必要があるんでしょうか?
ここ2年は郵送してますが、それまではずっと税務署に行って申告してましたが、税務署から何か言われたことは1度もありません。

あと、パソコン減税ですが、白色では対象にならないそうです。

失礼ですが、ひょっとして、青色申告についてのお話をされていませんか?

補足日時:2001/02/26 04:10
    • good
    • 0

 購入したパソコンは、備品勘定に計上されたのであれば、何の心配もありません。

備品勘定に記録が残っていますので、そのまま減価償却の処理を継続してください。(勘定科目名は、異なっているかもしれませんね)

 領収書については、原本はあなた自身が最低7年間は保管していなくてはなりません。もし、返してもらえるのであれば、返してもらってください。(請求書や各種帳簿などもそうです)

 もし、やって見えれば大変失礼な言葉になってしまいますが、あなたの居住地区近辺の商工会議所や金融機関または税務署で税務相談や経営相談を無料でやることがあるはずですので、そういう時には積極的に参加して見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

prof_usagiさん、ありがとうございます。
初歩的な質問で申し訳ないんですが、「備品勘定」というのはいったい何なんでしょうか?今、申告書(収支内訳書)の控えを見ているんですが、そういう項目?がないんです。
私は毎年年収が数十万円しかないんです。主婦の内職程度ですね(^_^;。そんな私が商工会議所とかたいそうな場所に行っても大丈夫なんですかね?
何はともあれ、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/25 00:19

確定申告というのは、自主申告ですから、まず、納税者を信頼するという基本理念があります。

ですから、自分で領収書や現金出納帳などから申告書を作成し、そのもととなった領収書なりを家で保存しておくわけです。税務署が、疑問に思って調査とかとかになったとき、それを税務署の人に見せて説明すればよいのです。個人の場合は、数も多いので、たびたび調査が行われるわけでもありませんが、法人だと三年に一度ぐらい来られて、三年分を調べられることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihiさん、再びありがとうございます。ってことは、私が毎年送っている膨大な領収証(プリンタのインク代とかPC雑誌代とか電話代とかの領収証+電気代引き落としなどの金額の載った通帳コピー)は、提出しなくてよいってことだったんですねぇ。……ありがとうございました。来年からはそうします。

お礼日時:2001/02/19 07:41

領収書は、税務署に提出するものでなく、自分で保存しておくものです。

仮に、取り戻せなくとも、減価償却はできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihiさん、ありがとうございます。領収証は減価償却以外の物(消耗品など)も提出しなくていいんですか?私、毎年提出してたんですが…。でも、領収証なしでどうやって購入したことを証明したらいいんでしょうか?

お礼日時:2001/02/18 23:28

税務署に電話して事情を説明しても、膨大な数の中から探して返してくれるかは疑問ですね。


でも、冷静に考えてみると、今年の申告については、領収書を添付していますから問題なく認められます。
来年以降は、購入の事実については前年に確認されていますからそのチエックは無くて、減価償却の計算が正しいかだけに焦点が変わります。
と、云うことで特にご心配される必要は有りません。
来年以降も普通に減価償却を続けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、ありがとうございます。安心しました。本来ならchihiさんがおっしゃるように領収証を提出しなくてよいものなんですか?繰り返しになりますが、領収証なしでどうやって購入したことを証明したらいいんでしょうか?

お礼日時:2001/02/18 23:31

今年も確定申告の時期になっちゃいましたね・・・


さて、領収書は税務署に送ったんですか?税務署には申告書だけでいいんですが、領収書等は各自で保管しておけばいいのですが。で、どうしましょうか、パソコンを買ったときにカードとかローンとか組んでいればその時の明細があればいいし、とにかく買ったことを証明できればいいので、もしくは去年パソコンを買ったんだったら、減価償却を5年でしないで全額を償却できるので、もし利益があって税金を払うなら全額償却して税金を減らすっていうのはどうでしょう。申告書を提出しても3月15日までは修正申告できますし。
何か回答が曖昧になっちゃいましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kinchanさん、ありがとうございます。パソコンは現金一括で払ったのですが、領収証の他に控えがもう1式残っていますので、何かあったらそれで証明できると思います。ちなみに、全額償却しても(つまり消耗品扱い?)、今年分だけ償却しても、税金の額はゼロです(年収が少ないもので…)。

お礼日時:2001/02/18 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一括償却資産の決算について

青色申告の個人事業主です。

13万7千円の事業用のカメラを購入しました。
これを一括償却資産で処理しようと思います。
過去のQ&Aで仕分けの方法はわかりましたが、
申告する際に必要な書類は何かありますか?
決算書3ページの減価償却費の計算の用紙に一括償却資産として記入していればそれだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

申告する際に必要な書類は何かありますか?
決算書3ページの減価償却費の計算の用紙に一括償却資産として記入していればそれだけでよいのでしょうか?
申告するのに必要な書類はありません。決算書3ページの減価償却費の計算の用紙に一括償却資産として記入して償却をとれば、それでよろしいと思います。

Q減価償却費を償却率にする方法を教えて下さい。 減価償却費=166,667 の償却率が、0.167 な

減価償却費を償却率にする方法を教えて下さい。
減価償却費=166,667 の償却率が、0.167 なのですが、その算出方法がよく分かりません…。

※ちなみに、取得原価=100万円、残存価額=0円 でした。

Aベストアンサー

取得原価を償却年数で割ると年度毎の減価償却費が出てきます。

質問の内容では、 1000000÷166667=5.999 となり、6年償却が
分かります。

償却率は、1÷償却年数で算出しますから、

1÷6=0.166666666  となり、償却率 0.167 です。

参考までに。

Q3年一括償却資産の減価償却終了後の処理について

一括償却資産で3年たって償却が終わった物についての処理を教えてください。

当方、10~20万の一括償却資産の減価償却を通常の資産と同じく
「減価償却費」0000円-「減価償却累計額」0000円というように
「間接法」で処理しています。
間接法なので3年の償却が終わったあとも「資産勘定」と「減価償却累計額」が残ってしまっています。

一括償却資産は3年たって償却が終わったら 「減価償却累計額」0000円-「資産勘定」0000円
という仕訳をして帳簿から消して良いのですよね?

本来、一括償却資産は通常の資産とは分けて考えて「直接法」で処理するのが基本なのでしょうか?

Aベストアンサー

一括償却資産は、この制度ができる前であれば消耗品費として費用処理していたものです。
したがって税務上の処理もこれを個々の資産として認識するのではなく、その事業年度で取得した10万円以上20萬円未満の資産を合計して3年間で損金算入することになっています。個々の資産を廃棄したとしても廃棄損の計上を認めていません。
ということで、正しい会計処理は取得時に全額費用処理して、税務調整していくというものだと考えます。
資産計上する場合は、税務特有の繰延資産と同じものと考え長期前払費用等として直接法で処理すべきです。

Q減価償却費を備品や減価償却累計額に入れちゃダメ?

こういう問題がありました。
10月31日に備品を60000円で売却し、現金で受け取った。
定額法で計算。
残存価値は取得原価の10%、耐用年数5年。
決算日は12月31日。
直接法と間接法で答えよ。


直接法の答えは
現金   60000 備品     64000
減価償却費15000 固定資産売却益11000

ぼくは
現金60000 備品     49000
        固定資産売却益11000
でもいいのでは?と思いました。

備品を計算するうえで過去の減価償却費を計算に入れているのに、なぜ今期(といっても過去は過去)の減価償却費はわけるのか?

間接法についても同様。

正解は
現金60000          備品100000
減価償却累計額36000固定資産売却益11000
減価償却費15000

これだって、
減価償却累計額を51000円にしてはダメなのか
と疑問です。
だって、10月31日の時点では減価償却の累計は36000+15000ですから。

なぜ分けなければならないのか、
ご教授いただけると幸いです。

Aベストアンサー

これは受験簿記の世界では「期中取引」と「決算取引」が明確に区分されていて、その守備範囲も明確に定められているということを理解していないと分からない問題です。しかもこれは暗黙のルールなのでしょうか、簿記書でもズバリ解説されているのを見たことがありません。

「期中取引(原初認識)」とは、日常の現預金の出入り、売掛金や買掛金の計上など外部との債権債務の発生などです。

これに対して「決算取引(決算認識)」とは、減価償却費の計上、引当金の計上、前払費用など経過勘定の整理諸々外部との取引に基づかない帳簿整理をいいます。

ところでその問題は、期中である10月31日に備品を売却したわけですから、当期の減価償却費はそれまでにまだ計上されていないことが大前提となっているのです。

したがって、直接法、間接法とも、減価償却費15000を計上することになります。

Q減価償却費 計上額誤りの修正方法

前年度、一部の資産(一括償却資産)で減価償却費を過小に計上していたことが判りました。

計上すべき金額   :48,333円
誤って計上した金額 :32,222円
(差額)       :16,111円

今年度、この誤りをどのように修正したらよいかご教示いただきたくお願い致します。

今年度は、64,444円(48,333+16,111)の償却費を計上しても良いのでしょうか。

また、税務申告上、何らかの調整が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

既に他の方がお書きになられている通りですが、法人の場合は、確定した決算において減価償却費として損金経理した金額の内、償却限度額に達するまでの金額が、損金に算入されるものですので、償却限度額の範囲内であれば、償却額が少なくても、0であっても、税務上は何も問題ない事となりますし、償却費の計上自体、あくまでも確定した決算での損金経理が要求されているため、申告書上で修正は不可能ですので、何もする必要はありません。

ですから、今期について、前期分をプラスする訳ではなく、あくまでも今期の償却限度額までしか償却できない事となります。
(一括償却資産であれば、定額でしょうから、48,333円までしか損金計上できない事となります。)
仮に会計上で、64,444円計上したとしても、申告書上で、16,111円について償却超過額として所得に加算しなければならない事となります。

それと、ご参考まで、となりますが、個人事業の場合は、減価償却は強制償却ですので、損金経理は要求されていませんので、当初の申告で不足があれば、更正の請求は可能となります。
(ただ、そもそも一括償却資産として認識されるかどうか、という問題はありますが)

既に他の方がお書きになられている通りですが、法人の場合は、確定した決算において減価償却費として損金経理した金額の内、償却限度額に達するまでの金額が、損金に算入されるものですので、償却限度額の範囲内であれば、償却額が少なくても、0であっても、税務上は何も問題ない事となりますし、償却費の計上自体、あくまでも確定した決算での損金経理が要求されているため、申告書上で修正は不可能ですので、何もする必要はありません。

ですから、今期について、前期分をプラスする訳ではなく、あくまでも...続きを読む

Q【減価償却】自家用車を減価償却って出来ますか?どこに申請しますか?幾らぐらい申請すると得しま

【減価償却】自家用車を減価償却って出来ますか?

どこに申請しますか?

幾らぐらい申請すると得しますか。

Aベストアンサー

>自家用車を減価償却って…

自家用車をって、あなたはその車を使って何かの商売をしているのですか。
減価償却とは、事業所得者が自動車や建物、機械設備などの経費を計上する手法のことです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

もしご質問の車が、サラリーマンの通勤用や主婦の買い物用なのなら、減価償却などという言葉は無縁です。

>どこに申請しますか…

事業所得のある方なら、今さら聞くまでのことでないでしょう。
税務署です。

>幾らぐらい申請すると得しますか…

損も特もありません。
経費として認められる範囲を淡々と計上するだけ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qキャッシュフロー計算書の減価償却費について

キャッシュフロー計算書の減価償却費について質問です。
例えばメーカーの場合はPLの売上原価に工場の減価償却費が含まれ、販管費には販売部門の減価償却費が、そして営業外には休止資産の減価償却費がありますが、キャッシュフロー計算書の減価償却費はこれらの全てが含まれた数字になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全てが含まれた数字になります。

間接法において、減価償却費はすべて足さないと、キャッシュの増減と計算が合いませんから。

Q立替金について:領収証原本はクライアントに渡してもOKでしょうか??

お世話になっております。
個人事業を営んでいます。

クライアントの経費を立て替えることがままあります。
この場合、領収証原本はクライアントに渡してしまって、当店の会計において、問題ないものでしょうか?
当店の会計では「立替金」勘定で処理するつもりです。
立て替えた時点で領収証原本が必要になってしまう?のかと懸念しています。

よろしければアドバイスくださいませ。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

領収書は税務署が調査をしにきたときなどに「払いましたよ」という証明になるものですが、「払いましたよ」という証明さえできれば、問題はありません。

お金のちゃんとした流れからいえば、クライアントにはあなたが領収書を発行し、原本は渡さない方がいいのです。

しかし、先方にも都合があるでしょう。原本を渡してしまっても大丈夫です。
ただし、できることならその領収書のコピーを取り、保管した方がいいでしょう。

Qこれも減価償却費ですか?

何度も質問してすみません。

仕事で使う100000円以上のものが
減価償却費の対象となるのは分かりました。

開業の際に店舗を借りて内装をしたのですが
これも減価償却費の対象となるのでしょうか?

もしよろしければどんな物が減価償却費の対象
になるかも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

#4さんが「開業費」とされていますが「店舗を借りて内装」については開業費ではなく「減価償却資産」に該当します。処理については先の回答者の回答通りです。

ちなみに「開業費」については下記のようなものをいいます。
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/

また「開業費」にならない費用についての説明もあります。http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/index2.htm

ちなみに「開業費」については、税務上は下記の方法を任意に選択できます。
1.繰延資産に計上して、5年間で償却する。5年以内でも未償却残高を一気に計上することもできます
2.開業年度に一括して経費に計上。

開発費は5年以内に任意な金額を償却(任意償却)できますので、一括経費にするか、資産として繰越すかは、期末時に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。

仕訳処理としては
開業までに支出した金額を「開業費」(繰延資産)としていったん計上して、決算時に「繰延資産償却費(開業費償却)××/開業費××」という仕訳を行います

#4さんが「開業費」とされていますが「店舗を借りて内装」については開業費ではなく「減価償却資産」に該当します。処理については先の回答者の回答通りです。

ちなみに「開業費」については下記のようなものをいいます。
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/

また「開業費」にならない費用についての説明もあります。http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/index2.htm

ちなみに「開業費」については、税務上は下記の方法を任意に選択できます。
1.繰...続きを読む

Q外注さんが購入した商品領収証の名義

お世話になります。前回http://okwave.jp/qa4651975.htmlで質問したものです。前回の件は税務署にも確認して解決しました。
外注さんが購入した小道具等経費はうちの会社で支払うので領収証のコピーを会社で保管し、外注さんに確定申告のため領収証原本を返す形になりましたがその際の領収証の宛名はどちらにすべきでしょうか?

外注さんが立て替えてもうちが後で払う分なので会社名義とも思いましたが経費も含めた金額を外注に支払うため確定申告で外注本人の名義でないと認められないようでどっちにすべきかと再度外注さんから質問されました。

経費の部分は現金でいただけないかという案も出されています。
(その場合は会社宛名でいいと思いますが。)

何度もすいませんがご伝授頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

一番簡単な方法は、外注さんに請求書をもらうとき、
作業分の請求書と、小道具等の経費分の請求書2つ作ってもらい、
実際に使った経費分(証拠として)の領収書のコピーを添付してもらえば
良いのではないでしょうか?
領収書の名義は、外注さんの物でok。

領収書のみで2社の経費をどうにかしようとしてるため、
二重経常に見えるのだと思います。

あくまでも、御社は外注さんからの請求書で経費処理。
外注さんは、領収書で経費処理されれば良いと思います。

イメージ:外注費50万円、小道具5万円の場合、

御社は外注費+経費=55万円が経費
外注さんは、外注費+経費=55万円(請求総額)-領収書=50万円の収入
よって、小道具分の5万円は御社が負担。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報