当社は金属加工業をやっております。製品のゆがみ等を測定するため500万円の測定器を購入いたしました。
耐用年数、中小企業の特別償却に関して、機械及び装置に該当するのか工具、器具及び備品に該当するか分からず困っております。
別表に測定機器=工具、器具及び備品と記載されている以上、どんなに高額でも機械及び装置にはならないのでしょうか?見た目も重量(持ち運びはとても出来ません)も工具、器具及び備品にふさわしくない代物なのですが…
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは、ANo.4のuozanokoi7です。



>まあ、税理士さんは立場上リスクはとりたがらないのはしょうがないですが…

このようなに思われますことは、残念です。
税理士である以上は、常に納税者有利に処理できる可能性を模索するものですし、その可能性がある場合には法的根拠等をしたがい税務署に主張・対抗するものです。
私自身そう思っておりますし、これまで勤めた3つの会計事務所の先生方も皆、関与先のためにという姿勢でした。そして税務署の見解に納得ができない場合には法令根拠及びその実質から判断し主張して、結果的に税務署とは異なる主張が認められたケースも何度かございます。

ですので、しょうがないなどと思わずに、確認して欲しい疑問は納得する根拠を示されるまでとことん質問してみられるほうが宜しいですし、それがお互いの信頼関係ではないでしょうか。

そしてANo.5様も書かれておりますように、まず税理士であればその資産が特別償却、税額控除可能かどうかを検討するのは当然の態度ですし、また普通であれば購入前に事前に確認・検討します。

今回の対象資産が特別償却・税額控除出来るかどうかの判断につきましては、先の回答でも記しましたとおり、製造業においてその生産工程で使用する検査機で据え置き型のようなものは、通常は「機械及び装置(検査用機械)」とみなしその製造設備及び業種による耐用年数を適用致します。
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …


あと、メーカーによっては当該資産が特別償却・税額控除の対象かどうかをアドバイスしていただける場合もございますので、一度問い合わせて見られたらどうでしょうか。

お役に立つことができましたら、幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

uozanokoi7様
ご回答ありがとうございます。uozanokoi7様のアドバイス通り、一度購入先に問い合わせてみようと思います。その上で、もう一度顧問税理士に話してみるつもりです。そのための顧問料ですから(笑
常日頃からいろいろな税理士さんのご意見も伺えるとありがたいのですが、現実的に無理なので、今回OKWAVEで皆さんのご意見を伺うことが出来て本当に良かったです。ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/07 15:40

金属加工業ということであれば、機械装置の耐用年数はおそらく12年が適用されると思われます。

それに対し検査工具であれば耐用年数5年です。
uozanokoi7さんの適切な回答に再度、強く賛成します。
税務調査に対するリスクとしては工具とするほうがよりリスクが大きくなります。
税務調査でこれは機械装置だと指摘されると、12年で償却すべきものを5年で償却しているのですから、償却超過額否認となります。これに対し、機械装置として特別償却を選ぶのであればリスクはほぼ0です。税務調査で持ち運びできないものを工具と言われれば、uozanokoi7さんの指示する通達を示せばよいだけです。
期首から使用していたとして、取得価額500万円であれば耐用年数5年の償却額は250万円、耐用年数12年の償却額は104万円です。1年目で146万円の税務否認の可能性があります。
また特別償却も税額控除も所得の日の属する事業年度で申告しなければ適用を受けることができません。工具とすると、特別償却もできないことになり大きなリスクを負うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ctaka88様
ご回答ありがとうございます。やはり、もう一度顧問税理士に検討するようお願いしようと思います。税務署に直接問い合わせることも考えましたが、さすがにそれは顧問税理士の顔をつぶすことになるのでやめました。
いろいろありがとうございました!

お礼日時:2008/09/07 15:44

#3です。



測定器と試験機は、機械及び装置として扱うことも、器具及び備品として扱うことも可能なようですね。機械及び装置としての測定器・試験機と、器具及び備品としての測定器・試験機とがどう違うのかは、私は専門外なので分かりませんが。

私の手元の別表第二の251(プレス、打抜き、しぼり出しその他の金属加工品製造業用設備)の細目には試験機というものは記載されていません。

細目には、
めつき又はアルマイト加工設備 7年
その他の設備 12年
とあります。

ただ別表第二の287に、試験機、測定器又は計量機製造設備 11年
とあります。

なお別表第一には、器具及び備品-3 時計、試験機器及び測定機器-試験又は測定機器 5年
とあります。

お役に立ちませんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hinode11様
ご回答ありがとうございます。
申し訳ございません。試験器ではなく、検査機でした。「機械及び装置の細目と個別年数」で検索すると、どこかの税理士さんのサイトに載っています。
自分には専門知識がないので、今回は税理士の言うとおり工具、器具及び備品で処理してもらうことになるかと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/06 09:44

No4の方の回答が正解です。


耐用年数表を見る場合は、上の方から見ていきます。細目のほうから見ていって、これが該当すると決めるのではありません。
機械なのか、工具なのかを先に判断します。この判断の基準はNo4のかたの回答通りです。持ち運びできないようなものは工具ではありません。次に構造、細目を見ていって該当する耐用年数を決めていきます。
なお、この耐用年数表の見方は、ずいぶん昔になりますが私が税理士試験の勉強をしているときに山本守之先生(法人税については実務家一番の権威です。)から教わりました。
またこれだけの金額のものであれば、税理士としては特別償却、税額控除の可能性はないのかを検討するのが当然の態度だと思います。
    • good
    • 1

中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は税額控除


 http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5433.htm

減価償却資産の耐用年数等に関する省令 (別表第1・第2は下のほうです)
 http://www.lawdata.org/law/htmldata/S40/S40F0340 …


こんにちは。
一般的にはyukikorinさんが書いておられるように、測定器具のようなものは[別表第1 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表]における
 〈工具>測定工具及び検査工具〉 若しくは
 〈器具及び備品>3 時計、試験機器及び測定機器>試験又は測定機器〉
にあたる様にも思われます。

しかし、耐用年数通達2-6-1 にて[主として生産工程(製品の検査等を含む。)で使用する可搬式のものをいう。]と記載してますように、工具器具備品とされるものとは、常時持ち運び可能な簡易な工具と考える事が出来ます。
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …

このようなことから、今回の測定器はその金額(500万円)・使用用途・目的などや、貴社の事業種目である製造の過程で使用されることを総合的に判断して、工具器具備品ではなく機械及び装置を構成するものとされても宜しいと思われます。

なお機械及び装置が[別表第2 機械及び装置の耐用年数表]のどの設備の種類に該当するかは、中間品又は製品ごとにどのような設備にあたるか?どのような業種か?などから判断されます。

 通達目次 / 耐用年数の適用等に関する取扱通達>第4節 機械及び装置関係共通事項
  http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …

今回の場合で言いますと、
 249 金属製家具若しくは建具又は建築金物製造設備
 251 プレス、打抜き、しぼり出しその他の金属加工品製造業用設備
 252 その他の金属製品製造設備
 257 金属加工機械製造設備
などのような貴社の製造種目に合った製造設備とみなすことも可能と思われます。


最終的には、顧問会計士・税理士の先生に確認してくださいね。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。顧問の税理士は「別表で測定器=工具、器具及び備品だから機械及び装置ではない」といっております。確かにそのとおりなのですが、別表2の「251 プレス、打抜き、しぼり出しその他の金属加工品製造業用設備」の細目には試験機という記載があるので、製造工程等、実態で判断されるものなのではないかと思って質問してみました。
まあ、税理士さんは立場上リスクはとりたがらないのはしょうがないですが…

お礼日時:2008/09/05 20:36

会計と税務を分けて考えてはいかがですか。



会計は経営陣、株主、金融機関を意識しながら行いますが、税務はもっぱら税務当局のみを意識します。

500万円という高額の測定器の場合は、たとえどんなに小型のものであれ、貸借対照表上は(会計上は)、掃除機やパソコンなどの一般の器具とは区別して表示したいという考えは、一つの見識と言えます。この場合は、「機械及び装置」で処理するか、「測定器」という科目を新設しても良いでしょう。

ただし、減価償却にあたっては、税法の規定に従って、別表の測定機器(=工具、器具及び備品)に相当する耐用年数を適用しなくてはなりません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。専門家の方ということですのでさらにご意見を伺いたいです。税法上に関してですが、当社顧問税理士は、あくまで別表で試験機器、測定機器=工具、器具及び備品だから特別償却は出来ないといっております。
ただ別表2の251 (プレス、打抜き、しぼり出しその他の金属加工品製造業用設備)の細目では試験機というものが記載されています。測定器は試験機ではないといわれればそれまでですが、納品前の最終検品としての測定器は、機械及び装置として扱う余地はないのでしょうか?
よろしくおねがいいたします!

補足日時:2008/09/05 19:57
    • good
    • 1

余談ですが、企業の看板でも屋上などに独立して置くような移動可能なものは器具備品になり、耐用年数は数年。

塀のように敷地のまわりに固定させれば構築物で10年から15年、建物の外面に埋め込めば建物となり、鉄筋ならば耐用年数は52年となります。
以前に東京ドームの屋根は構築物か建物かでもめていたことがあります。
条例や約束事の文書を参考にするより、Q&Aなどの実際適用例を参考にしたらどうでしょうか?
    • good
    • 0

製造業における固定資産の勘定科目の決定で機械設備になるか工具器具備品になるかは製造との関わり程度の判断でできます。


例えばキャドのソフトを動かすPCの科目は単なる設計目的だと器具備品でその耐用年数になりますが、生産指示までだすとなると製造設備とみなされ科目は機械設備で耐用年数は当該製造業の製造設備の耐用年数となります。
ですからその製品の歪みを測定するということが製造の工程でどの程度の重要さをもっているかで科目と耐用年数は決まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私もwidcatさんのご意見と同様の考えです。当社の製品はかなりの精密性を要求されるため、測定器は納品前の最終チェックとして製造工程上欠かせないものになっています。ただ、顧問税理士は別表上、測定器=工具、器具及び備品なので機械及び装置ではないと言っています。税法上、特別償却が受けられるのと受けられないのでは納税額に差が出てくるので、納得した上で申告したいのです。

お礼日時:2008/09/05 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物の実際の耐用年数についてです。

一棟マンションや一棟アパートの耐用年数についてお伺いします。RCなら47年、鉄骨なら34年、木造なら22年などと法的に耐用年数が決められているようですが、実際には建物として、何年程利用できるのでしょうか。ヨーロッパなどの建築は200年も建っているなどと聞きましたが・・・。もちろん手入れをすればするほど耐用年数はUPするとは思いますが、地震などの天地災害を除けば、そんなに簡単には潰れないと思うのですがいかがでしょうか。水漏れから始まり、素材が腐り倒れるのでしょうか。中古の一棟マンションや一棟アパートの耐用年数を見分けるポイントはありませんか。外見からではわかりませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でないものより倒壊の可能性は高まります。

■地盤
いくら建物が丈夫でも地盤が悪く地業工事がいい加減であれば建物は徐々に傾きます。
建物周囲が沈下していないかチェックしましょう。
あるいは建物が不同沈下していないかもチェックしましょう。

■構造面
1981年(昭和56年)6月1日に建築基準法施行令が改正され現在の新耐震基準に変わったので,築30年以上なら旧耐震で構造的には現行法に比べて弱いと思って下さい。

■外壁
例えば鉄骨造で外壁がALCなどの場合は大震災ではいくらかは割れると考えてください。
ある程度の揺れには建物に追随して揺れますが限界があります。

ジョイントなどにコーキング(シーリング)などを打っているものは経年劣化によって打ち替えないと浸水する場合があるので外装改修の時に打ち替えた方が良いです。
そういう意味では最初からコーキングを打たずに済む収まりに成っている方がメンテ費用が割安になります。

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でな...続きを読む

Q器具及び備品と機械及び装置の違いは?

器具及び備品と機械及び装置の違いは何なのですか?

耐用年数を調べる時、どちらも種類が多すぎて大変です。
この違いが分かれば調べやすいのですが・・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「機械及び装置」は設置するための工事を要すると思います。
「器具及び備品」でしたら、持ち運びが可能でしょう。

Q店舗併用住宅の建物耐用年数は?

友人の代理質問です
よろしくお願いします

友人が去年新築しましたが、店舗併用住宅で
一部賃貸住宅と自己使用住宅です(青色の個人事業者です)
建物の耐用年数を店舗にするのか住宅なのかが分かりません

地下と一階が小売店舗  (建物全体に対する使用割合)40%
二階が賃貸住宅(一戸)               20%
三、四階が自己使用です               40%

店舗は店舗の耐用年数39年で減価償却計上し
賃貸収入の申告は住宅47年で減価償却費計上にするのでしょうか?
それともどちらか一つに統一するのでしょうか?
その場合は使用割合が同じなのですが
どちらを選択したらよいでしょうか
本を見ても書かれていないので困っています。
どうかよろしくお願い致します

Aベストアンサー

一つの建物で、各階の用途が異なる場合の減価償却の耐用年数は、各階それぞれの耐用年数を使用することはできません。基本的な考えは、一つの建物につき一つの耐用年数となっているからです。ご質問をみる限り、建物の使用割合の住宅用(賃貸含む)が二、三、四階で60%となっていますので、主たる使用目的が「住宅用」に該当しますので、ご質問にある「住宅用の47年を適用」することになります。

結論としては、
(1)地下と一階(小売店舗) 47年
(2)二階(賃貸住宅) 47年
になると考えるのが妥当でしょう。

一つの建物に一つの耐用年数です。
例外もありますが、あなたのご質問の場合は、例外には該当しないと考えます。
(例外とは、建物一部について特別な内装をした場合です。劇場などが該当します。)

参考になれば幸いです。

Q貸借対照表の工具器具備品残高について

青色確定申告をしている個人事業主です

数年間 工具等の10万円未満の物も工具器具備品に
計上してしまい、貸借対照表の工具器具備品に累積で残って
しまっています。

このような場合、今期 固定資産償却損で全額計上して
工具器具備品の累積残を消しても良いのでしょうか。

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

それは、誤って計上した年にさかのぼっての修正申告が本来の姿です。
固定資産でなくその年の経費ですから、その年の利益が増え税金は減ることになります。
税金が減る方向での修正申告を正しくは「更正の請求」といい、その期限は 1年限りですので、数年前の話ならもう無理ということになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

ということで、「固定資産除却損」で良いのではないでしょうか。

もし、もともとの納税額があまり大きくないのなら、除却損ではなく事業主貸に振り替えることによって、誰からも後ろ指を指されることなく貸借対照表から抹消することができます。


税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q建物の耐用年数

鉄筋コンクリート5階建ての分譲住宅に38年住んでいますが、
建物の耐用年数は、どのような法律で何年とか、決められているのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

法定というと減価償却する際の耐用年数がありますよね。
http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genka-tatemono.htm

実際にはもちろんこれ以上の年数が経過しているところに住んでいる方も多いですし、完全に建物として用をなさなくなった時と考えるともっと長いと思いますがこれは法で定められているとは思いません。
今にも崩れそうな状況だとかすると行政から使用中止などの命令を受けることはあると思いますけど、耐用年数を定めたものとは異なりますよね。

Q間違って工具器具備品につけてしまっていました

勉強不足でお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。

今年で個人で仕事を始めて3年目になりました。
2010年に買ったものを「工具・器具・備品」でつけていたのが
今年の帳簿を印刷していて「原価償却」という項目にのっかっていて「アレッ」と思って
慌てています・・・。

買った工具は
2480円のヘアアイロン(造形用ウイッグの結髪用に使う)と
1300円の電気毛布(造形用樹脂の保温に使う)と
2480円の折りたたみテーブル(キャンプ用の簡易なもの、作業道具の物置台に)の3つです。

10万円以下のものでしかも壊れやすいものなので、消耗品や事務用品(作業道具)として
つけておけばよかったのでしょうが、事業を始めたばかりで分からずに
「自分にとっては大切な道具、工具だから」と、
名前から「工具器具備品」で帳簿をつけてしまってたようです。

色々調べてみたのですが、こんな小額の減価償却の例など出てこなくて困っています。

国税庁のHPの作成コーナーで提出用の書類をつくっていましたが、
中小事業者向けの特例措置28の2を選ぼうにも、「10万円以下だから」とエラーがでて選べません。
「既に計算している方」の欄には数千円でも入力が可能なのですが、
【減価償却の明細を添付すること】と書かれています。

仕事を始めて3年もたちますが、本当に零細なので、減価償却が必要なほどの道具などを
買ったことが無く、どうしていいのか全く分からずに焦っています・・・。


減価償却の明細をどう書いたらいいかもわからないし・・・


レシートなどは全て保管してあります。

とにかくチンプンカンプンですが困ってます!助けてください!

勉強不足でお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。

今年で個人で仕事を始めて3年目になりました。
2010年に買ったものを「工具・器具・備品」でつけていたのが
今年の帳簿を印刷していて「原価償却」という項目にのっかっていて「アレッ」と思って
慌てています・・・。

買った工具は
2480円のヘアアイロン(造形用ウイッグの結髪用に使う)と
1300円の電気毛布(造形用樹脂の保温に使う)と
2480円の折りたたみテーブル(キャンプ用の簡易なもの、作業道具の物置台に)の3つです。

10万円以下のも...続きを読む

Aベストアンサー

税務署に行って申告相談会をやってますので、そこで聞くのが一番ですよ

ここだと説明するのに文字数が足りないから^^

別に工具器具備品という項目を作ってもいいし
10万円以下の物を減価償却しても構いません

国税庁の申告書作成ページにいけば、そのつどヘルプがあって書き方、計算の仕方、etc.が書いてあるよ

Q建物の耐用年数

建物の耐用年数で、鉄筋50年? 木造20年?
とあるそうですが、建ってから、この年数が経過したら住めなくなるんですか?
それとも、売買ができなくなるんですか?
詳しい方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

耐用年数は、あくまでも目安の数値です。

会計上、建物を取得した際には、
以後使うと思われる期間まで、
その取得価額を費用として計上しなければいけません。
(減価償却費と言います)

例えば、1,000万円の鉄筋の建物を今年買ったのであれば、
以後使うと想定される期間にわたり、費用にしていきます。

この期間を、各社が勝手に決めたら不公平なので、
目安として耐用年数というのを定めて、それにしたがって計算しなさいとなってます。

なので、住めなくなるとか、売買ができなくなるとかとは全くの別物です。

Q工具器具備品と一括償却資産

前事業年度で、18万円のパソコンを、工具器具備品として仕訳し、減価償却時には一括償却を行っていたのですが、これは一括償却資産に直してほうがいいでしょうか?その場合、下記の仕訳で問題ないですか?

一括償却資産 XXX 工具器具備品 XXX

Aベストアンサー

もし振り替えるのであれば、その仕訳で正しいと思います。
(但し、減価償却累計額を使用している場合は、その分も仕訳に入ってきますが)

ただ、税法上は、「一括償却資産」で計上していた方がわかりやすいのですが、会計上は「工具器具備品」で表示すべき、との事です。
(詳しい人から聞いた話ではありますが)

ですから、そのままでも構わないと思いますし、監査等の制約がないのであれば、振り替えても、どちらでも良いと思います。

Q建物の耐用年数 「骨格材の肉厚」?

所得税の確定申告書(不動産所得)を作成しています。
建物(倉庫)の耐用年数についての質問です。
鉄骨の倉庫を賃貸しています。
耐用年数表では、骨格材の肉厚によって年数が異なるっているのですが、
「骨格材」、「肉厚」とはなんのことでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

柱の種類、鉄骨の厚さになります。ミリメートルで表示されています。

http://www.zaimu.com/t_buz_contens/genka/shokyaku01-1.htm

Q工具器具備品と減価償却未償却残高の関係

青色申告におきまして
決算書の、
・減価償却未償却残高(期末残高)と、
・貸借対照表の「工具 器具 備品」の期末額
は同じ額になるのでしょうか。

初心者の質問で大変お恥ずかしい限りですが
経理にお詳しい方に教えていただけましたら助かります。

経理ソフトで昨年の処理がおかしかったようで、
今年の期首残高が昨年の期末残高と違っていて、
金額が変更できない設定になっている為パニックです・・。

Aベストアンサー

・減価償却未償却残高(期末残高)と、
・貸借対照表の「工具 器具 備品」の期末額
は、必ず同じ額になります。

貸借対照表の期首残高が違っていたという事でしょうか。
もしどうしても直せないのなら、事業主勘定を相手にして残高を合わせてみてはどうでしょう。
青色決算書の特記事項の欄に、そのへんの事情を記載しておけば
大きな金額の間違いでなければ問題にはならないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報