【英文の契約書のことでご質問です。】 秘密保持契約書を相手方と取り交わしたいのですが・・・ 相手方がドラフトを作成して当方に送ってきました。通常、日本でのこういった契約書の取り交わしは、Aが2通同じものを作成して、Aが両方にサインをして、相手方(B)に2通とも送り、Bはやはり両方にサインをして1通をB用に自分で保管、1通をAに返す、とやっております。 が、今回、外国の会社であるAは、ドラフトを1通作成して、サインしたものをPDFでメール送信してきました。「プリントアウトして、サインをして郵送で送り返してください」というメッセージがありました。(当方は、Aの直筆サインが入手できません。)・・・英語圏(?)では、こういう契約書の取り交わし方でも認められているのでしょうか? 効力的には、問題ないのでしょうか? どなたかお教えください!! 少々急いでおります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

米国では、



1. In 2000, President Clinton signed into law the Electronic Signatures in Global and National Commerce Act (E-SIGN Act).

2. At the state level, the Uniform Electronic Transactions Act (UETA), passed by 46 U.S. states, provides mcuh the same protections to electronic signatures and records.(May 2008の記事)

となっているようので基本的にはいいようです。が、業界、州によっていろいろあったり、その電子式署名の方法にもいろいろ関係してくるようで、裁判を意識すれば、

Your electronic signature may be a legal signature, but it could be tossed out of court if the judge feels that the signature process did not provide the appropriate level of assurance.

という認識もあるようです。

日本では、2002年4月1日に電子署名法が施行されているようで、署名の仕方方式には規定があるようです。

で、実務ですが、その秘密保持契約の相手が米国(それ以外の国でもいいですが)としたら、(1)準拠法の視点、(2)署名方法、(3)問題発生の可能性(従来の署名式のものと比し)などの点から、その電子署名方式は受け入れ(それでその契約下の活動は開始)、ただし、従来の方式でのもので正式なものはやり取りする(それを正式契約原本とする)、と返事・要請してはどうでしょう(相手にとっても手間がかかるわけでもないし)。国際契約の弁護士に相談すれば、そのような意見(というより指示)が来るでしょう(オンラインで購買するようなもののサインではないですから)。

私は実務では、会社の契約書では電子式は経験していません(=まだ一般的でないのでしょう。特に法律が異なる国際契約では)。が、メールで署名済みの契約書を受け取り、それで契約上の活動をスタートさせることは数度経験しています。が、すぐ従来の方式で正式なものを受け取りファイルです(もちろんそれが「正本}です。

相手企業が米国としたら、一般的に米国で良しとされているものは世界でも・・・という傾向はあるかと。あまり「国際的でない国」からかも?

でも、将来は世界で統一的なルールが確立されてきて、主流になっていくのでしょうね。

Hope this helps.
    • good
    • 0

参考程度に留めてください。

commercial lawでは契約書の基本は何処の国でも同じなはずです。但し、英国と米国では、契約概念の取り扱いについて多少の違いがあるようです。前者は、口語に置いてでも契約は法的に成り立つことがあり得る。(例えば、業務日誌が常に正確に処理をされて、其処に口語で契約をしたことが詳細に亘り記述してある場合等)。所が、後者は、契約書にサインが為されているかが紛争の際に問題の焦点になり得る・・・・・

と言いながらも、法に準じて仕事をすすめないと言い張れば、契約も無しになる羽目になる時もあるでしょう。「仕事が無きゃ金にはなりません。」であれば、コピーにまずサインをして送り返すと同時に、正副本を”貴方が”作成して、サインをして先方に送に送り、一通にcounterサインを貰い送り返してもらう手続きをとることです。

arbitrationの場所の確認をすること、社則を確認して行動を起せば何も考える必要はないのでは?
    • good
    • 0

秘密保持契約というものが具体的に何を指すのかわからないのですが、少なくともアメリカでは、PDFでの書類のやりとりも自筆サインをスキャナーで取り込む方法は各種一般契約では有効です。


実際、私もつい最近自動車など保険関係で、リニューアルやキャンセルの手続きをとりましたが、いずれも相手側のサイン(直筆)のコピーがスキャナーで取り込まれたPDFでした。私はそれをプリントアウトし、自筆のサインをしてFAXで送り返しました。この場合両方ともサインは自筆ではありません。ですが書類としての有効性はきちんとあります。
ただ、個別具体的契約の内容によっては、直筆以外認めないというものがあっても不思議ではないので、やはり電話で相手に自筆サインでなくとも書類の有効性に問題がないかどうかお確かめになる方がより安全だとは思います。
    • good
    • 1

こちらが一方的に認める場合にはこの方法でしょうけれど、相互契約なら、相手の自筆のサインのある書類が欲しいと思います。

(本来弁護士などに問い合わせないと解りませんが)相手に、直筆サインの書類を送ってくれるようにお願いしてはどうでしょうか?

この場合、まず、両側で一枚ずつ直筆サインした書類を相手に同時に送付すれば、それぞれがサインして終了ですが。(それぞれに各1枚の書類が残ります。また双方とも直筆サインです)

いずれにせよ、私には法律的な裏づけは解りません。
何らかの揉め事の際に、合意文書の体裁として意味を成すのかどうかを、相手国の法的専門家に確認を取る必要性がありませんか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管?

お世話になります。
 弊社では、他社と契約書を取り交わす際に、
・他社の収入印紙を貼った契約書は他社で保管(印紙の消印は他社)
・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)
としています。
 しかし往々にして、他社に契約書を2通送り、1通送り返してもらう際に、他社の収入印紙を貼った契約書(印紙の消印は他社)を送り返されます。また、それが正しい、とおっしゃる他社の方もいらっしゃいました。

 果たして、「・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)」で正しいのかどうか、教えてください。
(印紙税を払った証明なのだから、自社側で保管すべきと思うのですが…)

Aベストアンサー

 契約書の内容は、自社保管分と他社保管分とは相違ありませんから(当然ですが)、収入印紙の消印を契約当事者が夫々押印すれば、どちらを保管するか迷う事はないと思います。
 つまり、契約書を2通作成し、夫々に署名押印する時に、夫々の印紙への消印も夫々押印すれば良いかと思います。(一枚の収入印紙に自社と他社の消印です。)
 又、消印一箇所にこだわるのでしたら、契約書は当事者間で取り交わす事ですから、収入印紙を自社印で消印した物は、相手方に渡します。
 相手方(他社)が収入印紙を消印した物は自社に渡されますから、それを保管すれば良いのではないでしょうか。

Qmake A of B make A into B A is made from B

熟語を勉強しているのですが問題集の解説で
3つの違いが分かりません。


英語が得意な方、分かりやすいアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

make A of B
A is made from B
いずれの場合もBは材料ですが、Bの質が変化しない時はof、変化する時はfromです。
質問文で
・Wine is made from grapes
となっているのは、材料がぶどうがワインという製品に変化するからです。一方
・The desk is made of wood
の場合は材料である木材を使って机を作っても木材は木材のままで製品になるからofです。

make A into B
AをBという他の違った何かに作りかえるという意味なので、A is made from B と言い換えることが可能な場合があります。上記の例で言うと、ブドウはワインという製品に作り変えられるものでもあるので、make grapes into wine ということもできます。
ただ、make A into Bの場合はBが材料である必要はなく、例えば
・The comic book made into a movie.
という風に、内容は同じでも違った形のものに作り変えるという場合にも使えます。

Q契約書の印紙添付について

当社では今後、「社員には現金を扱わせない(お客様から印紙代を預らない。印紙も買わせない。)」ようにしたいと考えています。現在の契約書は請負契約書(戸建住宅の修繕・増改築等)で正副の2通を作成し双方署名捺印を行っています。今後印紙の扱いを以下のように出来ないかと考えています。いわゆる一般的な慣習とは違ったやり方だとは思いますが、法的に問題はありますでしょうか。

1、当社契約書控えには当社が印紙を貼るので、お客様控えにはお客様が印紙を貼っていただくようにお客様に依頼。契約時にその場では貼らない。
2、後日、当社契約書控えを会計責任者に集め、会計責任者が全ての契約書に印紙を添付し会計責任者印で割り印。

この場合に「印紙税は当社とお客様が連帯して責任を負う」わけですので、お客様が印紙を貼らなかった場合に税務署が当社に請求してくれば当社には納付義務があるので支払います。この様な場合に税務署が、他の契約書まで拡大解釈して、「お客様側が貼るべき印紙を全契約書に関して納めなさい」とか「全ての契約書に関してお客様が印紙を貼ったかどうか確認して印紙税を納めなさい」とか言う事はありえますでしょうか。

当社では今後、「社員には現金を扱わせない(お客様から印紙代を預らない。印紙も買わせない。)」ようにしたいと考えています。現在の契約書は請負契約書(戸建住宅の修繕・増改築等)で正副の2通を作成し双方署名捺印を行っています。今後印紙の扱いを以下のように出来ないかと考えています。いわゆる一般的な慣習とは違ったやり方だとは思いますが、法的に問題はありますでしょうか。

1、当社契約書控えには当社が印紙を貼るので、お客様控えにはお客様が印紙を貼っていただくようにお客様に依頼。契約時に...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

他の方も来てくれればいいんですけどね。
一度締め切った後、再度同じ質問をするという手もありますよ。
締め切らないで同じ質問をすると、消去されてしまうので注意。


>当社が払って貼ると、年間500万円以上の経費増となるため、
 ちょっと難しい

それは大変ですね。
それなら、毎月末にまとめて、客先へ収入印紙代金の請求書を送れば
よいと思います。


あと、余計なお世話で申し訳ありませんが、
5百万円も収入印紙代金を使用しているということは、高額な取引を
されてるんですか?
もし何年にもわたって取引するのなら、一年で区切り、継続取引と
すればよいと思います。
そうすれば7号文書となり、収入印紙は4千円で済みます。

Qsave A B 「AのBを省く」

save A B 「AのBを省く」

これは spare A B と言っても同じ意味になりますけど、厳密には両者のニュアンスはどう違うのですか?

そもそもこの意味で使うときの save と spare は何がどう違うのですか?

Aベストアンサー

1. Machinery saves us much time and labor.
2. Machinery spares us much time and labor.
ご質問は、言換えると1と2の違いは何かということになると思います。

1では、saveが持つ「節約」の意味がはっきり表されています。多くの時間と労力を省いてくれるわけです。
2では、「私たちに面倒をかけない」という意味がこもります。spare自体に「人に面倒をかけずに」というような感情が含まれるというのが決定的な違いです。また、目的語が1つなら「惜しむ」「惜しいけれども」(自分に面倒をかけずにというのに近い)という感情がこもったりもします。
Spare no money. (金を惜しむな)
ちなみに、Save no money.だと、一銭たりとも貯めるなーーとなってしまいます。
どちらも、結局はお金を使えということですが、spareだと「惜しむ」という感情がこもるのです。

spareとsaveの違いがはっきり出る例としてはーー
たとえば、強盗が入り、大人を殺したものの、赤ちゃんの命を助けたのであれば
The burglar spared the baby its life.
= The burglar spared the baby.
となります。これなど、たとえばかわいそうなので「殺すのには惜しい」と思ったので、助けたーーとなります。しかし、警官隊が突入して、赤ちゃんを救ったのであれば、The police saved the baby.となります。

以上、ご参考になればと思います。

1. Machinery saves us much time and labor.
2. Machinery spares us much time and labor.
ご質問は、言換えると1と2の違いは何かということになると思います。

1では、saveが持つ「節約」の意味がはっきり表されています。多くの時間と労力を省いてくれるわけです。
2では、「私たちに面倒をかけない」という意味がこもります。spare自体に「人に面倒をかけずに」というような感情が含まれるというのが決定的な違いです。また、目的語が1つなら「惜しむ」「惜しいけれども」(自分に面倒をかけずにという...続きを読む

Q契約書の収入印紙について

失礼致します。
契約書に収入印紙が必要なものが初めてでお教え頂きたいのですが、
お取引先からは4000円の収入印紙が貼り付けてある契約書と、
貼り付けのない契約書2部送られてきました。

この場合相手方が4000円の印紙でしたので同額の印紙を
貼り付けるのでしょうか?
ネットで検索をかけてみたのですが、100万以下の場合は
200円などと書いてあるところがありまして混乱しております。
今回の契約では数ヶ月で40万前後と聞いておりますので。

また、契約書は相手の印紙が貼り付けてある方を保管するのでしょうか?
印紙の付いていない契約書の方を、こちらの印紙を貼り付け、送り返すので間違いないでしょうか?

無知でお恥ずかしい限りですが、契約書のサイトが難しく理解が
出来なく…どなたかご親切にお教え下されば幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

印紙の金額は契約書の実質内容によります。
4000円の収入印紙が貼っている契約書というと、その契約内容は今後長期にわたって継続的に取引していくための基本契約書のようなものでしょうか?それに該当するとなると7号文書に該当して、印紙税は4000円ですので4000円分の収入印紙を貼ることになります。そうではなく、ただ1回こっきりの契約であれば、契約する内容の種類によって1号文書や2号文書、不課税文書となって契約金額に応じた印紙を貼ることになります。(上記金額なら200円、不課税なら印紙不要)

契約書の場合、税法の決まりでは、契約の相手方と共同で2通文書を作成してお互いが交換して持ち合うという形になります。従って、貼っていないものには収入印紙を貼って、収入印紙に割印を押して(もちろん2部とも必要な捺印を押して)、1部(普通は新たに印紙を貼った方を返します。多くの場合、相手も印紙に消印を押しますので。)を相手に返送するということになります。どっちを返すにしても、相手の持っている文書が、あなた側の負担した印紙というふうに見なされます。

Q次の英文のorの部分の訳が「AとBの両方が無かった

」となったらorではなくてandになりそうだから、その訳は「AかBの少なくとも一方がなかった」というニュアンスになるんでしょうか?

When we arrived at the birthday party,there was nothing left to eat or drink..
です。


辞書で調べても、ピッタリ合いそうな意味が無かったです。

Aベストアンサー

どちらもなかったということです。

否定形の構文のなかでは and は or に変化します。

この文は wasn'tを使っていなくても、nothingをつかっていますから、否定文なんです。

参考URL:http://www.alc.co.jp/eng/kaiwa/shitsumon/110610.html

Q基本契約書・注文書・注文請書・印紙について。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契約で注文書・注文請書(金額に応じた印紙をさらに当社が負担)
2)個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
3)個別契約で注文書だけ発行され、請書は発行しない契約。
基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。など・・・・

なぜ?このように印紙を貼ったり、貼らなくても良かったり、また、注文請書を発行しなくてもよかったりするのでしょうか?
注文請書を発行しない会社の基本契約書には、
個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」
とのようなことが記載されております。

注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。
基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?
なるべく印紙税のかからない方向で、
当社が発注する場合の契約を見直そうと考えております。
回答を宜しくお願いします。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契...続きを読む

Aベストアンサー

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注文書といいながら、注文者と請負者とが双方署名または押印したものは課税されます。注文書という名の契約書にほかならないからです。

>基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?

ソフトウエア開発業務委託は、請負に関する契約ですから、基本契約書にどのような記載をしようとも、請書を作成すると、請書に記載された契約金額が一万円未満のものを除き課税されます。

したがって、例示された、
・個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
・基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
・基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。

3パターンの請書は脱税の疑いが濃いと思われます。もし大量にそのような文書があるのでしたら、早急に印紙税に詳しい税理士さんに相談されるようお奨めします。

しかし、基本契約書において、個別契約の成立を請書の作成交付にかからしめないで、たとえば、〇日以内に口頭で承諾する旨の通知を行うとか、口頭が嫌ならメールで承諾の旨を通知したときとするとか、要は文書以外の方法で申込に対する承諾を行い、その時点で契約が成立するとすれば、印紙は不要です。

承諾の意思表示は、何も文書で行う必要はないのです。

そのような効果を狙ったものが例に挙げられた、

>注文請書を発行しない会社の基本契約書には、個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」とのようなことが記載されております。

という方法だと思います。この場合も、契約の成立を証する書面を作成しないで、個別契約の成立時点を定めているからです。

ただし、この方法も一点疑念があります。

基本通達によれば、基本契約にもとづく注文であることが記載されていて、かつ基本契約に注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨が記載されていると、その注文書が契約の成立を証する書面として課税されます。

一定期間内に承諾拒絶の意思表示がなされない場合に承諾したものとする旨の記載が、上記の「注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨」と同視されないかという点です。税務署でご確認されることをお奨めします。同視されないのであれば、この方法も有効です。

なお、上記でお分りのように、基本契約にもとづく注文書も記載内容によっては課税されますので、要注意です。

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注...続きを読む

QA OR B / A AND B

NHKからの抜粋です


In reference to the future course of the Democratic Party, Okada said people are talking about such options as realignment within the opposition bloc and rehabilitating the party on its own.


精密に対応する日本語記事は見つけられなかったですが、おおよそ次です。


また岡田氏は、今後の党運営に関連して、「野党再編か自主再建かと言われるが、まずは民主党をしっかり立て直すことが非常に重要だ。


英文の日本語文を比較すると、次の対応があるようです。

野党再編 realignment within the opposition bloc
自主再建 rehabilitating the party on its own

上記二項は、"and"で繋がっていますが、両者が同時に成立することはないので、"or"にすべきかと思います。

Aベストアンサー

「野党再編」と「自主再建」は両立しませんが、この文脈では「成立・両立する」ことが問題となっているのではありません。
世間一般の意見として、『「野党再編」と「自主再建」という選択肢がある」と述べているという文章です。「aそしてbという意見があります」と述べているに過ぎないので「and」でも問題ないと考えます。

参考訳:岡田氏は、民主党の今後に言及して、野党再編や自主再建という意見もあると述べた。

Q工事請負契約書の収入印紙

変更契約書に貼る収入印紙についておうかがいします。

当初の契約は60万円で200円の収入印紙を貼りました。
次回、契約金額は同じで、工期を延長した場合の契約書には
また収入印紙を貼るのでしょうか?
変更契約書にも60万円と記載されています

Aベストアンサー

*印紙税は、記載された内容によって
 課税されるか、されないかを判断しますので
 別の文書であれば、当然 印紙は必要です
 4000円になるのか200円なのかは
 文書の中身で判断します
  
契約書ではなく「注文書・請書」でした
*文章の中身が問題なので
 標題に何が記載されていても
 何の関係もありません

あと、減額された場合はどうなるのでしょうか
*別の文書であれば課税されます

したがって、印刷された文書ですべてを
判断することになります
(印刷しない文書であれば金額に関係なく印紙は
いりません。メールにするとか、お互いFD等でやり取りするとかです)
 

QA such as B と such A as B

A such as B と such A as Bは同じですか?
使い分けとかありますか?

Aベストアンサー

A が長い場合は
A such as B とするしかないですね。

あと,
A, such as B のように,
A でいったん切って,「たとえば B のように」つけたす感じで
用います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報