マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。



例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 20
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

 大変分かりやすかったです。

お礼日時:2010/03/08 21:50

バッテリーが12VならばLEDのIFが28mAなのでしょう。


そうすると0.33W異常が必要です。
JISでは1/2Wでしょう。

この回答への補足

???

補足日時:2010/03/08 21:50
    • good
    • 2

抵抗器の規格の1/2Wや1/4Wというのは、その抵抗器に電流が流れた時の許容消費電力です。


>>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
駄目じゃありません。1/4W 430Ωというのは、430Ωの抵抗値に対して電流を流した(または電圧を加えた)時の消費電力が1/4Wつまり、0.25Wまではその抵抗値を保持できるという意味です。つまり、
電力=電流×電流×抵抗
ですから、その抵抗値の許容電流は
√(0.25÷430)≒0.024
となって、約24mAまでの電流に耐えられるということです。
一方、1/2W 430Ωだと、許容電力が0.5Wですから、許容電流は
√(0.5÷430)≒0.048
となって、約48mAまでの電流に耐えられるという意味です。
次に、電圧から考えると、
電力=電圧×電圧÷抵抗ですから、1/4Wの方は
√(0.25×430)≒10.3
となり、約10.3Vまでかけられますが、1/2Wの方は
√(0.25×430)≒14.6
となり、約14.6Vまでかけられます。
従って、1/4W 430Ωの代用に1/2W 430Ωはそのまま使えますが、逆は駄目です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

 数字が入り少々??でしたが、
とりあえず 1/4W 430Ωの代用に1/2W 430Ωが
代用可能な事はわかりました

お礼日時:2010/03/08 21:49

消費電力をW、抵抗値をR、流せる電流をIとすると


W=RI^2
となります。LEDには流せる電流の上限値があり、LED1個につき抵抗1個を直列につなぐ場合LEDに流れる電流=抵抗に流れる電流です。上記の上限値を上式に代入して得られるWの値よりも大きな規格の抵抗を選べばいいと思います。

この回答への補足

???

補足日時:2010/03/08 21:51
    • good
    • 3

1.


抵抗が耐えることができる消費電力を表します。消費電力が大きくなると発熱量も大きくなって温度が上がり、抵抗や周辺の機器を壊してしまいます。消費電力は抵抗×電流×電流のように電流を2回掛けて計算されます。LEDに流す電流は大体決まっているので、上の計算で消費電力を求めて、それより大きいW数の抵抗を使います。
2.
>例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
W数が大きい分には大丈夫です。
3.
>単純に大きさ(太さ、長さ)で
は区別できません。抵抗にもいろいろな種類があるので。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます

1~3全てにおいて
非常に分かりやすい解説ありがとうございました

お礼日時:2010/03/08 21:48

電力消費P=I^2・R ですね。


したがって、1/2Wなら34mA、 1/4Wなら24mAまでの電流が流せます。
大は小を兼ねるで、1/4Wのところには1/2Wは使えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます

<1/4Wのところには1/2Wは使えます。>
非常にわかりやすかったです。

お礼日時:2010/03/08 21:46

抵抗のワット数ですが、その抵抗で消費できる電力の最大値です。


抵抗は消費した電力を熱に変換しますので、そのパワーが大きくなれば熱くなります。
ある程度以上温度が上がれば溶けたり燃えたりします。
そこで、この電力までは安全に使えることを保証します、という電力を表示しています。
値が大きい分には困りませんが、サイズ大きく値段が高くなる傾向にあります。
また、値は少しは余裕を持たせる方がよいです。

この回答への補足

???

補足日時:2010/03/08 21:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

Q抵抗器の最大電力容量についてわかりません><

抵抗器には10KΩ 、プラスマイナス5%(誤差)、1/4Wという規格ありますが、
この中で1/4Wの最大電力容量について疑問があります。
1/4Wというと0.25Wですよね。
(1):この抵抗は0.25Wまでの入力できるという意味ですか?
18V1A→ ー□ー  補足: 18Wなのでこの抵抗は最大電力容量オーバーなので使えない><
(18W) R=10KΩ

(2)それとも抵抗にかかる最大電力容量ですか?
18V1A→ ー□ー   補足:0.0324Wなのでこの抵抗なら使える。
(18W) R=10KΩ
18÷10000=1.8mA
18・1.8mA(1.8・10・0.001)=0.0324W

Aベストアンサー

質問の中の"18V1A"とあるのは電源の容量の事だと予想します。
つまり18Vで最大1Aまで流せる電源のことだと。

だとすると、
問い(1)は間違い。
 18V掛けて1A流すなら18Ωの抵抗器を接続しなければなりません。

問い(2)はOK。
 10kΩの抵抗器の両端に18V掛けたら仰るとおり0.0324Wなので大丈夫。

でも抵抗器自体に誤差が有るように電源電圧にも誤差が有りますから、どちらも最悪の状態であっても許容電力を超えないように設計では考慮します。

加えて、1/4Wというのはあくまでも抵抗器の周りの通風状態が良くて自然対流で放熱できる状態での話です。
基盤に密着して実装されているような場合は、その実装状態に応じて最大電流が制限されます。
大抵は、許容電力を最低でも1.5倍以上に見積もって、それに見合う許容電力以上の抵抗器を使います。

最大電流が連続的に流れない場合はこれには限りません。たまに瞬間的にごく短時間だけ大きい電流が流れるのなら抵抗器のリード線の電流容量が許す範囲内であれば大丈夫です。

あと抵抗器には許容電力だけでなく、両端に掛けられる最大電圧も規定されています。

質問の中の"18V1A"とあるのは電源の容量の事だと予想します。
つまり18Vで最大1Aまで流せる電源のことだと。

だとすると、
問い(1)は間違い。
 18V掛けて1A流すなら18Ωの抵抗器を接続しなければなりません。

問い(2)はOK。
 10kΩの抵抗器の両端に18V掛けたら仰るとおり0.0324Wなので大丈夫。

でも抵抗器自体に誤差が有るように電源電圧にも誤差が有りますから、どちらも最悪の状態であっても許容電力を超えないように設計では考慮します。

加えて、1/4Wというのはあくまでも抵抗器の周りの通風状態が...続きを読む

Qユニバーサル基板の切断方法

車のLEDルームランプを自作するための部品としてサンハヤトのICB-96と言う型のユニバーサル基板を購入しましたが、
どうやって切断するのか分からず基板の加工が全くできません。
材質は紙フェノールと言うものらしいんですが結構硬いです。はさみでは割れてしまい、カッターでは歯が立ちません。

どんな工具を使えば切断できますか?
自分なりに調べるとHOZANの基板カッターやサンハヤトのハンドカッターなどが出てきたんですが予算を大幅にオーバーして買えません。

http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=82&id=07002

Aベストアンサー

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押さえながら、ユニバーサル基板の穴列の中心に沿ってカッターナイフで何度も傷をつける(怪我をしないように充分気をつけてください)。カッターナイフの傷は基板の端から端まで入れてください。
 (4) 傷の深さがユニバーサル基板の厚さの1/3程度にまで達したら、一方を万力に挟むか、あるいはラジオペンチを使って基板を割る。
 (5) そのままでは切断面が凹凸になっていて汚いので、穴列がなくなって滑らかになるまで、切断面を紙やすりで研磨する。
     このとき、平坦な面に紙ヤスリを置き、基板を紙ヤスリ面に垂直に立てた状態で研磨するといいです。
 (6) 同じ紙やすりで研磨面端を軽く面取りした後、水道水で基板についた研磨粉を洗い流し、乾いたタオルで水をふき取る。

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押...続きを読む

Qプルアップ抵抗値の決め方について

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調節していって電圧降下が0.9Vとなるように設定するのでしょうか。どうぞご助力お願いします。



以下、理解の補足です。
・理解その1
ふつう、こういう場合は抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が決まっていることが前提だと考えていました。V=IRを計算するためには、この変数のうち2つを知っていなければならないからです。
また、例えば5V/2Aの電源を使った場合、マイコン周りは電源ラインからの分岐が多いため、この抵抗に2A全てが流るわけではないことも理解しています。

電源ラインからは「使う電流」だけ引っ張るイメージだと理解しているのですが、その「使う電流」が分からないため抵抗値を決定できません。(ポート入力電流の最大定格はありますが…)


・理解その2
理解その1で書いたように、抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が必要だと理解しています。図2を例に説明します。Rの値を決めたいとします。
CD間の電圧降下が5Vであることと、回路全体を流れる電流が2Aであることから、キルヒホッフの法則より簡単にRの値とそれぞれの抵抗に流れる電流が分かります。今回の例もこれと同じように考えられないのでしょうか。

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

スイッチがONした時に抵抗に流れる電流というのは、最大入力電流や最大入力電圧
という仕様から読めば良いのでしょうか。
→おそらくマイコンの入力端子の電流はほとんど0なので気にしなくてよいと思われます。
入力電圧は5Vかけても問題ないかは確認必要です。

マイコンの入力電圧として0Vか5Vを入れたいのであれば、抵抗値は、NO3の方が
言われているとおり、ノイズに強くしたいかどうかで決めれば良いです。
あとは、スイッチがONした時の抵抗の許容電力を気にすれば良いです。
例えば、抵抗を10KΩとした場合、抵抗に流れる電流は5V/10kΩ=0.5mAで
抵抗で消費する電力は5V×0.5mA=0.0025Wです。
1/16Wの抵抗を使っても全く余裕があり問題ありません。
しかし、100Ωとかにしてしまうと、1/2Wなどもっと許容電力の大きい抵抗を
使用しなければいけません。
まあ大抵、NO3の方が書かれている範囲の中間の、10kΩ程度付けておけば
問題にはならないのでは?

Q部品の0Ωの抵抗って何のためについてるの?

子供のラジコンが動かなくなったので、分解したらモーターに繋がるセラミック抵抗?の足が切れていました。
カラーコードは緑の本体に赤線1本。
修理するためにその抵抗をハンダコテで外して、部品屋さんで調べてもらったら0Ω抵抗だ、と言われ、実際に抵抗測定してもほぼ0Ωでした。

交換結果、ラジコンは無事治りましたが、この抵抗は、何のためについているのでしょうか?

Aベストアンサー

私の会社では0Ω抵抗は、表面実装の機会でよく使用します。
手差しの場合などには0Ω抵抗を使わず単線を使用します。
値段的には単線の方が安価ですが、機械で取付ける場合、話は変わってきます。
0Ω抵抗(ジャンパー抵抗)があれば通常の抵抗を取付ける機械で取付けられますが、単線などの場合それ用の構造を持つ機械が必要で、効率が悪くなり、単価が0抵抗より上がってしまいます。
ラジコンなど量産する製品の場合、大半が機械で作成するので0Ω抵抗を使用するのではないでしょうか。
他にも様々な理由があると思いますが一つの参考として下さい。

Q抵抗の向きは?

こんばんは、電子部品の抵抗についてですが、この抵抗には、例えば、プラス側には、こちらマイナス側にはこちらをというように向きがあるのでしょうか?
教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

maccha12さん、今晩は。
抵抗に向き(極性)はありません。
しかし実際は、カラーコードのあるものは特に、面実装のものも含め、向きを統一するのが、お行儀良い、実装方法です。

Q抵抗に最大定格以上の電流を流したとき

抵抗に最大定格以上の電流を流したときどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

周囲温度にも寄りますが、基本的に過熱するまたは焼損します。一応、抵抗体やそれを覆っている物の材質による特性によっても違ってはきますが…。

Q抵抗に極性ってありますか

半年程前に、知り合いが勤務先でミスを犯してしまいました。
事前に説明(会議?)があったのですが、抵抗は極性無いと思っている方が多いが、
今回の仕事はくれぐれも注意して欲しい、理由は極性があるからだと言われてて、
その事を、すっかり忘れて「抵抗だから極性が無いと」勝手に判断、
部品の箱にも極性が書かれていて、部品表にも書かれているのに、
適当にセットした為、極性間違いが起こりました。

確かに、知り合いは、ミスを犯してしまいましたが、抵抗って極性ないですよね。
知り合いは、ネットで、「抵抗って極性ありますか?」って質問したところ、
抵抗に極性なんてある訳ないって意見だらけでした。

有極性抵抗ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

普通は抵抗には極性はないですが、特殊なものではあってもおかしくないです。
たとえば、高電圧を扱う抵抗で、使い方も最初から決められているような場合、たとえば高電圧側と接地側といった区別はあるかもしれません。(具体的に例は挙げれらませんが)(高電圧で放熱器がつくような抵抗だといろいろ制限があるでしょう)

もしくは、高周波用の抵抗では外形や構造からして、極性というより、使い方を限定されることがあり得ます。

どんな装置の何に使ったかかわかればもう少し正確な回答ができるかもしれません。

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Q1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

乾電池とACアダプターの両方で動作できる機器のACアダプターはどの製品を見ても350mAです。
つまり、乾電池も350mA程度(もうちょい低いかも)の出ると考えてもいいのでしょうか?

たとえば)
私の家のキーボードは単三電池を8個(直列)をいれて動きます。
そこで、付属のACアダプターを見てみると12V350mAでした。
つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

ちなみに、電流についてはいまいちよく知りません。
ふと疑問に思ったので質問しました。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

までのあなたの仮説はほとんど正しいですね、 乾電池は350mAのほぼ電流を取り出せているといえます。

言葉の定義ですが、 電流は mA で、電気の流れる速さのようなもの。
出力というのは、電圧×電流 つまり電力というものです。

次に、
>乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?
という初めの質問だけに答えるとします。

流そうとする電流は、機器の抵抗などによって変わります。
ただ、大きな電流を取ろうとすると、電池は電圧が低下して、使えなくなる(機器を動かせなくなります)

瞬時であれば、数A(アンペア)流せますが、そんな使い方をする機器は、まずありません。

カメラの外付けストロボは、1Aぐらいの電流を使い、一回のストロボ発光につき、数秒から20秒ぐらい電流を流します。 それを何度も繰り返せます。

お使いのキーボードが350mAを流すとすると、数時間連続で使えると思います。
電池の良しあしや、連続で使うかなどの条件によって変わるので一概に計算できません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング