建築家と建築士について…

建築家と建築士では何が違うのでしょうか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「建築士」は資格の名前です。

試験に合格しないと名乗ってはいけません。「建築家」と呼ばれる人のの中に「建築士」がいると言ったらいいんでしょうか。小堀遠州や千利休も「建築家」ですが「建築士」ではないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

とても分かりやすかったです。

お礼日時:2010/04/07 16:00

建築屋というのもいます


 建築関連で商売している 
 建築会社に勤めているが 無資格
設計事務所経営者で 無資格者もいます
専門家に相談して下さいというと
建築周辺関係者だったりする(ADC)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/07 16:01

建築士・・・国家資格の名前です。


一級建築士、二級建築士、木造建築士、構造設計一級建築士、設備設計一級建築士


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E7%AF%89% …

建築家・・・建築設計、デザインで収入を得て生活している人のことです。
多くは一級建築士の資格を持っていますが、安藤忠雄さんは数年前まで持っていませんでした。


http://www.matsuosekkei.com/kentikuka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/07 16:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築設備士の受験にあたり電気施工管理は実務経験になりますか?設計業務で

建築設備士の受験にあたり電気施工管理は実務経験になりますか?設計業務ではないです。

Aベストアンサー

建築設備士資格試験実施機関のURLです。
建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/bmee-q.htm
http://www.jaeic.or.jp/bmee.htm
上記に記載されていない質問については、直接問い合わせましょう。
此処で回答待っていても時間の浪費ですからね。
以上

Q建築デザイナーと建築士ってどこが違うんですか?

建築デザイナーと建築士ってどこが違うんですか?

Aベストアンサー

建築デザイナー・・・ 家を建てたい人の要望を聞いて、それにマッチした家をデザインする人。
           極端に云えば、実際に建築可能かどうかは関係ない。
           本人が名乗ればそれで良く、特別な資格は必要ない。

建築士・・・ 家を建てたい人の要望を聞いて、それにマッチした建築可能な家を設計する人。
       必ずしも建築主の要望がすべえかなえられる保証はない。
       国家試験に合格しないと名乗る事が出来ない。

Q建築設備士の受験資格について

建築設備士の受験資格で、1級電気施工管理技士を取得し2年の業務経験があれば
受験が可能となると記載されていたのですが、1級電気施工管理技士を取得して2年であれば
問題なのでしょうか。

実務証明書など、なにか証明が必要になるのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1級電気施工管理技士を取得して2年であれば
「資格取得の前後を問わず、通算の実務経験年数」が2年以上あれば、
受験資格は発生します。つまり質問者様は受験資格がると推定できます。

具体的に申しますと、平成26年度試験の受験資格(実務+資格での受験)は、
学科試験の前日(平成26年6月下旬ごろ)までの実務経験年数が通算2年以上あり、
1級電気施工管理技士の合格証明書が受験申込時点までに手元にあれば可能といえます。


>実務証明書など、なにか証明が必要になるのでしょうか?
受験申込書の実務経歴書欄に必要事項を記入します。
事業主の証明等は不要です。


いずれも、試験実施をしている「建築技術教育普及センター」へ
問い合わせをされることをお勧めします。

参考URL:http://www.jaeic.or.jp/bmee-annai.htm

Q構造設計一級建築士と設備設計一級建築士の両方の資格を持つ一級建築士は全

構造設計一級建築士と設備設計一級建築士の両方の資格を持つ一級建築士は全国で何人いらっしゃるのでしょうか?

Aベストアンサー

想像ですが、全国には、構造設計一級建築士が約8000人、設備設計一級建築士が約3500人、両方とも高度な国家試験でありますので、確率的に考えて、構造一級資格保持者の100人に1人、もしくは、設備一級資格者の50人に1人が両方合格したとして、両方の資格をもつ人は、全国で50人~100人程度ではないでしょうか。100人までは居ない気がいたします。正確な数字は(財)建築技術教育普及センターの方のみが、存じ上げていらっしゃると思います。

Q建築設備士について

19歳男です。

突然ですが、今年も私は公務員試験に落ちました。
しかもまたもや面接です。
筆記試験にはもう3度も通っているのに、面接で落とされてきました。
というわけで
これ以上、公務員に執着していると自分の人生を潰されかねないので、別の道を歩みだそうと決意しました。

昨日、落ちたのを知って、今まで考えていたのですが、私は建築業に興味があります。
そこで、
職業訓練学校
→1級管工事施工管理技士(これは先に2級を取るべきですか?)
→建築設備士
というルートを考えたのですが、これは可能でしょうか。
御教授願います。

Aベストアンサー

管工事施工管理技士の受験資格は下記の通りです。たぶん貴方には、受験資格はありませんので無理です。

1級 大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
大学の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6か月以上の実務経験
高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
その他の者は15年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で5年以上の者は合格後、5年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、9年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で5年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、10年6か月以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で5年未満の者はその他で14年以上の実務経験
技術検定合格者は10年以上の実務経験
専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者 2級管工事施工管理技術検定合格者で合格後3年以上の者は合格後、1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科を卒業後、7年以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者は高等学校の指定学科以外を卒業後、8年6か月以上の実務経験
2級管工事施工管理技術検定合格者で合格後3年未満の者はその他で12年以上の実務経験
高等学校の指定学科を卒業後、8年以上の実務経験
高等学校の指定学科以外を卒業後、11年以上の実務経験
その他の者は13年以上の実務経験

2級 大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
大学の指定学科以外を卒業後、1年6か月以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験
高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
その他の者は8年以上の実務経験
技術検定合格者は4年以上の実務経験

管工事施工管理技士の受験資格は下記の通りです。たぶん貴方には、受験資格はありませんので無理です。

1級 大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
大学の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、5年以上の実務経験
短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、7年6か月以上の実務経験
高等学校の指定学科を卒業後、10年以上の実務経験
高等学校の指定学科以外を卒業後、11年6ヶ月以上の実務経験
その他の者は15年以上の実務...続きを読む

Q建設業と1級建築士事務所の建築士の兼務

建設業の許可を受けているあるA建設で「監理」技術者として勤務している1級建築士がBさんしかいない場合、同じA建設でBさんを「管理」建築士として新たに1級建築士事務所として登録することはできるのでしょうか。建築士法には1級建築士の管理建築士は専任の者、とあるのですが、同じ会社の場合で業務の内容によって設計業務と施工業務がある場合はどうなるのでしょうか。1人の建築士はどちらかにしか登録、業務はできないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

私は両方兼務しています。
ちなみに両方とも同一の事務所で私自身は現場には出ません。現場事務所に常駐するような方だと「設計事務所」と「現場事務所」の2ヶ所が勤務先となるためこの場合は難しいでしょう。

Q土木施工管理1級試験の2次試験の講習会、いまからでも受付が間に合う講習

土木施工管理1級試験の2次試験の講習会、いまからでも受付が間に合う講習会は、どこかありますか?

Aベストアンサー

質問者さんのお住まいの場所にも寄ると思うのですが、、、
間に合うところは所々あるみたいですね。

私も会社の人に頼まれて調べたところ、このホームページを見付けました。
http://info-joy.com/doboku/

実際の講座ではありませんが、良さそうだったのと、
費用的にも断然お得なので、相談してみようと思います。

Q建築士はなぜ『一級建築士』としてしか名乗らないのですか

他に『二級建築士』とか『木造建築士』もあるのに、今までお会いした建築士の方々は皆『一級建築士です』と言います。
『電気工事士』では『一種・二種』との種類がありますが、それを明言することは少なく、単に『電気工事士です』と言います。
誰でもいきなり『一級』を受験・取得して、『二級・木造』は皆無なのですか。
それとも『建築士』とだけ言ってはいけない事情があるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
1級と2級では扱える建築物の範囲が大きく異なります。
2級は一般住宅や店舗、300m2以下の木造建築を扱うことができますが、それ以上の範囲では1級の資格者でないと、設計及び設計施工監理を行うことができません。
よって、一般住宅などの設計を行っている方は2級建築士の方も多く、本人もそのように名乗っています。
大型建築物を扱う場合は必ず(1級)である必要があり、このような事情から、あえて(1級)と名乗る人が多いのだと思われます。

Q神戸大の2次試験対策は独学か予備校か?

神戸大学工学部志望の者です。
センターを突破した前提になるのですが、センター試験終了から2次試験までの間は1ヶ月以上時間があくと思います。その間に私立の入試もありますが、2次しか考えていません(私立は余力で・・・程度です)。ただ私大は乱れ打ちの様に多く受ける様に出身校から言われて(同じ私大の別日程も含めて10回ぐらい)いるので4分の1は持っていかれそうです。
そこで、2次までの1ヶ月間の2次対策についてなのですが、予備校の直前講習の神戸大講座を受けるか、何も受けずにただ赤本と各科目の問題集等をただやり続けるかどちらが良いでしょうか?
直前講習の神戸大講座は、受ければ参考になるテキストも手に入りますし、貴重な話も聞けるかもしれませんが通学の時間のロス(往復1時間半ほど)がかなり大きいかな?と思ったりもします。そこで本当に妥当な方を選択したく、ご回答を頂きたいです。
また、宜しければ予備校の大学別講習講座を取るメリット、デメリットを教えて頂けると幸いで御座います。個人的には神戸大学の2次標準的な感じで差ほど難しくない筈なので講座は無くてもいけるかな?と思います。勿論、それでも受ける方は受けますが・・・。

受験の常識を余り知らず、主観ばかりの乱文となってしまいましたがご回答、宜しくお願い致します。

神戸大学工学部志望の者です。
センターを突破した前提になるのですが、センター試験終了から2次試験までの間は1ヶ月以上時間があくと思います。その間に私立の入試もありますが、2次しか考えていません(私立は余力で・・・程度です)。ただ私大は乱れ打ちの様に多く受ける様に出身校から言われて(同じ私大の別日程も含めて10回ぐらい)いるので4分の1は持っていかれそうです。
そこで、2次までの1ヶ月間の2次対策についてなのですが、予備校の直前講習の神戸大講座を受けるか、何も受けずにただ赤本と各...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで「自分だったら」という観点でお答えします。




私なら予備校の講座受けます。




ご質問に予備校の講座のメリット、デメリットを答えてくれとありましたが、予備校はその大学の傾向に合わせた無駄のない集中講義に時間を割きます。これが強いていうとメリットです。





私も20年以上前に某国立大経済学部を受験、幸い合格出来ましたが、その時は予備校でその大学の傾向と出題のクセ、自分の不得意領域を分析してもらって、かなり役立ちました。
当然同時に私大も2校受けましたが、質問者様と同様半ば「力試し」の意味で受け、専ら国立大2次試験に注力しました。私大も2校とも幸い受かりました。





赤本の勉強も当然大事ですが、前述の「傾向と出題のクセ」を見極めるためには、やはり第三者の意見や教えに耳を傾けた方が宜しくないでしょうか?
今は受験産業といわれる各予備校も少子化のあおりで浪人生、現役受験生の獲得に躍起です。彼らは他の予備校と差別化を図るため「情報」の優位性を武器にしています。単なる「勉強を教える」姿勢から、「如何に各大学の傾向を読みとり、効率よく入試に対する戦術を組むか」に力が置かれています。したがって「神戸大学受けるなら、ウチの戦術を利用したらどうですか?」というのが予備校の立場です。





赤本はそういう意味で独りよがりな学習に陥る危険があるので、たった1ヶ月の事です。予備校の講座を利用する手もお考えください。




予備校往復の時間云々で赤本はいつでも見れます。実際私の往復通勤時の電車も赤本に首っ引きの学生さんが増えました。
ひとつ効率重視でトライしてみてください。

あくまで「自分だったら」という観点でお答えします。




私なら予備校の講座受けます。




ご質問に予備校の講座のメリット、デメリットを答えてくれとありましたが、予備校はその大学の傾向に合わせた無駄のない集中講義に時間を割きます。これが強いていうとメリットです。





私も20年以上前に某国立大経済学部を受験、幸い合格出来ましたが、その時は予備校でその大学の傾向と出題のクセ、自分の不得意領域を分析してもらって、かなり役立ちました。
当然同時に私大も2校受けましたが、...続きを読む

Q 一級建築士の資格を所持していないのに、自分は一級建築士だと言って名刺

 一級建築士の資格を所持していないのに、自分は一級建築士だと言って名刺にも一級建築士と書いている方がいるのですが、この様な場合法的に問題や罰則はあるのでしょうか? またどこに相談や通報すればよいのでしょうか?よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

実際に一級建築士の資格が無いのに一級建築士だと言って居る輩が居るとはけしからん限りです。
届け出、通報先について
お住まいの都道府県出先機関の土木事務所の建築住宅指導課に電話してやって下さい。
名刺があるなら、一筆入れて送りつければ良いです。
上記機関には、建築士及び事務所登録名簿等があり、違法にやっているか直ぐに調べてくれます。
悪質と判断すれば、是正命令を通り越して告発になるでしょう。
法的根拠については、先の方のとおりです。
ご参考まで


人気Q&Aランキング