エアコンの耐用年数
法人税法では、エアコンの耐用年数は、業務用=13年、家庭用=6年だそうですが、業務用か家庭用かは、どうやって判定するのでしょうか。
今、事務所(約40平米、賃借り)において、3年前に購入した壁掛け型のエアコンを使っていますが、あまり深く考えもせず、耐用年数=6年として減価償却処理をしてきましたが、なんだか心配になってきました。
どうか、よろしくお願いします。

「エアコンの耐用年数」の質問画像

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昔、空調業界に在籍した経理屋です。



耐通2-2-4
 (1)冷却装置、冷風装置が一つのキャビネットに組み合わされたパッケージ
    ドタイプのエアーコンディショナーであっても、ダクトを通じて相当広
    範囲にわたって冷房するものは、「器具及び備品」に掲げる「冷暖用器
    機に該当せず、「建物付属設備」の冷暖設備に該当する。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …
(耐通:耐用年数の適用等に関する取扱通達)


業務用エアコン
 事務所に設置するエアコンは、一般的にはパッケージエアコンと呼ばれるも
 のです。メーカー(空調業界)はパッケージエアコンの馬力の大きなものを
 業務用と称しますが、これは家庭用のルームエアコンと区別するための呼称
 であり、減価償却資産を区別するための用語ではありません。
 http://www.weblio.jp/content/%E3%83%91%E3%83%83% … 
 上記の耐通2-2-4は、パッケージエアコンでもダクトで複数の場所へ
 送風するもの(昔は旅館等でみられました)は、パッケージエアコンでも
 建物付属設備に該当するとの記載です。つまり通常のパッケージエアコン
 は、器具及び備品に該当します。

 空調器機(パッケージされた空調機:天吊りが主流ですが、壁掛けもあります)
      一般的な事務所に設置するのは、概ねこのタイプです。
      また、室外機と室内機が分離したものが普通でであり、室内・室
      外機が一体化した空調機は業務用(事務所用)では存在しません
 空調設備(ビルの全棟、ビルのワンフロアー全部などの設備。設備ですから
      パッケージ化されていません)

>、「13年型だ!」と指摘された場合は、即刻当該エアコンを取り外して別の部屋に移設し、

「空量設備:建物付属設備」かなり大きなものです。(物理的に)
記載内容だけですので確定的な事は分かりませんが、質問者さんの使用されて
いるパッケージエアコンは、2馬力~5馬力程度だと類推されますので、空調設
備(建物付属設備)と指摘される可能性は極めて低いと思われます。
 ※正しくは税理士か税務署にご確認願います。

この回答への補足

うちの事務所にあるのは、添付写真のなかの「壁掛型」ですが、他の7つのタイプは、貴説によると、一概に「6年型」とは断定できないのでしょうねぇ。

補足日時:2010/07/09 16:43
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おかげさまで皆様のご回答から、我が所有物は「6年型」であるという確信が次第に強くなって参りました。

蛇足ですが、

>空調器機(パッケージされた空調機:天吊りが主流ですが、壁掛けもあります)
      一般的な事務所に設置するのは、概ねこのタイプです。
      また、室外機と室内機が分離したものが普通でであり、室内・室
      外機が一体化した空調機は業務用(事務所用)では存在しません

「パッケージされた空調機」と「一体化した空調機は業務用(事務所用)では存在しません」とは、矛盾していないのでしょうか?。

お礼日時:2010/07/09 16:31

>添付写真のなかの「壁掛型」ですが、他の7つのタイプ



添付写真は全てパッケージエアコンです。
このタイプであれば、ダクトの加工等をしていなければ器具及び備品として
処理して下さい。
(つまり、税務署の回答と同じです=当たり前ですが)

蛇足に関する回答です。

>「パッケージされた空調機」と「一体化した空調機は業務用(事務所用)では存在しません」とは、矛盾していないのでしょうか?。

パッケージされたとは、室内機、室内機としてパッケージされた商品を冷媒用
配管等で接続すればエアコンとして機能するものです。
家庭用のルームエアコンもパッケージされたエアコンですし、業務用(例:ダイキン
工業の商品名でスカイエア)もパッケージエアコンです。
パッケージエアコン=耐通記載”パッケージドタイプのエアーコンディショナー”
と解釈しても概ね合っています。
 ※つまり、空調設備とは建物を壊すとエアコンとして機能できない設備です。
  取り外しができるものは、パッケージエアコン(と考えて強ち間違いではあ
  りません。

室内機・室外機が一体化したエアコンは業務用では無いと記載しております。
(室内機・室外機を一体化するとウィンドタイプとなりますが、馬力の大きな
 業務用エアコンでは、このタイプはありません)

ご理解頂けましたでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「パッケージ=一体化」と勘違いしていたようです。

ところで、本題、ほぼ確信できました。

お礼日時:2010/07/09 22:07

先ず、回答番号No.2に書いた省令には、エアコン(冷暖房機)を「業務用」と「家庭用」に区分する考え方はありません。

ですから「業務用」、「家庭用」という考え方を忘れて下さい。もちろん業務用=13年、家庭用=6年という考え方も忘れて下さい。

次に、省令ではエアコン(冷暖房機)を次の二つに区分しています。(省令の別表第一)

A.「〔種類〕建物附属設備」に属する「冷房、暖房、通風又はボイラー設備」

B.「〔種類〕器具及び備品」に属する「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品」

ですから税務上は、エアコンはA、Bのどちらかに該当することになります。Bに該当するエアコンなら耐用年数は6年です。(家庭用なら6年、ではありませんよ)

質問者のエアコンがAに該当するのかBに該当するのかは、私には見えないので判定できません。税務署に聞けば一番確かです。(でも税務署に聞くくらいならこのサイトで質問されないでしょうけど)

しかし、まあ、40平米の事務所で使っている壁掛型のエアコンならばBだと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

重ねてのご回答ありがとうございます。

>質問者のエアコンがAに該当するのかBに該当するのかは、私には見えないので判定できません。

私は、見えるのに判定できないんですわ。

で、今日国税に追及したところ、単に室外機と室内機が1対あって、建物にあとで取り付けたようなものは「6年」だと。建物を造る時に建物と一体になって設備したようなものは、まさに「建物付属設備」ということで「13年(15年)」だと。なんとなくニュアンスはわかりますが、か弱い立場の庶民にとっては、いまいち単純明快ではありませんなぁ。いつお上が牙を剥くか知れたものではありません。

冗談はさておき、貴説のように、それが「建物附属設備」なのか、はたまた「器具及び備品」なのかしか決め手にならんようですねぇ。私どもの事務所のものは、所謂セパレート型ですが、普通の庶民のマンションでは決して使わないくらい結構大きいですし(鳩山家なら別)、メーカーのカタログにも「業務用」とうたってあります。しかし、貴説や、国税の煮え切らない回答ぶり(貴説が煮え切らないと申している訳ではありません)からして、恐らく「6年型」であることは間違いないことでしょう。万が一将来、「13年型だ!」と指摘された場合は、即刻当該エアコンを取り外して別の部屋に移設し、「これのどこが"建物付属設備"なんじゃいっ!」とでも反論しますかなぁ。

お礼日時:2010/07/08 21:55

#2です。



>『家庭で使われているウィンドウタイプ(壁掛け)のエアコン』というのは室外機のないものを指しているんでしょうか。

失礼しました。用語の使い方が不適切だったようで。

室外機のあるタイプ(セパレートタイプ)であっても「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品」に属するものは耐用年数6年で償却して構いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>『「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品」に属する』

かどうかを、どうやって判定するのかを質問しているつもりなんですが・・・。

お礼日時:2010/07/08 11:55

質問文を読むと、何か誤解をしておられるように思えます。



>法人税法では、エアコンの耐用年数は、業務用=13年、家庭用=6年だそうですが・・

法人税法にはそのような規定はありません。

減価償却資産の耐用年数は「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」に決められており、これは法人税法と所得税法に共通の省令です。


「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の別表に次のように書いてあります。

=================================

別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表


◎建物附属設備>冷房、暖房、通風又はボイラー設備>

・冷暖房設備(冷凍機の出力が二十二キロワット以下のもの)…耐用年数13年

・その他のもの…………………………………………………………耐用年数15年


◎器具及び備品>1家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品(他の項に掲げるものを除く。)>冷房用又は暖房用機器

………………………………………耐用年数6年

=================================

となっています。家庭で使われているウィンドウタイプ(壁掛け)のエアコンは、上記の「冷房用又は暖房用機器」に該当しますので、これを工場や事務所で使う場合の耐用年数は6年です。

これに対して、ビルの冷房にはウィンドウタイプのエアコンでは間に合わないので、本格的な大型コンプレッサーを備えた冷房設備が必要になります。この冷房設備の場合、
・出力が22KW以下のもの………13年
・その他のもの………………………15年

というわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>減価償却資産の耐用年数は「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」に決められており、これは法人税法と所得税法に共通の省令です。

おっと、御意。質問を急ぐあまり、早トチリしました。

ところで、事務所で使っているのは「壁掛型」と申しましたが、室内機と室外機と分かれているものです。俗に言う「ウインドウ型」(一体になったもの)ではありません。これはやはり「業務用」となるのでしょうか。

仰せの『家庭で使われているウィンドウタイプ(壁掛け)のエアコン』というのは室外機のないものを指しているんでしょうか。

お礼日時:2010/07/07 22:42

業務用は200V仕様です。


家庭用は100V仕様です。
これが、通常ですが、壁掛けでしたら家庭用のものですから家庭用で償却されて構いません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>業務用は200V仕様です。
>家庭用は100V仕様です。

こういう単純明快な区分けに、本当になってるんでしょうか。そういう条文があるんでしょうか?。

お礼日時:2010/07/07 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンの取り付け料金、業者について教えてください。

エアコンの取り付け料金、業者について教えてください。
エアコンを省エネタイプに買い換えようと検討しています。
価格.comとかで安く購入して、取り付けて貰おうと思ってます。
ただ、エアコンのセット内容に、エアコン本体と室外機が有ると思うのですが、
配管などは工事料金に含まれているんでしょうか?
それとも別途料金で支払うのでしょうか?

よろしくオネガイシマス。

Aベストアンサー

NO1さん本当ですか??配管15m込で本体売っているんですか??

ネットで買って取付。工事業者もネットで募っている場合が多いですね。アフターの対応が遅いです。
標準工事の定義はまちまちですが、2.2k配管4mまで(曲がりなしのベランダ置きなら2m~2.5mで済みます)込みで¥10000~¥15000位が相場でしょうかね。
私なら迷わず量販店で買って工事もお願いしますよ。
エアコンは付けてから1年以上経ってからの不具合が多いですから、ネットでの1年保証なんて役に立ちません。
その点量販店なら「去年付けたばっかりだ!」って言えばすぐに飛んできますから安心です。

Q法定耐用年数を超えたアパートの耐用年数は

築21年の中古アパート(軽量鉄骨)を購入しました
簡便方によりますと、法定耐用年数を超えていますから
法定耐用年数×0.2=19×0.2となって3年となります。

あと10年は十分に持つアパートなので、何とか耐用年数を7年以上にしたいのですが見積法(使用可能期間として見積もられる年数)というのは、どのようにしたらいいのでしょうか。

「税務上、簡便法による耐用年数よりも長い場合には全く問題ありません」といいきる方もおられます。
適当に7年あるいは10年で減価償却を計算して申告しても、税務署で指摘をされないのでしょうか。

3年で減価償却を計算すると0.333になってしまい、賃貸収入より減価償却費の方が多くなります。

Aベストアンサー

法人ですか、個人ですか。

個人の場合は減価償却は強制ですので、耐用年数表によって算出されるそのまま記載するしかありません。
しかし「3年のものを5年で償却してる」者について、違ってるという指摘はまずないです。
節税には反対の方法を選んでる方に、教える必要はないからです。

法人の場合は減価償却が任意で経費計上できます。
例えば耐用年数が10年のものを20年で計算してもよいです。

いずれにしても、簡便法による耐用年数よりも長い場合には全く問題ありませんと言い切る方は正しいです。
税務署では指摘をするのは「耐用年数が、5年のものを3年にした」場合です。

Qエアコンの電気代と値段について質問です

うちの親が近所の小さい電気屋(安売り店ではない)でエアコンを購入しました
http://prodb.matsushita.co.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-G28K4S
うちには三相200V(いわゆる動力)をひいているので動力用エアコンのほうが電気代は割安ということで店の側に薦められたようです。工事費などすべてあわせて26万(エアコン本体20万、工事費6万)かかるようです。エアコンはすでに設置しており、今はは数日後にお金を払う段階にあります。
価格.COMなどで他の、しかも最新エアコンの値段を調べたところ、エアコンの相場はだいたい8万から高くても15万くらいであると後で知りました。
http://www.kakaku.com/sku/price/215050.htm
動力エアコンは業務用とはいえこんなに値段がはるものなのでしょうか?。しかも価格.COMにのっていないほど古い(6年前くらい?)の機種なのに。性能的に動力とはいえ電気代の効率も悪そう。あと三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違うのでしょうか?

うちの親が近所の小さい電気屋(安売り店ではない)でエアコンを購入しました
http://prodb.matsushita.co.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-G28K4S
うちには三相200V(いわゆる動力)をひいているので動力用エアコンのほうが電気代は割安ということで店の側に薦められたようです。工事費などすべてあわせて26万(エアコン本体20万、工事費6万)かかるようです。エアコンはすでに設置しており、今はは数日後にお金を払う段階にあります。
価格.COMなどで他の、しかも最新エアコンの値段を調べたところ、エ...続きを読む

Aベストアンサー

>電気代は割安ということで店の側に薦められた…
>三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違う…

goo/OK-Webでは、法令類や諸規則に触れる行為の書き込みは禁じられていますので、正しい電気料金の支払い方法を書きます。

一般に、電気料金は「基本料金」と「従量料金」の2本立てになっています。それぞれの単価は電力会社によって違いますが、ここでは#2さんの数字をお借りしますと、動力が1kWH当り約10円、電灯が約23円というのは「従量料金」のことです。これだけ見れば確かにお店の人の言われるとおり、動力のほうが安く上がります。

電灯の場合、よく「エアコンを入れたらブレーカーが落ちた、アンペアを上げて、基本料金を多く支払わなければならない」となるのはお分かりのことと思います。
動力の場合、エアコンを1台ぐらい増やしても、ブレーカーが落ちることはあまりありません。そのため電力会社に申請しない方もまれにはいるのですが、それはルール違反です。動力の基本料金は、現在ある設備に見合った分だけしか支払っていなく、機械を1台でも増やせば、その都度申請して、契約容量を見直さなければなりません。

ご質問のエアコンは、おそらく契約容量が1kW増えるものと思います。電灯の基本料金をおよそ220円、動力を1,100円とすれば、基本料金の差は年間、
(1,100-240)×12=10,320円
従量料金の差でペイするための運転時間は、
10,320÷(23-10)=794時間
使用期間を夏2か月、冬3か月として1日あたり、
794÷(2+3)÷30=5時間20分

つまり、1年のうち5ヶ月間、毎日6時間以上使用して、はじめて動力のほうが安くなります。この計算は電気料の比較だけです。実際には、最初の購入費の差、10万円以上を考えると、もっともっと長い時間運転するのでなければ、動力エアコンはかえって高くつくことになります。
「近所の小さい電気屋」さんは、高いものを売るために、あえて基本料金の話を伏せたような気がします。

なお、大きな工場(等)で、高圧の電気を受けて自社内で変圧してお使いでしたら、この限りではありません。

>電気代は割安ということで店の側に薦められた…
>三相200Vと普通のやつではどのくらい電気代が違う…

goo/OK-Webでは、法令類や諸規則に触れる行為の書き込みは禁じられていますので、正しい電気料金の支払い方法を書きます。

一般に、電気料金は「基本料金」と「従量料金」の2本立てになっています。それぞれの単価は電力会社によって違いますが、ここでは#2さんの数字をお借りしますと、動力が1kWH当り約10円、電灯が約23円というのは「従量料金」のことです。これだけ見れば確かにお店の人の言われると...続きを読む

Q築43年の貸家を塗装した場合、減価償却資産として、耐用年数47年???

築43年の貸家を塗装した場合、減価償却資産として、耐用年数47年???
先ほど、高齢の親の確定申告(収支内訳書<不動産所得用>)の内容を見て疑問に思ったので、教えてください。平成19年に、貸家(築43年、鉄筋コンクリート造)が汚れて傷んできたので、外壁塗装約170万・屋上防水約70万の工事をしました。建物減価償却資産として、耐用年数47年ということで、前年末未償却残高は、それぞれの金額の47分の1ずつ減っていました。今年の償却期間も12ヶ月なので、そのまま申告すると一年で47分の1だけしか減っていかないことになります。この方法は正しいのでしょうか?塗装は10年もすればまたやらなければならないでしょうし、建物自体があと45年持つとも思えません。こういう場合の経費は修繕費としてその年に全額計上するのではないかと思うのですが。 それとも他の計上の仕方があるのでしょうか。 また、間違っていた場合、さかのぼって訂正することはできるのでしょうか? 今年の提出期限まであとわずかの日にちしかないのですが、親にはちょっと提出を待つように言ったところです。どうかご存知の方、この場合の経費の内訳についてお教えください。よろしくお願いいたします。

築43年の貸家を塗装した場合、減価償却資産として、耐用年数47年???
先ほど、高齢の親の確定申告(収支内訳書<不動産所得用>)の内容を見て疑問に思ったので、教えてください。平成19年に、貸家(築43年、鉄筋コンクリート造)が汚れて傷んできたので、外壁塗装約170万・屋上防水約70万の工事をしました。建物減価償却資産として、耐用年数47年ということで、前年末未償却残高は、それぞれの金額の47分の1ずつ減っていました。今年の償却期間も12ヶ月なので、そのまま申告すると一年で47分の1だけしか減っ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です
一括修繕費で赤くなるというのはH19年の所得税の確定申告書Bの
課税される所得金額欄がマイナスになるという事です。
青色申告ならばマイナス分はマイナス申告することで3年に渡って
繰り越せますが白色申告では繰り越せなかったと思います(自信なし)

償却資産としたとき
それ以降の扱いは?
そのまま残存価格になるまで減価償却していきます。

それ以前に処分したとき
壊したときは減価償却除却損、
また売却したときは帳簿価格より安ければ売却損
   高ければ売却益(利益から引く)ことで
一括処理します。

それと修正申告はH19年とH20年の減価償却欄も必要ですね
去年と勘違いしてましたごめんなさい。

一度税務署又は青色申告会の相談窓口で聞いてみたら
いかがでしょうか?
素人考えよりもっと良い方法(修正申告をしないで済む方法)を
教えてくれるかも知れません。

最後になってしまいましたが確認です
青色申告で65万控除ですよね?
白色申告だと少し違うところがでてくるかもしれません。
ひにちが迫ってますが頑張ってください。
ご検討をお祈りします。 

No.1です
一括修繕費で赤くなるというのはH19年の所得税の確定申告書Bの
課税される所得金額欄がマイナスになるという事です。
青色申告ならばマイナス分はマイナス申告することで3年に渡って
繰り越せますが白色申告では繰り越せなかったと思います(自信なし)

償却資産としたとき
それ以降の扱いは?
そのまま残存価格になるまで減価償却していきます。

それ以前に処分したとき
壊したときは減価償却除却損、
また売却したときは帳簿価格より安ければ売却損
   高ければ売却益(利益から引...続きを読む

Q結局、冷房専用のエアコンはどこの何が良いんでしょうか? 14畳の居間に取り付けを考えてますがどのエ

結局、冷房専用のエアコンはどこの何が良いんでしょうか?

14畳の居間に取り付けを考えてますがどのエアコンが良いのかわかりません。
価格.comの売れ筋ランキングできめれば間違いないでしょうか。
北海道ですので真夏に少し使う程度です。

良い情報あれば宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前は冷房専用機(ルームクーラー)がありました。現在はエアコン(冷暖兼用)になりましたね。使用期間が短いようなので、単機能のパナソニックかダイキンがお薦めです。良い工事屋さんを選んでください。

Q耐用年数2年の資産を定率法で減価償却すると1年で償却できる?

償却率表を見ると定率法、耐用年数2年の場合、償却率1,000となっています
。という事は1年で償却してしまうという事でしょうか?

耐用年数2年の意味がなくなってしまうと思うのですが、どのように解釈す
れば良いのでしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

平成19年4月以降に取得した資産の話ですよね。
表の誤りではありません。

おっしゃるように、定率法で2年の場合1年(12ヶ月)で償却してしまうことになります。

私も、何となく妙な感じはするのですが、そのように決まってしまったので、としかいえません。

もっと詳しい方から説明があることを期待しています。

Q省エネのエアコンを探しています。

当方、マンションで、最初についていた、古い型のエアコンで、去年過ごしましたが、

ちょっとしか使っていないのに、1万を超えました。

ワット数(消費電力)は、780/980です。

今年は、省エネのエアコンで、過ごしたいと思って、消費電力が小さいエアコンを探しています。

メーカーとか、価格.comとかで、このエアコンは、消費電力が小さくていいという、商品を教えてください。
価格も安いのを希望しています。
お願いします。

Aベストアンサー

今は、どこも省エネですよ。
あと、エアコン選択基準があります。
部屋の材質(木造 or コンクリート)や広さに応じて、選択が必要。
選ぶ基準は、最適サイズよりも1サイズ上の能力を選択することです。

理由は、運転内容×運転時間=消費電力量(電気代)となるからです。

小さいエアコンだと、冷やすのに時間が掛かります=>消費電力{大}×運転時間{長}=消費電力{多い}
大きなエアコンだと、冷やすのに時間が掛からない=>消費電力{大}×運転時間{短}=消費電力{少ない}

という事です。

Q住宅用マンションを会社名義にした場合の耐用年数

自分の住宅用マンションを、自分が経営する会社の名義に変更しました。
この場合ですが、マンションは会社所有の固定資産になりますが、耐用年数は住宅建物の47年、
事務所建物の50年のどちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

疑問なのが、47年なり50年なりは、いかなる方法で求められたのかが分かりません。
建物そのものの耐用年数ではないかと思われるのですが、間違っていたら済みません。
もしそうなら、現建物の耐用年数でいいと思います。
中古物件を、購入した時を考えればいいと思います。

それより、問題になるのは、そのマンションが、事業用に使用して良いかマンション規約の確認が必要です。
個人所有の不動産を会社名義にする場合は、個人から会社に売却するか、会社の無償譲渡することになりますが、
売却の場合は個人に不動産譲渡税が発生します。無償譲渡の場合は、会社に利益があったものとして課税対象になります。
発生しないようにするためには、不動産の価格分の株式を発行して、その株式を買い取るという方法で解決すると思います。
詳しくは、税理士さんにご相談してください。
さらに、会社の事務所とするなら、居住用財産と見なされなくなり固定資産税の減税措置が受けられなくなります。
通常は、会社に不動産を貸し出すいう方法を使う場合もあります。

Qお勧めのエアコン

20年も前のエアコンをいまだ使用しているのですが
さすがに電気代が高くて、今年は買い替えようと思ってます。
8畳くらいで、電源100V、省エネタイプで予算は12万円以内(工事費は含まず)
あと、暖房の効きもよくて冬場は灯油使わずにエアコンですごせたらいいなぁと思ってます。
お勧めのエアコン教えてください。
価格.comなどを参考にしてますが、新しいフロンガスを使ったエアコンが省エネで良い???

Aベストアンサー

各社
同各グレード同士なら省エネに大差は無いですよ
細かな機能に特色有りますけど それは好みで

Q固定資産の法定耐用年数(償却年数)について

水産加工業を行なっているとろこで使用している、魚焼機用のベルト(魚を乗せて遠赤外線のトンネル状になったところを回転して魚を焼くもの。これのベルト)だけを交換しました。金額は30万円です。修繕費で処理せずに、資本的支出として固定資産処理をすることで考えておりますが、この場合の耐用年数について教えてください。「機械及び装置の耐用年数表」別表第二の4「水産練製品、つくだ煮、寒天その他の水産食料品製造設備」の耐用年数は8年となっている。

Aベストアンサー

資本的支出で処理される場合は、その元となった資産の耐用年数を適用します。従って、「魚焼機」そのものの耐用年数で償却します。現在その「魚焼機」が8年となっていれば8年で結構です。

なお、元の資産の耐用年数が判らなければ、ご質問の場合ならば、おっしゃるとおりの「設備の種類」が適当と思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報