約30年程前に父母が建売住宅(土地つき)を購入しました。
5~6年前に父母相次いで亡くなり子供2人(成人)が相続しました。
土地建物は登記変更(相続)はしていなかったのですが、今回 登記変更をして売却しました。

(1)相続による取得の場合、取得金額はどうなるのでしょうか?

もし、父母が購入した時の取得金額になるのでしたら取得金額等わかる書類はありますが、土地と建物の値段がわかれていません。
減価償却はどうやって計算するのでしょうか?

(2)相続による取得の場合は相続した日から5年以内か以上かで短期譲渡所得と長期譲渡所得にわかれるのですが・・・この相続した日とは被相続人が死亡した日なのでしょうか?もしくは不動産の登記を変更した日なのでしょうか?

(3)その住宅には相続人2人とも7年以上居住していません。
税率はどのくらいでしょうか?

わかりにくい質問で大変申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。
質問以外にも相続不動産の売却などについてのいろんな情報等ありましたらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)相続による取得の場合は、取得価額を引き継ぐことになります。

従って、あなたのご両親が購入された金額になります。土地と建物の金額が分離されていない場合には、建物の建設年ごとの建築費単価の指標がありますので(確定申告前に税務署から送られる説明書などに記載されています)、その単価に建物の床面積を掛けて算出することもできます。この場合、全体の金額からこの建物の価額を引いたものが土地の取得価額になります。そして、建物価額を減価償却することになります。
また、この合計額が売却価額の5%よりも低ければ、その5%を概算取得費として、購入価額に代えて使うことができます。

(2)取得時期も、相続の場合は引き継ぐことになります。ですから、あなたのご両親が購入されたときが取得時期になり、従ってこの場合長期譲渡になります。

(3)居住用財産ではありませんので、通常の特別控除100万円を控除し、所得税20%、住民税6%の分離課税になります。従って、
{売却価額-(取得費+譲渡費用)-100万}×26%
となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

juviさん 早速の回答ありがとうございました。

何だかよくわからなくて、もしかして52%も税金払うの???と悩んでいました。
父母の取得時でいいので、いろいろな面で助かります。
年末に税務署から送られてくる書類で詳しく計算してみようと思っています。

何もわからない私にわかりやすい説明をありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2003/08/30 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続した土地を譲渡(売却)する際の税について

父が亡くなり相続したマイホームを売却しようとしています。*家屋は50年以上前のもので評価ゼロのため取り壊してから売却。 私は結婚後すでに独立しており、今はこのマイホームには住んでおりません。(結婚前は住んでいました。) 3000万円特別控除は適用されるのでしょか?もしダメなら別の適用可能な控除はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>今はこのマイホームには住んでおりません。(結婚前は住んでいました。) 3000万円特別控除は適用されるのでしょか?
居住用財産を売った場合には、3000万円の特別控除の特例を受けられます。
この特例は、貴方が住まなくなって3年以内なら受けられます。
そうでなければ受けられません。

>もしダメなら別の適用可能な控除はあるのでしょうか?
ありません。
公共事業にかかって売れば、特別控除はあります。
なお、相続税がかかる財産であれば、取得費の加算の特例はあります。

Q土地取得後2年,建物の登記が間に合わなそう・・・

お世話になります。2年近く前に土地を購入し,建築家とあれやこれやと打ち合わせするうちに年月が経ち,このたびやっと着工します。ところが,建築確認申請がおりるのが遅れ,土地取得後2年を越えて,家が完成します。初めは,とにかく登記さえ終われば(工務店さんは,とにかく足場をはずせば,中が終わってなくても登記できるといっていたのですが・・)住宅ローン減税を受けられるとのことでしたが,それも間に合いそうにありません。建物の登記は,家に足場がある状態では,できないんでしょうか?やはり,誰かが(税務署の方とか,銀行の方とか)見て,「まだ,完成していないんだから,登記できない」なんて判断をするのでしょうか?素人からいうと,書類の申請だけだったら,2年経つ前に申請してしまえばいいかと思うのですが・・・甘いでしょうか?長くなって申し訳ないのですが,お教え下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地取得にかかる借入金をローン控除の対象としたいというご趣旨ですね。その場合、土地取得時期は新築前2年以内が条件です。突貫工事で2年以内竣工を目指し、その後補修工事をされるべきですね。

建物の登記については、原則は検査済証が必要であり、市町村の竣工検査を受けなくてはなりません。ですから、まったくの未完成状態であれば検済がもらえず、登記はできないことになります。しかし、違法建築など検査済証の発行されない建物もありますので、そうした場合には工務店が工事完了引渡証明、工事代金完済証明などの書類を作成し、登記申請すれば登記できるものとされています。工務店が協力してくれるなら、そのような書類にて登記申請できると思われます。

ただし、そうした行為は所得税法違反であり、脱税として処罰の対象となりうるのだということは十分ご認識ください。

Q相続した土地建物を売却したときの税金

20年前、両親の死亡により3人兄弟で土地建物を分割することとなり10年ほど前に2人共有という形で土地建物を相続しました。(長兄は1人で下の兄弟は2人で一緒)
相続税・固定資産税を払っていましたが、共有で意見が合わずなかなか売却できなかった土地建物がやっと売却できそうになりました。
業者の見積もりで1人当たり5000万円ほどで売却できそうです。(全体で1億)
この5000万円には税金はかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

>業者の見積もりで1人当たり5000万円ほどで売却できそうです。(全体で1億…

それで、昔々その土地を親がいくらで買ったか分かる資料は残っているのですか。
残っているなら、基本的に
[売値] - { [取得費] + [譲渡費用] }
に対して所得税および市県民税が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm

取得費は相続で取得したので「ゼロ」などということではありません。

そんな昔のことなど分からないというのなら、売値の 5% を取得費と見なします。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

親の代からなら、少なくとも 5年は持ち続けているでしょうから、「長期譲渡所得」に該当します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q土地&建物を売却する際の取得価格の算出について

15年前に4000万円購入した不動産(土地&建物。居住用ではない。)について、昨年2000万円で売却しました。購入した時の契約書では、土地と建物の一括の価格しか掲載されておらず、消費税額の掲載もありません。この場合、取得価格を算出する方法について教示いただきたく、アドバイスよろしくお願いします。(ケースバイケースかと思いますが、できるだけ譲渡益を少なくできる方法があればありがたいですが。)

Aベストアンサー

この表を使います。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2010/kisairei/joto/pdf/013.pdf

Q前回相続時の移転登記が済んでいない土地の相続税評価

相続した土地の相続移転登記が済まないうちに二次相続が発生した場合、遺産分割協議書がなくとも、相続財産は登記がすんだものとして算定されますか?それとも法定相続分で遺産共有持分があるとして算定されますか?
平成21年一次相続時の被相続人はFで相続人は配偶者Hと子A,B。相続財産は自宅土地建物8000万円のみ。相続人間で自宅はAが相続することで話がまとまったが、不動産登記は行わず、登記名義人Fのままになっている。
遺産分割協議書は作成していない。
自宅には配偶者Hが住み、固定資産税Hが支払っていた。
また基礎控除額8000万円以内であるため、相続税の申告もおこなわなかった。
このままHが他界し二次相続が発生、H固有の財産は株式5000万円あり、二次相続の相続人は子A,B。このような場合、二次相続の課税価格はいくらになるでしょうか?
登記上は遺産共有であるため、一次相続時に法定相続分通りに遺産共有が行われているとみて、配偶者Hが土地8000万円の1/2である4000万円の土地持分と株式5000万円の計9000万円の相続財産を有していると、税務署は算定するのでしょうか?。
それとも、遺産分割協議書はなくとも、相続人間の合意を尊重し、土地持分はHにはなく、相続財産は株式5000万円のみであると算定するのでしょうか?
あるいは、遺産分割の証拠がない以上、土地はすべて配偶者に移転したとみて、土地8000万円と株式5000万円の計1億4000万円で算定してくるのでしょうか?
(預金等の財産は簡素化のため割愛。土地価格は路線価ベース)

相続した土地の相続移転登記が済まないうちに二次相続が発生した場合、遺産分割協議書がなくとも、相続財産は登記がすんだものとして算定されますか?それとも法定相続分で遺産共有持分があるとして算定されますか?
平成21年一次相続時の被相続人はFで相続人は配偶者Hと子A,B。相続財産は自宅土地建物8000万円のみ。相続人間で自宅はAが相続することで話がまとまったが、不動産登記は行わず、登記名義人Fのままになっている。
遺産分割協議書は作成していない。
自宅には配偶者Hが住み、固定資産税Hが支払ってい...続きを読む

Aベストアンサー

相続を原因としての所有権移転登記をしてない不動産が二次相続の対象になった場合には、まず一次相続における所有権の移転登記をしないと話は進まないでしょう。

遺産分割に対して税務署長は「こうすべし」という権限をもっていません。
相続人の間で協議が整ってそれに従ってもよし、法定相続分で分割されたならそれでよしです。
遺産分割協議書がなく、土地の所有権をHは持ってないとするのはいささか無理がありそうです。
法定相続分は二分の一ありますので、それとは違う協議分割をしたというなら少なくとも分割協議書がないと話になりません。
遺産分割協議書がないからと土地が全て被相続人の配偶者に所有権移転したとみるのも無理です。
「それは相続人間で決めること。税務署長が決める話ではない」です。

質問文中「税務署が算定する」とありますが、申告納税制度を贈与税は採用してるので「自分で申告書を作成する」です。
申告内容に疑義があれば問合せが着ますし、誤りがあれば訂正(修正申告)を求められるわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報