get to do ~するようになる
のto doは何用法になりますか。
ある本でgetは他動詞で名詞的用法、とあったのですが
この意味のgetは自動詞ではないのですか。

それと
What is the most important thing to get along well with people ?
のto get along は形容詞用法だと思うのですが、副詞的用法との解説がありました。
What is the most important thing in order to get along well with people?
ということなだとの補足もありましたが。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 回答にはなっていませんが…



▼get to do
 私はgetは自動詞で「結果」の副詞的用法だと割り切って理解することにしていました。
例: How did you get to know her?
あるレベルまで到達して(get)何らかの状態(know)になるという感覚の所産です。

 裏付けがとれないかと「ロイヤル英文法」をめくってみたらやぶ蛇で、come [get] toについての説明で「何用法と断定しにくい。…一種の助動詞的なものとして働く」(p479)と記述されていました。


▼What is the most important thing to get along well with people?
 形容詞的用法、副詞的用法のどちらともとれるのではないでしょうか?

 修飾関係がthing to get along withとみて形容詞的用法と判断されたのですよね?
そこにin order toが入ってきたとしても、形容詞的用法と言えないことはないと思います。
例: There are many ways in order to get rich.
のようにin order to...で名詞を修飾する例があるからです。(非標準かも知れませんが…)

 一方、(In order) To get along well with people, what is the most important thing?
(「仲良くするために重要な事」は何か、ではなく、「仲良くするためには」何が重要なことか)
という意味合いで解釈すると「目的」の副詞的用法と解せられると思います。
(What is most important to get along...?の場合も副詞的用法)

 ふたつともGray areaなのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>助動詞のようなもの
なるほど、です


どんな文法でも研究者なら解答を持っているかと思いましたが
やはり曖昧なものはあるのですね。
私も同じく副詞的用法だとおもったので、名詞的用法だとする解説に違和感をおぼえました

回答ありがとうございました

お礼日時:2011/04/28 12:19

「・・・を始める」 という意味の get to do ですね。


私の持ってる辞書を見ると、確かにその get は自動詞なのですが、get to は [準他動詞] であるとされていました。
たしかに、 to get to business (仕事にとりかかる) などという例をみると、get to が1つの他動詞のような働きをしているように見えます。get to + [名詞] は、あたかも [他動詞] + [名詞] のように見える、という意味ではないでしょうか。

次の to get along についてですが、私にははっきりとしたことは分りません (何用法だろうが、意味が分りゃそれでいいという程度の者なものですから・・・)。
ただ、「副詞的用法」 とされるからには、理由があるはずで、少し調べてみました。
下記のところを見ると、「~ために」 と訳せる場合は 「副詞的用法」 の分類に入れることにされていました。
 → http://e-grammar.info/infinitive/infinitive_04.h …
そうなのかぁと思ってお示しの英文を見て、the most important thing to get along well with people を訳してみると、なるほど、「人々と仲良くやっていく ために 大切なことは」 と訳せるなぁと思いました。
つまり、「目的」 を表しているように訳せます。
そこから 分類 上は 「副詞的用法」 に入れられる、ということなのではないでしょうか。
the most important thing to get along well with people は、ひょっとすると the most important thing [to do] to get along well with people という文の to do が省略された文と見て、to get along はその to do を修飾している、と見ているのかもしれないと思いましたが、どうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ調べて頂きありがとうございました

形容詞用法でも目的の意味を持ち、名詞の説明になっているので、形容詞用法と取る方が普通ではないかと思うのですが。。。

私はどちらかと言うと、熟語の分析はあまりせずに意味がわかればいい派なのですが、
自分の理解と違う解説があると気になってしまいます。。。
ありがとうございました

お礼日時:2011/04/27 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Qhow to ~ はto不定詞の何用法?

こんにちは。to不定詞は学校では名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があると習います。ですから、例えば how to~というのもto不定詞の一種のはずなんですが、これは何用法になるんでしょうか?
もし、学校で習うのとは違う大胆で合理的な解釈があれば大歓迎です。

Aベストアンサー

howを「やり方・方法」という名詞だと考えて。形容詞的用法になるのではないでしょうか。
how to cook 「料理する為の方法(調理法)」

以下も同じですね。
"where to..."「~する場所」, "when to..."「~する時」

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Qtry to do の to doって副詞的用法、名詞的用法??

try to do のtryの役割で混乱する問題が
ありました。過去のQ&Aや文法書を確認したのですが
いまいちピンとくるものがなかったので、質問させて
ください。

(その問題)
Now people in the city are trying hard to keep the river clean.

hardの位置を問う問題なのですが、納得できない点がありました。


●疑問点
ここにあるhardは副詞であり、 are tryingを修飾してると思います。
そこで疑問に思ったのが
to keep the river clean.はto不定詞の名詞的用法となっているので
V+Oの間に 副詞のhardがはいらないと考えました。
副詞は V+Oに間にはいらないという原則があるからです。
なぜ、V+Oの間に副詞がはいるのだろう?

are tryingは自動詞の役割なら納得できます。
そうすると、自動詞+直後に副詞となるからです。
また、to keep the river clean.は副詞的用法となるので
理解ができます。

●疑問
辞書で調べると try to do のtryは他動詞とありました。
では、なぜ V+Oの間に副詞をいれるのでしょうか。
O にto不定詞の名詞的用法がくる場合は、例外的なのでしょうか?

よろしくお願いします

try to do のtryの役割で混乱する問題が
ありました。過去のQ&Aや文法書を確認したのですが
いまいちピンとくるものがなかったので、質問させて
ください。

(その問題)
Now people in the city are trying hard to keep the river clean.

hardの位置を問う問題なのですが、納得できない点がありました。


●疑問点
ここにあるhardは副詞であり、 are tryingを修飾してると思います。
そこで疑問に思ったのが
to keep the river clean.はto不定詞の名詞的用法となっているので
V+Oの間に 副詞のha...続きを読む

Aベストアンサー

 恐らく修飾を全て外して、進行形をやめた時の分は“People try.”で良いと思います。

 進行形や受動態をbe動詞と現在分詞や過去分詞とくっつけて一つの動詞として捉える事もできますが、むしろbe動詞を普通の動詞として捉え、現在分詞や過去分詞という形容詞を叙述的に補語としているとみなした方が例外が少なくて楽だと思います…私見ですが。分詞を形容詞として捉えれば限定用法での分詞、例えばrunning dogやdead manも単に形容詞+名詞として違和感無いと思います。

 現在進行形の文を単なる現在形に変換して考えるのはあんまり幸せな事ではないような気がします。例えばHe runs.とHe is running.という文ですが、前者は「彼は走る。」という主述の文ですが後者は彼=走っている状態という事を言いたいのであって、根本的に異なる文だと思います。

 最後に補語の性質ですが、S+V+CではS=C、S+V+O+CではO=Cとなります。進行形や受動態はS+V+CのVにbe動詞が、Cに分詞が来ただけ、と考えると何か色々名前がついているけど、文法の一般原則にのっとっているに過ぎない事が理解できるかもしれません。

 恐らく修飾を全て外して、進行形をやめた時の分は“People try.”で良いと思います。

 進行形や受動態をbe動詞と現在分詞や過去分詞とくっつけて一つの動詞として捉える事もできますが、むしろbe動詞を普通の動詞として捉え、現在分詞や過去分詞という形容詞を叙述的に補語としているとみなした方が例外が少なくて楽だと思います…私見ですが。分詞を形容詞として捉えれば限定用法での分詞、例えばrunning dogやdead manも単に形容詞+名詞として違和感無いと思います。

 現在進行形の文を単なる現在形に変...続きを読む

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

QFor here or to go の「to go」は何用法の不定詞?

ファーストフード店などで、よく聞かれる「For here or to go?」ここで召し上がりますか、それとも、お持ち帰りですか?なんですが、この、「to go」って何用法の不定詞なんでしょうか?また、「to go」は、この「for here or to go」以外の形でも使われる事があるのでしょうか?ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何用法の不定詞か分類することにどんな意味があるかは文法屋さんにおまかせするとして...,形容詞的を否定はしません.

一般に,名詞の後に不定詞が来る場合は,その名詞がその不定詞の主格になる場合と目的格になる場合があります.
前者の例: You have a key to lock this door.
この場合は不定詞を for xxx-ing で置き換えることが可能です.You have a key for locking this door. A hamburger for going. ハンバーガーが go する(出て行く)でも問題ないと思います. 
後者の例: You have a comic to read.
この場合は不定詞を受身にすることができます.You have a comic to be read.

ご質問の場合は前者でしょう.また,to go には二つの使い方があって,No.1さんの例の,a hamburger to go の場合の他に, football でよく使う xxx yards to go (あとxxx ヤード)のように,残りを表す場合があります.

たしかに takeout は普通に使われますが,日本でも(!)普通ですね.

何用法の不定詞か分類することにどんな意味があるかは文法屋さんにおまかせするとして...,形容詞的を否定はしません.

一般に,名詞の後に不定詞が来る場合は,その名詞がその不定詞の主格になる場合と目的格になる場合があります.
前者の例: You have a key to lock this door.
この場合は不定詞を for xxx-ing で置き換えることが可能です.You have a key for locking this door. A hamburger for going. ハンバーガーが go する(出て行く)でも問題ないと思います. 
後者の例: You have a comi...続きを読む

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Qこのto不定詞は形容詞用法or副詞用法(結果)?

以下の英文は高校2年生用の英語検定教科書からの引用です。第2段落第1文にあるto不定詞の用法についてお尋ねします。

In 1952, two scientists, Robert Briggs and Thomas King, removed the nucleus from the cell of one frog, and put it into an egg cell of another frog whose nucleus had been removed. The end result: A cloned frog.
The inserted nucleus was taken from an “unprogrammed cell” of an embryo. Unprogrammed cells of an embryo can turn into any kind of cell to form, for example, bones, blood, a heart, or a kidney. Briggs and King thought that only nuclei from embryos, not adult cells, could be used to create clones. They believed that adult cells, such as skin cells that are programmed to grow new skin over a wound, could only create new cells of the exact same type.

このto不定詞を高校生を対象に解説する場合には以下のどちらの説明がいいのでしょうか?

(1)
to formは直前のany kind of cellを修飾する形容詞用法の不定詞。any kind of cellは、意味上不定詞to formの意味上の主語の働きをする。
<訳例>
胚の未プログラムの細胞は,例えば骨,血液,心臓,腎臓などを形成するいかなる細胞にもなり得るのです.

(2)
to formは前のturn (into any kind of cell)を修飾する副詞的用法の不定詞。ただし、「~を形成するために」という目的用法ではなく「~して、(その結果)…した」という結果用法。
<訳例>
胚の未プログラムの細胞はいかなる細胞にもなり、(その結果)例えば骨,血液,心臓,腎臓などを形成し得るのです.

私は(2)だとばかり思って読んでいたのですが、友人は(1)の解釈をしていることに気づきました。どちらがより自然な解釈なのでしょうか?それとも第3の解釈がありますか?

以下の英文は高校2年生用の英語検定教科書からの引用です。第2段落第1文にあるto不定詞の用法についてお尋ねします。

In 1952, two scientists, Robert Briggs and Thomas King, removed the nucleus from the cell of one frog, and put it into an egg cell of another frog whose nucleus had been removed. The end result: A cloned frog.
The inserted nucleus was taken from an “unprogrammed cell” of an embryo. Unprogrammed cells of an embryo can turn into any kind of cell to form, f...続きを読む

Aベストアンサー

おわかりだと思いますが,こういう直前に名詞がくる場合に
それにかかる形容詞的用法か,あるいは前の動詞部分にかかる副詞的用法とするか
というのは日本語的感覚にすぎないところが大きいと思います。

「~するための」も「するために」も変わらない。
英語としては動詞→名詞→ to 原形
と流れるのがすべてで,そもそも後ろには流れない。

目的か,結果か,というのも後ろから訳すか,前から訳すか,というだけのことです。

もし副詞的用法とした場合,過去形ではなく一般的なことですし,
一般的に結果とするパターンにも当てはまりませんので,普通には「~するために」
だとは思うのですが,順序的に前から訳す方がわかりやすいとは思います。

英語として,any kind とあって,for example と例示していくので,
cell にかかる形容詞的用法がわかりやすいと思います。

(2) で訳しても,形成する主語は cell だと感じていれば同じことだと思いますが。

もう一度,目的か結果か,という話にもどると
so that の場合にも言えますが,結局日本語の問題にすぎず,
時の流れと逆行しないように前から訳すしかない場合があり,
そうするとそれは結果,となってしまいますが,感覚的には「目的」っぽい,
ということがあります。

前から訳すのが結果だけど,時の流れには逆らえない,ということで矛盾が生じることがあります。

おわかりだと思いますが,こういう直前に名詞がくる場合に
それにかかる形容詞的用法か,あるいは前の動詞部分にかかる副詞的用法とするか
というのは日本語的感覚にすぎないところが大きいと思います。

「~するための」も「するために」も変わらない。
英語としては動詞→名詞→ to 原形
と流れるのがすべてで,そもそも後ろには流れない。

目的か,結果か,というのも後ろから訳すか,前から訳すか,というだけのことです。

もし副詞的用法とした場合,過去形ではなく一般的なことですし,
一般的に結果とする...続きを読む

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

QBuilt to orderのto不定詞の用法

BTO(Built to order)の意味は、注文にあわせて組み立てる、受注生産方式ですが、
この場合のtoの英語文法上の用法や意味を教えて下さい。

toは、to不定詞で、builtという動詞を修飾して「~するために」という目的を表すto不定詞の副詞用法でしょうか?

そうならば、直訳すると、「注文するために組み立てる、生産する」という意味になり、へんな感じがします。
注文するために生産するのではなく、注文に応じて生産するという本来の意味とニュアンスが違うと感じます。

また、CTO (Configure To Order)も同様でしょうか?
※CTO:Configure To Orderの略。客が自らの好みや必要に応じて、CPUやハードディスク、メモリなどのスペックをを決め、てメーカーに注文する「注文仕様生産」方式。

<参考:BTOとCTOの違い>
●BTO : 注文を受けてから生産されるオーダーメード方式の製品全般。購入希望者から注文を受け、その注文に合わせて生産することをいいます。

受注生産方式、すなわち、顧客から注文を受けてから製品を生産する方式のこと。パーツの組み合わせを指定してオリジナルのパソコンを注文することが出来る。パソコン直販メーカーのDell Computer社がこの方式で成功を収めたため、多くの大手コンピュータメーカーがこの方式を採用し始めている。

●CTO : BTOの一種だが、個々の製品モデルの仕様はおおむね定まっており、一部に選択肢の幅があって、その部分に限っては顧客の選択・決定・変更が可能。

BTOに近い形態を取る生産方式としては、CTO(Configure To Order)がある。これはいわゆる「注文仕様生産」で、基本製品にユーザーの要望に従って周辺装置を追加したり、ソフトをインストールして製品を組み立てる方式だ。BTOに比べて製品仕様にユーザーの要求をかなり反映させた製品を提供できるため、顧客満足度が高くなる。

BTO(Built to order)の意味は、注文にあわせて組み立てる、受注生産方式ですが、
この場合のtoの英語文法上の用法や意味を教えて下さい。

toは、to不定詞で、builtという動詞を修飾して「~するために」という目的を表すto不定詞の副詞用法でしょうか?

そうならば、直訳すると、「注文するために組み立てる、生産する」という意味になり、へんな感じがします。
注文するために生産するのではなく、注文に応じて生産するという本来の意味とニュアンスが違うと感じます。

また、CTO (Configure To Order...続きを読む

Aベストアンサー

BTOの“to order”は、前置詞のto+名詞のorderだと思います。
前置詞の“to”には「~にあわせて、~に適合させて」の意味がありますから、“to order”で「注文にあわせて」のような意味になると思います。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=to&kind=&mode=0


人気Q&Aランキング