プロが教えるわが家の防犯対策術!

ある参考書に、SVOCのOとCは主語と述語の関係になっていると書かれてありました。
また、不定詞は名詞にも形容詞にも副詞にもなると理解しているので、不定詞が目的語なのか、補語なのか、修飾語なのかわからなくなってしまいます。
例えば、下の文の文型はSVOCで宜しいのでしょうか?
その場合、不定詞は何用法になるのでしょうか?
もしご存知の方がいましたら、教えてください。

He proved himself to be a liar.
Parents tell their children to study more.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 5文型の理解は重要事項ですが、全ての英語が5文型で説明できるわけではなく、またお悩みの第4文型か、第5文型かのように微妙なケースがあります。

このため受験では「次の文は第何文型か」のような出題はまずありませんので、英文理解の手助けに5文型の知識を活用できればいいというスタンスでいいのではないでしょうか。
 to不定詞の用法は結構ややこしいです。原則を押さえて、あとはいろいろな文を問題集などであたりながら判断力をつけるというのが…私の勉強法です。

 お尋ねの文型について補足ですが、5文型のOとOCは「主語+述語」の場合と「O=C」(Cが名詞)の場合、「O≒C」(Cが形容詞なため厳密な=ではないI found him honest.のような場合)があります。それを確認した上で二つの文を見てみましょう。

1. He proved himself to be a liar.
 これは「O=C」(=he is a liar)のケースです。He proved himself a liar.とも使えますので、より第5文型SVOCであることがはっきりしますね。to be a liarの部分は名詞句または形容詞句として説明されます。


2. Parents tell their children to study more.
 この文では考え方が分かれます。

 まず、これも第5文型SVOCとして説明されることが多いようです。childrenとto studyが「主語+述語」であるということが根拠になります。

 次に、中学校での考え方に多いのですが、「こども達『に』もっと勉強しなさい『と』言う」と訳せるので、第4文型SVOOとして説明する方法です。例えばParents told their children what to study.のように「疑問詞+to不定詞」が後続する場合もそうなのですが、名詞句であれば目的語になれますのでSVOOで不都合はありません。(私は個人的にはここの二つの文でははまだ「伝えられた、指示された」段階なので「主語+述語」は成立しておらず両方とも第4文型としておいていいのかな、と思います。)

 あと、5文型からはみ出す文型とする考え方もあります。辞書のジーニアスなどはもともと5文型説ではないのですが、「SVO+to不定詞」とか「SVO+wh句」の文型として扱っています。


 結論的には2. の文は第4文型、第5文型のどちらでもいい、としておおらかに構えておいていいのではないでしょうか。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
必ずしも、特定の文型や品詞が決まるわけではないことがわかりました。
特に、不定詞はtoが省略されることもあり(例えば、SVOCのCが動詞の原型になる場合)、文法を理解するのが難しいです。
もうちょっと自分なりに勉強してみようと思います。

お礼日時:2011/08/13 05:27

文型としてはSVOCで良いと思います。


しかし、Cに不定詞句をとれるかどうかはVによって決まりますので個別に覚えるしかないです。
いつでも勝手に使えるわけではありませんので、修飾語的副詞句とはいえないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
受験の読解で精読が必要だから、どうしても細かいことに拘ってしまいます。
木を見て、森を見ずにならないように気をつけたいと思います。

お礼日時:2011/08/13 05:05

> He proved himself to be a liar.


> Parents tell their children to study more.

この2つの文を見る限りでは、S + V + O + C だと思います。
初めの文の prove himself という形は英語的な表現です。prove A C で、「A が C であることを証明する」 という意味になります (おそらく辞書にもそのように書いてあるのではないかと思います)。
その C の部分には形容詞か名詞が入ります。
to be が入っているので混乱しそうですが、to be a liar というのが1個の名詞が置かれているのと同じことなのです。というのは、実は、 to be は省略してしまうことができるからです。

true という形容詞を用いた He proved it true. という文があるとします。これも S + V + O + C の構文です。
この文は、実は、He proved it to be true. とも書けるのです。ですから、 to be true は、「true であるということ」 とも解釈できます。

2番目の文には to be はありません。けれど、構文としては最初の文と同じことです。
tell という動詞があり、their children という目的語があり、to study more という補語があります。
to study more は、「もっと勉強すること」 ですから、「名詞と同じ働き」 をしていることが分ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
おそらく、下の二つは同じ意味であっても、わずかにニュアンスが違うのでしょうね。
He proved it true.
He proved it to be true.
ネイティブの知り合いができたら、聴いてみたいと思います。

お礼日時:2011/08/13 05:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

Qmustの義務と推量の~に違いないの見分けについて

助動詞のmustには義務の「~しなければならない」と推量の「~に違いない」の二つの意味がありますよね?

He must study English.

このような文がでてきた場合
「彼は英語を勉強しなければならない」
「彼は英語を勉強するに違いない」

どちらの意味でmustが使われているかどうやって判断するのでしょうか?
詳しい方教えてください

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>助動詞のmustには義務の「~しなければならない」と推量の「~に違いない」の二つの意味がありますよね?

>He must study English.

>このような文がでてきた場合
>「彼は英語を勉強しなければならない」
>「彼は英語を勉強するに違いない」

>どちらの意味でmustが使われているかどうやって判断するのでしょうか?
⇒会話のように、発音を聞ける場合の区別は比較的簡単です。

(1)He must STUDY English. のように study の部分を強く言う場合は、「彼は英語を勉強しなければならない」を表わします。
(2)He MUST study English.のように mustの部分を強く言う場合は、「彼は英語を勉強するに違いない」を表わします。

では、文章語の場合はどうやって見分けるのでしょう。実は、その場合は、残念ながら明快な方法がありません。「文脈とか文章の流れ、前後関係など」で、どちらであるかを判断することになるでしょうね。

以上、ご回答まで。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

Q受動態の後ろに目的語はとれますか?

受動態の後ろは補語だと取れそう?
目的語は取れないんですか?

Aベストアンサー

受動態の動詞の後ろに補語が来るのは、いわゆる第5文型(主語+動詞+目的語+補語)が受動態になって、目的語を主語にする場合ですね。
(能動態) They call me Taro.
(受動態) I am called Taro (by them).

一方、第4文型(主語+動詞+目的語(人)+目的語(物))の受動態で、目的語のどちらかを主語にとる場合、受動態の動詞の後にもう片方の目的語が残ることになります。

(能動態) They gave her flowers.
(受動態(人)を主語) She was given flowers (by them).
(受動態(物)を主語) Flowers were given her (by them).

ただし、目的語(物)の方を主語に持ってくる場合、目的語(人)の前に前置詞をおく方が自然で(Flowers were given to her (by them).)、この場合は、前置詞以降を修飾語とみなし、第3文型(They gave flowers to her.)の受身と考えることになりますね。ここまで細かいことを文型でどうこう考える必要はないかと思いますが。

受動態の動詞の後ろに補語が来るのは、いわゆる第5文型(主語+動詞+目的語+補語)が受動態になって、目的語を主語にする場合ですね。
(能動態) They call me Taro.
(受動態) I am called Taro (by them).

一方、第4文型(主語+動詞+目的語(人)+目的語(物))の受動態で、目的語のどちらかを主語にとる場合、受動態の動詞の後にもう片方の目的語が残ることになります。

(能動態) They gave her flowers.
(受動態(人)を主語) She was given flowers (by them).
(受動態(物)...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング