教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

新前の経理担当者です。
加入している健康保険組合から、社員に対する「還付金」が普通口座に振り込まれました。
社員に対しては、現金で支払い仕訳を「雑費/現金」で処理したのですが、普通預金については「普通預金/××××」でどうすべきか困っています。※雑収入とした場合に、消費税が関わると思われるため
知識のあるご親切な方の回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 加入している健康保険組合から、社員に対する「還付金」が普通口座に振り込まれました。


還付金が入金されたと言う事実だけ書かれても、還付された理由とか、何が還付金として入金されたのかが不明では困ります。

1 過去に納付した保険料が過剰だったから、保険料が還付された?
・還付金は事業主負担分と被保険者負担分が合算されているので、先ずは夫々の金額を掴んでください。そして、どの労働者が還付の対象となった者なのかと言う点と、夫々の労働者に対して幾ら還付金を渡すのかを調べる必要もあります。
 ・還付金自体の仕訳は、次のようになります
   借方)普通預金 ××× ←振込まれて来た金額
  貸方)法定福利費 △△△ ←事業主負担分
        預り金   ○○○ ←被保険者負担分
 ・労働者へ返金(例えば現金払い)した際の仕訳は
   借方)預り金 ○○○
    貸方)現金  ○○○

2 健康保険の保険事業の一環として、被保険者が支払った代金(注)の一部が入金?
  (注)健康保険によって異なるが、次のような物が考えられる
    保養施設の利用代金
    インフルエンザなどの予防接種
    人間ドック等の料金。
  ・この場合は、どの労働者が還付の対象となった者なのかと言う点と、夫々の労働者に対して幾ら還付金を渡すのかを調べた上で、夫々の労働者へ還付金を渡す必要が有ります。
  ・還付金自体の仕訳は、次のようになります
   借方)普通預金 ××× 
  貸方)預り金  ×××
 ・労働者へ返金(例えば現金払い)した際の仕訳は
   借方)預り金 ×××
    貸方)現金  ×××

3 保険給付金(傷病手当金など)や付加給付金が入金?
考え方及び仕訳は上記2と同じです。

> 社員に対しては、現金で支払い仕訳を「雑費/現金」で処理したのですが、
> 普通預金については「普通預金/××××」でどうすべきか困っています。
> ※雑収入とした場合に、消費税が関わると思われるため
外部から社員に対して渡すべき金銭が会社に入金された場合には、「預り金」勘定で処理をするのが一般的です。
この場合、損益計算書の科目である「雑益」「雑費」を使うのは根本的な間違いです。
それと、この件を上司は知っていますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
非常に細かいところまでご説明いただき、とても勉強になりました。
今後のお仕事に役立たせていただきます。

お礼日時:2012/01/20 12:52

納めすぎた社会保険料??だとしたら労使折半ですので


社員に還付があるなら会社側にもあるはずだけど。

まぁ他人の会社のことだからどうでもいいけどね。
    • good
    • 1

(1)給料を支払った時の仕訳は、次のようになります。



給料 xxxxx    現預金          xxxxx
           預り金-社会保険料  xxxxx
           預り金-所得税      xxxxx
           預り金-住民税     xxxxx

(2)社会保険料を支払った時の仕訳は、次のようになります。

預り金-社会保険料 xxxxx  現預金 xxxxx

(3)これが一旦会社に戻ってきた(還付された)のですから、単純にこの仕訳の逆の仕訳をするだけです。
 「一旦」という意味は、会社が社員の代わりに「預った」ということです。

現預金 xxxxx  預り金-社会保険料 xxxxx

(4)会社から社員に支払われた時、次の仕訳になります。

預り金-社会保険料 xxxxx  現預金 xxxxx

これが一連の流れです。

質問への回答は、以下の通りです。(3)と(4)のアレンジです。
[ 1 ]還付が普通預金勘定へなされた。
普通預金 xxxxx  預り金-社会保険料 xxxxx

[ 2 ]手持ちの現金で社員に支払った。
預り金-社会保険料 xxxxx  現金 xxxxx

[ 3 ]手持ちの現金で社員に支払った最初の仕訳は、よろしくないのでこれを反対仕訳により取り消す。

現金 xxxxx 雑費 xxxxx

これで完了です。
              



 

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
納得できましたし、ご親切な回答を役立たせていただきます。

お礼日時:2012/01/18 09:39

元々の仕訳がおかしいです。



まず還付金の内容はなんでしょうか?
社員の高額医療費の還付でしたら会社からしたら
預かっていただけですので「預かり金」。

会社に入金
普通預金/預かり金

社員へ
預かり金/普通預金
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q保険の返戻金に関しての仕訳

損害保険会社から預金に入金があったのですが…
おそらく返戻金だと思います(このことに関して質問できないと仮定してください)

掛け捨ての保険料はいきなし費用として計上できますが
返戻金がある場合は保険積立金で予め計上しておかないと
いけないと聞きました。

しかし、帳簿を見ても積立金等はなかったのです。

とりあえず雑収入で計上しておこうと思ったのですが
個人企業なので事業主借り勘定でやったほうがいいのかなと迷いました。

請求書を見てみると…自家用車と書いてありました
事業用と自家用は区別して計上しないといけないと
思うのですが…そのへんのことが曖昧で分かりません

どうか、この保険金に関しての仕訳の基本を教えてください。

Aベストアンサー

自動車保険の場合は、積立金で処理するものはありませんから、戻ってきたときは雑収入などで処理をします。

ただし、その車両が自家用で、事業に使っていないもので、保険料を支払うときも事業の経費にしてない場合は、返戻金も事業には関係がありませんから、事業主借で受け入れます。

自家用であっても、事業に使っていて、保険料の支払時に経費として処理していれば、雑収入で受け入れます。

保険会社に、何の分の返戻金か確認すると共に、支払時にどの様な処理をしたか確認する必要があります。

確認できるまでは、「仮受金」で処理をしておき、はっきりした段階で「仮受金」から「雑収入」か「事業主借」勘定に振替えます。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q労働保険料の還付についての仕訳について教えてください。

今回、前年度の労働保険料の還付があり、今年度の概算保険料と差し引かれ、普通預金にいくらか戻ってきます。
このような場合、複式簿記的にはどのように仕訳するのでしょか?

[具体例]数値は簡単にしています
・前年度の概算支払い時(\100,000)
法廷福祉費  80,000 現金 100,000  (←労働保険料支払い)
立替金    20,000 (←従業員負担分立替)
・今回、前年度の保険料が確定(\50,000)
労働保険料 \50,000 (内従業員負担分\10,000)
・今年度の概算保険料算出(\40,000)
労働保険料 \40,000 (内従業員負担分\8,000)

差し引き\10000が普通預金に返金される予定です。

ちょっと解かり辛らくて恐縮ですが、
どなたかどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894
の#1です。

これでいいのでは?

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。

Q還付された国保料の仕訳について

個人事業主の元で経理をやっていますが「超」のつく初心者です。
過納分の国民健康保険料が事業用口座に還付された場合の仕訳について教えてください。

事業用口座から国保料を支払った場合は「事業主貸」となると思うのですが、ということは還付された場合は「事業主借」なのでしょうか?

事業主貸と事業主借・・・
いまひとつ、よく理解できておらず、初歩的質問ですがご教示いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということは還付された場合は「事業主借」なのでしょうか…

はい。

>事業主貸と事業主借…

事業用の財布や預金から、事業用ではない出金 → 事業主貸
事業用の財布や預金に、事業用ではない入金 → 事業主借

家事用の財布や預金から、事業上の出金 → 事業主借
家事用の財布や預金に、事業上の入金 → 事業主貸

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング