【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この問題を解く手順と用いる定理や公式を教えてください。
質問者は高2です。

正六角形ABCDEFにおいて、(AB)→=a→,(AF)→=b→とする。
線分ADと線分BEの交点をO、線分OCの中点をG、線分OEの中点をHとするとき、
ベクトル(BC)→,(BG)→,(CH)→,(GH)→をa→,b→を用いて表せ。

A 回答 (2件)

BC=AO=AB+BO=AB+AF=a+b


BG=BO+OG=AF+(AB/2)=(a+2b)/2
CH=CO+OH=-AB+(AF/2)=(b-2a)/2
GH=GO+OH=(-AB/2)+(AF/2)=(b-a)/2
    • good
    • 0

絵を見て考える.

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正六角形のベクトル

正六角形ABCDEFがある。このときのDFベクトルをもとめたいんですが授業で先生がDFベクトル=AFベクトル-ADベクトルって言ってたんですが理解できません。小さいほうのベクトルから大きいベクトルを引けちゃうんですか?!
わかる人理由を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ベクトルというのは、向きと大きさをもつ量のことです。
向きは矢印の向きで、大きさは矢印の長さですね。
ベクトルに負符号(マイナス)がつくと、向きが逆になります。
ADベクトルとマイナスADベクトルは、大きさが等しく向きが逆のベクトルです。
つまり、マイナスADベクトルは、DAベクトルということになります。
だから
 AFベクトル-ADベクトル
=AFベクトル+DAベクトル
=DAベクトル+AFベクトル
=DFベクトル
となります。(紙に書いて確かめてみてください)
ベクトルの引き算が出た時は、負符号の付いているベクトルの向きを逆にして、足し算に直すとわかりやすくなります。

説明下手で申し訳ありません。


人気Q&Aランキング