>系内で一部の反応で、活性炭の存在により
>[CoCl(NH3)5](2+)
>⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化
>⇒NH3の脱離
>⇒[Co(III)Cl2(NH3)4](+)

>あるいは
>⇒NH3の脱離←木炭(?)
>⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化

いずれの機構にしても、途中で形式酸化数Co(IV)を
考えると言うことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



> 当然「QNo.86614 ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について」関連なのですが、・・・・・

 あ,いや新質問にすることに関してはこれで良いと思います。というよりも,私がinorganicchemist さんに教えを請うた時点で新質問にすべきであったとチョット反省しております(新質問にしようかとも思ったのですが,こういった展開になるとは考えなかったもので・・・)。

 私が言いたかったのは,お礼で書かれている様に「しかし、質問文が適切でなかった」という事です。これでは,私と MiJun さんぐらいしか内容がわからないですから。やっぱり,他の方にもわかる表現の方が良かったのでは,というだけです。あまり気になさらないで下さい。


さて,本論が遅くなりましたが,MiJun さんの回答を拝見して,再度先の「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館)を読み直してみました。すると,p.782 に問題の反応に関する次の様な記述がありました。以下,「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館),p.782 からです。

 Co(II) の化学の重要な特徴は,各種の錯形成配位子(とくに配位原子が窒素である場合)の存在下分子状酸素によってきわめてたやすく酸化されることである。この場合最終的には通常の Co(III) 錯体へ酸化される(とくに活性炭を触媒として存在させるとこの酸化がうまくいく)のであるが,酸素の作用では,はじめ Co(III) の複核ペルオキソ錯体ができるのであって,この中間体が不安定で通常の Co(III) 錯体となるのである。第一段階には O2 が配位して(p.331 を見よ)Co(IV) 錯体をつくることが含まれており,これがさらに Co(II) と反応して Co(III) の複核錯体を生ずる。すなわち CoCl2 溶液を空気酸化すると,アンモニアの存在では褐色の反磁性錯体 [(NH3)5Co(O2)Co(NH3)5](4+) を生ずる。・・・・・


いかがでしょうか。残念ながら私の知識では,これを解説することは元より,これが正しいかどうかの判断もつきません。よければ,一度現物を御覧になって解説して下さい。お願い致します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rei00さん。回答ありがとうございます。

(1)[Co(II) + O2(0) → [Co(IV)(O2)(-II)](2+)
(2)[Co(IV)(O2)(-II)](2+) + Co(II)→ [Co(IV)(O2)(-II)Co(II)](4+)
(3)[Co(IV)(O2)(-II)Co(II)](4+) → [Co(III)(O2)(-II)Co(III)](4+)

(1):酸化的付加反応
(2):通常の架橋配位による二核錯体の形成
(3):電子の均一化

とりあえず反応をまとめてみました。(アンミンは省略しました。)
私の知識の範囲では特に疑問を感じるところはないように思います。
最後の[(NH3)5Co(O2)Co(NH3)5](4+)が反磁性であるということは、
Coの状態が(II)ではなく(III)であり、低スピン状態であるということを
示しているのだと思います。

普段使っていない部分の頭を使った気分です。
ゼミの雑誌会(勉強会とか抄録とか呼ばれているやつです。)でも
ここまで掘り下げて議論することは少ないので、非常に充実感を
味わっております。rei00さん、MiJunさんに感謝感謝です。

お礼日時:2001/06/11 12:45

MiJunです。



inorganicchemistさん、#86614の回答の時に別に質問を起こそうかとも考えましたが・・・。
やはり、そうすればと後悔してます。
失礼しました。
もう少し議論が続けられたら幸いです。
(議論というよりご教示頂くということですが)

少し言葉足らずで申し訳ありませんでしたが、正直あの回答時点では「形式酸化数Co(IV)」は頭にありませんでした!

その後、手元にある古い本を引っ張り出してきました。
「錯体の化学」(S.F.A.ケトル著、倍風館、1974)
この本のp.28には配位数の頻度の記載があります。
==================================
Co(II):6>4>5>4
Co(III):6>>>5
==================================
頻度は少ないでしょうが、「5配位錯体」が頻度は少ないが可能性があるらしいと分かりました。

>[CoCl(NH3)5](2+)
>⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化

勘違いしていた可能性が強いですが、[CoCl(NH3)5](2+) の形式酸化数はCo(IV)ですよね?
そうであるとすれば、「活性炭による酸化」⇒「活性炭による還元」でしょうか?

そこで、inorganicchemistさんに尋ねたいのは、
・5配位錯体であれば、配位子「NH3」はlabileでしょうか?
・中間体(遷移状態)として、中心金属がCoで5配位錯体をとる反応例はあるのでしょうか?

ご教示の程お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさん。回答ありがとうございます。

五配位錯体の可能性についてなのですが、十分にあると思います。
今手元にある資料(学部の頃の授業ノート)では、
[Co(III)X(NH3)5](2+) + H2O → [Co(III)(H2O)(NH3)5](3+) X(-)
このような配位子置換反応(X = Cl、Br)は解離機構すなわち
中間体として6より少ない配位数を経て反応が進行するようです。
このことはtrans-[Co(III)Cl2(NH3)4](+)が[Co(III)Cl(NH3)5](2+)に比べて
圧倒的に早く反応する。という実験事実が、より正電荷の小さいものからCl(-)
が離脱する方が反応が早いはずである。という仮定と一致することから確認
されています。(トランス影響の件は触れられていませんでした。)

ただし、完全に5配位というわけではなく、6よりは少ない解離的交替
反応と見なされるようです。
上記の反応で、NH3が置換された生成物は認められないため、少なくとも
Cl(-)よりはlabileではないようです。

お礼日時:2001/06/11 11:40

rei00 です。



「QNo.86614 ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について」(参考 URL)の関連質問ですね。

いつもわかりやすい回答をされている inorganicchemist さんとは思えない,わかり難い質問ですよ。とりあえず「ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成における活性炭触媒の役目は?」と読み替えて回答(?)致します。


久し振りに無機化学の教科書を開き直してみると,次の記述を見付けました。「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館)の p.786 からです。


・・・・一般にこれらの錯体は,アコ Co(II) イオンを溶液中配位子の存在下で酸化して(酸化には分子状酸素あるいは過酸化水素を用いるのが普通で,しばしば活性炭のような表面活性触媒を用いる)得られる錯体を出発物質として,数段階を経て合成される。たとえばコバルト (II) 塩 CoX2 (X = Cl, Br, NO3) に,アンモニアおよび対応するアンモニウム塩と少量の活性炭を加え,数時間激しく空気を吹き込むことによって,ヘキサアンミン塩が良い収量で得られる。

 4CoX2 + 4NH4X + 20NH3 + O2 = 4[Co(NH3)6]X3 + 2H2O

活性炭が存在しないと,通常は置換体たとえば [CoCl(NH3)5](2+), [CoCO3(NH3)4](+) などが得られる。・・・・

これからすると,活性炭は Co(II) → Co(III) の空気酸化を行なうための触媒のようですね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=86614
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん。ご丁寧な回答ありがとうございます。

当然「QNo.86614 ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について」
関連なのですが、あれ以上、norinori3さんの質問ページで議論をするのは
どうかなと思い、とりあえず場所を移しました。本当は No.86614のページで
「補足要求」とした方がわかりやすかったのでしょうね。申し訳ありません。
融通の利かない性格でして。

MiJunさんが書かれている、「遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化」
という表現が私には理解できませんでした。
私のような者がMiJunさんやrei00さんにお教えできるようなことがあるとは
思っておりません。私のコメント欄にあるように、私自身の勉強になれば
と思い、むしろ私の方が教えを請わねばならないと、今回のような質問になり
ました。しかし、質問文が適切でなかったのはrei00さんのおっしゃるとおり
です。

rei00さん、MiJunさん。失礼をお詫びします。
今後ともご指導お願いします。

お礼日時:2001/06/09 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

nh3」に関するQ&A: NH3とNH4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際会議について

国際会議で発表するんですけど
いきなりsession chair(座長)になってしまいました。何をすればいいのですか?
まだ博士の学生なのに初めての国際会議なのに正直おどろいています
発表の順番は何か関係(意図的に)あるのでしょうか?

Aベストアンサー

座長のすること
多分、会議事務局から、座長の役割についての事前メモが送られてくるとは思いますが、

・セッションの開始アナウンス
・講演ごとに講演タイトル、講演者の紹介
 (会議によっては、講演者の略歴を紹介することも)
・講演時間(質疑応答時間を含めて)の管理
 (タイムキーパがいる場合もあれば、いない場合もあります。いないときには座長が担当することも)
・講演終了後の質疑応答の司会
 (質問者の指名、質問コメントが会場から出ない場合には、ひとつふたつ質問コメントをすることも。このため、前もって発表論文が渡されることも多いです。あとは質疑応答が過熱して、時間がなくなったときに、以降の質疑応答はセッション後にしてもらうように言って、講演を代わるとか)
・全部の講演(質疑応答)が終了したら、セッション終了のアナウンス
といったところでしょうか。
(会議によっては、セッション当日、朝などにSpeakers meatingがあることもあります。ここで、講演者の確認などを行うことも、、。)


発表の順番
たまに、関連のある発表が(発表者の意向もあって)順番に並んでいることもありますが、通常は無作為に並んでいると思ってよいかと思います。

国際会議だと、Session chairが2名いることが多く、セッション前に作業分担をすることも多いかと思います。(たとえばセッションを前半後半に分けて、それぞれ司会とタイムキーパを分担するとか)

座長のすること
多分、会議事務局から、座長の役割についての事前メモが送られてくるとは思いますが、

・セッションの開始アナウンス
・講演ごとに講演タイトル、講演者の紹介
 (会議によっては、講演者の略歴を紹介することも)
・講演時間(質疑応答時間を含めて)の管理
 (タイムキーパがいる場合もあれば、いない場合もあります。いないときには座長が担当することも)
・講演終了後の質疑応答の司会
 (質問者の指名、質問コメントが会場から出ない場合には、ひとつふたつ質問コメントをすること...続きを読む

Q遷移金属酸化物と典型金属酸化物について

表題通り、遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について教えてください。(それらが詳しく乗っているサイトでもよいです)
一応自分でもいくつか探したのですが、あまり理解できませんでした。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら簡単に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

> 遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について

「酸化物の性質」ではなくて「酸化物の元素としての性質」とか、「電子の構造」とか、ちょっと用語の使い方が違うと思います。
「典型元素・遷移元素の性質」「電子配置」なら次のようなサイトがあります。
(ご自分でも探されているとのことのですので、すでにチェック済みかも知れませんが)

定番のWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/遷移元素
http://ja.wikipedia.org/wiki/典型元素

高校化学の解説
http://www.geocities.jp/don_guri131/tennkei01.html
http://www.geocities.jp/don_guri131/tennkei02.html
http://www.geocities.jp/don_guri131/sennibunnri.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter4/lecture8/lect4081.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter4/lecture9/lect4091.html

> 遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について

「酸化物の性質」ではなくて「酸化物の元素としての性質」とか、「電子の構造」とか、ちょっと用語の使い方が違うと思います。
「典型元素・遷移元素の性質」「電子配置」なら次のようなサイトがあります。
(ご自分でも探されているとのことのですので、すでにチェック済みかも知れませんが)

定番のWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/遷移元素
http://ja.wikipedia.org/wiki/典型元素

高校化学の解説
http://www...続きを読む

Qパシフィコ横浜・国立横浜国際会議場までの所要時間

こんにちは。
今度パシフィコ横浜・国立横浜国際会議場に行くのですが、横浜駅からみなとみらい線・みなとみらい駅行きます。
そこで、横浜駅から、国際会議場に到着するまでどの位かかるかを教えていただきたいです。
また、逆算してこれくらいに横浜に待ち合わせればいいなど教えてください。
このあたりは全くわからないもので・・・
宜しくお願いします

Aベストアンサー

みなとみらい線の横浜駅ホームからみなとみらい駅までは約3分。ホームから改札まで1分半。改札から国際会議場までは迷わなければ5~8分ほど。国際会議場に着いてから会議場内の目的のところまで約5~6分くらいは最低でもみた方がいいですね。
まあ、迷わず目的のところにつければ横浜駅からだと約15分くらいですかね。初めてで迷うんならその倍は見ておいた方がいいですよ。

QNH3とNH4+

アンモニア態窒素の定量をしたりしているのですが、JISによるとイオンの状態で求めてから0.7766を掛けるようになっています。イオンの状態で存在するアンモニアのことを考慮してのプロセスだと思うのですが、pHによってイオン化しているアンモニアの比率が違うハズなので、どうなのかと疑問です。

また、pH別にどの程度アンモニウムイオン・アンモニアの状態で存在しているのか、ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

インドフェノール法は、NH3やNH4+を直接反応させて
比色定量する方法ですから、NH4+だろうがNH3だろうが関係ありません。
測定しているのはNH4+とNH3を加えた濃度です。
結局のところ比較対照に使っているアンモニア水溶液内のNH4+の濃度が
問題になっているのでしょう。
おそらくNH4Cl水溶液を使っているのだと思いますが、
NH4Clは重さが正確に測れるので、
100% NH4+に解離していると仮定して計算しても、
NH3とNH4+の合計濃度は変らないのです。
---------------------------------
実際のNH4Cl水溶液は微量のNH3を含んでいます。
NH4Cl水溶液は微酸性ですが、
仮に希薄溶液を作れば最大7までpHが上がり、
NH4+の濃度が99.44%まで下がります。
NH3とNH4+の窒素元素含有量はそれぞれ
NH3: 0.82245
NH4+: 0.77649
ですから、pH = 7の場合窒素元素含有量は77.67%まで上がり、
NH4+内の窒素含有量は0.02%ずれることになります。

インドフェノール法は、NH3やNH4+を直接反応させて
比色定量する方法ですから、NH4+だろうがNH3だろうが関係ありません。
測定しているのはNH4+とNH3を加えた濃度です。
結局のところ比較対照に使っているアンモニア水溶液内のNH4+の濃度が
問題になっているのでしょう。
おそらくNH4Cl水溶液を使っているのだと思いますが、
NH4Clは重さが正確に測れるので、
100% NH4+に解離していると仮定して計算しても、
NH3とNH4+の合計濃度は変らないのです。
---------------------------------
実際のNH4Cl水溶...続きを読む

Q査読付き国際会議プロシーディングから国際論文へ拡張

情報工学系の学生です。

教授から,以前受理された査読付き国際会議の内容に実験をもうひとつ足す,
もしくは,まだ解析してないデータを付け加えて国際論文へ投稿するように言われました。

しかし,国際論文は学会に論文を提出するときに,メールで「この論文は過去に一度も
投稿したことのない内容です」的なことを書かなければいけません。今回のケースの場合,
「過去に国際会議用に投稿したことはあるが,今回はその内容を元に追加実験をし,
問題点を追求したものです」的ことを書けばベストでしょうか?それともいつもどおり,
一度も出してことないですということを言えばよいのでしょうか?

以前,国際会議の内容と比較して30%以上違いがあれば問題ないと聞いたことがあるので
そういったことも含めて,どなたか経験された方からご意見頂ければ幸いです。

以上,よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国際論文がジャーナルのことなら、国際会議のプロシーディングと内容がかぶっても構いません。

ただ、同じ内容を複数のジャーナルに投稿してはいけません。
同じ内容を複数の国際会議に投稿してもいけません。

ジャーナルのほうが格上なので、プロシーディングを数本まとめるか、発展させてジャーナルに投稿するケースが多いと思います。

分野や学会によって違ってたらあしからず。

Q窒素酸化物(NO、NO2)と一酸化炭素(CO)の白金(Pt)への吸着

窒素酸化物(NOでもNO2でも良いです)と一酸化炭素(CO)を比べた時、白金(Pt)に強く吸着するのはどちらでしょう?

Aベストアンサー

同じ温度・被覆率で比較すれば、COの方が強くPtに吸着すると思います。

 COの場合COから電子がPtに飛び(供与)同時にPtからも分子軌道の
空いているレベルに電子が飛びます(逆供与)。このために、
Pt-C≡OとPt=C=Oの中間のような結合状態が安定化されて、PtとCの間の
結合が強くなります。
 NOはCOより電子が1個多いですよね。この余分な1個が、Ptからの
電子を受ける分子軌道に、先客として居座ります。そのためNOの場合、
逆供与による安定化の度合いは小さい、ゆえにCOの方が強く吸着すると
大雑把に説明できます。
 具体的なデータをネットで拾ったので貼っておきます。吸着熱の値
そのものは温度や被覆率に大きな影響を受けますが、(NO-Ptの吸着熱)
<(CO-Ptの吸着熱)の大小関係はひっくり返らないと思います。

(Pt単結晶上の吸着熱)
被覆率が小さい場合:26±2 kcal/mol(NO)、32±2 kcal/mol(CO)
被覆率が大きい場合:12±2 kcal/mol(NO)、16±2 kcal/mol(CO)
(E. G. Seebauerらによる。Surface Science, Vol. 176, 1986, Pages 134-156)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E4%BE%9B%E4%B8%8E

同じ温度・被覆率で比較すれば、COの方が強くPtに吸着すると思います。

 COの場合COから電子がPtに飛び(供与)同時にPtからも分子軌道の
空いているレベルに電子が飛びます(逆供与)。このために、
Pt-C≡OとPt=C=Oの中間のような結合状態が安定化されて、PtとCの間の
結合が強くなります。
 NOはCOより電子が1個多いですよね。この余分な1個が、Ptからの
電子を受ける分子軌道に、先客として居座ります。そのためNOの場合、
逆供与による安定化の度合いは小さい、ゆえにCOの方が強く吸着すると
大...続きを読む

Q学術論文と国際会議プロシーディング

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうすると、特にステップアップのために多くの業績が必要な、助教、准教授などは
プロシーディングより学術論文の方をバンバン数多く出してそうなイメージがしたのですが、
実際は、上記のようにそうではありませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

もしかして実は国際会議プロシーディングと学術論文に、業績価値としての差は
あまり無いからなのでしょうか?
(もしそうならば、プロシーディングは査読期間が短く一回の審査だけで採否が決まるので、
プロシーディングを数多く出そうとするのが理解できるのですが。。。)

ほとんどの研究者が、学術論文数よりプロシーデング数の方が多い一番の理由は何なのでしょうか?

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうす...続きを読む

Aベストアンサー

個々の学会によって違うでしょうが、国際会議のプロシーディングでは、オリジナリティが求められないことが多いと存じます。
プロシーディングの数が多いのは、ほぼ同じ内容を発表しているからでしょう。
業績を論文などの数で表すという風潮には合点がゆきませんが、
それはともかくとして、
会議のプロシーディングの価値は、“無いよりはあった方がまし”という程度だと思います。

Q高校の化学についてです 多原子イオンで例えば、NH4+とかは、Nが-3,Hが+1で4個あるから、一価

高校の化学についてです
多原子イオンで例えば、NH4+とかは、Nが-3,Hが+1で4個あるから、一価の陽イオンなのはわかるのですが、陰イオンのNO3-では、NもOも陰イオンなのになぜ一価なのでしょうか?
そもそもの考え方が違うのでしょうか?
解答よろしくお願いします

Aベストアンサー

>そもそもの考え方が違うのでしょうか?
半分ですね。硝酸の場合は非常に分かり難いので暗記した方が良いです。つまり酸化数が普通じゃないのです。硫酸などは分かり易いのでそっちで説明すると、H-O-S-O-Hの真ん中の硫黄の非結合電子対(ローンペア・lone pair)が二つの酸素に配位しています。亜硫酸だと酸素が一つ少ない。この配位は無機化学では降る星の如く(笑)出て来ますから、待っていて下さい。なお濃硝酸、希硝酸と銅の反応は構造と関係無いので丸暗記して下さい、プロも丸暗記します、細かい反応機構を説明しづらいから。

Q【神戸ポートアイランド、国際会議場近くで桜】 神戸ポートアイランドの国際会議場から歩いていける範囲で

【神戸ポートアイランド、国際会議場近くで桜】
神戸ポートアイランドの国際会議場から歩いていける範囲で桜の綺麗なところはありますでしょうか?
目的は、弁当を広げてのお花見ではなく、桜をバックに入学式の写真を撮りたいと思っています。

Aベストアンサー

南公園は隣かな。

神戸の公園には、桜があるはず。新しく作った公園にはとくに。

南公園にもあるはずと調べてみました。

http://kurashi-la.com/archives/2373.html

そんない華やかな木はないかも。
街が、新しいからね。

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング