あきれはててしまいました。
よろしく教えてください。おねがいいたします。

私の友人60歳、女性なのですが。
頭がいあたかったか、おもたかったか、いずれにしても
9年前に頭のてっぺんにお灸をすえたのだそうです。

そのあと、化膿してかゆく痒かったそうなのですが、
気持ちがとてもよく、膿がたくさんでたけれども、
爪でかいていて、あたまのツムジのあたりが、
不規則に4×5cmの皮膚の欠損になり、まだ膿がでて出血もしています(潰瘍)。
さすがに4年前からは美容院にいってもパーマは拒否されるようになったそうです。
さて
、この潰瘍の周辺(というのでしょうか)に沿って皮膚に黒い直径3mmくらいのホクロのようなものが数個できていて、病院では
「basal cell epithelioma」と病理診断されたそうです。


1)「basal cell epithelioma」というのは日本語でなんというのでしょうか。そして
「基底細胞癌」とはちがうのでしょうか。
2)今後の治療方針はいかがなものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本語では、”基底細胞腫”といいますが、”基底細胞癌”といっても間違いではありません。


ひと昔前までは、”基底細胞癌”ということの方が多かったのですが、癌といっても
他の臓器へ転移することはほとんどなく、その部分の切除だけで完治させることができる
比較的良性な性質の癌であるため、基底細胞癌との日本語はあまり使われなくなっています。
但し、質のよい癌といっても、癌は癌ですから、かなり進行していくと骨まで浸潤したり、
局所再発を繰り返すこともあります。治療は、癌細胞の浸潤の深さを十分に確認して
完全に切除する事です。
    • good
    • 0

「基底細胞癌」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか(画像表示)?


http://www.e-skin.net/2ky/x-tumor.htm#basal%20ce …
(基底細胞癌/基底細胞上皮腫)

ご参考まで。

参考URL:http://www.r-kanda.com/cancer/bcc.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎臓ガンから転移した高齢者の肺がん治療

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医に会いに行くことが難しい状況です。なので私自身も色々と調べてはいますが、どの方法が良いのか判りません。

ラジオ焼灼療法?のリスク等も含めて、どんな治療法が望ましいのかアドバイスをよろしくお願いします。

☆既往歴など
・1年前に腎臓ガン(中期)で左全摘手術(化学療法はせず)
・1、2センチと思われる物が両方の肺に転移していることが本日判明(何箇所かは不明)
・ユーエフティE(軽い?抗がん剤)を処方されました。
・3ヶ月後にCT検査を受けます。
・CTにより現在心臓肥大の兆候あり
・ごくまれに心臓に違和感を感じるが投薬等の治療は今のところ何も受けていません。
・降圧剤を毎日服用中
・8年前に15ミリ程度の心臓動脈瘤が見つかりましたが、特に治療はせず、その後動脈瘤の検査はしていません。
・5年前に初期の胃ガンで3分の2摘出、予後良好(化学療法はせず)
・ここ3年の間に鼠径ヘルニア(左右共)で2回手術しています。

心臓のほうも心配なのですが、腎臓ガン手術、肺転移の事で父が精神的に弱くなっているので少し落ち着くまで心臓の検査は待ってほしいと言われ、やむなく様子を見守っているところです。

長文になり申し訳ありませんが
よろしくお願い致します。

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりますので何とも言えませんが、ちなみに私も私の母も手術に加えてハスミワクチンとサプリだけでやってきました。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、ANo.2のURLに記載しましたDVD「ガンワクチン 治療型ワクチン時代の到来」という映像を、先程、再度見て見たのですが、質問者さんの同じように腎臓ガンから肺に転移したガンが消失した例が紹介されてますのでご覧になっては如何かな、と思いました。お住まいが東京であれば、阿佐ヶ谷の珠光会のロビーで繰り返し放映されてますので見ることが出来ますし、郵送で購入することも可能です。

ハスミワクチンも抗ガン剤をやってから時間をおかないでスタートするのがチャンスのときです。抗ガン剤によってガン抗原が顕わとなり、ガンの見方をしてしまう免疫抑制細胞 regulatory T cell をが一掃もしくは少なくなっているからです。前述しましたとおり資料がもらえるものならそれを持って相談されたらよいと思いますが、主治医が協力的でない場合でも、源発の部位と種類が分かっていれば、ハスミワクチンを始めることが出来ます。その場合ですと、ワクチンの注射はご自分でなさるか、お近くの医院でやってもらうことになると思います。ちなみに私や私の母は自分で自分のお腹(ヘソの2センチくらい下あたり)に5日おきにしてます。インシュリン注射の回数に比較したら少ない、と思ってやってます。

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりま...続きを読む

QSCCを疑われる皮膚潰瘍が軽快しました。その部位に、後日、シコリが出現

SCCを疑われる皮膚潰瘍が軽快しました。その部位に、後日、シコリが出現し、これがSCCで、周辺を含め、全摘が必要になる病変は起りえますか。

Aベストアンサー

再発すれば、周辺を一塊にして切除する必要があるでしょう。
潰瘍ががんによるものであれば、再発してくることは必至でしょう。
そういう点で、「全摘が必要になる病変は起りえますか。 」と問われれば、ありうると言わざるを得ないと思います。

Q大腸がんの転移について 家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90

大腸がんの転移について
家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90まであがり転移が疑われたため、CTとPETを受けましたが転移を確認することができませんでした。
現在は抗ガン剤を使っており、CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません。このまま抗ガン剤を続ける場合、ガンは小さいながらもそこにあり、他臓器への転移もあるのではと思います。
ドクターからは肝臓への転移があるのだろうと言われましたが、抗ガン剤をやめて存在を確認したら切除できるのでは?とも思いますが切除できない場所である可能性もあり、このまま抗ガン剤を続けたほうがよいのかとも思います。
ご意見をいただけると助かります。

Aベストアンサー

>CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません

CEAが下がれば奏功が有るということです。
抗がん剤は、固形ガンには効果がないと言われますが
血液やリンパにある細胞レベルのガンには効果があります。

>なので抗ガン剤を受けないでガンが見えたところで切除するっていうのはどうなのかと楽観視に考えてしまいます。

CTでもPETでも5mm以下のガンは確定できません。
大腸や胃は、カメラで見るから1mmのガンでも見つかるんです。
肝臓はCT、PET、MRI以外に見つけられません

私は、最初に見つかった時は7個です。(次が3つでしたが大きかった)
大腸ガンからの転移は、小さいのが沢山できます(肝臓癌は大きいのがドンと一つ)
また、怪しいのがポツポツとできるんです
(何度も見せられました)

>1クール目で胆嚢炎にまでいたる重い副作用があり抗ガン剤に対して積極的になれません。

肝臓に転移し手術を受けたら胆嚢も取ってしまいます。
胆嚢とは、胆汁を貯める袋だから無くても良いそうです。
胆嚢炎では死にません。

Q顔面皮膚潰瘍があり、有棘細胞癌の疑いで、病理組織検査を受け、異型細胞増

顔面皮膚潰瘍があり、有棘細胞癌の疑いで、病理組織検査を受け、異型細胞増殖中、浸潤型と診断されました。患部辺縁から15mmはなれて全摘の手術を受けます。この手術範囲から見て、癌の進行程度は、0期、またはI期とみているのでしょうか。皮膚潰瘍は、患者の眼では軽快している様に見えますが、皮膚科では治つていない、といいます。

Aベストアンサー

浸潤癌ということなので、進行度は0期はないと思います。
1期以上でしょう。がんの大きさによって、1期か2期か。リンパ節転移があれば3期以上になります。
今の情報だけでは何とも言えないでしょう。

Q転移性肝臓がん

私は27歳の女性です。私の母は、昨年末大腸ガンからガンが肝臓に転移してしまいました。大腸ガンは、手術にて切除しましたが肝臓の方は(病巣が7つほどあり最大のもので4cmあります)5FU+シスプラチンという抗がん剤治療で自宅治療しています。現在、特に副作用といったものはないのですが、この治療と併用できる治療はないでしょうか?例えば、最近話題のアガリクスなどは副作用がなさそうですが、いかがなものでしょうか?また、その他に何かありましたらご助言よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.#40610の質問を参考にされるといいと思います。
そちらでの回答も読んでみてくださいね。

主人の母も大腸癌から頸部リンパ節に転移して闘病中です。
母の場合はずっとかかっていた病院から「もう手の施しようがない」と治療の打ち切りを宣言されてしまいました。
家族も本人も覚悟を決めた上で、後で後悔しないようにできる限りのことをしてみよう。と決め、民間療法についても検討しました。
現在は幸いにも、駆けずり回って扉をたたいた病院でわずかな可能性のある新たな治療をして頂いているところです。
本人の調子も以前より良さそうです。

今の病院に巡り合えた事を喜ぶと同時に、家族の胸中には「もっと早く何とかできていれば」という後悔の念があるのも事実です。そんな事言ってもどうしようもないことはわかってはいるのですが・・・

後で後悔しないよう、いろいろな面でできるだけのことはしてあげてくださいね。
お母様が少しでも楽に楽しく過ごすことができるように・・・

お大事になさってください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40610

NO.#40610の質問を参考にされるといいと思います。
そちらでの回答も読んでみてくださいね。

主人の母も大腸癌から頸部リンパ節に転移して闘病中です。
母の場合はずっとかかっていた病院から「もう手の施しようがない」と治療の打ち切りを宣言されてしまいました。
家族も本人も覚悟を決めた上で、後で後悔しないようにできる限りのことをしてみよう。と決め、民間療法についても検討しました。
現在は幸いにも、駆けずり回って扉をたたいた病院でわずかな可能性のある新たな治療をして頂いているところで...続きを読む

Q大腸がん 病理検査後の抗がん剤治療について

現在40代主人が、大腸がん検診でひっかかり、大腸がんの診断を受け
腹腔鏡手術を受けました。
術前のCTでは転移は見られず、現在病理検査結果待ちです。

先生は通常ガンは60-70代でなる事が多く、40代のガンなので言い方は悪いがタチが悪いと思ってもらっていい。若いので病理検査にもよるが、積極的な抗がん剤治療を進めると思います、といわれました。

ある程度、抗がん剤治療をするのだろうという覚悟は出来ています。が、
病理検査についての説明(今後の治療も含め)の時についての質問があります。

1 webで様々な抗がん剤治療を見ましたが、分かりやすいサイトがあれば教えて下さい。
 それぞれの副作用が載っていると有り難いです。

2 主人は抗がん剤治療中も仕事をするつもりでいます。が、私は傷病手当もでる会社なので、出来れば無理をして欲しくないし、周りの方やお客様に迷惑がかかるのではと懸念しています。もちろん、副作用は人それぞれだと思うのですが....。デスクワークの様に、比較的動きの無いものではなく、集中力を必要とする職種です。

3 主人が一番大変なのは重々承知していますが、とにかく痛みに弱く、もともとちょっと頭痛がするだけで寝込む人です。障害のある子どもも抱えていて、正直支えきれるのか、私自身が崩れてしまわないか....その事が恐怖です。入院中も、娘の事より何より毎日見舞いにきて...でとても大変でした。私もそんなに心が強くないので....今娘は一年生で初めての環境に慣れず、精神的に不安定で送迎をしています。色々重なり本当にしんどいです。

支離滅裂な文になってしまいましたが、宜しくお願い致します。

現在40代主人が、大腸がん検診でひっかかり、大腸がんの診断を受け
腹腔鏡手術を受けました。
術前のCTでは転移は見られず、現在病理検査結果待ちです。

先生は通常ガンは60-70代でなる事が多く、40代のガンなので言い方は悪いがタチが悪いと思ってもらっていい。若いので病理検査にもよるが、積極的な抗がん剤治療を進めると思います、といわれました。

ある程度、抗がん剤治療をするのだろうという覚悟は出来ています。が、
病理検査についての説明(今後の治療も含め)の時についての質問があります。

1 webで...続きを読む

Aベストアンサー

「病は気から」と申しますが、今、あなた様が挫けたら、旦那様・お子さんが辛い思いを去れます。
気を強くして乗り切られる事を祈ります。
私(男・85才)は、4年前、大腸RS部に癌(ステージ:1)が見付かり、腹腔鏡手術で除去しました。
術前にCT検査・PET検査・胃内視鏡検査などで、リンパ節に転移なども無い事を確認しました。
上記諸検査を含んで2週間の入院生活を地域の基幹病院で送りました。
その病院(病床数:1,000超)は、現役時代(設計事務所勤務)設計に携わった病院です。
勿論、術後の抗がん剤投与・放射線治療もありませんでした。
直腸の一部を切除していますので、瀕便は致し方無い事で、初めは苦になりましたが、
今は、さほど気になりません。
却って、便秘など気にする事もなく。老廃物(大便)を早く排泄できると思っています。
主治医の指導に従い、気楽に予後を過ごされる事を!!

Qすい臓がんの再発、転移…もう無理なのでしょうか。

私の父は1年前の夏にすい臓ガンと診断され、手術を受けました。

かなり進んでいるガンだったので、手術が成功する可能性は50%と言われていました。
もし成功しても後遺症が出る可能性は非常に高い状態でした。
しかし、手術も成功、心配していた後遺症も全く無く無事退院しました。

その後、抗がん剤での治療を続け約9ヶ月がたちましたが先日、再発・転移していることがわかりました。

今までの抗がん剤は効いていなかったということなので主治医からは
他のガンの抗がん剤を試してみようと言われました。
(すい臓ガンの抗がん剤は2種類しかなく、両方使用していました。)
今までも抗がん剤の副作用で苦しんだこともありましたので
正直、迷っています。

主治医は免疫力を付け、自然治癒に任せる方法もあると説明しました。
父もどうしたら良いのかわからないようです。

私は効果のあるかわからない抗がん剤を続け副作用に苦しみ、
免疫力を失ってしまうよりも、
抗がん剤をやめてしまって規則正しい健康的な生活を試み、
免疫力を付けた方が良いのではと考えています。
素人の意見ですが…。

末期ガンの再発があっても病院に通いながら元気でいる方や
免疫力を鍛えて元気に過ごされている方、
もしくはご存知の方、
いらっしゃいましたらどうかアドバイスをいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

私の父は1年前の夏にすい臓ガンと診断され、手術を受けました。

かなり進んでいるガンだったので、手術が成功する可能性は50%と言われていました。
もし成功しても後遺症が出る可能性は非常に高い状態でした。
しかし、手術も成功、心配していた後遺症も全く無く無事退院しました。

その後、抗がん剤での治療を続け約9ヶ月がたちましたが先日、再発・転移していることがわかりました。

今までの抗がん剤は効いていなかったということなので主治医からは
他のガンの抗がん剤を試してみようと言われま...続きを読む

Aベストアンサー

ご希望がお有りのようなので、再びお邪魔しています。
その前に、食事養生については、患者本人だけに「これは食べては駄目。」というのでは、ストレスがかかって長続きしないので、ご家族の方もできるだけ同じ食事を取るように心掛けて頂ければと思います。
周りが好き勝手しているのに、自分だけ食べたい物を食べられないのでは、気持ちが滅入ることだろうと思います。
食事の変更は大変にストレスのかかることなので、そのことは良く理解してあげて欲しいと思います。
また、余りに可哀想なので、つい肉など本人の望む食事を食べされることがあると思いますが、その瞬間に癌が悪化するのだそうです。
良い食事をすることは決して可哀そうなことではない、という認識が家族に必要だそうです。
癌にかかったら、これだけを食べてその他は食べないように、と指示されている食品をお知らせします。
米(胚芽米がお勧め)、純豆乳(JASマークの製品に限る)、こうや豆腐、湯葉、洗い胡麻(食べる直前に炒る、炒った後時間がたった物はダメ)。ニンジン、レンコン、ほし大根、かぼちゃ、ジャガイモ、などの根菜類は煮て食べる。油料理はダメ。にんじん葉、大根葉、キャベツ、白菜、もやしなどは胡麻和え、白和え、お浸しにする。生は避ける。わかめ、昆布、焼き海苔(味付けはダメ)。自家製のみそ、醤油、天然塩、天然酢など、調味料は添加物のない物を選ぶ。ほうじ茶、玄米茶。
食べたらいけないと言われている食品をご紹介します。
食パン、スパゲッティ、ラーメン、餃子、卵、牛乳、魚、肉、チーズ、バター、コーヒー、アイスクリームなどのお菓子類全般。生で食べる野菜、果物。
他にもいろいろな食品が表になっているのですが、主だったものをご紹介しました。
私は癌ではありませんが、食事指導をする立場の人間として2年程挑戦しましたが、とても大変でした。特に周りの理解がないと続かないだろうと思います。
外食はできませんし、お酒を飲む習慣のある人などは、それを止めるだけでも相当苦労があるだろうという気がします。
私はある内科医が癌にかかり、副作用が強い抗がん剤を飲みたくないので、飲まずに治したのだが、その友人の医者は抗がん剤を飲んで死んでしまった、というのを本で読んだことがあります。
抗がん剤を処方している内科医が、自分は服用せずに治したということは、余程その副作用が耐えがたいものということなのだと思います。
是非、食事養生に一度は挑戦して欲しいと思います。
私も癌になったら、上記の食品を食べて治したいと考えています。
ご家族の方も是非、将来の健康のために、良い食事習慣をつけて頂ければ、と思います。
長々と失礼しました。

ご希望がお有りのようなので、再びお邪魔しています。
その前に、食事養生については、患者本人だけに「これは食べては駄目。」というのでは、ストレスがかかって長続きしないので、ご家族の方もできるだけ同じ食事を取るように心掛けて頂ければと思います。
周りが好き勝手しているのに、自分だけ食べたい物を食べられないのでは、気持ちが滅入ることだろうと思います。
食事の変更は大変にストレスのかかることなので、そのことは良く理解してあげて欲しいと思います。
また、余りに可哀想なので、つい肉な...続きを読む

Q病理組織所見において、「異型細胞増殖中、浸潤型」と記載されていました。

病理組織所見において、「異型細胞増殖中、浸潤型」と記載されていました。この意味は、(1)まだ前癌病変であるが、「異型細胞は浸潤型である」ということでしょうか。(2)それとも浸潤型である、というのは、もう癌ということでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

浸潤や転移を起こす異型細胞からなる組織ががんです。

前がん病変が浸潤性をもてば、がんと考えるのが原則です。

Q大腸がんから肝臓に転移して

3年前、直腸に3cmのガンが見つかり手術してとり、1年後、肝臓に転移があり肝臓の60%切除(右葉の拡大切除)しました。この場合、5年、10年の生存率は、どのぐらいあるでしょうか?詳しい方教えてくださいお願いします。
 追記、直腸がんのレベル3と言われ、転移の可能性は少ないといわれた、肝臓ガンのときは、転移がわかった時点で腫瘍マーカー200ぐらい、一ヵ月半後手術直前は、400近くまで上がり、腫瘍の大きさ4cm、3cm、2cm大のがそれぞれ一個づつありました。現在、抗がん剤TC434(ユーエフティー)を、食後1個一日3回飲んでいます。

Aベストアンサー

大変な状況だと思います。
私も父をガンで亡くしました。
そのとき、色々と調べてみた事があります。
健康食品の部類に入るのですが、
タヒボ茶、キレート水、アガリスク、プロポリス、核酸等です。
それぞれに効果があったという話は聞きました。
私は、その中でもタヒボ茶が良いのではないかと思います。
上に挙げたものの中で、唯一タヒボ茶だけがアメリカですが、
ガン治療に効果があると特許を取っています。
私の父も、発見が遅く末期ガンでしたが
タヒボ茶、アガリスク、キレート水、プロポリス
を飲ませていました。
その結果、医者も驚くくらいに”痛み”を感じなかったみたいです。
それでも父の場合は、やはり全てが遅かった様でした。
これは、あくまでアドバイスとして受け取ってください。
もし、どんな事でも可能性を追求したいとお思いならば、
タヒボ茶を始め、各健康食品をネットで調べてみてください。
サーチエンジンで検索できます。
最後に、健康食品には身体への適正に個人差がある様です。
ですから、どれがご自身の身体に合うものかは試してみないと分かりません。
それでも、抗ガン剤の副作用の緩和、ガンの進行阻止等の効果はあると思います。
くれぐれも、希望を捨てずにがんばってください。
生きようとする気持ちを捨てない事が最も大事な事だと思います。

大変な状況だと思います。
私も父をガンで亡くしました。
そのとき、色々と調べてみた事があります。
健康食品の部類に入るのですが、
タヒボ茶、キレート水、アガリスク、プロポリス、核酸等です。
それぞれに効果があったという話は聞きました。
私は、その中でもタヒボ茶が良いのではないかと思います。
上に挙げたものの中で、唯一タヒボ茶だけがアメリカですが、
ガン治療に効果があると特許を取っています。
私の父も、発見が遅く末期ガンでしたが
タヒボ茶、アガリスク、キレート水、プロポリス
...続きを読む

Q大腸ポリープの病理検査について

先日健康診断で便潜血陽性のため大腸内視鏡検査を受けたところS状結腸に約2センチのポリープがあり、その場で切除しました。病理検査の結果癌細胞は無く、良性の線腫とのことですが異型度は、中等度~高度異型と言われました。これは良性でも悪性に近いポリープ、または前癌状態と解釈したら良いのでしょうか?大腸癌や胃癌で若くして亡くなっている親族がいるので不安です…。
検査結果をどう理解したら良いか、また今後気をつけなければならないことなどアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これは良性でも悪性に近いポリープ、または前癌状態と解釈したら良いのでしょうか?
質問者さんのおっしゃる解釈でよいと思います。大腸癌の多くは腺腫から発生することが知られており、そのなかでも高度異形成の場合、高分化型腺癌(悪性度の低い癌)とオーバーラップします。

年齢が分かりませんが、引き続き、定期検査が望ましいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報