マンガでよめる痔のこと・薬のこと

めんつゆの代わりに白だし(無添加)を買ったのですが、だし醤油を作るときに白だしと醤油を合わせるのが面倒です。
なので、白だしと醤油を合わせてだし醤油を作って保存しておこうかと思っているのですが冷蔵庫に保管する場合日持ちはどの程度だと思われますか?
また、その時のレシピも知りたいです。
ネットでも調べましたが白だしを手作りするレシピしか見つけられませんでした。
そうではなく市販の白だしと醤油を使ったレシピです。
普通に混ぜるだけでいいのでしょうか。
どなたか分かる方教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

白だし」に関するQ&A: 市販の白だし

A 回答 (4件)

白だしは既に出汁醤油です。


出汁と醤油とエトセトラ。
薄めて八方とかにするのですが、そんまんまかけてみたらどうです?やっことかは美味いですよ。力ずくで、半分になったら醤油足してみたらどうです?
どのくらいで悪くなるかは自分自身の手探りで。意外に持つ気がするけど色々あるからこういう所ではきちんとしか言わないと思いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めて白だしを買ったのですがかなりしょっぱいですね。
使い方をもっと調べてから買うべきでした。無添加と書いてあったので体にいいかなと思い買ったのですがなかなか難しいです。
作り置きはあきらめます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/15 22:47

>極度の面倒くさがりなので冷蔵庫からいちいち出して使うのが大変に感じていました。



横から失礼します。
そういう方は、白だしは向きません。
追いがつおつゆ 2倍等市販のだし醤油や
めんつゆのほうが向いています。

混ぜて保存する場合は、容器の管理(煮沸とか殺菌)が
もっと面倒で、恐らく断念するでしょう。
理想は口の広い瓶ですが、パパっと使うには不向きです。
かとって口が小さいものは、洗えないし。
冷蔵庫の扉とか野菜室は温度が高めなので
どちらにしてもあまり長期は向かないので
1~2週間が限度かと。その度に煮沸、殺菌してたら
嫌になってしまう・・・でしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。消毒は面倒ですね!
作り置きはあきらめます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/15 22:44

使う時混ぜるほうが手間もかからないし、清潔です。



混ぜた後、沸騰させてお酒か味醂を加えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手間かからない部類に入るんですね。。。
私は極度の面倒くさがりなので冷蔵庫からいちいち出して使うのが大変に感じていました。
沸騰させたら日持ちするんですか?
みりんや酒は必ず加えないといけないのでしょうか?
もし差支えなければ教えていただけるとありがたいです。

お礼日時:2015/07/13 10:25

1日



保存するほうが手間よ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ええっ!1日しか持たないんですか・・・
ぱぱっと味付けしたいときめんつゆがいかに便利だったか思い知らされます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/13 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顆粒だしと白だしは同じ?

レシピ本に顆粒だし小さじ1と記載ありましたが我が家には白だししか在庫がなく・・・。

白だし(液体のおだし)を使う場合、同じ小さじ1でよいものでしょうか?
調味料に疎いものでm(_ _ )m 教えて下さい。

Aベストアンサー

”顆粒だし”は鰹やいりこ・昆布などを加工して
使いやすく粒状にしたもの。

本来は鰹節を削ったものや、いりこや昆布を水に浸けて出汁を取り
料理のコク・風味を出すために料理していたものを一般家庭では
面倒なので使い易くしたのが”顆粒だし”です。

プロの料理人が出汁作りから行っていいるシーンを見たことあると思います。
料理番組では”顆粒だし”を使うかもしれませんが自分の店のPRに
”顆粒だし”を使っていることはまず無いと思います。

つまり顆粒だしには鰹なら鰹本来の味しかしないのでしょうが
メーカーにもよると思いますが、何らかの味付けがされているように
思います。

さらにもっと料理の手間を省いて出来るのが”白だし”です。
”白だし”はまさしく、醤油・みりん・塩・魚介を使って
水と配合するだけでおいしい汁が出来るようにした物です。
そうめん等に使う”そうめんツユ””ツユの素”と同じ様な物です。

簡単に言えば、
”顆粒だし”汁を作るための1アイテムであり
”白だし”は色々なアイテムを使って出来たほぼ完成品と
思えばいいと思います。
凝縮されているのは料理のバリエーションを広げるためです。

今作ろうとしている料理は判りませんが
”顆粒だし”以外に調味料として、醤油やみりん、砂糖、塩などが
記載されてませんか?

とすると、”白だし”と水だけでそこそこの味が出るかもしれません。
但し、同じ小さじ1杯ではダメでしょうね。水と配合して
辛いか薄いか自分の舌で確認しましょう。

”顆粒だし”を使ってレシピ通りに作ったものと比べてみて下さい。
”白だし”の分量を調整するだけで似たような味になる可能性はあります。

”顆粒だし”は鰹やいりこ・昆布などを加工して
使いやすく粒状にしたもの。

本来は鰹節を削ったものや、いりこや昆布を水に浸けて出汁を取り
料理のコク・風味を出すために料理していたものを一般家庭では
面倒なので使い易くしたのが”顆粒だし”です。

プロの料理人が出汁作りから行っていいるシーンを見たことあると思います。
料理番組では”顆粒だし”を使うかもしれませんが自分の店のPRに
”顆粒だし”を使っていることはまず無いと思います。

つまり顆粒だしには鰹なら鰹本来の味しかしないのでしょうが
メー...続きを読む

Qめんつゆの薄め方方

素朴な質問で申し訳ないのですが、
3倍希釈用のめんつゆがあったとします。
例えば200ccのめんつゆを使えば、水の量はいくら使えばよいか教えてください。400のような気もするし600のようなきもしているのですが・・・。

Aベストアンサー

こういう考え方をすれば簡単ですよ。
1倍希釈⇒水で1倍の量にする(希釈しない)⇒1:0⇒つゆ200cc+水0cc=200cc(ストレートタイプ)
2倍希釈⇒水で2倍の量にする⇒1:1⇒つゆ200cc+水200cc=400cc
3倍希釈⇒水で3倍の量にする⇒1:2⇒つゆ200cc+水400cc=600cc

Qにんにくの醤油漬けが、からいのです

7月に初めて家でにんにくの醤油漬けを作りました。煮詰めた日本酒と、その4倍くらいの醤油で漬け汁を作り、薄皮をむいた生のにんにくを漬けました。にんにくは青森産のものです。

丸3ヶ月冷蔵庫で漬けていたので、そろそろ食べてみようと思って食べたところ、にんにくはぜんぜん漬かっておらず堅さもほぼ生状態で、お醤油の色も1かけの半分とか3分の1くらいまでしかついていません。小指のつめくらいの大きさの薄っぺらい一かけも、こちらは色はついていましたが、どちらも食べたらとても辛くて、食べられたもんじゃありませんでした。

いろんなサイトを見ると1ヶ月で食べられるとか3ヶ月が食べ頃とか書いてありますが、うちの場合はどうして失敗したのだと思われますか? 1かけが大きいから、まだ待たなくてはいけないのかなあ。

なぜこうなってしまったのか、また、この後どうすればいいかなどご教示下さい。

Aベストアンサー

私の家内が作りますが、生醤油に直接漬けるのと冷蔵庫には入れないそうです。
辛いのはにんにくがまだ生だそうです、これからは冷蔵庫から出して置くといいそうです

Qめんつゆとだし醤油

素朴な疑問ですが、めんつゆとだし醤油の違いはなんですか?

内容を見るとたいした違いはないみたいですが・・・

どなたか解られる方が居られたら教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、内容はほとんど変わらないのですが、最終目的が違いますので内容の構成比率が違います。

和食の世界で「割り」という考え方があって、だし、しょうゆ、みりん、の比率を料理ごとに使う基本割合があります。
たとえば、にんじんの煮物にはだし:3 しょうゆ:1 みりん:1 といった具合です。(ただしこれは親方やお店によって使う材料や比率が違ってきます)
その割で作りおきしたもので「八方地」というものがあります。
最初から有る一定の割合でだしとしょうゆとみりんを調合してありますのでそれを作っておいて汁地、煮物地、などに幅広く使います。それを「八方汁」として売られ、皆さんに知られるようになりました。

これをめんつゆに限定して調合したのが「めんつゆ」です。
だし、または水やお湯で割るだけで「そば」や「うどん」「そうめん」などに使うことを前提にしており、めん類のつゆをはじめ、用途として天つゆや丼たれなどを併記していますよね。

本当は「そば」をの汁を作るとき、「かえし」というもの使います。これは醤油とみりんを合わせて寝かせておき、だし汁で割ってそばたれとします。濃く割ればつけたれ、薄めにして暖めてかや天そばの汁に使うのです。
この時のだしの取り方や使うもの、醤油やみりんの品質、返しの寝かせの期間で各店の味が違ってくるのです。
「そばたれ」は「かえし」に「だし」も加えておき、上記のかえしとたれを合わせる工程も省略しようとするものです。

本当は麺によって使う「あごだし」や「昆布強めの合わせだし」「二番ダシに焼き鯵で追っただし」「そうめんは桜海老で追って」など麺によって「たれ」も違い、「そばには濃い口」「関西うどんには薄口」と麺によって「醤油」も違いますのでめんつゆで何でも仕立てる風潮はなんともさびしいのですが、、、。

だし醤油は醤油にうまみを加えてしまったものと考えたほうがいいと思います。刺身醤油や土佐醤油、昆布醤油などがそうで、生醤油に出し味を加えて刺身をおいしく食べるとか冷奴にかけてもそのままおいしく食べるために作られたものです。それに味の深みを出したいと「みりん」が加えられたと思います。

長々とすみませんでした。判りにくいでしょうが勘弁してください。

おっしゃるとおり、内容はほとんど変わらないのですが、最終目的が違いますので内容の構成比率が違います。

和食の世界で「割り」という考え方があって、だし、しょうゆ、みりん、の比率を料理ごとに使う基本割合があります。
たとえば、にんじんの煮物にはだし:3 しょうゆ:1 みりん:1 といった具合です。(ただしこれは親方やお店によって使う材料や比率が違ってきます)
その割で作りおきしたもので「八方地」というものがあります。
最初から有る一定の割合でだしとしょうゆとみりんを調合して...続きを読む

Q消費期限が2日過ぎた挽肉・・・

ハンバーグをしようと思って買っていた豚挽肉の消費期限が2日過ぎてしまいました。
食材によっては消費期限はあまり気にせず(臭い次第)使っていましたが、お肉はどうかな。と思っています。
挽肉は傷みが進むのが早いと聞きますし、止めといた方が無難でしょうか?
加熱すれば大丈夫でしょうか?
一応、色、臭いはこれからチェックしてみたいと思いますが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元調理師です
色はどうでしょうか?
肉の色をしていれば、2日位ならなら大丈夫です
又シッカリ火を通せば問題有りません
臭いの他に粘りも確認してください
ひき肉は腐りやすいのは、空気と触れている面が多いい為です
中の方まで黒っぽくなっていたら注意が必要ですが、冷凍かチルドして有れば、2日位は大丈夫です
ただ、かったお店の保証が無いだけです

Q毎日チョコを食べると 健康にどんな影響がある?

普通の板チョコ1枚分を毎日食べたとします。3年間(5年でもいいですが)そういう生活をすると、なにか影響あると考えられますか?

私はチョコが好きでして、平日は、朝ごはん代わりにチョコ、土日はウィスキー、ブランディーのおつまみにチョコと、チョコチョコ食べてますが、もしかして健康に害があるのかな?

尚、大量には食べません。子供のときに大量に食べてエライことになったので(笑)

Aベストアンサー

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は炭水化物・脂質に偏っていますので、糖分・脂質の代謝を助けるビタミンBや血中コレステロール値・中性脂肪を抑える働きのあるDHAを含む食品を意識的に摂ると身体にいいと思います。
ビタミンBを含む食品として知られるのは、米ぬか・大豆・納豆・鶏卵・豚肉・レバー・バナナ・ほうれん草などですが、チョコと相性のいいアーモンドなどのナッツ系からも摂取できます。
DHAはマグロや青魚に多く含まれています。
長期的な糖分摂取による健康被害を気になさるのであれば、あと心がけが必要なのは、低体温症の防止や歯科衛生かなと思います。
意外ですが、糖分には身体を冷やす働きがあります。
また、歯に付着した糖分はエナメル質を溶かしていくため、加齢と共に歯の白さが失われたり歯周ポケットの発生によって歯周病を発症しやすくなります。

…と色々書きましたが、実は私も無類のチョコ好きです。
上に書いたような健康対策を常にしているかといえば、歯科衛生以外はあまり実践しておりません…。m(_ _)m
学生時代から、毎日、板チョコ1枚~3枚分をちょこちょこかじる生活をかれこれ20年近く続けています。
夜間、小腹が空いて、チョコをつまむこともしょっちゅうです。もはや中毒です。
でも、今のところ、健康診断で、チョコの食べすぎによる健康リスク(高血圧・肥満・内臓脂肪・糖尿病etc)を指摘されたことはないので、わりと楽観視しています。
健康管理を意識し過ぎてチョコを我慢するストレスの方が身体に良くないと思うので、無理な摂取制限はせず、食べたい時に食べています。こういうのを得手勝手というんでしょうね~。

人間は老齢になるに従い、より甘味を好むようになります。
味覚が減退しても甘味を感じる部分だけは発達したままなのが原因で、若い頃に甘いものが苦手だったり健康を意識したりで甘味を受け付けたがらなかった老齢者が、急にお菓子好きになったりします。
質問者様や私のようなチョコ好きは、どういう余生を送るんでしょうね?
私の場合、たとえ痴呆症になったとしても、チョコの在り処だけは忘れず、更にチョコの大食いを続けそうな気がしています。

「まとめ買い」や「ながら食い」など大量摂取を招く要因に留意しながら、ご自分なりのチョコレートライフを楽しめばいいと思います☆

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は...続きを読む


人気Q&Aランキング