ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

タイトルの通りですが、死に際して使える臓器は全て提供し、しかる後に献体といった形での処置は可能でしょうか?
受け入れ機関などが良く分かりませんので質問します。
近場に大学の付属病院がありますので、一回聞きにいこうかと思ったりしていますが、その前にと思い質問しました。

A 回答 (4件)

臓器提供と献体の登録を同時にする事(生前に正式な手続きを経て)は可能でしょう。


臓器を全て提供した後の死体は通常の献体(系統解剖)には使えません。
但し、特殊な使い方は有りますので、大学と相談してみて下さい。
なお、臓器提供を登録しても、臓器が使えない場合があります。
その場合は献体には使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
自分の考えていたのも、あなたと同じようなことで、一部臓器を取り去った後の遺体でも、例えば神経とか筋肉組織とかの部分的な解剖とか、特定の臓器(例えば耳の内部構造とか)の組成理解のための解剖とか、まああまりよく分かりませんが、そのような形で出来れば「ムダ」無く役に立てるかと思った次第です。近いうちに大学病院に行って話を聞いてみることにします。

お礼日時:2015/09/27 20:16

不可だと思ってください



簡単にいえば、献体になるためには、解剖教室にその所有権が移ることが大前提になります
死体の所有権は遺族のもので、遺族が解剖教室に所有権を移すことによって献体として成立します

臓器移植した体の所有権は、明確にはありません。法的規定がありません
したがって、解剖教室は受け入れようとはしません

ただ、遺言の有無次第では猶予はあるかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
仰るとおりかもしれませんね。
近いうちに大学病院に行って確認してみます。

お礼日時:2015/09/27 20:01

家族の承認が必要です。

なので、本人が希望してもその遺志に添えないこともあります。過去に実際あった話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一応そのあたりは理解しているつもりです。ご教授感謝いたします。

お礼日時:2015/09/27 19:59

無理でしょう。


献体は解剖の実習に提供されるのだと思いますが、臓器提供でその臓器がなければ解剖する意味がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
う~ん、献体はやっぱり完全な状態でないといけないんですかねぇ。てことは、例えば角膜だけとかだといいのかなぁ。近く大学病院に行ってみます。

お礼日時:2015/09/27 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死後の献体(特殊)

死後に献体をしたいのですが、白菊会のような解剖ではなく、標本になりたい。
透明標本
http://www.geocities.jp/phosphorus15p/toumeihyouhon.html
骨格標本
http://www.3bs.jp/specimen/whole/index.htm
プラスティネーション
http://www.jintai.co.jp/index_top.html

どのようなところに申し込み、法的にどのような事前処置をすればよいですか?

Aベストアンサー

大きい大学病院ならば、附属の大学の学問に役立ててくれるので、お問い合わせされたらいかがでしょう。
京都大学医学部附属病院http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/

ただ、ご家族にもお話されていたほうが、ショックは和らぐでしょうが。。。

Q有事の際の延命治療の拒否や、死んだ後自分の臓器の家族への提供など、書面などで効力のあるものを作っておくことはできますか?

有事の際の延命治療の拒否や、死んだ後自分の臓器の家族への提供など、書面などで効力のあるものを作っておくことはできますか?
今現在、病気や事故にあっているわけではないのですが、直る見込みの無い病気や、事故で万が一にも意識不明で意思疎通ができなくなったときに、家族や関係者がスムーズに事を運べるように事前に準備しておきたいのですが、なにかできるでしょうか?
どこにどういう風に相談したらいいかもわからないので、細かく教えていただけたらと思います よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「リビングウィル」という言葉で検索かけてみてください。
あなたの知りたいことがたくさん見つかりますよ。

Q臓器提供の意思のある人だけが臓器提供を受けれるようにすればいいと思うのですが?

臓器提供をもっと広めるために臓器提供の意思表示をした人だけが臓器提供を受けれるようにすればいいと思うのですが、みなさんどう思われますか?

Aベストアンサー

先日ここで骨髄バンクについての質問をした者です。
現在、臓器提供の意思カードのほか、アイバンク、腎臓財団への登録をしています。


「提供の意思を表示した者だけが提供の権利を得る」
これでは、逆に臓器提供が閉鎖的なグループ内での提供になってしまい
かえって、登録者数が増えづらい環境となります。
もし、登録用紙に
「提供いただいた臓器は、同じく提供の意思を示されていた患者さんにのみ提供されます」なんて書いてあったら、胡散臭くて私は登録しません。

あくまでも「善意」の行為なのですから。

Q臓器提供の親族優先に関して、家族が同時に事故に遭った場合

臓器提供で、事前に親族優先の意思表示などをしていれば、親族に優先して臓器提供される、とのことですが…(細かい工程説明は省きます)。
条件に「移植希望登録をしている」とある部分に関する疑問です。

例えば、父・母・子の3人家族がいて、父と母が臓器提供・親族優先の意思表明/登録をしていたとします。
この3人が同時に1つの交通事故に遭い、母親は脳死、子が緊急の臓器移植が必要になった場合の話です。このケースだと、母親の臓器を優先して子どもに移植できる、と思うところですが、
母親が臓器提供できるようになった時点では、子どもはまだ移植希望登録をしていませんよね?
(母親の脳死判定の後、子に臓器移植が必要になった、ということです。この前後が逆ならば、問題ないと思うのですが、同時の場合も含めるとギリギリアウトということで、)
母親から優先して臓器提供は受けることができないのでしょうか?
それとも、こういう場合でも大目に見て、あるいは取り計らって臓器提供できるのでしょうか。
なんだか揚げ足取りみたいな質問ですが、知識が浅いもので、よく分かりません。
どなたかご教授願います。

それともう一つ疑問、というか納得できないことが、兄弟間の親族優先はできないということです。
故意に兄弟のどちらかを死なせたり、または臓器移植のために新しく兄弟をつくる、などという懸念があるのでしょうが、
臓器提供を必要としている弟がいて、その兄が不慮の事故で脳死判定となったー…
という場合でも優先して臓器提供できないのは、なんだかやるせない気持ちになります。
感情論に走るようですが。

臓器提供で、事前に親族優先の意思表示などをしていれば、親族に優先して臓器提供される、とのことですが…(細かい工程説明は省きます)。
条件に「移植希望登録をしている」とある部分に関する疑問です。

例えば、父・母・子の3人家族がいて、父と母が臓器提供・親族優先の意思表明/登録をしていたとします。
この3人が同時に1つの交通事故に遭い、母親は脳死、子が緊急の臓器移植が必要になった場合の話です。このケースだと、母親の臓器を優先して子どもに移植できる、と思うところですが、
母親が臓器提...続きを読む

Aベストアンサー

親族優先提供が法律でできることになったので、この場合、提供を承認するのも希望するのも本人・・・もしくは親族がそう決断すればOKですね。

他の待機者よりも近くにいるので優先されます。

臓器は鮮度が命ですから。

Q献体について教えてください。

献体をすると遺骨が手元に帰ってくるのが、1年から3年だとつい最近の朝日新聞に載っていました。

そこで、
その場合遺骨が無くて、葬式はどうしたらよいのか?
献体された機関が火葬場で焼いてくれるのか?
保険証に献体(角膜など)の提供の意思を書く欄がありますが、もし死亡した場合、家族の了承など必要ですか?
献体については、家族の了承が必要だとその新聞には書いてありました。

出来れば使える物はすべて使って欲しいので、献体したいと思います。

経験者または詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

No.3   再度、

献体の場合は使えるものは全て使うと言う概念は当てはまりません、
パーツとして役立つ事は有りません、
ご遺体そのものが医学生の今後の為に細大漏らさず解剖され切り刻まれます、
骨の一片・肉片に至るまで、
全てが体験の為です、

お間違えの無いように、

種々の臓器を寄付したいのなら、臓器移植の同意を経て死後に役立ちます、

繰り返しますが、此処が根本的に違うところです、

更に、葬儀を執り行わない場合、
死亡判定が出て24時間が経過してから焼却するのが大原則です、
現在は大多数の方は病院で息を引き取られますから、病院が斡旋する葬儀業者を依頼するもよし、自身で捜して依頼するもよしです、

取敢えずは病院から遺体の撤収です、
この時に死亡剖検(診断書)を忘れずに請求して持ち帰ってください、
此れが無いと火葬出来ません、葬儀をする・しないに関わらず、

ご自宅で安置されるのもよし、葬儀をしなくても何処かの会館などで安置されるのもよしです、

然るべき時間が経過した後に斎場へ運んで焼却です、
焼骨を骨上げして持ち帰るもよし、骨上げせずに廃棄の方法もアリです、
後者の場合は墓も必要ないと仰る場合です、

我々は後者の方法で消えて無くなります、

申し添えておきますが、どちらかへと言う意思が確りと判断できて固まらない限り、生半可でやってみようと仰るならお薦め出来ません、

葬儀を簡素化されるのも貴方の自由です、ご家族と生前によく打ち合わせをされて於かれると良いのでは?、
臓器移植で有ろうと献体で有ろうと簡素化は幾らでも出来ます、

一種のブーム的な物に流されずに確りと自分流を確立されて全ての事に臨まれるのが最善だと思います、

戒名や墓のご心配は生前に或いは死後に遺族や自身が心配する事です、
私には関係の無い事ですので感知しません、出来ません、

献体に提供の場合で葬儀をしないのなら提供先へ連絡すれば向こうから病院まで引き取りに来てくれます、

役に立った後で、提供先で荼毘に付されて遺骨が返還されますが、
当方は其の返還も必要有りません、戻れば墓が必要に成りますから。

No.3   再度、

献体の場合は使えるものは全て使うと言う概念は当てはまりません、
パーツとして役立つ事は有りません、
ご遺体そのものが医学生の今後の為に細大漏らさず解剖され切り刻まれます、
骨の一片・肉片に至るまで、
全てが体験の為です、

お間違えの無いように、

種々の臓器を寄付したいのなら、臓器移植の同意を経て死後に役立ちます、

繰り返しますが、此処が根本的に違うところです、

更に、葬儀を執り行わない場合、
死亡判定が出て24時間が経過してから焼却するのが大原則です、
現...続きを読む

Q臓器提供について

少し前から臓器提供について考えています。

私はもし、脳死状態になったら提供しても良いと思っています。
ネットでいろいろ調べるうちにどうなんだろうと言う事があり質問させてもらいます。

●あるところで「いくら脳死状態でも臓器を取り出す時、麻酔をかけないとのた打ち回る」と、書かれていました。
どういう方が書かれてたのかわからないのですが、それが本当ならかなり痛い思いをするということでしょうか...

●「脳死」と判断された時点で延命措置の器具などをはずされ、完全に「死」とされて臓器を取り出すのではないのでしょうか?
カードにはそういうことを記入することができますか?

Aベストアンサー

はじめまして.

「脳死状態でも臓器を取り出すとき,麻酔をかけないとのた打ち回る」という点については,全くの嘘です.確かに,脳死状態で臓器を提供された方の意見は聞くことができませんが,脳の機能が消失すれば反射ですら消えてしまいます.痛みを感じたり,ましてや痛みのために動くなどということはないでしょう.近い例としては,不整脈などで意識を失った方に電気ショックをかける時には麻酔は使いません.

「脳死」における移植のメリットとは,機能が完全に保たれている状態で移植が可能,という点にあります.たとえば,心臓が停止してから心臓の移植をするのでは血流がなくなるため,心筋梗塞を起こした心臓を移植するようなものです.最近話題の万波医師がやったことと変わらなくなってしまいます.もし,それが嫌なら死亡後に移植可能なものを提供する,ということでよろしいかと思います.

日本においては,脳死後の臓器提供にはご家族の意志も問題となりますので,生前によく話し合っておくことをお勧めいたします.

Q臓器提供についての質問です

 臓器提供について詳しくないので、このことに法的に詳しい方に解説いただけると幸いです。
 質問したいのは、以下の2点です。
 (1)少し前に、「本人が脳死状態になった場合、親族の同意だけで臓器提供をすることができる」という法改正がされたことがあったかと思います。この場合、本人がたとえ「臓器提供意思表示カード」を持っていなかったとしても、親族の合意だけで臓器の提供がされてしまうことがあり得るのでしょうか?
 (2)臓器提供意思表示カードは、持っているだけで臓器の提供意思があるとみなされるのでしょうか?つまり、カード裏面の1.2.3のいずれにも丸が付けられていなくとも、署名さえあれば臓器提供の意思ありとみなされるのでしょうか?また、カード裏面が完全な白紙状態で本人の署名すらなくとも、臓器提供の意思ありとみなされますか?
 臓器提供のことについて知っておられる方に、ご回答願えるとありがたいです。

Aベストアンサー

当人が生前に意思表示をしていなかった場合に、家族の同意で提供できるのです。
意思表示カードを持っていないからこそ家族の同意でできるのです。
カードを持っていて、「私は臓器提供をしません」 と意思表示していたならば、親だろうが子だろうがそれを覆して提供することはできません。
「脳死の場合て゛も心臓死の場合でも提供します」、あるいは、「脳死では提供しません心臓死の場合にのみ提供します」 と意思表示していたならば、その意思の通りにしかできません。
また、当人の意思表示に関わらず、提供拒否はできます。当人は脳死でも心臓死でも提供すると意思表示していても、家族がいやだと、遺体に傷をつけたくない、提供しないと拒否することはできます。本人に提供意思があるといっても、家族が反対したらそれを押し切って臓器摘出することはできません。
摘出した後で、この臓器は移植には適さない、という医学的な判断があって、摘出後の段階で移植が行われないこともあり得ます。
ご質問は「脳死」の場合のみですが、心臓死での提供も同じことです。脳死という現象は、人の死の中で1%以下でしか起こらないことです。人はめったなことでは脳死にはなりません。
報道が脳死移植ばかりなので誤解が増えていますが、腎臓バンク・アイバンクは昔からあって、心臓死での腎移植は行われていました。
腎臓は心停止=酸素途絶に強いので、死んで60分後くらいは大丈夫なのですが、心停止ですぐに移植には適さなくなる肝臓や心臓は外国へ行って移植する人がいました。
それが、当時は経済大国だった日本に対して、臓器も金で買うのかと顰蹙をかい、欧米の医学界同様に脳死を人の死とする法律ができたのです。

臓器提供意思表示カードは、必要事項が「完璧に」書かれていないと無効です。

当人が生前に意思表示をしていなかった場合に、家族の同意で提供できるのです。
意思表示カードを持っていないからこそ家族の同意でできるのです。
カードを持っていて、「私は臓器提供をしません」 と意思表示していたならば、親だろうが子だろうがそれを覆して提供することはできません。
「脳死の場合て゛も心臓死の場合でも提供します」、あるいは、「脳死では提供しません心臓死の場合にのみ提供します」 と意思表示していたならば、その意思の通りにしかできません。
また、当人の意思表示に関わらず、提供...続きを読む

Q臓器提供意思表示カード 発行

こんにちは 質問です

臓器提供意思表示カードを持ちたいのですが、何処でどの様に発行してもらえるのでしょうか?

確か、15歳以上の人なら発行してもらえると聞きました。

ご存知の方、ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

 >臓器提供意思表示カードを持ちたいのですが、何処でどの様に発行してもらえるのでしょうか?

 前はコンビニエンスストア(確かローソン)においてあった。市役所とか警察署でも見た覚えがある。リーフレットと一緒においてあるから、もらってきて記入すればいいだけ。発行手続きとかは無し。

Q献体をする事の同意は?

 亡き父が献体申し込みをして同意が得られないまま死亡しました。
 当時6人の同意を必要としておりましたが、今もこの条件は同じでしょうか。
 なかなかこの同意がネックなんですが、経験ある方教えて下さい。
 私も父の同意が聞いてやれない事が今非常に気になり献体を考えています。

Aベストアンサー

献体について調べてみたところ、
肉親の同意が必ず必要とありますが、6人の同意という部分は明記されていないようです。

一人でも反対の方がいれば献体できないというところも注意が必要ですね。

とりあえず、ご本人がすでに亡くなられているということも含め、一度直接問い合わせてみられるのが一番かと思います。

お父様のご冥福をお祈りします。

参考URL:http://www.kentai.or.jp/index.html,http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00839/contents/00003.htm

Q臓器提供意思表示、迷っています・・・。

最近の健康保険証カードの裏面には、臓器提供の意思表示ができるようになってますよね?

1. 脳死なら提供する。
2. 心臓死なら提供する。
3. 提供しない。

で、どれにするか迷っています・・・。

絶対に絶対に絶対に、もう生き返らないのなら、何もかもモロトモ提供しちゃってもいいのですが、万が一、妻がそうなった場合、「触るな!」と叫んでしまうかもしれません。

みなさんはどうしましたか?またその理由は?
個人的には、腎臓や膵臓なんかを、天国に持っていっても仕方ないと思うので、お気軽にどうぞ、という感じなのですが。

Aベストアンサー

30代後半独身、男性です。
何故か私の保険証には意思表示の印刷が無いのですが(汗
あったら「提供しない」に入れると思います。
理由は、私は幼少の頃から度々体にメスを入れられて来ている為です。

この歳になってそういう事があっても特に感慨は無いですが、幼少の頃のイメージと言うのは強烈でした。

「別に切って欲しく無い」のに切られて(必然ではあったのですが)その為に体が変わってしまい、その事だけでもショックなのに更に傷口が完全に塞がるまでは痛みも取れず、取れたと思ったら今度は抜糸。
その後も当然ながら微妙な痛みは消えず、更に友人からなじられ、虐められる原因にもなりました。

中年男がこんな事を書くと情けなく思われるでしょうが、幼少時に体と心両方に負ってしまった傷は癒えないのです。

こんな事を書くとバッシングを受けそうですが、その事もまた「アンチ」になってしまう原因になりました。

と言うのは、丁度その表示カードが普及を始めた頃、「当然提供しますよね?」と言わんばかりの圧力感があった気がします。

職場に行けば「どの臓器に入れた?」みたいな話になり、正直に「体を刻まれるのは嫌」なんて話そうものなら「なんで!?おかしいよ絶対!!死んじゃったら何も分からないんだよ?病気で苦しんでる人がいっぱいいるんだよ?助けたいと思わないの?自分は死んじゃって何も分からなくなるのに何で人の役に立とうとしないの?」等とある意味正論で押し切られ、(一時的にではありますが)自分の意思と裏腹に「提供する」表示に入れざるを得なくなった・・・・と言う経緯があったからです。

正直なところ、「せめて死んだ後位は体を切り刻まないで欲しい」と思ってしまいます。

いきなり「アンチ」で申し訳ないです。
更に折角「お気軽に」と仰って頂いたのに重い話になってしまった事もお詫び致します。

30代後半独身、男性です。
何故か私の保険証には意思表示の印刷が無いのですが(汗
あったら「提供しない」に入れると思います。
理由は、私は幼少の頃から度々体にメスを入れられて来ている為です。

この歳になってそういう事があっても特に感慨は無いですが、幼少の頃のイメージと言うのは強烈でした。

「別に切って欲しく無い」のに切られて(必然ではあったのですが)その為に体が変わってしまい、その事だけでもショックなのに更に傷口が完全に塞がるまでは痛みも取れず、取れたと思ったら今度は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報