「教えて!ピックアップ」リリース!

ワクチンは時間が経つと効果が薄れると言いますが、コロナワクチンを1回打った人と2回打った人で抗体の量が変わりますよね?今ではさらに3回目、4回目をあった人の方が後退の減少率も少なかったりするという研究も出てます。これらはいわゆるブースター接種というやつみたいですが、一方でインフルは年一回の接種に留まっていてブースター接種はしてないと思います。

インフルも短い期間で何度も打てば半年後の交代減少率も抑えられたりするんでしょうか?

コロナのワクチンだけ何度も打てばより効果が出るみたいな認識なのはなぜでしょう。。

A 回答 (4件)

コロナ(COVID-19)ウィルスは、時期を選ばないのと、それなりに滅する事が出来ないので、継続していると思います。


インフルは「季節性」なんで、期間が短いのでしょうね。

それに天然ワクチンなら、効果がかなり持続するんだと思います。
    • good
    • 0

二回にわけてワンセットです。

体にメモリーとして対応できるようになるのでそれ以降は免疫力の補充であって、健康な人は必要ありません。
    • good
    • 0

それがこのビジネスモデルだからです

    • good
    • 0

インフルの流行は冬だけだからだよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング