築5.5年の一軒家に住んでいます。
購入したのは建売住宅の一番日当たりの良い家なのですが、我が家だけ目立ったひびわれが出てきました。

今日、業者さんが通りすがりにひび割れを発見したとの事で「補修(塗装)してはどうか?」と言われました。

補修はひび割れ箇所だけでなく、全塗装で本来なら90万を特別価格で75万に。と言われ、「そんなお金は無い」と言ったら69万に下がりました。

そこで、質問なのですが、モルタルで築5.5年になる外壁は補修した方が良いのでしょうか?それとも、もう少し後での補修でも大丈夫でしょうか?

また、補修する場合、ひび割れ部分のみの補修でいいのか、全面補修の方が良いのでしょうか?

全くの素人なので、何もわかりません。

お手数ですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

5年だろうと10年だろうと外壁のモルタルのひびが気になりだすようであれば、補修の時期かと思います。


雨水の浸入は構造体に悪いものですから。

ただし補修に当たっては家を建ててくれた工務店さんに相談なさってください。
ひびにコーキング材をつめて、塗料を塗るのが一般的です。コーキング材をつめるのが目的ですが、見た目よくないので塗装します。よって全面塗装になるかと思います。塗装は防水の意味もあります。

ひびの原因も見積を取るときにお尋ねになってください。
規則性のあるひびであれば、基礎の沈下なども考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス頂き、家族と相談した結果、今回の業者での補修は断る事にしました。

ひび割れについてはtootyannさんのおっしゃる通り、この家を建築して頂いた工務店さんにお願いすることにしました。

私達夫婦はひび割れが気になっており、補修したいと考えているのですが、同居している義両親は「まだ5.5年だし、補修の必要はないでしょう」と、言います。でも、義両親も素人なので、言う事を信用する事はできませんでした。

>雨水の浸入は構造体に悪いものですから。
 ↑
この事を伝えて、改めて補修が必要である事をわかってもらうようにします。

とても、勉強になり助かりました。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/20 23:54

ひび割れの原因が何か?近所の信用ある工務店に点検して貰いましょう。

単純なひび割れなら埋めて塗装するだけです。費用は塗装の種類で違ってくるので複数の工務店に見積もりを依頼しましょう。選定は価格より信用できるか?否か?に重点を置きましょう。もし価格の高い工務店が信用出来るのなら交渉してみましょう。ある程度相談にのってくれるはずです。将来のメンテナンスもお願いする!と付け加えて~。
 一般的ですが、訪問販売の工務店は大手の名称(塗料メーカー,建材メーカー等)を語ったり、余りお勧め出来ません。
 全面塗装をお勧めいたします。部分補修では見苦しいですよ!1階部分なら全面塗装でも安く済みます(足場がいらないので)~の方法もありますが~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス頂き、家族と相談した結果、今回の業者での補修は断る事にしました。

今回の業者は外側からひび割れを見た(眺めた?)だけだったので、yamanekotamaさんのレスを読んで、ちょっと怪しいかなぁ?と思いました。やはり、原因をきちんと調べてもらわないといけないですね。考えれば分かりそうですが、気付かずにその業者を信頼しそうになってた自分が怖いです。

ひび割れは考えた末、まずは我が家を建築して頂いた工務店に調べてもらおうと思います。

全面塗装は1Fのみでもできるんですね~!凄く参考になります!我が家は去年末に子供が生まれて1円でも多く貯金したい時期なので、補修しても安くあがるなら嬉しいです。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/20 23:46

兄が建築士です。

我が家も外壁のひび割れが気になってきたため(築7年)外壁の改修を勧める業者が良く訪問してきます。

兄曰く、基本的には状況によるけれども外壁の改修は10年に1回程度。その間のひび割れに関してはパテを埋めるなどして対応していれば大丈夫とのこと。

ただ、外壁ひび割れといいながらも、時々室内の壁にパキッと亀裂の入る家があるそうなんですが、こういった場合は年数に関わらず外壁の不具合が中に干渉している証拠なので即手入れをすべきとの事でした。

最近は悪徳リフォーム業者も多いので、実際に施工する際にも、業者選定には気をつけたほうがいいかも知れませんね。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイス頂き、家族と相談した結果、今回の業者での補修は断る事にしました。

室内での亀裂の音はないのですが、3年前、今回と同じように他の業者からひび割れの補修を薦められたのですが、その際にひび割れを確認した時よりも今は大きくなっている気がします。

今回の事はまわりの沢山の友人、知人にも相談していたのですが、たまたま夫の知り合いの知り合いで工務店の会長さんがおられ、その方に今回の相談をして、業者が作成した見積もりも見てもらいました。

すると見積もりに書かれていた今回の補修に使われる塗料+塗り方では必ず、塗料が剥がれ落ちる。と言われ(モルタルに合わない塗料だったようです。)、また料金についても元々は95万を特別価格で75万。「金がない」と言ったら69万に下がったのですが、95-69万の差額は塗料の質を落とすか、元々69万だったのに95万とふっかけてる可能性があるので、その業者は怪しいと言われました。

気になるひび割れについては我が家を建築して頂いた工務店さんに原因を調べてもらい、補修をお願いしようと思います。

今回の事はわからない事だらけで未知の世界でしたが、色々勉強になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/20 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外壁のガルバリウム

外壁にガルバリウムを使って家を建てたのですが、外壁の表面に無数のビスのような物で外壁をとめています。そのような施工の仕方なのかどうかわかりません。近所のガルバリウムの家をみてもそのような施工の壁はありません。また、雨等がそのビスの隙間から入ってこないのか心配です。このような施工の仕方があるのでしょうか?

Aベストアンサー

サイディングの場合、ガルバリウム鋼鈑の裏に発泡ポリスチレンなどの材を裏打ちして有るものが多いですが、私が言う「単体」というのは、波板鋼鈑そのものを、下地(+防水シートなど)の上に直接張ってある、という意味です。
場合によっては(防火、準防火地域の建築や、一定規模以上の建築の場合など)鋼鈑の内側に石膏ボードなどの防火被覆をしてから鋼鈑を張ります。

サイディング仕様の場合も15mm程度の発泡ポリスチレンでは足りないので、どちらの場合も断熱材は別に考える必要があるでしょう。

ビスの部分の鋼鈑のへこみは程度によりますが、あまりにも酷いようでしたら…例えば斜めから見たときに波の列が歪んで見えるほどなら、直させることが出来ます。

Qモルタルの補修跡を隠すには?

家の駐車場を作るときにミスがあり、コンクリートの一部分にモルタルの流しなおしをしました。まだコンクリートが固まりきる前だったので、固まってくれば補修部分はじきに目立たなくなると言われましたが、施工から2ヶ月近くたった今でも、補修部分は色が違ったままです。
(もとの部分は白っぽいのに、補修部分は灰色)。
工務店の方は「しばらくしても跡が残るようだったら、もう一度全体を塗り直します」と言ってくれたのですが、そろそろ言ってもいい時期なのでしょうか?
また、この補修部分を何らかの形で自分たちで目立たなくする方法はあるでしょうか。
説明が分かりにくく申し訳ありませんが、どなたか分かる方がいらっしゃったらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

相手の施工ミスで補修し、その部分が目立つため気になって仕方がなく、見るたびに腹立たしい気分になるお気持ちはよく分かります。

コンクリートは、最初は生コン会社のものを使い
補修時は、プレミックス品(水を加えてすぐ使える)を使用したか、セメントと骨材を現場で練って施工したものでは無いかと推察します。
だとすると、セメントメーカーの違いによる色の違いや、配合比によっても色は違ってきますので、全く同じになることは期待しない方がよいと考えます。

そこで、モルタルの全面上塗りを施すかどうかですが
期間が空けば空くほど接着力が落ちて剥離しやすくなります。
(それを補う薬剤も市販されてはいますが信頼性、耐久性の程は私には判りません)
ある程度厚塗りして強度を持たせれば乗用車程度の加重では簡単に剥がれることは無いと見て良いと思いますが、ひび割れ防止については、鉄筋を入れて施工しても、面積によっては現状でも起こり得ますので非常に予見困難と考えます。

結論としては、他の回答者のご意見も含めて参考にされて、
・工務店の方と早めに相談されて見ることで、誠意が感じられたら、あなたの気持ちも落ち着くでしょうし、時間の経過とともに気ならなくなると思いますがいかがでしょうか、機能上実害ない場合ですが・・・

・万一補修が杜撰な場合、後日その部分だけが陥没(一寸大げさな表現ですが・・)したような場合の対応についての確認はしておくべきかと思います。

相手の施工ミスで補修し、その部分が目立つため気になって仕方がなく、見るたびに腹立たしい気分になるお気持ちはよく分かります。

コンクリートは、最初は生コン会社のものを使い
補修時は、プレミックス品(水を加えてすぐ使える)を使用したか、セメントと骨材を現場で練って施工したものでは無いかと推察します。
だとすると、セメントメーカーの違いによる色の違いや、配合比によっても色は違ってきますので、全く同じになることは期待しない方がよいと考えます。

そこで、モルタルの全面上塗りを施す...続きを読む

Qガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、

ガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、ガルバリウムの部分は完了したと伝えられました。素人なので板金屋さんの腕の良し悪しはよくわからなかったのですが、片付け等いろいろ雑な所が目につく人で大丈夫なのかなという印象を受けてしまいました。こっそり近づいて仕上がりを良く見てみると、浮いている釘・釘を打ったあとに抜いたままで穴になっている箇所がそれぞれ3・4箇所ありました。ひっかき傷が多いのも気になったのですが、将来的にひっかき傷がさびにつながることはあるのでしょうか?またガルバリウムとサッシのつぎ目にはコーキングしてある箇所としていない箇所があります。ガルバリウムは切断面からさびやすいと聞きました。全部にコーキングすべきと思うのですがどうなのでしょうか?近々足場が外されてしまうので、早めに教えてくださいますと助かります。

Aベストアンサー

ガルバリウム鋼板は素地表し(シルバ-色)それともガルバリウム鋼板の上塗装仕上げ品のなっていますか
(カラ-色)
引っかき傷等はタッチアップした方が良いと思います。叉釘等のだめ穴は確実に補修した方が良いと思います。
叉サッシ枠と外壁たぶん角波等の成形品だと思いますが、単一だと弱いため強度を上げるため通常成形しています。縦コ-キング下コ-キング
上は 立て枠から150cm程度返しまでコ-キングを打ます。入った水を逃がすためといわれています(たて張り)ただ注意しないといけないのは、たぶん外壁材が角波のような形状の場合は山に来る場合と谷に来る場合あります。したがって専門のコ-キング屋さんでないと、コ-キングが切れやすいと思います
叉板厚が薄いので、コ-キングも難しく、叉金属なので熱の動きも非常に大きいです
叉角波のジョイント面も確実にかぶせないとそこからむってくる場合もあります
さらに外壁材のしたにタイベック等の防水通気シ-トがはられていると思いますが、サッシ枠周り
の端末処理を確実に行わないと漏水の可能性があります
簡単そうにみえますが、職人さんがしっかりと施工をしないと、台風時や強風をともなった大雨時
に雨水もれをよくおこします。鉄骨構造の工場や倉庫等でよくしようしていますが、台風シ-ズンに良く
雨漏れが発生しやすいようなきがします。

ガルバリウム鋼板は素地表し(シルバ-色)それともガルバリウム鋼板の上塗装仕上げ品のなっていますか
(カラ-色)
引っかき傷等はタッチアップした方が良いと思います。叉釘等のだめ穴は確実に補修した方が良いと思います。
叉サッシ枠と外壁たぶん角波等の成形品だと思いますが、単一だと弱いため強度を上げるため通常成形しています。縦コ-キング下コ-キング
上は 立て枠から150cm程度返しまでコ-キングを打ます。入った水を逃がすためといわれています(たて張り)ただ注意しないといけないのは、たぶん外壁...続きを読む

Qコンクリートのひび割れ補修

コンクリートのひび割れには樹脂モルタルがいいと聞いたのですが、使用方法は水と混ぜ、塗るだけでいいでしょうか?
もし正しければ水との配合割合によって既存のコンクリートとの色違いがでてくるように思うのですが、配合はどのようにすればいいでしょうか?
他にひび割れ補修方法があれば教えてください。
また、樹脂モルタルなど補修剤のWebサイトを紹介いただけないでしょうか?
いろいろ聞いてすみません。
素人ですので、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

返事が遅くなりました。
変成シーラーは外壁材の目地を処理するものです。
サイディング(コンクリート製、金属製)や波板などさまざまに使用できます。ある程度なら色も塗れますよ。

http://www.jtw.zaq.ne.jp/shimamoto/corting.htm

Qガルバリウムの外壁についた塗料の取り方

休みの日に子供たちとウッドデッキの手入れをしていました。茶色いペンキを塗っていたのですが、子供たちが家の外壁(ガルバリウム鋼板)に誤って塗ってしまいました。シルバーの外壁に茶色のペンキがついて目立ってしまいます。どうにか外壁を傷めないでペンキを消したいと考えています。どのような方法が一番よいのでしょうか?

Aベストアンサー

まずガルバリウム鋼鈑について簡単に説明しておきます。
ガルバリウム鋼鈑はアルミニウムと亜鉛の合金メッキ(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%)鋼板のことです。アルミニウムの長期耐久性と亜鉛のもつ犠牲防食作用(亜鉛メッキ皮膜になんらかの理由でキズが生じた場合、周囲の亜鉛が陽イオンとなって鉄の腐食を抑制し、電気化学的に保護する能力)と、更には自己修復作用を合わせもつため、使用環境によりもよりますが、亜鉛メッキを施した鋼鈑等の約3~6倍の耐久性があると言われています。

よってペンキが付着した程度で、ガルバリウム鋼鈑自体には殆ど影響は無いものと思われます。
ペンキに関してですが、もし油性のペンキでしたら、ペイント薄め液で落ちる筈です。下地にも特に強いダメージはありません。(ガルバリウムにしても、亜鉛メッキにしても塗料ではありませんので、溶剤の影響はそれ程受けるものではありません。ただし長時間溶剤に漬けておけば、何らかの影響は出るものと思われます)
水性ペンキの場合はペイント薄め液では落ちないでしょう。この場合はカー用品になりますが、ブレーキクリーナーと言うものがありますので、それを吹き付けてから地道に落としてみて下さい。それで落ちなければラッカーシンナーを使用してみて下さい。(なるべくペンキのみにしかシンナーが付かないように注意して下さい)しかし水性ペンキは溶剤ではなかなか落ちないかもしれないので多少根気は必要かもしれません。
まだペンキが付着してから日が浅いのであれば比較的楽に落ちるとは思いますが…

ペンキが取れてからは特に後処理は必要ないとは思いますが、念のためシリコンスプレーでも吹き付けておけば大丈夫でしょう。

ちなみに私は塗装業をやっている訳でも、屋根材の専門家でもありません。建築デザイナーをしているので、建築知識と経験でアドバイスさせて頂きました。

まずガルバリウム鋼鈑について簡単に説明しておきます。
ガルバリウム鋼鈑はアルミニウムと亜鉛の合金メッキ(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%)鋼板のことです。アルミニウムの長期耐久性と亜鉛のもつ犠牲防食作用(亜鉛メッキ皮膜になんらかの理由でキズが生じた場合、周囲の亜鉛が陽イオンとなって鉄の腐食を抑制し、電気化学的に保護する能力)と、更には自己修復作用を合わせもつため、使用環境によりもよりますが、亜鉛メッキを施した鋼鈑等の約3~6倍の耐久性があると言われています。

よっ...続きを読む

Qコンクリート基礎のひび割れ補修 中立な立場からの調査は請求できますか?

現在、築5年の建売住宅に住んでいて
そのコンクリートの基礎部分にひび割れがあり
(コンクリートを打ち込むときに、枠との間まできちんとコンクリートが
回らないで、隙間があったのでは?と言う感じに見えます)
それを隠すように汚く上塗りがされているのを見つけました
素人の私が見てもやっつけ仕事と言うのが分かる状態です

この間、建築会社が、独自の調査をしたのですが、中の鉄筋の数など
入るべき数は入っているので
そのひび割れを単に補修すれば良いと言っています

こういった場合、会社内での調査でなく
外注で公平な目で検査をしてくれるところに依頼するよう
こちらから申し出る事は可能なのでしょうか?

本当に困っていて、どう対処して良いのか分かりません。。

どうぞ、アドバイス、お願い致します

Aベストアンサー

#2です。
お礼を読んで補足します。

一般に瑕疵担保というのは契約で定めるのが普通ですが、法律で規定してある部分もあるです。関連する法律としては、一般的な原則として民法があり、新築物件なら品確法、宅地建物取引業者が係わる売買契約なら宅建業法が適用されます。
民法は原則を定めているだけなので、契約で定めたほうが優先します。すなわち民法に反するようなことを定めるのは許されています。
しかし、宅建業法と品確法は契約書に優先して適用されます。
契約は売買契約で売り主は宅建業者のようですから宅建業法が適用されますが、宅建業法では2年以上の期間を契約で定めればよいことになっていますので、こちらはおそらく期限切れになっています。
品確法は期間が10年になっていますが、これは構造上重要な部分と雨漏りに関係する部分だけと適用する部分を限定しています。基礎は構造上重要な部分として扱えます。

一方法律とは関係なく、業者が自主的に社内ルールとしてアフターサービス契約を定めていることがあります。これは法律で義務つけられているものではなく、あくまで業者の独自のサービスで一般には有効期限を2年としていることが多いようです。
これについては相手の社内の規則ですので、これに基づいて修理を行う場合は、アフターサービス契約内容に従う必要があります。

品確法に基づいて請求することも可能と思いますが、業者が自分のところで行うものより過大な費用が生じた場合、その費用の支払いにすんなり応じないと思います。あまりもめると裁判まで行かなければならなくなり、余分な手間が発生してしまいます。
いきなり今後の関係も良好にしていきたいようですから、内容証明などいきなり突きつけなくとも、まずは話し合いの機会を設けて、調査方法などや費用負担の確認・工期など状況を聞き出し、それを専門家なり、適当な人がいなければここで改めて質問してみてもよいのではないかと思います。

個人的な感想としては、交渉に品確法を持ち出し、実際は相手に修理させてみてもよいのではないかと思います。


>今後、もし現在の家を売却する場合、今回の補修の件に関して買主にはこの瑕疵について報告しなくてはならないのですよね。。?

メンテナンスの記録は報告した方がよいと思いますが、きちんと修理が完了していれば、それは売却時点ではすでに瑕疵ではなくなっていると思います。


>やはり今回の補修の件でその価値が下がったという事に対しての賠償責任の請求と言うのは出来るのでしょうか?

これはかなり無理だと思います。
その理由は以下の通りです。

1)コンクリートは大なり小なりひびわれが発生する材料ですから、ひびの発生はそんなに珍しくないですので、資産価値が低下したと認められるかどうかは難しいところだと思います。

2)調査や修理にかかった費用を証明するのはそんなに難しくないですが、資産価値の低下を損害賠償として請求するには、その価格を証明する必要がありますが、それを評価するのはかなり困難だと思います。

3)品確法は新築物件に対してのみ有効で、中古売買には関係しないもので、民法の規定によると木造の場合5年で時効を迎えることになります。こう考えると品確法の適用範囲内でしか損害賠償などは適用できないと思います。
品確法の瑕疵担保責任はあくまで新築住宅の購入者・建築主を対象にしていますので、そのもの自体の瑕疵についての責任しか適用されず、資産価値の低下までは対象とならないと思います。


<不具合が本アフターサービス業務基準に該当するか
否かの具体的認定及び補修方法の決定は、

この話では品確法での話ではなくアフターサービス契約での対応を言っているようですね。

先に述べたようにアフターサービスとして行うのなら、一般的な期間である2年を過ぎていますので、業者の対応はむしろ丁寧であるようにも思えます。
なお、アフターサービス適用外であっても品確法の適用はできると思います。
打合せをする場合この両者をきちんと区別して話をすることが大事だと思います。


>当社または当社の代理人が現地調査(目視を基本とする簡易調査)を行い、専門的、経験的見地から総合的に判断し、実施いたします。

目視調査を始めに行うのは、コンクリート診断の基本ですから、妥当なところです。
専門的に見るというのなら調査員の資格を確認した方がよいのではないでしょうか? 建築士かコンクリート診断士あたりの資格を持っているかどうか?
資格を示して行った行為は有資格者として責任が生じますので、それほど変なことはしなくなるのではないでしょうか?
資格を確認することにより相手にプレッシャーも与えられると思います。


>なお、補修は構造耐久上または機能上の観点から必要な範囲内で行うので、部分保証となる場合があり、その際仕上げ面の色合いの相違が生じる事があります

コンクリートは練った単位ごとに色合いが違ってしまいますし、どんなものでもそうですが新品と中古では色あせなどにより、色合いが変わるのが普通ですから、これは致し方ないことです。

ちなみにひびわれ幅が0.3mm程度以上なら漏水(基礎なので雨漏りは関係ないが、鉄筋の錆のおそれあり)が発生しますので、補修は必要と考えた方がよいです。
0.3mmを計るには専門のスケールもありますが、シャープペンの芯などを利用するとよいです。


>これは上塗りしてあった部分は剥ぎ取って、したの部分のコンクリートの状態を見るとは言ってました。。
でも、なに分にもあちらの連れてくる調査をする業者さんでは本当の不具合があっても、きちんと対処をしてくれないと思うのです。

通常目視調査だけですますことが多いのですが、はぎ取るまでいっているということは、それなりにきちんとした対応をしようとしているように感じます(私が施工サイドの人間なのでひいき目もあるかもしれませんが)。

かなり業者に対する信用を失っているようですが、本当のところどうなんでしょうね。そこまで信頼できない業者なのか。今までの経緯次第ですね。

#2です。
お礼を読んで補足します。

一般に瑕疵担保というのは契約で定めるのが普通ですが、法律で規定してある部分もあるです。関連する法律としては、一般的な原則として民法があり、新築物件なら品確法、宅地建物取引業者が係わる売買契約なら宅建業法が適用されます。
民法は原則を定めているだけなので、契約で定めたほうが優先します。すなわち民法に反するようなことを定めるのは許されています。
しかし、宅建業法と品確法は契約書に優先して適用されます。
契約は売買契約で売り主は宅建業者の...続きを読む

Qガルバリウム鋼板を外壁に使用したいのですが…。

ガルバリウム鋼板を外壁に使用したいのですが…。

東北の積雪地域で木造在来で新築を検討中です。
外壁に雑誌でみた、屋根に使われる立平(縦にリブがあるもの)と呼ばれるガルバリウム鋼板にひかれ使用したいと思っております。
 相談中の工務店では施工実績がなく下地材に何がいいか探しておくといわれました。外壁の防火認定の関係で強化石膏ボードを下地に張っておいて+胴ぶちで通気層も確保するといわれました。
 
外部下地に石膏ボードなどを高温多湿+寒冷地で使えるものなのか?実績のある方どのようなもの使われていますか?(具体的な納まりなど)

防音、断熱など通常の外壁サイディングには劣ってしますのですか?

コストの面で通常の外壁サイディングとどうなのでしょうか?

いまの知識では外壁の選定に不安です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

007UKADE です。
3年ほど前に ”消防法 ”での ”防火・耐火構造 ”の扱いが変わりました。

以前は ”素材 ”が基準でした。燃えるか? 燃えないか? 難燃製があるか? で 鉄板はそのもの自体は燃えないのですが、薄いのと 加熱すると 800度程から 軟化して変形しますので ”耐火素材 ”ではないのです。

そこで、下地に燃えない構造を追加すれば 構造的に 防火・耐火(グレードにより下地条件が変わる)を認めて来た経緯があったのです。

ところが・・・改正(不便になったので? 見直し?)では 各商品毎に登録して 認定番号を事前に取得する事に変更されました。

理由は・・・科学(化学)の発展で 今までは 燃えてた物が 燃えなくなったり 燃えにくくなったりしてきたので 今までのやり方では 混乱を引き起こすためです。

燃えにくい物(難燃性)の素材でも 施工上で下地に 耐火材を挿入した商品も 許可される様になったのです。
アスファルトシングル や FRP樹脂製の瓦、FRP防水 等々が メーカーさんが 認定番号を取って呉れれば使用出来ます。

ところが・・・屋根材で認定番号が取れてても 壁では 未だ取ってない場合は・・・・
・・・実際に監督官庁で確認しないと・・・・役人の頭は固いですから 融通が利きません。
認定番号が・・・・って事でしょう・・きっと!

・・・ある旅館で カーテンを ”ガラス繊維製 ”の燃えない物に換えたのですが 認定のシールが無いので 消防立ち入り検査で アウトになって・・・館主が ”レッテルが防火してくれるのか ”って怒ってました。

ご参考に・・・・

007UKADE です。
3年ほど前に ”消防法 ”での ”防火・耐火構造 ”の扱いが変わりました。

以前は ”素材 ”が基準でした。燃えるか? 燃えないか? 難燃製があるか? で 鉄板はそのもの自体は燃えないのですが、薄いのと 加熱すると 800度程から 軟化して変形しますので ”耐火素材 ”ではないのです。

そこで、下地に燃えない構造を追加すれば 構造的に 防火・耐火(グレードにより下地条件が変わる)を認めて来た経緯があったのです。

ところが・・・改正(不便になったので? 見直し?)では 各商品毎に登...続きを読む

Q木造築40年の家の内壁に横方向のひび割れ。

木造築40年の家の内壁に横方向のひび割れ。
木造築40年の家ですが、
2階の内壁に、水平方向に50cm程度のひび割れを発見しました。
いつできたのかは、見当がつきません。(タンスの裏だったもので)。
ひび割れと同じ場所の外壁には、ひび割れはありませんでした。
また、柱を挟んだ片方側の壁には、ひび割れは見当たりません。

築年数もかなり経っているし、若干、2階は傾いています。
家自体も地盤が緩い土地の上に建っています。
あまり基礎もしっかりしていません。
心配です。

これは簡単な補修で大丈夫なのでしょうか。
このまま放っておく場合、どのくらい危険なのでしょうか。

Aベストアンサー

内外 土塗り壁 でしょうか?
   壁の内部に 抜き材(横架)に沿う罅
内部 下地がボードか?
   ジョイント部に罅
外部 仕上材 張物であれば 表面には露出しない

基礎 罅が入っていますか
   不同沈下がみられますか

建物の傾き 2階だけが傾いている?   
      床が傾いているのかな?
      屋根の状況は如何?
材料の劣化、施工不具合、構造的しわ寄せ
部分的には起るでしょうが
全体を見回さないと建物判定は軽々には不可

Qガルバリウム外壁・屋根の近隣への音など

初めて質問させていただきます。

現在、新居建築の打ち合わせ中で、11月に着工予定です。
外壁材・屋根材について悩んでおります。
現在候補に挙っている外壁材は

・ガルスパン15(アイジー工業)
・ガルスパン25(アイジー工業)
・Danサイディング スパンサイディング(旭トステム)
・ヘーベルパワーボード(旭化成)

です。工務店からはヘーベルパワーボードを勧められているのですが、
デザイン性、耐久性、メンテナンス性などの点から、
自分としてはガルバ系サイディングを貼りたいと思っています。

こちらのQ&Aを色々と拝見したのですが、
上記に挙げたガルバ系サイディングやガルバリウムの屋根を使用した場合、
近隣への雨音はそんなにうるさいのでしょうか?

建築場所はそれなりに静かな住宅街でして、すぐ隣に家も建っています。
ずっと住む家ですから、近隣の方とトラブル等は避けたいです。
実際に閑静な住宅密集地にガルバ系サイディングの家に住んでいる方など、
教えていただけると嬉しいです。
もちろん『音』ですので、個人差はあると思いますが……。

また、それとは別なのですが、
ガルバ系サイディング、ガルバリウム屋根を使用するにあたり、
「これはやっておいたほうが良い」ということはありますか?
(例えば、断熱材とか防音処理、通気工法(?)など)

宜しくお願いいたします。

初めて質問させていただきます。

現在、新居建築の打ち合わせ中で、11月に着工予定です。
外壁材・屋根材について悩んでおります。
現在候補に挙っている外壁材は

・ガルスパン15(アイジー工業)
・ガルスパン25(アイジー工業)
・Danサイディング スパンサイディング(旭トステム)
・ヘーベルパワーボード(旭化成)

です。工務店からはヘーベルパワーボードを勧められているのですが、
デザイン性、耐久性、メンテナンス性などの点から、
自分としてはガルバ系サイディングを貼りたいと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

新居の打ち合わせ中とのこと、大変だとは思いますが一番楽しいときですね、ガンバってください。

さて、ご質問の件ですが、我が家は・ガルスパン25(アイジー工業)の外壁で、ガルバリウム鋼鈑の屋根となっています。
yasu16様が心配している近隣への雨音ですが、まったく気になったことはありません。確かに、夏のにわか雨で、バケツをひっくり返したような雨の時には雨音がしていますが、ご近所に迷惑がかかる程の騒音になってしまう事はありません。
また、そのようなときの屋内の音の状況も、雨の気配はしますががうるさくて困ってしまう事はありませんし、他の家と比べて雨があたる音がうるさいと感じたこともありません。
もし、屋内から外部などへの音漏れが心配でしてたら、断熱材などを遮音性の高いものにするなどすればよいかと思います。
ちなみに我が家はグラスウールですが、サッシを閉めれば日常生活で出る音は外に漏れません。

注意したほうが良いのは施工です。
ガルバを使用すると板金屋さんが屋根や外壁の施工をすることになりますので、職人さんの腕にだいぶ左右されるのではないかと思われます。
特に、ガルスパンの外壁は一階から2階までを一枚のものを使用したり、家の形に合わせて曲げたりと施工が大変だったと聞いています。
また、足場などにぶつけたりして傷でもつけると外壁としての性能も落ちてしまいます。

もし、ガルバなどを使用するのであれば、工務店さんがガルスパンを施工した経験や、どのような張り方をするのかなどをぜひ確認してください。
以上が私の経験です。少しでも参考になれば幸いです。
満足のいく新居を建築してください!

新居の打ち合わせ中とのこと、大変だとは思いますが一番楽しいときですね、ガンバってください。

さて、ご質問の件ですが、我が家は・ガルスパン25(アイジー工業)の外壁で、ガルバリウム鋼鈑の屋根となっています。
yasu16様が心配している近隣への雨音ですが、まったく気になったことはありません。確かに、夏のにわか雨で、バケツをひっくり返したような雨の時には雨音がしていますが、ご近所に迷惑がかかる程の騒音になってしまう事はありません。
また、そのようなときの屋内の音の状況も、雨の気配は...続きを読む

Q築1年のマンションの駐車場の塀のコンクリートがもうひび割れています

明日のマンションの総会でこのことを問いただそうと思ってます
具体的に理論的に話すにはどうすればいいでしょうか

今のところ、コンクリートを作るときは計算の上で作るはず,1年ぐらいでこんなにひどいひびが入るのは計算に間違いがあったからではないか?

上記の言い方をもっと論理的に話したいのです
マンション自体もちらほら不具合がありますが,顕著なのは駐車場の塀です。これを突破口にいろいろ質問していきたいと思ってます.
アドバイスいただけませんかお願いします

Aベストアンサー

まず、その塀の構造を確認することが必要です。

「コンクリート」と書かれていますが、表面が同じコンクリート状に見えても、色々な造りがあります。

<ブロック式>
コンクリートブロックを積み上げていき、表面をモルタル仕上げにしているタイプで、最も一般的です。
この場合には、表面はモルタル(コンクリートの一種ですね)を塗っているだけですから、ヒビは入りやすいでしょう。

この場合には、ブロックに鉄筋が入れてあるか否かが、強度を大きく左右しますので、その確認が大事です。入れてあれば、ヒビは美観の問題として、どう考えるかですね。

<万年塀式>
半間~1間(0.9~1.8m)間隔で支柱を立て、そこに横長のコンクリート板をはめ込んでいくタイプです。
普通はそのままですが、これにモルタル仕上げをすることもあります。
これも、ブロック式と同じことです。

構造のポイントは、倒れないように支える控え柱の数です。

<コンクリート打ち式>
型枠を組んで、コンクリートを流し込む造りです。
ご質問者は、ヒビを懸念されていらっしゃいますので、このタイプを念頭に置かれているのではないかと思います。

この場合は、それこそ基礎工事も配筋も必要ですし、1年でヒビが入るのは問題かと思います。

ただ、駐車場の塀をこの方式で作るのは考えにくいですね。
そこまでの強度の必要性がなく、費用もかけないでしょうから。

まあ、駐車場の塀は、突破口にするには、適当ではないと思いますが、いかがでしょうか。

まず、その塀の構造を確認することが必要です。

「コンクリート」と書かれていますが、表面が同じコンクリート状に見えても、色々な造りがあります。

<ブロック式>
コンクリートブロックを積み上げていき、表面をモルタル仕上げにしているタイプで、最も一般的です。
この場合には、表面はモルタル(コンクリートの一種ですね)を塗っているだけですから、ヒビは入りやすいでしょう。

この場合には、ブロックに鉄筋が入れてあるか否かが、強度を大きく左右しますので、その確認が大事です。入れてあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング