A raindrop falling in a pond produces perfect circles of waves that expand indefinitely until canceled by the friction of the shore or by the perfect circles made by other raindrops. When viewed from above, the branches of a tree form circles around their trunk, in an attempt to achieve optimal surface area for soaking in the sun's rays. Even planets and stars try to from circles and spheres in space, although gravity and spinning forces push and pull their pure mathematical curves into the complex forms we see in nature.

A 回答 (4件)

池に落ちる雨の滴は、きれいな波の円を描きます。

この円は、岸に達するか、あるいは他の雨の滴が描く円によって打ち消されるまでどこまでも広がります。

木の枝は、上から見たとき、できるだけ広い面で日光を受けようとして幹のまわりに円形に伸びていきます。

星でさえ宇宙空間に円あるいは球を形作ろうとします。重力および遠心力のため、完全な円または球ではなく、実際に見られるような複雑な形へと変形してはいるけれども。
    • good
    • 0

Evenで始まる文の、try to fromは、try to formのスペリングミスではないでしょうか。


「惑星や恒星でさえ、宇宙空間で円形や球形を描こうとしているが、その純粋に数学的な(正確な)曲線は、重力と遠心力によって押したり引かれたりすることで、我々が自然界で見る複雑な形となっているのだ。」
ということでしょうか。
    • good
    • 0

池に落ちる雨滴によって作られた真円の波は、岸に衝突するか、他の雨滴によって作られた真円の波によって打ち消されるまで、無限に拡大する。



上から見たときに、木の枝は太陽光線を浴びるときに最適な表面積になるように幹のまわりに円形に形成する。

宇宙の惑星と星は、最初は円と球であったが、重力と遠心力に押されて引かれて、純粋な数学的な曲線は、自然と我々の知っている複雑な形状に変化しよとする。

(3番目には自分の限界を感じた、これは難しい)
    • good
    • 0

池に落ちる雨滴は、海岸の摩擦によって、あるいは他の雨滴によって作られた完全な円によって取り消されるまで、無期限に拡大する波の完全な円を生みます。

上から見られた時、木の枝は、太陽の放射線に漬かるために最適の表面のエリアを達成しようとして、それらの幹のまわりの円を形成します。惑星および星さえ試みます、に、重力および回る力は私たちが自然界に見出す複雑な形式にそれらの純粋な数学的なカーブを押し込み引きますが、スペースの円および球体から。

コンピューターに訳させたんで、合ってるかは微妙ですけど・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

Qslow downとslow up、fill inとfill out、in the week of とon the week of の使い分けのポイントをおしえてください

同義語なのか反対語なのかよくわからない英語の表現について教えてください。できましたら例文で教えてもらえると本当にたすかります。

Aベストアンサー

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
あと、
in the week of

on the week of
の違いですが、inのほうがonより「漠然とした」感じみたいですよ。逆に言えばonはもっとその時点(week)にフォーカスした感じで使われている、ということです。うまく説明できなくて申し訳ないけれど。わたしが聞いたとき、ネイティブの人も「うまく説明できなくて申し訳ないけれど」といっていましたっけ。

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
...続きを読む

QFlying by the seat of their pantsとはどういう意味でしょうか?

あるインタビューを聞いていたら、your friends are flying by the seat of their pants still...と出てきました。どういう意味がご存知の方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

the seat of one's pantsは「ズボンのおしりの部分」という意味です。fly by the seat of one's pantsというのは,「パイロットが計器などに頼らず,ズボンのおしりの部分(パイロットと飛行機の最大の接触部分)で感じるままに操縦する」から,「あらかじめ計画したり,他の意見を参考にしたりするのでなく,自分の直観で行動していく」という意味になります。Great leaders should never lead by the seat of their pants.のような言い方もするようですが,慣用的な言い回しとしてはflyを用います。しかし,「飛行機を操縦する」ことに限らず,さまざまな行為について表現することができ,「飛ぶ」という意味になるわけではありません。したがって,ハイフンでつなぐというようなことをしなくても,「あなたの友人たちは,自分の直観だけに頼って行動している」という意味になります。

Qin case of と in the case of

昨日、前置詞の勉強をしていたのですが、
in case of と in the case of
とがあり苦労しています。この問題は本質的には冠詞の問題になると思いますが、その観点から考えても冠詞がつくつかないがみえてきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分も、以前疑問に思っていました。違いはtheがあるかないかですが、基本的に、具体化の程度の差と言うことだと感じています。

in case of は、具体化されていない場合、つまり、未来の一般的な事態について述べる場合です。例えば、「地震のときは」、「緊急事態のときは」などであり、いつ、どこでなどの情報が特定されていません。

in the case of の場合は、基本的に未来ではなく、今までに起きたことについて述べる場合です。「基本的に未来でない」とは、つまり未来でも使うということなのですが、今までの経験に基づいて事態のきりわけをしているということです。例えば、「トムの場合は」とか、「トムがアメリカへ行くといった場合は」のように、具体化が進んでいます。

同じことがof が取れても言えます。

QA lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigaitng.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害者の名前の入ったメモを見つけています)
B: All it says is "We know."
A: Yeah.
B: That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?

ここで、
タイトルの部分についてお聞きしたいのですが、

”裁判所からの令状をとりながら、それを捜査ではなく、脅しのために使う刑事は少なくない”
(だから、判事は令状を出すのに慎重になっている)

という解釈でよろしいのでしょうか?

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、まったくプライベートのことまで話さなくてはならない羽目になるわけです。 もちろん時間もとられます。 変な例ですが、浮気をしているときに何か重大なことを見てしまったと言うことが警察に知られてしまいこの出廷令状が来てしまった場合、その人の人権をも壊す事にも発展する可能性が大きくなるわけです。

お分かりですね、なぜジャッジが躊躇する理由が。 

この辺のところが分からないと何でWarrentsだけではないWritsの発行が市民に「威圧感」ないし「威迫」の問題が起こる、とこの文章で入っているわけです。 脅かしているわけではないのですね。 これをintimidation of a witnessないしwitness intimidationと言う大きな問題になっているわけです。

つまり、この令状を使って「検察」側に有利な証言をさせることは法廷では違法とされているからなんですね。 つまり検察側が負けとなり、すなわち起訴もおじゃんになってしまうわけです。 それをリクエストした署長の首までも飛ぶことにもなるのです。 裁判官・判事だけの問題ではないのです。

ちょっと実際の専門的な説明がどうしても必要だと感じましたので書かせてもらいました。

なお、このご質問には直接の関係はないですが、例文にも含まれていますので書かせてもらいますが、That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?と言う表現をしています。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939 で、このis(n't) it?で私の説明が不十分だったようですが、ここでも立派に使われているわけですね。

ではまた書いてください。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、ま...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報