人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

以前にも沢山の方が質問されていたようなの
ですが不要の控除に関することを質問したいと
思います。

僕は学生で最近、3ヶ月は夏休みだったこともあり、
10万を超えるか超えないかの額を稼いでいたのですが
年間で稼いだ額では100万円には届かない60~70万円で
行きそうな推移で問題と思っていたのですが、おととい
父親から

『お前は扶養に入っているからあまり稼ぎすぎるな!』

といわれました。ウチの父親は自衛官で公務員なの
ですが、公務員だと扶養控除に関する規定が厳しいと
聞いております。下手すると年間103万円の規定だけ
ではなくて3ヶ月でどれくらい稼いだかも見られると
父が言っておりました。これは本当なのでしょうか?
問題が生じてくる可能性はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。

再び失礼いたします。

>社会保険に関して、税金に関して一度でも10万8000円を超えるとまずいものですか??何か障害がおきますか?

社会保険については、くどいようで申し訳ないのですが、通常は年額ではなく「向こう1年間の収入見込み」で考えます。
扶養家族について収入等の申告書の提出を求められたり、年額で扶養家族になるかどうか決まるのは、税金上の扶養なので、切り離して考えます。
(申告書の提出が年2回というのは、自分の氏名や扶養予定の家族の名前を書いて「これに基づいて、源泉徴収の手続きをしてください」というのと、年末近くになって年末調整のために「家族の収入は、この見込みです」と報告するのと、あります)

で、本題ですけど、私の#3の回答の真ん中へんにも書きましたが
>1ヶ月あたりのバイト代に、大きく差がある場合は、だいたい3ヶ月分くらいの平均で考えるようです。
つまり、1回でも超えるとまずい物では無いようです。
会社によっては、あまりチェックが厳しくなくて、頻繁に扶養の出入りの手続きをする煩雑さの方が、間違いを招きやすく(事務処理者の方も面倒?)、うるさい事を言われないケースもあるようです。

質問者さんの場合、お父様が「あまり稼ぎすぎるな」「3ヶ月でどれくらい稼いだかも見られる」とおっしゃっているようなので、1回くらいなら大丈夫だけど、3ヶ月の平均は気にした方が良いかもしれませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度に渡っての回答ありがとうございました。
大変参考になります。助かりました。

お礼日時:2005/10/12 11:24

 こんにちは。

公職にあるものです。

 横レスなのですが、

>社会保険に関して、税金に関して一度でも10万8000円を超えるとまずいものですか??何か障害がおきますか?

 自衛官のことは分かりかねるのですが、私のところでは、年に2度扶養家族についての収入等の申告書の提出を求められます。収入は、年額の「見込み額」です。
 どちらにしても、年額で扶養家族になるかどうか決まりますから、一ヶ月だけ超えていても問題ないと思いますよ。毎月、お父さんの勤務先で申告するわけではありませんから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですかー。
そのお言葉を聞くと助かったと思えます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/10 22:16

税金上の扶養については、公務員だから厳しいとかは、ありません。


もし、見込み額ではなくキッチリした金額が必要で、キッチリした金額が年末調整の手続きに間に合わなくても、確定申告で精算すればOKですので。

お父様が言われているのは、税金上の扶養ではなく、社会保険上の扶養のことじゃないかと思います。
これは、12月末までの収入合計ではなく、向こう1年間の収入見込みで考えるんです。

向こう1年間の収入見込みというのは、収入予定(計画)ではありません。
たとえば、「夏休みが3ヶ月あるから」「年末年始やゴールデンウイークはバイト先も休みで、収入が無いから」「6ヶ月後に辞めることが決まってるから」ということで、仕事をしている期間のバイト代だけを計算するのではないのです。
「将来の勤務期間や休暇日数などに関係なく、今月のこのバイト代(月額)を12回もらったら、どうなるか」で考えます。
1ヶ月あたりのバイト代に、大きく差がある場合は、だいたい3ヶ月分くらいの平均で考えるようです。

毎月1回バイト代をもらう場合、それが10万8000円(もう少し端数があるけど)を超えると、12倍することで、向こう1年間の収入見込みが130万円を超えてしまいます。
そうすると、社会保険上の扶養に入れなくなります。
具体的には、健康保険証(公務員だと、共済組合で、年金と健保が一緒になってるかな)の扶養欄に入れてもらえません。

税金上の扶養(質問者さんを、扶養控除または特定扶養控除の対象とする)については、公務員でなくても厳しいです。
社会保険(健康保険)上の扶養については、会社によって判断されることがあるようですが、公務員だと厳しいかもしれません。

年間103万円(税金上)だけでなく、月額なら10万8000円(社会保険上)も気にした方がいいかもしれません。
この月額は、バイト代が入らない時期もあることを考慮した場合の最大額ですが、毎月まんべんなくバイト代が入る場合は、税金上・社会保険上とも扶養にはいる場合、85800円を目安にしておくといいです。

この回答への補足

とてもわかりやすい回答ありがとうございます。
参考になりそうです。もう少し詳しくお聞き
したいのですが、

社会保険に関して、税金に関して一度でも10万8000円を超えるとまずいものですか??何か障害がおきますか?

この点についてもう少し聞かせてください。

補足日時:2005/10/10 10:19
    • good
    • 3

年間103万円以内で抑えれば大丈夫です。


もっと厳密にいえば、100万円以内
100万円を超えると住民税がかかる恐れがあります。
103万円を超えた場合
多分貴方は特定扶養に該当すると思います。
親の所得税(多分税率20%)が約12万円ほど増えます。
住民税も増えます。
扶養手当が取り消しになる可能性があります。
貴方に住民税がかかる可能性があります。
130万円を超えると健康保険の扶養から外れて自分で国民健康保険に加入しなければいけません。
できたら100万円以内で抑えるにがベストです。
短期間の収入はあまり心配はいりません。
公務員は関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます・

月によって稼ぐバイト代が結構違った
ので心配だったのです。父は保険の観点も
入れてものをいっていたかもしれません。

お礼日時:2005/10/10 10:12

年間の収入が本当に100万円以下と証明できればいいのですが、月収10万円だと超えてしまいますよね?


すると、父親の方には扶養家族控除や手当てがなくなります。いってみれば若干の手当ての貰いすぎと税金の未払いが起きるわけです(^^)
以前ですとこういうのは鷹揚で、脱税し放題、手当ては利得って雰囲気でしたが、いまは「世間の目」は厳しく「内部的にも」うその届出は懲戒対象です(^^)
当たり前のことなんですけど、やっとこのころ「当たり前」になってきました。
収入は扶養家族手当返上して(父の)税金増えても(父の控除分なくなるので)あなたが150万円くらいになれば合算の実収入増えますが、100-150万の途中には実減収の範囲があります。(150万というのはきちんと計算した額ではありません。意味はわかりますか?)
奥様のケースだと「家族働かせている」(^^)とみられて手当てなくなるだけでなく「人格」(?)疑われるので夫も妻も収入調整に敏感です。

>『お前は扶養に入っているからあまり稼ぎすぎるな!』
(^^;)
収入多ければ、手当て貰うのは違法、父には納税額増も(脱税はまずいでしょ?)
>問題が生じてくる可能性はありますか?

法律的な脱税、脱法と社会的制裁(?)の2面があります。公務員に限りません。
このことがパートの低賃金招くという批判とボランティア盛んにしていいではないかという見方があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。
その辺疎いんでバイトのお給料のこと
を考えるいい機会になりました!

お礼日時:2005/10/10 10:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q公務員夫の息子 バイト代が10万8千円を超えるが

公務員の夫の扶養に入っている大学生の息子なのですが、このたび従来のバイトに加え、2か月の短期で新規にバイトをすることになりました。2つかけもちのバイト代が、2か月連続で12万くらいになりそうとの事です。

そこで、2点ほど確認させていただきたい点がありまして、こちらで質問させて頂きました。

(1)年間収入が100万に満たなかろうが、3カ月連続で月収が10万8000円を超えると扶養とはみなされなくなると認識していますが、この点に間違いないでしょうか?

(2)息子の場合2か月連続で10万8000円を超えてしまいます。ですが、3か月目にはバイトが一つに戻りますので、月収は多くても6、7万といったところになるのですが、扶養範囲と認識しておいて大丈夫でしょうか?

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税金のカテゴリでの質問ですので

(1)(2)とも関係有りません 12月までの総収入が給与(アルバイト)ならば103万を超えると扶養控除が申告できなくなります  あくまでも1~12月の総収入です

(1)(2)は 健康保険の扶養被保険者についてです 
(1)は多くの健康保険で基準ですが、異なる基準で運用しているのも多数あります
(2)は(1)基準ならば3ヶ月継続の見込みにはなりません


税金と保険は扶養の考え方も基準も異なりますから、それを混同すると訳がわからなくなります

確実に使い分けてください

Q扶養控除が外れると親の負担はどれくらいですか?

すいません。結構焦ってます。
今は大学生なんですが、何も考えずに働いていたらバイト代が一年間で103万円を超えてしまいました。
そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか?
ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。
そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。
増えた分は自分で払いたいと思ってるんですが、自分では計算の仕方がよくわからないのでとても不安です。だれか教えてください。

Aベストアンサー

質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

ということで今年の所得税と来年の住民税の合計で

63000(円)+45000(円)=108000(円)

ということで親は108000円の増額になります。
また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。

一方子と言うと

所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて

65万+38万=103万

ということで103万までは課税されません。
さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて

103万+27万=130万

130万までは課税されません。
次に住民税ですがこれはより複雑です。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります92万~100万ぐらいです、つまりこれ以下

なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。
ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。
住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて

65万+33万=98万

勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて

98万+26万=124万

ということで124万まで課税されないと言うことです。

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

まとめると
親の負担

所得税
63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税
45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

合計
108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額

子は
所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして

所得税

給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない

住民税
均等割
92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない)

所得割

給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

つまり

<学生であり未成年である>

『130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『130万超204.4万未満』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『204.4万以上』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

<学生であるが未成年ではない>

『(92万~100万)以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『(92万~100万)超124万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし

『124万超130万以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり

『130万超』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

となります。

それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。』ということです。

また親が会社から子に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、子が扶養から外れるとなくなるかもしれません。
これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。

もうひとつ社会保険の問題があります。
たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが子自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。
ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。

>そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか?

その年の1月から12月までです、平成23年なら平成23年1月から12月まで、平成24年なら平成24年1月から12月までに支払われた金額です、働いた金額ではありません。
例えば給与が締めて翌月払いであった場合は平成22年12月に働いた分は平成23年の1月に支払われますが、この場合は平成22年に働いたが平成23年の収入となるわけです。
同様に平成23年12月に働いた分は平成24年の1月に支払われますが、この場合は平成23年に働いたが平成24年の収入となるわけです。

>ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。

それであれば平成23年については年収106万と言うことになります。

>そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。

それは前述ですただしあくまでも概算です、正確には親の源泉徴収票の数字がわからなければ何ともいえません。

子供が扶養範囲を超えた収入があったのに親に言わずにいて親は扶養控除を申請してしまったことはよくあることです、あとから税務署から会社(この場合学校でしょうか?)に修正するように連絡があるはずです。
会社の担当者は税務署にちょっと油を絞られ、親は会社の担当者にちょっと油を絞られ、子は親にちょっと油を絞られるでしょう。
ですから速やかにその事実を親に伝えて、親は速やかに学校に伝えるべきでしょう。

質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。

まず質問者の方の収入が103万を超えたときの親の負担はと言うと

所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の...続きを読む

Q3カ月10万以上稼いでいると親の扶養をはずされますか?

20歳の学生です。私はアルバイトをしてるのですが、年間に130万円以上稼ぐ以外にも3ヶ月連続で10万円以上稼いだら親の扶養をはずされてしまうと聞きました。もうすでに3ヶ月連続で10万以上稼いでいるのですがこれは本当なのですか?

Aベストアンサー

扶養には、「税金上」「社会保険上」の2種類があります。

税金上は、1ヶ月の収入は関係なく、あくまでも12月末の時点で所得が38万円(収入から、必要経費または給与所得控除をマイナスした金額のこと。給与収入の場合103万円)以内であれば、扶養になれます。
これは、質問者さんの場合、親御さんが質問者さんを扶養控除の対象にできる、という意味です。
ですから、3ヶ月連続で10万円以上を稼いでいても、それ以前または今後の給与収入が103万円以内になれば、税金上の扶養になれます。

社会保険の方ですが、これは、年間130万円ではなく、向こう1年間の収入見込みが130万円以上だと、扶養から抜けるんです。
これは、親御さんが会社の組合健保に入っていて、扶養家族欄に名前が掲載されるという事で、扶養家族欄に名前が書かれたことで、保険料の増額はありません。

社保の扶養の場合、「この収入を12ヶ月分もらったら、130万円を超えるか」という計算で考えます。
期間限定のアルバイト・派遣・契約社員などで、数ヶ月後までしか収入が無い場合も、その予定額で考えるのではなく、くどいようですが「この金額を12回もらったら」の計算なので、金額によっては、その収入がある間だけ扶養から抜けることもあります。

逆に言うと、1月からの収入累計が、すでに130万円を超えていても、アルバイトを辞めて無収入になったら、向こう1年間の収入見込みは0円になるので、社会保険上の扶養になれます。

正解には、1ヶ月あたり10万8333円を超えると、向こう1年間の収入見込みが130万円以上になります。
3ヶ月連続でって言うのは、アルバイトした日数(時間数)の関係で、1ヶ月だけ多いって事もありますよね。こういう場合、3ヶ月くらいの平均で考えるようです。

扶養には、「税金上」「社会保険上」の2種類があります。

税金上は、1ヶ月の収入は関係なく、あくまでも12月末の時点で所得が38万円(収入から、必要経費または給与所得控除をマイナスした金額のこと。給与収入の場合103万円)以内であれば、扶養になれます。
これは、質問者さんの場合、親御さんが質問者さんを扶養控除の対象にできる、という意味です。
ですから、3ヶ月連続で10万円以上を稼いでいても、それ以前または今後の給与収入が103万円以内になれば、税金上の扶養になれます。

...続きを読む

Q扶養内で10万を超える月がある場合

現在、フルタイムのパート勤務・健康保険加入しています。
来年4月より、子供の小学校入学にあたり、旦那の扶養内でのパート勤務になることになりました。
収入が不定期になる予定で、
1月から3月までは月に10万程度
4月5月は、子供の帰宅が早いため、週末のみの勤務で月に4万程度
その後6月から年間103万もしくは130万までを計算しつつ働く予定です。
その旨を旦那の会社に伝えたところ、月に10万を超えないようにしてくださいと言われました。
しかし、わたしの会社で上司から、「4月5月はあまり働かないのだから、1月から3月はもっと働いてくれないか。旦那の会社には、ばれないと思う」と言われました。
そこで質問です。
私の月の収入は、どのような経緯で旦那の会社に伝わるのでしょうか?
扶養に加入した途端、10万を超えてしまい「扶養を抜けてください」と言われることがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私(公務員)の所は、月10万円以上があると、年間所得がオ-バ-すると見なされ、扶養がカットされます。
また、毎年10月頃扶養家族の収入調査が行われ、所得証明書(市役所税務課発行)と収入証明書(雇用主からの毎月の給与)を提出させられます。これは、学生のアルバイトも同じです。

年ごとにだんだん厳しくなってきたようですが・・・。

Q地方公務員(消防)の扶養手当について

今年の6/15付で7年勤めた会社を退職します。(ウエディングプランナー)
(出勤は5/8までで38日の有給)
給与:146000円(基本給)+各種手当-控除=手取138900円でした。

その後7/2より同社のパートとして再雇用されます。

自給750~800円(社員としての勤続7年も含めて現時点では検討中のようです)
勤務時間は9時~16時。
月22日出勤。
残業も可。

社会保険等はいままで同様会社に掛けてもらう予定です。

***

11/9に地方公務員(消防士)と結婚予定です。

***

ここで質問したいのが、地方公務員の扶養手当?というものです。
一般的にいわれる〔100万円以下〕や〔130万円のライン〕と言われる扶養控除とは違う話なのでしょうか?

彼は『結婚後(私の)年収が130万円以下だと自分に扶養手当が出る』といいます。

***

私は収入が130万円以下というのは社会保険料を自分払わなくていいボーダーだと思っていました。

社保の扶養に関しては私も悩んだのですが、結婚まで5ヶ月あり、今年は半年社員でいたし、忙しいと残業も多くなる職業なのでとりあえず扶養ではなく自分で社保料を払う選択にしました。

ですが思いの他残業もなく来年の年収が130万円以下になった場合、彼の言う〔手当〕というものが支給されるのでしょうか?

そしてその場合、彼の扶養になった方が良いでしょうか?(勤務時間を調整して)
もし手当が支給されるとしたら、そうなっても支給されるのでしょうか?

***

扶養控除についても自分なりに色々調べてみたのですが、いまいち理解出来ず・・・
支離滅裂な文章で申し訳ありません。

***

とりあえずまとめると!

(1)半年社員で居た私は、年内は扶養は適応されませんよね?
 (7/2~パートとして普通に勤務すると)
(2)彼の言う〔手当〕ってなに?
(3)結婚後、来年からは130万円以下にして彼の扶養に入ったほうがいいですか?

もちろん稼げるなら稼ぐにこしたことはないんでしょうが・・・

回答よろしくお願いします!!

今年の6/15付で7年勤めた会社を退職します。(ウエディングプランナー)
(出勤は5/8までで38日の有給)
給与:146000円(基本給)+各種手当-控除=手取138900円でした。

その後7/2より同社のパートとして再雇用されます。

自給750~800円(社員としての勤続7年も含めて現時点では検討中のようです)
勤務時間は9時~16時。
月22日出勤。
残業も可。

社会保険等はいままで同様会社に掛けてもらう予定です。

***

11/9に地方公務員(消防士)と結婚予定です。

***

ここで質問したいのが、地方公務員の...続きを読む

Aベストアンサー

>一般的にいわれる〔100万円以下〕や〔130万円のライン〕と言われる扶養控除とは違う話なのでしょうか?
違います。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
扶養手当は、会社(役所)の規則で規定されています。
公務員は、健康保険の扶養と同じ1年間に換算して130万円未満の場合、扶養手当が支給されます。

なお、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

>彼は『結婚後(私の)年収が130万円以下だと自分に扶養手当が出る』といいます。
そのとおりです。
前に書いたとおりです。

>私は収入が130万円以下というのは社会保険料を自分払わなくていいボーダーだと思っていました。
そのとおりです。
正確には「130万円未満」です。
前に書いたとおりです。

>(1)半年社員で居た私は、年内は扶養は適応されませんよね?
いいえ。
これからの収入が1年間に換算して130万円未満(月収108333円以下)なら大丈夫です。
過去の収入は関係ありません。

>(2)彼の言う〔手当〕ってなに?
収入の少ない人(年間130万円未満)家族にいる場合(通常、同居。別居でも生活費を送金していれば対象)、支給される手当です。

>(3)結婚後、来年からは130万円以下にして彼の扶養に入ったほうがいいですか?
前に書いたとおりです。
月収108333円以下なら扶養になれます。
扶養からはずれるなら、健康保険料や年金を払わなくてはいけなくなるので、扶養手当の額にもよりますが少なくとも年収160万円以上稼がないと損です。
なので、月収108333円(ボーナスがあればその分を当分して加算)ぎりぎりで働くのがいいでしょう。

ただ、ご主人の健康保険の扶養になれば健康保険料も払わなくてすみますが、貴方の労働時間や日数が正社員の3/4以上だと社会保険に加入し健康保険料や厚生年金保険料払わなくてはいけません。
お書きの内容からするとそうなるようですね。
そうだとすると、微妙ですね。
今の予定で130万円ぎりぎりで働いた場合、手当はもらえても健康保険の扶養になれないで健康保険、厚生年金、雇用保険料で年間16~17万円引かれます。
それなら、社会保険(雇用保険を除く)に加入しない程度に抑えたほうが得でしょう。

>一般的にいわれる〔100万円以下〕や〔130万円のライン〕と言われる扶養控除とは違う話なのでしょうか?
違います。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
扶養手当は、会社(役所)の規則で規定されています。
公務員は、健康保険の扶養と同じ1年間に換算して130万円未満の場合、扶養手当が支給されます。

なお、103万円を超えても141万...続きを読む

Q公務員の配偶者控除について教えてください

地方公務員の夫を持つ専業主婦です。

去年の4月に結婚し
「来年の6月から住民税が安くなるよ」
とだけ聞いていたので何もしていなかったのですが、給与明細を確認しても減っていませんでした。

配偶者控除には申請が必要なのでしょうか?
今すぐ申請したとして適応されるのはいつからになるのでしょうか?

また、夫の月収は手取りで30万前後で現在の住民税は2万強ですが
どのくらい安くなるものなのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>配偶者控除には申請が必要なのでしょうか?
必要です。
ご主人が職場に、貴方を税金の「控除対象配偶者」にする旨の申告書を提出しないと配偶者控除は受けられません。
貴方の去年の年収が103万円以下なら「配偶者控除」、103万円を超え141万円未満なら「配偶者特別控除」を受けられます。

>今すぐ申請したとして適応されるのはいつからになるのでしょうか?
今年度分の住民税からで、今すぐ申告すれば9月分くらいから安くなるでしょう。
ただ、職場では対応できないので、税務署に貴方を控除対象配偶者とする確定申告をする必要があります。
ご主人の源泉徴収票、ハンコ、通帳を持って税務署に行き、「配偶者控除をとり忘れたので申告したい」と言えばいいです。
そうすれば、控除分の所得税が還付され、確定申告した内容が役所に通知され住民税も安くなります。

それから、貴方も去年、結婚するまでは働いていたなら年末調整がされていませんので、確定申告すれば給料から引かれた所得税還付されます。
なので、その場合は貴方も確定申告すればいいでしょう。

あと、ご主人が今年の初め(もしくは去年の年末調整のとき)に役所に出した「平成26年分」の「扶養控除等申告書」の「控除対象配偶者」の欄に、貴方の氏名を記入しましたか?
記入したなら、今年は貴方は税金上の扶養になっています。

>どのくらい安くなるものなのでしょうか?
所得税 380000円(控除額)×10%=38000円
住民税 330000円(控除額)×10%=33000円
住民税は月にして、2700円くらい安くなります。

念のため、まず、配偶者控除を本当に受けていないか確認してから、確定申告したほうがいいでしょう。
ご主人の「源泉徴収票」の「控除対象配偶者の有無」の欄で、「有」に印がついていれば配偶者控除受けているし、「無」についていれが配偶者控除受けていません。

>配偶者控除には申請が必要なのでしょうか?
必要です。
ご主人が職場に、貴方を税金の「控除対象配偶者」にする旨の申告書を提出しないと配偶者控除は受けられません。
貴方の去年の年収が103万円以下なら「配偶者控除」、103万円を超え141万円未満なら「配偶者特別控除」を受けられます。

>今すぐ申請したとして適応されるのはいつからになるのでしょうか?
今年度分の住民税からで、今すぐ申告すれば9月分くらいから安くなるでしょう。
ただ、職場では対応できないので、税務署に貴方を控除対象配...続きを読む

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Q自衛官の妻です。働きたいのですが…

扶養に入ったままでいたいのですが、年間いくらまでなら大丈夫なんでしょうか?

母は120万までとか言ってましたが…。

Aベストアンサー

自衛隊だと「扶養手当」もあるんじゃない?
これが税金の配偶者控除の基準でなくなるのか、健保・年金の扶養の基準でなくなるのか、そのあたりも重要な気がする。

ちなみに、健保・年金の扶養の基準は年130万円だけど、月割りにした108,334円以上が数ヶ月続くと、年間では130万円を超えなくてもアウトなので注意が必要。
(勤め先に社保がなければ、国保、国民年金への自分での加入=保険料負担が必要)

Q学生バイトです。103万円を超えてしまいました…。

タイトルの通りです。103万円を1000円ちょっと超えてしまいました……
職場に電話しましたが、もう振り込まれてしまっていてどうにもならないとのことです…。
頑張って調整していたのに思わぬ深夜手当がついてしまったようで、もう絶望の淵に立たされた気分です。
少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
何とか出来ないでしょうか?学生なので、何か免除になったりしませんか?
それか、個人的に寄付を毎月5000円くらいしているので、その分何か免除にならないでしょうか…。
寄付は関係ないですかね…
ああもう本当に困っています…どうか知恵をお貸しください…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。

親の所得がわからないので所得税の税率がはっきり言えませんが、通常の所得なら
所得税 630000円(控除額)×10%(税率)=63000円
住民税 450000円(控除額)×10%(税率。所得に関係なく)=45000円
計108000円 増税になります。

>何とか出来ないでしょうか?
できません。

>学生なので、何か免除になったりしませんか?
貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。

なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。
貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング