「次の会話文において( )内に入る文を下から1つ選べ。」という問題で、
 A: What do you think of the movie ?
B: ( )
A: Me neither.

選択肢
  (1)Actually, I didn't really enjoy it.
(2)To be honest, I hated it.
(3)(4)は略。
 答は、否定表現のある(1)が正解なのですが、(2)でもhateは「大嫌い」とマイナスイメージの語なので、否定的ニュアンスと考えると、次のAは「私も大嫌い」という意味で(2)でも正解になると思うのですが・・・。
  どうして選択肢(2)は、正解でないのか、その根拠を教えてください。よろしくお願いします。

 


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



Me neither.は否定文に対する同意ですから、(1)で正解だと
思いますが・・・・
もし(2)が正解であるならば、Aの答えは(2)に対する同意、
つまりMe,too.やSo do I.になるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。回答を寄せてくださりありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/24 06:01

Bの発言が肯定文であるか、否定文であるかによって、Aの同意の答えが"Me too."であるか"Me neither."であるかが決まります。



問題文ではAが"Me neither."と答えているので、Bの発言は否定文あったということになり、解答は(1)"Actually, I didn't really enjoy it."になります。

もしBの発言が、(2)"To be honest, I hated it."と肯定文であったとすると、その後のAの答えは、"Me too."となります。

この場合、動詞がマイナスイメージの語だとか、ニュアンスが否定的と言うことはまったく関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。回答どうもありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/24 05:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「a:ri」の発音は「a:r」+「i」なのか「a:」+「ri」なのか?

例えば「worry」「furry」「current」のときに発音される
「wa:ri」「fa:ri」「ka:rant」なのですが発音記号を分解すると「w」+「a:r」+「i」なのか、「w」+「a:」+「ri」なのか分りません。母音が二つなので2音節なのは理解出来るのですが。何方かご存知でしたら詳しく教えてくれると助かります。

Aベストアンサー

「「a:ri」の発音は「a:r」+「i」なのか「a:」+「ri」なのか?」

⇒ 
結論から言えば、前者が一般的だと思います。

この問題を考えるとき次の3点が重要です。(発音記号はw_kiyo123さんが用いたものを使います。)

(1)
syllabication(分綴)にはorthographic syllabication(正書法的分綴)とphonetic syllabication(音声的分綴)があるのでこの2つを一応区別することです。この違いは、例えば、English(英語)の場合前者ではEng-lishですが、後者ではEn-glishとなり、worry では前者はwor-ryなのに対して、後者では「wa:」+「ri」となるようにくいちがうことがあります。このご質問は後者のphonetic syllabication(音声的分綴)における質問と理解して、以下に話を進めます。

(2)
C(子音)とV(母音)の基本の組み合わせを考えたとき、日本語がCVであるのに対して、英語はCVCであることです。ですから、例えばhappyなどのようにC+V(短母音)+C+V(弱音)の場合、強勢が強母音を中心にした最初の音節に来ることから、音節の境(/)は CVC / V のところに来るわけです。イギリス英語はこの原則に従いますので、worryでも「wa:r」+「i」となるわけです。

(3)
音節の切れ目は基本的に母語話者の直感を元にしますので、#2の方も一部触れていますが母音間に /r/ が位置する場合は、いわゆるアメリカ音とイギリス音では音節の境の扱いが異なることがありえることです。

例えば、worryの場合、
イギリス英語では 「a:r」+「i」
です。
例えば、以下の発音記号をご覧ください。 . の符号が音節の境界を示します。
(http://dictionary.cambridge.org/define.asp?dict=CALD&key=91471&ph=on)
他方、アメリカ英語では、「a:r」+「i」 と共に、 一部の辞典は「a:」+「ri」も認めています。
例えば、以下のpronunciationの発音記号をご覧ください。こちらの辞書では - の符号が音節の境界を示します。
(http://www.m-w.com/cgi-bin/dictionary?book=Dictionary&va=worry)
これはアメリカ音においては母音にはさまれた /r/ がイギリス英語とは異なった特徴を有するからです。

「「a:ri」の発音は「a:r」+「i」なのか「a:」+「ri」なのか?」

⇒ 
結論から言えば、前者が一般的だと思います。

この問題を考えるとき次の3点が重要です。(発音記号はw_kiyo123さんが用いたものを使います。)

(1)
syllabication(分綴)にはorthographic syllabication(正書法的分綴)とphonetic syllabication(音声的分綴)があるのでこの2つを一応区別することです。この違いは、例えば、English(英語)の場合前者ではEng-lishですが、後者ではEn-glishとなり、worry では前者はwor-ry...続きを読む

Q刑事コロンボ:このwhereの用法は?文構造は?:Not where it counts.

こんにちは、いつもお世話になります。

刑事コロンボ(The complete fourth season) Troubled Watersより、

背景:容疑者がラスベガスに行ったかどうか容疑者の奥さんに聞くと、旦那は一人で出かけたから知らないと言う。 コロンボ刑事が「心が広いねえ。」というと、容疑者の奥さんはこう答える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No. I wouldn't want to be.
Not where it counts. Not about men.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一行目は、ごく普通に「まさか。そん風に(心の広い女性に)成りたくもない。」

二行目も、文脈から、「『(心が広い女性のうちに)みなされるかどうかというと違うね。』 男に関してはね。」というような事を『』内では言っているのだと思います、、、。

意味は文脈と単語から想像がついても、何でwhereがここに出てくるのか分かりません。 (接続詞で「~する場合には」の意味があるようですが、) また文構造も、ちょっと解釈に戸惑っています。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

刑事コロンボ(The complete fourth season) Troubled Watersより、

背景:容疑者がラスベガスに行ったかどうか容疑者の奥さんに聞くと、旦那は一人で出かけたから知らないと言う。 コロンボ刑事が「心が広いねえ。」というと、容疑者の奥さんはこう答える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
No. I wouldn't want to be.
Not where it counts. Not about men.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一行目は、ごく普通に「まさか。そん風に(心...続きを読む

Aベストアンサー

実は、私もNo. 1さんのご意見と全く同じなんです。
しかしながら“お礼・補足”には、ネイティブの方が“not applicable”と仰ったと書かれていたので、回答するのに躊躇していました。
っで、念のためにオーストラリア人の知人とアメリカ人の主人に確認をとった上で回答させて頂きますね。

“when it counts”と“where it counts”の意味は非常によく似ています。
違いは、“when...”の方は『時』を表すことが多いのに対し、“where...”の方は『状況』を表しています。
英語で意味を言うならば、

when it counts = at a very important time of one's life
where it counts = in a very important area of one's life

という感じになるそうです。

ご存知だとは思うのですが、“area”には地理的な『場所』という意味もありますが、『分野』という意味もあります。
この場合、後者の意味から派生して(?)、『状況』の意味を持っているのだと思います。
これを日本語にすれば、『ここぞというところで』になると思います。

ん~...随分と考えたのですが、やはり“not applicable”の意味はないのではないでしょうか。
仮にあるとしても、この場面ではその意味で使っていないと思います。
単語や熟語の意味は、置き換えができるはずなのです。
っで、実際にやってみますね。

その前に、この部分の英語って、省略だらけですよね。。。
それを先ず元に戻してみます。

No. I wouldn't want to be generous.
I wouldn't want to be generous where it counts.
I wouldn't want to be generous about men.

これに、私の考えている意味を当てはめると...

I wouldn't want to be generous in a very important area of my life.

問題なさそうです。
さて、“not applicable”を入れてみます。

I wouldn't be applicale to be generous.

ちょっと無理やり入れてみました。
文章を根本的に変えないと、非常に入れにくいです。
残念なのですが、これでは意味とは言えないんです。

勝手な推測なのですが。。。
日本人でも日本語の言い回しの意味を間違って覚えてしまっていることって、ときどきあると思います。
恥ずかしい例なのですが、私自身、『情けは人のためならず』の意味を大人になるまで間違って覚えてましたし、その間違った意味で使ってました。(汗)
もしかしたらその方も、間違って覚えてしまっているのかも知れないかも???
他のネイティブの方に尋ねてみられても良いかも知れないですね。

実は、私もNo. 1さんのご意見と全く同じなんです。
しかしながら“お礼・補足”には、ネイティブの方が“not applicable”と仰ったと書かれていたので、回答するのに躊躇していました。
っで、念のためにオーストラリア人の知人とアメリカ人の主人に確認をとった上で回答させて頂きますね。

“when it counts”と“where it counts”の意味は非常によく似ています。
違いは、“when...”の方は『時』を表すことが多いのに対し、“where...”の方は『状況』を表しています。
英語で意味を言うならば、

when it counts...続きを読む

Q"It's actually quite easy to find c

"It's actually quite easy to find constellations in the sky! I didn't know the iPhone had an app for that. Sounds awesome"この文を自分なりに翻訳してみました。
"じつは、その星は以外とかんたんに見つける事ができます。私はそのiPhoneのアプリを知りませんがなんか楽しそうですね". でもなんか変ですよね。どなたか、正しく教えてもらえないでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 「空の星座を見つけることは、実のところ、大変容易である。iPhone には、そのための(星座を見つけるための)のアプリがあることを、私は知らなかった。凄そうだ。(なかなかやるじゃん)」


でしょうか、

Qbook a timeの意味を教えてください。 It's a big sky out there a

book a timeの意味を教えてください。
It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the really big scopes all of the time.Especially these days when all the astronomy professionals are booking time at the major observatories for their different projects.の一部です

Aベストアンサー

book a time という言葉は見つかりませんでした。
booking time でしたら、「受付時刻」だと思います。
bookには「予約する」という意味があり、
"book time at something" で "somethingを使う時間を予約する" という感じの意味になる・・・と思います。
"book time"で調べても"booking time"しか出てこなかったので、
不確実な内容ですが、まあ大丈夫でしょう。
一応全文訳してみます。翻訳おかしい点あるかもしれませんが・・・。

It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the really big scopes all of the time.
Especially these days when all the astronomy professionals are booking time at the major observatories for their different projects.

世の中の大きな空は,あなたがどれだけ大きなスコープを使ったとしても見渡すことはできない。
特に近頃は、全ての天文学の専門家達が大規模な観測所を彼らの異なった研究課題のために使う時間を予約している。
(なので、普通の人たちは使えない。)

こういった具合でしょうか?直訳なので文章がおかしいですが。

この文章って、前後にまだありますか?あったら教えて下さい。

book a time という言葉は見つかりませんでした。
booking time でしたら、「受付時刻」だと思います。
bookには「予約する」という意味があり、
"book time at something" で "somethingを使う時間を予約する" という感じの意味になる・・・と思います。
"book time"で調べても"booking time"しか出てこなかったので、
不確実な内容ですが、まあ大丈夫でしょう。
一応全文訳してみます。翻訳おかしい点あるかもしれませんが・・・。

It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the rea...続きを読む

Qvery very   really really

現在の英語圏では、「I am very very・・」とか「Its really really・・」など、
これらの副詞をネイティブが2回重ねて言うのは一般的になっているのですか?

2000年前後10年間の間に適当に北米に滞在したり、英語圏の人たちと仕事をしたりしましたが、このように続けて言う人とは出会わなかったし、重ねて使うのは日本人だけだ。
と言われたり、当時はやった「超very very 最高~」という歌の言い回しは滑稽だ。と言う人もいました。
gooでも「子供の言い回し・幼稚な言い方」などの回答をみつけました。

アヴリル・ラヴィーンやゼブラヘッドが「really really・・」「very very・・」
と普通に歌っているのに違和感を感じ、北米でも日本同様幼稚な習慣をそのまま成人が使う現象が起きてるのかな。と思ってしまいました。

彼らは、アーティストなのでそんな言い方が許されてるのでしょうかね。
聴いていると、彼らが日本に感化された感じも否めずなんか嫌です(笑)。

英語圏に関係の深い方などのご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここの実例があります。
http://www.youtube.com/watch?v=8GuI4UUZrmw
最初にリチャード・E・グラントがエルトン・ジョンに曲をつけてくれと依頼するときに、very very quicklyと言ってます。
ここに出席してる人はセレブだらけです。ある種、社交界的な場といえます。
こんな感じで日常会話的に出てきますが、先にも書いたように多用するとちょっとどうかと思われるので注意した方がいいと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報