今月17日に大腸癌であると宣告を受けて1週間検査と今後の手術入院について医師から説明を受けたのですが、手術が来月の2月16日と指定され、1ヶ月も空いているのがおかしいのではと不安になります。
画像撮影で見た限りでは他の臓器の転移は見られないのですが、開腹しないとリンパへの転移があるかどうか分からないと医師が言うも、手術日が空きすぎているのが信じられません。
聞けば、その担当医師の執刀スケジュールが詰まっている為とのことですが、そんなスケジュールでリンパへ転移するのではと非常に不安です。
ただ、他の病院でセカンドオピニオンを受けたとして手術のスケジューリングを組むと結局2月中旬となってしまうものでしょうか。
どなたか知識の有る方、回答をいただけます様お助けください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下記のURLのANo.1および2を参考下さい。



http://okwave.jp/qa2690747.html

また、下記のURLのANo.3を参考下さい。

http://okwave.jp/qa2626863.html

下記URLのグラフは「一般治療(手術、抗ガン剤、放射線など)に加えてハスミワクチンを施した場合の5年生存率」を示しています。腸のガンに関してもハスミワクチンを加えた場合の効果はとても高いようです。このグラフの見方は、例えば「直腸ガンのステージ3で一般治療をし、それに加えてハスミワクチンを施した場合の5年生存率は100%であった」ことを示しています。

http://www.clinic.shukokai.org/Default.aspx?ID=116

下記URLはハスミワクチンに関連して「免疫療法の理論」を深く理解されている方が管理人をしているサイトのように感じます。疑問点があれば質問にお答えしてもらえるようです。

http://www.infoeddy.ne.jp/~hiroaki/hasumi1.html

http://6502.teacup.com/sentei/bbs

*手術前から始めればガンの転移や増殖を抑えることも期待出来ると思います。
*一般治療(手術、抗ガン剤、放射線など)にハスミワクチンを加えるの意味は、一般治療を施した後にハスミワクチンの効果が発現し易いの意です。放射線や抗ガン剤を並行的に持続することではありません。これらを並行的に使用している間はワクチン本来の力を発揮しにくいと思います。その間のQOLの改善は期待できますが。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして恐れ入ります。
また色々とご紹介いただいたサイトを閲覧し、QOLの有効性があるようでしたら医師に提案、意見を請うつもりです。

貴重なご意見をどうも有難うございました。

お礼日時:2007/02/08 17:02

大腸癌の場合、数週間~1ヶ月程度で進行する場合は稀で、そういう癌の場合は発見された時点で転移がわかっているでしょう。



心配というストレスは癌の転移、進行を促す因子です。笑いで癌の進行が抑えられることもありますので、心配しすぎることも体によくないですよ。
主治医との信頼関係が出来ていればよかったのでしょうね。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

親族で「癌」という病気にかかった経験が無い為、知識が殆どなく、病気になって初めてインターネットや書籍を閲覧するレベルでしか知識を得ることがありませんでしたので、転移の進行速度が判らず、非常に不安になっておりました。

この不安因子を何とか緩和できるよう、家族のサポートや前向きな考え方を持つように心がけます。

ここに来て、初めて主治医との関係の大切さを痛感しました。
どうも有難うございました。

お礼日時:2007/01/29 11:08

地域によって病院の忙しさはちがうと思いますけど、今から検査入院なら、1ヶ月後は早いほうだと思いますよ。

そちらの状況はわかりませんが、検査入院で組織を取って、検査の結果が揃うのを1~2週間待って、翌週カンファレンスをやって術式などを決めて、翌週手術、くらいのペースじゃないかと推察します。

セカンドオピニオンを受けるのは自由です。納得して手術を受けることも大切でしょう。ただし、あなたが手術を決断してからの予約になりますのでその分手術日は遅くなるでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

入院は来月13日、手術は16日です。
検査入院はせず通院で1月17・18日で行い、
結果を25日に聞きました。

この1ヶ月でリンパへの転移が進行しないものなのか、
これが一番不安要素なのです。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2007/01/28 13:29

> 開腹しないとリンパへの転移があるかどうか分からない


これは至ってまともな発言ですね。
CT、PETほかどんな画像検査でも開腹前にありそうだ、とは予見できても、「無い」と断言することはできません。

> 担当医師の執刀スケジュールが詰まっている
これは、それだけ手術をやっている=経験が豊富な医者、ということです。

> 他の病院でセカンドオピニオンを受けたとして
心配ならセカンドオピニオンは結構なことだ、と思いますけど、2月中には無理でしょう。

現在、無責任なマスコミのせいで、腕の良い経験ある医者がドンドン手術とかリスクが高い治療を行わなくなっています。
日本の医療崩壊の数年先を進んでいたイギリスでは、大腸癌を見つけても手術は5年先とかが当たり前ですし、アメリカでは初診は2-3カ月待ち、となっています。
それを知らずに、医師バッシングを続けたマスコミの罪は重いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
セカンドオピニオンを受けたとしても結局手術時期が
早まるのは難しいこと、理解しました。

ただ、動揺ながら担当医師にひとつひとつ質問をしても
嘲笑うかのように吐く暴力的な回答と「インターネットで
見たら分かるからこの回答は割愛」など、最後に「次の
患者が待ってるのでこれで」と打ち切りされたので本当に
この医師に任せてよいのだろうかと不安になったのです。

担当医師のスケジュールと言いましても、パソコンに記載していた
毎日執刀をしている訳でもなかったようでしたので、
本当に経験豊富な医師かどうか、と思ったのが率直な感想です。

まずは、手術日まで待つしかないようですね。
有難うございました。

お礼日時:2007/01/28 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんについて

男30歳です。大腸がんについてアドバイスをお願いします。
私は食事の後すぐに下痢っぽい便をすることが多いです(ここ最近、という訳ではなく若い頃からそうでした。昔も今も便の調子は良い時、悪い時があります)。便秘は全くありません。というよりかなり便の回数は多く、一日平均3回はします。体調にも問題はありません。
ただ20~30代で発症されている方々が意外にも多い事、初期段階だと痛みなどの自覚症状がない事、私自身刺激の強い食品や飲酒などが好きな事など、「もしかすると自分も・・・」という不安があります。
考え出すと、調子の悪い便の後にかすかに腹部に痛みを感じるなど些細なことでも気になってきました。
このような状態で大腸がんは疑ったほうがいいでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

医療関係者では有りませんが
大腸がんは
初期ですと潜血便を検査しないと判らない時も有ります
私の友人も、健康診断の潜血便検査で判り、大腸内視鏡で、手術をしました
彼は40代ですが
ポリープ状のガンの場合には血便も出やすく、判りやすいのですが
扁平上皮がんなどは、潜血便検査で見つかる事が多くなっています
初期でしたら、大腸内視鏡で、手術も終わる事も有ります
まずは心配でしたら、大腸検査のできる病院で、相談してください
この文章だけでは過敏性腸症候群か、ガンか判断できないと思います

Q先日リンパ癌が見つかりました。転移した可能性が大きいと医師に言われ、もし転移前の腫瘍が見つかった場合

先日リンパ癌が見つかりました。転移した可能性が大きいと医師に言われ、もし転移前の腫瘍が見つかった場合ステージ4の末期だと宣告されました。しかし、自覚症状は全くなく、癌は痩せると言いますが食欲も有り、むしろ最近太ってきたと思うほどです。さらにステージ4の癌が身体に潜んでいるとは思えないほど元気です。こんな事あるのでしょうか??

Aベストアンサー

金銭面にもし余裕があるのならセカンドオピニオンを活用してみては?

Q母が大腸がんです・・

母が大腸がんにて入院しています。当初はステージ2くらいで転移もない、ということでしたが、その後肝臓も怪しくなったらしくCTなどの検査を行いました。結果は不明で疑わしい・・ということで、大腸がんの切除手術中時に直に生検してがんと判明すれば、その部分を胆のうごと切り取る、という説明でした。既に3センチほどの大腸ポリープも7つほど内視鏡切除を受け、今回は取りきれなかった残りのポリープとがんとで50センチ近く大腸を切るそうです。

私が思うに、転移までしているとなったらこれはもう末期がん(5年後生存率25%)。案外早くにわかっていたが、家族や本人への配慮からストレートな伝え方をせずにこういう形を(たまたまその場でわかったので対処しました、みたいな)することがあると聞きました。本当なのでしょうか。また、末期がんとまでなっても今だに全く何の自覚症状もない状態で、ひょっとしたらそんなに心配することもないのかも・・と一縷の望みを抱いたりしていますが、人それぞれとは言うものの、客観的にはどう考えるべきなのでしょうか。また、それまでの精緻な検査に比べてこういう手術の対処というのは何だかずさんな印象で、知らされていることが本当に事実の全部なのか、邪推してしまいます。経験者の方、いかがですか?
ご意見をよろしくお願いいたします。
ちなみにがんとわかったのが今年の4月、入院開始は6月4日、手術は6月29日です。

母が大腸がんにて入院しています。当初はステージ2くらいで転移もない、ということでしたが、その後肝臓も怪しくなったらしくCTなどの検査を行いました。結果は不明で疑わしい・・ということで、大腸がんの切除手術中時に直に生検してがんと判明すれば、その部分を胆のうごと切り取る、という説明でした。既に3センチほどの大腸ポリープも7つほど内視鏡切除を受け、今回は取りきれなかった残りのポリープとがんとで50センチ近く大腸を切るそうです。

私が思うに、転移までしているとなったらこれはもう末...続きを読む

Aベストアンサー

再びこんにちは。

>便を2日分採って行う大腸がん検査

人のヘモグロビンだけを検査する便検査です。
昔は肉を食べると血液反応がでるからダメなどあったんですが、今は人の血液だけに反応するようになっているのでそれにひっかかったのは幸いでしたね。

>何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

残念ながら、そういう場合もあります。
例えば肝臓などは「肝臓の組織を一部とって検査しますね。」
などといって「肝生検」というものをしたりします。
今回も疑わしかったらそうするでしょうが、幸か不幸か
直接肝臓を見ることができるのでそれも考慮に入っているのではないでしょうか?

MRIではどの部位にどんな大きさのものがあるか分かります。
悪性と良性では形が違うのでわかりやすいのもあるのですが
全く見分けがつかない物もあります。

それで薬を使った造影検査で詳しく見ていきます。
おそらくMRIはおなかの物で肝臓などを詳しく診られたのではないでしょうか?

診て居ないので差し障りのないようなことしか言えないことを申し訳なく思います。

再びこんにちは。

>便を2日分採って行う大腸がん検査

人のヘモグロビンだけを検査する便検査です。
昔は肉を食べると血液反応がでるからダメなどあったんですが、今は人の血液だけに反応するようになっているのでそれにひっかかったのは幸いでしたね。

>何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

残念ながら、そういう場合もあります。
例えば肝臓などは「肝臓の組織を一部と...続きを読む

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます

Q大腸がん検診を受けるのですが、前処置がかなり苦痛と聞いてとても心配です。24歳女性です。この度、大腸

大腸がん検診を受けるのですが、前処置がかなり苦痛と聞いてとても心配です。24歳女性です。この度、大腸がん検診を受けることになったのですが、大腸がん検診自体はそれほど苦痛ではないものの、前処置(下剤を2リットルほど飲む)がとても辛く吐いてしまう方もいらっしゃるそうで、不安です。受けたことがある方はどうでしたでしょうか。また、大腸がん検診自体は痛みや気持ち悪さはありますか?それから、大腸がん検診のあと、麻酔の影響で眠ってしまうとのことですが、どのくらいで起きられますか?質問ばかりで申し訳ありません>_<差し支えのない範囲で教えて頂けたら幸いでございます。

Aベストアンサー

病院によっていろいろですが(私は二回受けましたが二カ所とも微妙に違っていました)
前々日に下剤一錠。これはほとんど影響はないくらいのものでした。
前日に検査食。これでした。
http://www.e-koseki.net/product.aspx?id=kai006
これ以外食べてはいけません。写真は業務用12個入りでの販売価格でしたが、3000円ほどしたかな。
あと、飲み物は水、炭酸水・・・要するに透明なもの以外は飲めません。

当日は朝から何も口にせず・・・水はOKです。(ポカリやアクエリがOKのところもあります)
200ccほどの下剤を10回ほど。10分~15分おきだったかな。合計で1800~2000cc飲むことになります。
これも比較的おいしく飲めた時と、めちゃまずかった時がありました。病院によって違います。
胃から腸の中を空っぽにするためのものなので、恐ろしいくらいでます(爆)
茶色からだんだん色が薄くなり、ほぼ無色になればOKです。
家にいる時はいつでもトイレにいけるので不安はありませんが、病院に向かうまでの間にお腹が痛くなったらどうしようと言う不安はあります。
もちろんおならをすることも恐ろしくてできません(笑)

私の場合、1回めは麻酔注射だけで検査しましたが、2回めは点滴も打ちながらボーッとした状態で受けました。
そんなに痛くはないですが、大腸の曲がり角を内視鏡が曲がるたびに腸壁に当たっている感覚はあります。
目の前にモニターがあって自分の大腸を見、説明を聞きながら行う場合もありますが、私は怖がりなのでずっと目をつむっていました(笑)
施術語数分ボーっとして眠る人もいますが、私は別室での休憩もなく帰りました。

 前日夜に食べてから、ほぼ20時間近く何も食べていない状態なので体重が1,2キロ減ります(笑)
まずは消化の良い物を食べてください。また、数日大便が出ないこともあります(当たり前の話ですね)
ただ、最初に受けたあとはうんちがなかなかでず(ようするにめちゃ水分が吸収されたりっぱな硬いうんちってこと)とても苦しい思いをしました。

病院によっていろいろですが(私は二回受けましたが二カ所とも微妙に違っていました)
前々日に下剤一錠。これはほとんど影響はないくらいのものでした。
前日に検査食。これでした。
http://www.e-koseki.net/product.aspx?id=kai006
これ以外食べてはいけません。写真は業務用12個入りでの販売価格でしたが、3000円ほどしたかな。
あと、飲み物は水、炭酸水・・・要するに透明なもの以外は飲めません。

当日は朝から何も口にせず・・・水はOKです。(ポカリやアクエリがOKのところもあります)
200ccほどの下剤...続きを読む

Q開腹,開胸手術における執刀の際、皮下に走っている静脈も切断するのでしょ

開腹,開胸手術における執刀の際、皮下に走っている静脈も切断するのでしょうか。おそらく、そうしないと手術できないと思いますが、太めの静脈も切断するのですか。

Aベストアンサー

目に見える太目の静脈は避けますが、たいていズバッと切ってしまいます。
電気メスで切っていくので、切ったと同時に止血していきます(電気で焼けてしまうから)。

静脈はたくさんのバイパスがあるので、多少切れてしまってもまったく問題がありません。

Q大腸がんについて

私の義姉の事なんですが、40歳になりましたので大腸がんの検査をしました。
血が混じっていたようで精密検査を受けるようにと紹介状が入っていました。
近くの胃腸科にいきまして、血液検査と腸の中をカメラで見る検査を行ったそうです。
腸の中の写真を見たそうですが、小さくて赤いもの(先は白かったそうす。にきびが化膿しているような感じだったそうです。)が
20~30個あったそうです。その場でとったので調べるそうです。
結果は年明けになるようです。その日は鮮血がでたようです。
自覚症状はおなかが痛い時もあったそうです。
便が細くなったり、下痢・便秘を繰り返す事はなかったと言ってます。
(関係ないと思いますが子宮筋腫を持っています。今は様子見だそうです)
義姉は非常に落ち込んでいまして、はっきりとは言わないのですが末期ではないかと疑っているみたいです。
もし、末期なら胃腸科で見てもらった時に、そのまま入院とか、家族が呼ばれるとか、何かありますよね。
教えてほしいのは、赤いものがポリープかがんかどちらの可能性が高いかです?これだけの情報では難しいと思いますが・・・。
統計的に40歳女性が、大腸がんになるのは何%ぐらいなのでしょうか?
あと、ポリープの場合、がんの場合とこれからの治療方法も知りたいです。
どのような手術方法や入院日数など・・・・。
宜しくお願いします。

私の義姉の事なんですが、40歳になりましたので大腸がんの検査をしました。
血が混じっていたようで精密検査を受けるようにと紹介状が入っていました。
近くの胃腸科にいきまして、血液検査と腸の中をカメラで見る検査を行ったそうです。
腸の中の写真を見たそうですが、小さくて赤いもの(先は白かったそうす。にきびが化膿しているような感じだったそうです。)が
20~30個あったそうです。その場でとったので調べるそうです。
結果は年明けになるようです。その日は鮮血がでたようです。
自覚症状...続きを読む

Aベストアンサー

「ガンか否か」をあれこれ推測するよりも細胞診の結果をお待ちになることです。一方、ガンであった場合にどう対処するか、情報を集め速やかに対処する方針を決めておくことは有効です。

下記URLの中で私が回答させて頂いたANo.1、ANo.3、ANo.4に参考頂けるものがあるかも知れません。

http://okwave.jp/qa2438471.html

その他、ガンの免疫療法に関して私が過去に回答させて頂いたものが多数あり、中には参考頂けるものがあるかも知れません(例えば、下記ANo.2)。

http://okwave.jp/qa2285689.html

大腸ガンに発展しやすいポリープに関しては先日のNHKの「ためしてガッテン 激増中!大腸がん緊急対策術」というものの下記URLに参考になる部分があるかと思います。再放送があるかも知れません。また「嘗ての日本人はアメリカ人と比較して大腸ガンはとても少なかったが、ハワイに移住した日系人はすぐにアメリカ人と同様な食生活になってしまう傾向にあり、大腸ガンの発生もアメリカ人並になってしまう」とはよく言われていることですね。従いまして、「食物繊維を多く摂取」し「動物性脂肪を減らす」ことが「大腸ガンに発展しやすいポリープ」を減らすためには有効なのかと推測します。納豆などの発酵食品を多く摂ったりして整腸に心がけることも大切と思います。「新ビオフェルミン」などの乳酸菌サプリなどは整腸にとって即効性があるかも知れません。結果、ポリープの発生を抑止するのかも知れません(単なる推測です)。

http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q4/20061122.html

*私は異なるガンの経験者として「経験者」としています。

「ガンか否か」をあれこれ推測するよりも細胞診の結果をお待ちになることです。一方、ガンであった場合にどう対処するか、情報を集め速やかに対処する方針を決めておくことは有効です。

下記URLの中で私が回答させて頂いたANo.1、ANo.3、ANo.4に参考頂けるものがあるかも知れません。

http://okwave.jp/qa2438471.html

その他、ガンの免疫療法に関して私が過去に回答させて頂いたものが多数あり、中には参考頂けるものがあるかも知れません(例えば、下記ANo.2)。

http://okwave.jp/qa2285689.html
...続きを読む

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q大腸がん検診の信ぴょう性

 45歳の男性ですが、がん検診のことで教えていただきたいと思います。というのも、毎年大腸がん検診の一環として便の潜血検査を受けており、今のところ出血はしていないようですが、大腸がんができていると必ず腸内で出血するものでしょうか。つまり「大腸がん=出血」という図式ができており、便に血が混入してなければ大腸がんもないという診断になりますが、潜血検査でマイナスでも大腸がんが実はできていたなどという事例はないのでしょうか。肺がんや胃がんの検査はレントゲン画像で確認できるので診断に間違いはないと思いますが、大腸癌だけは便に血が混じっているかどうかだけで診断されるので、前から疑問に思っていました。
 私自身の母親が大腸がんを患っており、また父親もがんで亡くしているので、もしがんが一定の割合で遺伝するものなら私自身も危険因子を持っていることになるので、心配になります。私自身胃腸が弱く、半年くらい前から便秘と下痢を繰り返している状態なのでなおさらです。
 大腸の内視鏡検査を毎年受ければいいのでしょうが、お金も時間もかかるので、なかなかふんぎりがつきません。便潜血検査がマイナスならほぼ100%安心していいのか、70%くらいの信ぴょう性しかないのか、その辺を教えてください。よろしくお願いします。

 45歳の男性ですが、がん検診のことで教えていただきたいと思います。というのも、毎年大腸がん検診の一環として便の潜血検査を受けており、今のところ出血はしていないようですが、大腸がんができていると必ず腸内で出血するものでしょうか。つまり「大腸がん=出血」という図式ができており、便に血が混入してなければ大腸がんもないという診断になりますが、潜血検査でマイナスでも大腸がんが実はできていたなどという事例はないのでしょうか。肺がんや胃がんの検査はレントゲン画像で確認できるので診断に...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医です。
便潜血陰性なら大腸癌がないか? という質問には
「残念ながらそういえません」が答えになります。
便潜血の検査はそれでは無意味か? という質問には
「便潜血陰性ならある確率は低いので無意味ではありません。」となります。
胃と違って片っ端から調べるのは大腸は難しいので、ハイリスクの人を重点的に調べようということです。

ちなみに便潜血陽性で癌が見つかる確率は1~3%くらいです。40歳台なら1%代でしょう。
逆に癌があっても便潜血陰性の方も少なくないのです。進行癌でも10~30%は
陰性だろうといわれていますが、ある高名な先生は40%以上と講演で話され
ていました。その先生は便潜血なんか無意味、スクリーニングで内視鏡で早
期発見をという主張の先生です。
便潜血の問題点はほかにもあって、感度をあまりに上げてしまうと検査をうけ
た人の4割以上陽性など言う検査キットも存在しています。感度を上げると見落とし
は防げますが、今度は精密検査に回る人が多すぎるのは問題です。

Qリンパ節にガンが転移している患者へのリンパマッサージ

肝臓のガンがリンパ節に転移している父に何かしてあげたいと思い、
リンパマッサージをおぼえて、してあげようと思うのですが、余計に
ガンを刺激させてしまったりしないか心配です。
ガンはどんな拍子で、他の臓器や骨に転移するか、こればかりは、誰にもわからないということはわかってはいるのですが、できれば体によくないことはさけたいので、やってはならないことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

リンパマッサージって、リンパの流れをよくするものですから、流れを良くしたら・・・。リンパ節癌になってしまって大変だと思います。切除できて他に転移しないといいですね。お大事に。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング