痔になりやすい生活習慣とは?

被相続人Aの遺産を妻B、子C、D2人で相続するのに、遺産分割前に妻Bが死亡しました。妻Bの遺産は子2人で相続します。
1.最終的に被相続人Aと妻Bの遺産を子2人で相続する事になりますが、全部まとめて子2人で遺産分割協議を行い相続する事はできるのでしょうか。先にAの遺産相続を行い、名義変更を行った上でBの遺産相続を行うことになるのでしょうか。
2.この場合、被相続人Aの遺産は法定相続されたと見なされて妻Bに1/2の相続が発生するのでしょうか。妻Bをのぞいた子2人で相続することにはならないのでしょうか。
3.相続人の一人が死亡した場合、残った相続人(C、D)だけで遺産分割協議書は作成できるのでしょうか。それとも死亡したBの分も含めて遺産分割協議書を作成するのでしょうか。
4.被相続人から最終的に相続する子へ直接名義変更することは可能でしょうか。
ただ並べてしまいましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下、C、Dが妻の子であること、妻BにC、D以外に子供(C、Dにとっては異父兄弟)や新しい夫がいないこと、被相続人Aおよび妻Bが遺言をしていなかったこと、が前提になります。




>1.最終的に被相続人Aと妻Bの遺産を子2人で相続する事になりますが、全部まとめて子2人で遺産分割協議を行い相続する事はできるのでしょうか。先にAの遺産相続を行い、名義変更を行った上でBの遺産相続を行うことになるのでしょうか。

遺産分割前に妻Bが死亡すれば、妻Bは既にこの世にいませんので、遺産分割協議に参加することも、遺産分割協議書に署名捺印することも、それに基づいて遺産の名義を妻Bに変更することも事実上できません。
つまり、実際は、子2人で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成後、それに基づいて各遺産をCまたはDに名義変更する事になります。


>2.この場合、被相続人Aの遺産は法定相続されたと見なされて妻Bに1/2の相続が発生するのでしょうか。妻Bをのぞいた子2人で相続することにはならないのでしょうか。

Aの死亡による法定相続分は、妻Bが2分の1、子C、Dが各4分の1となります。
その後妻Bの死亡により、妻Bの遺産(妻自身の元々の遺産プラスAからの相続分2分の1)を、子C、Dによって相続することになります。
ただ、これはあくまで法律的な流れであって、実質は、Aの遺産は子C、Dだけが受け継ぐことになります。


>3.相続人の一人が死亡した場合、残った相続人(C、D)だけで遺産分割協議書は作成できるのでしょうか。それとも死亡したBの分も含めて遺産分割協議書を作成するのでしょうか。

死人は、遺産分割協議に参加することも、遺産分割協議書に署名捺印することもできません。
子C、Dだけで遺産分割協議書を作成することになります。


>4.被相続人から最終的に相続する子へ直接名義変更することは可能でしょうか。

死人は、名義変更することはできません。
子へ直接名義変更することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。前提の通り、Bに新しい夫はおらず、C、D以外にBの子もいません。法定相続人はB、C、Dだけです。遺言もありません。確かに、死んでからは意思表示できませんね。納得です。

お礼日時:2007/06/14 01:42

重複になりますが、念のため


1.全部まとめて子二人で協議、子の名義に直接移転します。

協議については、
Aの相続人 C,Dと、「Aの相続人たるB」の相続人C、Dで遺産分割協議をします。
つまり、C,Dは、Aの相続人兼相続人Bの相続人という二重の立場で遺産分割をすることになります。

2.妻も含めた全員で相続するのが原則ですが、その妻にも相続が発生しているので、結論としては、子二人で全部相続します。理屈は上記のとおりです。



4.可能です。


よくある事例ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。C、Dが「二重の立場」というので理解が深まりました。

お礼日時:2007/06/14 01:47

>先にAの遺産相続を行い、名義変更を行った上でBの遺産相続を行うことになるのでしょうか


>死亡したBの分も含めて遺産分割協議書を作成するのでしょうか
>被相続人から最終的に相続する子へ直接名義変更することは可能でしょうか


既にBがいないのでBには名義変更を行えませんし、C,Dにしか分割できません。(BにC,D以外の相続人がいない場合)
仮にBにBの子EがいればC,D,Eに分割(子C,DはBの子ですか?)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。C、DはBの子で、法定相続人はほかにいません。

お礼日時:2007/06/14 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください

遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください。
被相続人Xには二人の息子(長男Aと次男B)がいます。法定相続人はこの二人だけです。
遺産分割協議がまとまる前に、長男Aが死亡した時の以下の例について
お教えください。

1、長男Aには妻がいるのですが、この妻は結果的に被相続人Xの遺産の半分
  を相続することになりますか?
 (遺産分割協議がまとまる前に長男Aが死亡したとしても、自動的に長男A
  は被相続人Xの遺産の半分を相続したことになり、更にその後死亡した長
  男Aの遺産をその妻が相続することで、この妻は結果的にXの遺産の半分
  を手にすることになりますか?)

2、上記1が成立する場合の質問です。もし被相続人Xが長男Aに財産の全て
  を与えるという遺言書を残していた場合、長男Aの妻は結果的にXの遺産
  の何割くらいを手にすることになりますか?
  (通常は次男Bには遺留分が保障されると思いますので、結果的に長男A
   の妻にはXの遺産の何割くらいを手にすることになるのでしょうか?)

3、上記2が成立する場合の質問です。もし被相続人Xの『長男Aに財産の全
  てを与えるという遺言書』が長男Aの妻が偽造した遺言書だった場合はど
  うなりますか?
  (法定相続人遺言書を偽造、変造すると相続欠格事由により相続権を失い
   ますが、長男Aの妻はXの法定相続人ではありません。この場合、相続
   欠格事由に該当せず、単純にXは遺言書を残さなかったとして長男Aと
   長男Bは通常の法定相続分としてXの遺産の半分づつを相続し、長男A
   が死亡したことで結果的にやはり長男Aの妻がXの財産の半分を手にする
   ことになるのでしょうか?)

※上記は実際に直面している問題ではなく、創作物を制作中に疑問に思ったこ
 とであり恐縮なのですが、お教えくださる方がおられましたら幸いです。
 どうぞ、宜しくお願いいたします。

遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください。
被相続人Xには二人の息子(長男Aと次男B)がいます。法定相続人はこの二人だけです。
遺産分割協議がまとまる前に、長男Aが死亡した時の以下の例について
お教えください。

1、長男Aには妻がいるのですが、この妻は結果的に被相続人Xの遺産の半分
  を相続することになりますか?
 (遺産分割協議がまとまる前に長男Aが死亡したとしても、自動的に長男A
  は被相続人Xの遺産の半分を相続したことになり、更にその後死...続きを読む

Aベストアンサー

1について
 長男AはXの遺産の2分の1を相続しており、さらにAの相続人がそれを相続することになります。本件では子供がいない場合で、親も死亡しているようなので、結局妻はXの遺産の8分の3(1/2×3/4)を相続することになります。

2について
 本件の遺留分権利者はABの2人であるので、Bが遺留分権を行使した場合、BはXの遺産のうち4分の1を得ることができます。
 すなわち、Aは4分の3を相続し、さらにAを法定相続分で相続したとすると、結局妻はXの遺産の16分の9(3/4×3/4)を相続することになります。

3について
 (1)妻はXの相続人ではないこと、(2)また本件で結果的にXの遺産を相続する形にはなるが、妻はあくまでAを相続したのであり、Aの相続に関しては欠格事由がないこと、(3)欠格の効果は相対的であり、特定の被相続人との関係だけで相続人資格を奪うものである(例えば、親を殺した者も子を相続できる)ことから、本件が代襲相続ではない以上、恐らく妻はXの遺産の8分の3を相続することができると考えます。

Q遺産分割協議中に相続人が死亡のときの相続財産の帰属

被相続人Xについての遺産分割協議を相続人A,B,Cでしている最中に相続人Aがなくなりました。この場合、まずはXについて遺産分割をしてからAについての遺産分割をするべきなのでしょうか?

Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

相続人Aの相続税にかかる相続財産の範囲について、被相続人Xとの関係においてどのようになるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Xの遺産は Aにも相続されています(この時点ではAの相続人(配偶者や子)は関与しません)
遺産分割の協議中にAが亡くなれば、Aの相続人がその地位を受け継ぎます

X--A --Aの配偶者・子  全員でBおよびCと対等
   B
   C

>Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

その通りです

相続は X→A→Aの相続人 になります、相続税は 相続毎に計算します(X→Aと  A→Aの相続人 の2回)
 
不動産の登記は X→Aの相続人 で可能です

Q死者を登記権利者とする相続登記申請書

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授願います。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書

目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  A
      甲の住所
      上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の1 B
以下省略

質問(1) 上記申請書の書き方に、誤りはございますでしょうか?申請書に亡は書かないですよね?

質問(2) 上記の場合、甲か乙どちらかのみから委任を受けて申請も可能と思いますが、その場合は申請する甲か乙のどちらかの頭に(申請人)と記載すれば良いでしょうか?

質問(3) 質問(2)のように一人からの申請であっても、亡Aの登記識別情報は発行されますでしょうか?

すみませんが、お解りになるかたがおられましたら、宜しくお願いいたします。

お世話になります。

以下の事例について、以下の質問につきご教授願います。

・被相続人X 相続人は亡A(Xより後に死亡)とBの2名
・亡Aの相続人は、甲と乙の2名
・X所有の不動産を、亡A持分2分の1、B持ち分2分の1とする登記申請書

目  的 所有権移転
原  因 平成年月日相続
相続人 (被相続人X)
      Aの住所
      持分2分の1  A
      甲の住所
      上記相続人甲
      乙の住所
      上記相続人乙
      Bの住所
          2分の...続きを読む

Aベストアンサー

受験ではどうなっているかはわかりませんが,
質問(3)は受験では出てこない問題ですよね,きっと。

(1)
いいと思いますが,「亡」は書いています。

(2)
ご指摘のとおりだと思います。

(3)
実務としては発行されていたように思います。
考えてみるに,申請人となるAの相続人は,形式的には
不動産登記法第21条の「申請人自らが登記名義人となる場合」になりませんが,
登記名義人Aの権利義務を承継し,Aの地位において登記申請を行う者であり,
不動産登記規則第62条1項の者に準じた者として扱われるのかな…と。

もっとも実務ではその次の登記まで一括で申請してしまうでしょうから,
ここを気にする実務家はあんまりいないかもしれません。

Q母が死亡して遺産分割協議書を作成中に父が死亡しそうです。

母が死亡して遺産分割協議書を作成中に父が死亡しそうです。

9月に母が急に大動脈瘤破裂で死亡して、相続人が父と姉・私(48歳男)妹 の4人で遺産分割協議書を作る準備をしている状況なのですが、肝臓がんを患っている父の余命がそう長くないという状況になってしまいました。
話し合いがつかない状態ではないのですが、姉と妹との話はもう少し時間がかかりそうです。
母の遺産は4千万円ほどなのですが、父のは、土地がほとんどなのですが路線価が安くないとこを持っているので、遺産は1億2千万ぐらいになりそうです。

母の遺産について父には相続を放棄してもらうつもりでいたのですが、父が分割協議書を作る前に死亡した場合、父は法定相続分を相続することになるのでしょうか?
そうなると相続税が増えるな と思っています。

このあたりのことについて教えてください。

Aベストアンサー

返信いただきました。

お母様に相続税が課税されるか否かで話しは全く異なります。
課税されるのであれば、申告期限までに遺産分割が成立してませんと、法定相続取り扱いとなりますが、課税が発生しませんと、申告書を提出する義務がありません。
従って、遺産分割の成立と未了は税務署の関与する問題ではなくなります。

税法上のこしがありますが、実際は申告義務があるのと無いので大違いとなります。

お母様の相続税が発生せずに、申告義務が無ければ、遺産分割は遅れて成立しても問題ありません。

その遺産分割でお父様が相続しなければ、お父様の相続はお父様の財産のみになりますので、これまた相続税の申告義務があるか無いかで異なってきます。

このように、申告義務があるか否かで根本的に違いますので、税理士に相談してくださいとお答えいたしました。

登記の歳に提出する遺産分割協議書の書き方は、先に書きましたように、殆どテクニックですので、弁護士も分からず質問してきてます。
先に書きましたように、司法書士に依頼すれば簡単に解決いたします。

Q法定相続人は誰になりますか?(被相続人死亡後に相続人の一人が死亡)

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいます。
(3)【相続人の次男(D)】は、【被相続人の祖母(A)】が死亡した2週間後に死亡しました。

この場合の法定相続人は誰になりますか?

『B、C、Dの子供』の3分割でしょうか?

私がネットで調べて気になっているところは「被相続人の死亡前に相続人が亡くなっていた場合、相続人の子が相続できる」と書いてあったところです。
今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?

少し複雑なのでうまく説明できているか不安ですが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいま...続きを読む

Aベストアンサー

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、その後、Aの相続人のDについてDの死亡によるDを被相続人とする相続が発生したという状態を指します。ここでDの配偶者と子は、あくまでもDの相続人であってAの相続人ではありません。
とは言え、Aの相続について分割協議等が整っていない場合には、Dの配偶者と子はDの生前の地位を承継しているので、Dになり代わって相続分割協議をすることができます。しかし、それはあくまでも数次相続によりDの地位を承継したことが理由であり、Aの相続人になったからではありません。

ということで、
>今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
なれません。
しかし、なれなくても
>またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?
参加できます。なぜなら、Dの妻はDの生前の地位を承継しているからです。Dの妻はDの相続人として自己の固有の地位に基づいて参加できるのであり、Dの子の代わりに参加するのではありません。Dの子もまた同様にDの生前の地位を承継しているのでDの妻とは別に自己の固有の地位に基づいて参加することができます。

だから数次相続が生じると関係者が増えたり、血縁者以外が入り込んだりして面倒臭いことになるのです。分割協議はさっさと済ませる方が楽なんですよ。

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、そ...続きを読む

Q登記申請書の書き方(共有持分の表記と添付書類)

共有名義の不動産の持分全部移転(売買や放棄が原因)の場合の「登記申請書の権利者」の欄の(共有部の)持分の表記は、移転前の現状の割合でしょうか?それとも今回申請する移転後の新しい持分の割合でしょうか? また、添付書類は何が必要でしょうか?(申請書副本、双方の印鑑証明、双方の住民票の他に)  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(共有部の)持分の表記は、移転前の現状の割合でしょう>か?それとも今回申請する移転後の新しい持分の割合でし>ょうか?

今回新たに取得する持分です

>添付書類は何が必要でしょうか?

原因証書(又は申請書副本)、持分を失う人(登記義務者)がその権利を取得した際の登記済証と印鑑証明書、持分を取得する人(登記権利者)の住所証明書(住民票の写し)、司法書士に委任する場合は双方の委任状、課税標準金額を証明するための固定資産税評価証明書が必要になります。その他、利益相反取引や農地の売買等では、さらに別の添付書類も必要となりますが、原則を提示しておきます。

登記申請書の例(甲の持分2分の1を乙が取得)

登記の目的 甲持分全部移転
原因    年月日売買(持分放棄)
権利者   住所 持分弐分の壱 乙
義務者   住所 甲
添付書類  原因証書(又は申請書副本) 登記済証(又は保証書)
      印鑑証明書 住所証明書 代理権限証書
課税価格 移転した持分の価格  金何円
登録免許税 金何円
 (売買は課税価格×50/1000
     持分放棄は、課税価格×25/1000
  土地については特別措置法によりさらに3分の1になります)

従って、印鑑証明書は義務者のみ、住民票は権利者のみです。登記済証を添付できない場合は、保証書による申請になります。法務局の登記相談所のコーナーで詳しく教えてくれます。

以上、参考にして下さい。

>(共有部の)持分の表記は、移転前の現状の割合でしょう>か?それとも今回申請する移転後の新しい持分の割合でし>ょうか?

今回新たに取得する持分です

>添付書類は何が必要でしょうか?

原因証書(又は申請書副本)、持分を失う人(登記義務者)がその権利を取得した際の登記済証と印鑑証明書、持分を取得する人(登記権利者)の住所証明書(住民票の写し)、司法書士に委任する場合は双方の委任状、課税標準金額を証明するための固定資産税評価証明書が必要になります。その他、利益相反取引や農地の...続きを読む

Q過去の株価を調べるには?

これから初めて株を購入しようとしているものです。
買値をいくらにしようかというところで、過去のデータを見て買いたいのですが、グラフはあるのですが、いついつは何円というデータがありません。
皆様、どうやってそういうデータは調べているのでしょうか?
是非お教えくださいませ。

Aベストアンサー

ヤフーのファイナンスの株式情報のところに時系列データ「株価」というのがあります。それをクリックすると下のURLで示した画面が出ますので、そこに銘柄コードと-年-月-日から-年ー月-日までと年月日を入れるとデータがずらっと出ます。私はそれで見ることもありますが、チャート(グラフ)でおおよそ分かるのであまり利用しません。どうしても細かい数字まで知りたい時に利用しています。

参考URL:http://table.yahoo.co.jp/t

Q相続関係説明図の「相続人」と「分割」

父が他界して、母と長男(子供は私だけ)で遺産分割協議書によって不動産をそれぞれ相続しますが、登記申請書に添付する相続関係説明図の「相続人」と「分割」の記入に悩んでいます。

被相続人の父は不動産を仙台市と東京に所有しており、母が仙台市、私が東京の不動産をそれぞれそれぞれ相続して、登記申請を出す場合に、私は東京へ登記申請を出しますが、その場合の説明図は母が「分割」で私が「相続人」と記入して、母の仙台市への申請の場合は逆に記入でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

----------------------------
被相続人□□□□相続関係説明図   作成者 □□◆◆<印>

本  籍
登記住所
最後住所
出  生 何年何月何日
死  亡 何年何月何日
被相続人 □ □ □ □      住 所
       ∥          出 生 何年何月何日
       ∥------長 男 □ □ ◆ ◆(相続)   
       ∥
妻    □ □ ◇ ◇(遺産分割)
住  所 
出  生 何年何月何日

        相続証明書及び住所証明書は還付した
----------------------------

上記内容をA4縦書(又は横書)形式で作成、
その相続財産を取得する相続人氏名の下に(相続)と記載、
取得しない相続人氏名の下に(遺産分割)と記載すれば、
ワザワザ「相続人」の記載までは要しません。

なので、仙台分では御母様氏名(相続)、アナタ様氏名(遺産分割)、
東京分では御母様氏名(遺産分割)、アナタ様氏名(相続)
となりますので、2種類(仙台用・東京用)の相続関係説明図が必要です。

あと、余談ですが
登記住所(登記簿に記載されている御父様住所)と
最後住所(御父様がお亡くなりになられた時点の住所)とが同一の場合には、
両方併記する必要はなく単に「住所」として一つ記載すればOKです。

また、登記住所と最後住所とが相違する場合には、
住民票除票や戸籍附票にて、その間の住所異動の経緯を明らかにする必要があります。

なお、作成者欄の押捺は原則不要ですが、
申請後に相続関係説明図の中で訂正箇所などが生じる事もありますから、
その際には作成者欄に押捺した上で訂正箇所に訂正印押捺の運びとなります。

以上、余計な事もカキコミましたが
少しでもヒントになれば幸いです^^

----------------------------
被相続人□□□□相続関係説明図   作成者 □□◆◆<印>

本  籍
登記住所
最後住所
出  生 何年何月何日
死  亡 何年何月何日
被相続人 □ □ □ □      住 所
       ∥          出 生 何年何月何日
       ∥------長 男 □ □ ◆ ◆(相続)   
       ∥
妻    □ □ ◇ ◇(遺産分割)
住  所 
出  生 何年何月何日

        相続証明書及び住所証明書は還付した
---...続きを読む

Q準確定申告の付表と納付する人と納付書

もう、そろそろ準確定申告の期限が迫ってきたので、付表も書いたのですが、まだ、遺産をどうするか決まっていない場合、法定で分けて納付するようになっているのですが、長男である父がとりあえず、全部払って置くそうです。今年送られてきた確定申告の書類の中に入っている納付書は使えるのでしょうか。名前とかを父の名前に書き換えて、全額を一括で書くのはどうでしょう?
ダメな場合は、納付書を送ってもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

管轄の税務署に電話で聞かれるのが、一番確かだと思いますが。

ただ、私もこの前、準確定申告をしないといけなくて、その時にはまだ、もう一人の相続人である兄が行方不明だったので、困りました。
税務署にどうしたらいいのか聞いたら、
「相続が決まっていない場合、とりあえずどなたかが代表相続人になっていただき、代わって税金を納めていただくようになります。」
と言われてましたよ。

なので、お父様が納めるのは問題ないと思います。
ただ、書き方として、亡くなられた方の名前の前に「被相続人」と書き加えたり、お父様の名前の前に「代表相続人」とか書いたりするのではないかと思うので、書き方など税務署の電話相談でお聞きになった方がいいと思います。

ちなみに私の場合、父の所得税はわずかながら還付になる予定でしたので、
「その場合は、急ぎませんので、ちゃんとお兄様を探して、話し合いなど済ませてから出してください。」
と、代表者では受け取れないと言われました(T_T)

納める方は誰でもいいから早く、返すのはきちんと決まってからだそうです。

Q準確定申告の納付書

準確定申告の納付書記入で困っています。納付書の氏名は亡くなった申告者(被相続人)で氏名欄・整理番号は記入すればいいのでしょうか、それとも事業を承継した相続人(実際の納付者)で記入するのでしょうか?どなたか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと面倒ですが、納付書は各相続人ごとに自分の負担する税額分ずつのものを作成し、納付すると思います。

例えば被相続人(山田太郎)で30万円の税額の場合、相続人が妻(花子)と子供2人(次郎・良子)とすると・・

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田花子」 
>金額欄「15万円」←妻なので、法定相続2分の1相当額
これが1枚。

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田次郎」
>金額欄「7万5千円」←子供2人なので、法定相続2分の1の半分相当額
もう一人の子供の分(山田良子)も同様に作成します。これで子供の分は2枚。

合計3枚作成となります。整理番号は3枚とも被相続人のものを記入します。

例えばこの準確定申告の提出が期限後だとすると、こうして分けておかないと、延滞税や加算税を計算するとき基礎となる金額が不利になる場合があるそうです。
以前このように指導を受けたことがあります。



 


人気Q&Aランキング