ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

英語の習得において、発音記号の理解は必要なのでしょうか?

語彙を増やす、ひたすら英語を聴く、声に出す…など様々な学習行為のなかで、発音記号の勉強はどれくらい優先されるべきだと思われますか?

発音を気にせず、まずは会話できるようになることを優先した場合、発音記号の理解は後回しでも良いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

こんばんは。



私は、音声学を大学時代に習ったので、国際音声符号でもない発音符号はある意味否定的です。それは、カタカナ表記よりは優れたとしても、それは、しょせん、そんなに大した違いがないものだと思います。音声の訓練もしてもいず、正確な発音の練習もしないで、本当に、その国の言語の音が作り出せるとは思いません。

本来、音声とは、耳で聞いたものの再現でしかありません。その時、ネイティブに、同じ音声なのか確認することが出来れば申し分がないのですが、なかなか、そうは行きません。したがって、私は、自分の耳で聞こえたものを信じて進むしかありません。ですが、ネイティブと同じようにするというのは、絶対に、私は、限界があると思います。私がフランス語の講座を受けようとして、教授が開口一番、日本人には、フランス人のような発音は無理です、と言われました。そんなものだと思います。ただ、通じるようにはなるはずです。

たとえば、インドや華僑の人々の英語の発音を批判したところで、何にも意味がないと思います。でも、一応、教養のある人となら、お互いに英語で意思の疎通が出来ますね。また、フランス語なまりの英語は、なれないと、なかなか聞き取れません。ドイツ系の英語は、V の発音が、独特のF の発音になります。発音が悪くて、あなたの言っていることは分かりません、というわけにはいかないと思います。

英語ネイティブの会話の中で、純粋に音だけを頼りに聞いていたら、さっぱり聞き取れない時があります。日本語でも、同じだと思います。心の中で意味を把握しながら聞いているから、その音が聞こえるのだろうと思います。言葉自体を覚えるほう先なのでしょう。そうでないと、「ホッタイモイジルナ」の「空耳」になってしまいます。

とはいえ、見本・お手本は大事だと思います。なんとか、ネイティブの音声を聞くように、また近づけるように努めるべきだと思います。今は、インターネットラジオもありますし、音声資料としては豊富だと思います。その上で、自分の脳にある英語と音とを一致付けていきます。

その時に、場合によってはカタカナでも、自分の作った記号でも、発音記号でもよいから、記録付けすればよいと思います。音を思い出すキッカケを作ってあげさえすればよいです。言語学や音声学の専門家になるのではない限り、あまり、こだわる必要性はないと思います。特別に、音声符号の勉強が必要だとは思いません。

同時通訳で有名な方も、カタカナで表記した本を出しています。ただし、カタカナ・ルビではありません。非常にたくみなカタカナ表記でした。

江戸時代の開国前に、外国語にカタカナ・ルビを振るのと、開国後、文明開化で外国人のしゃべるのを聞いたままで表記したものとでは、雲泥の差があります。

どのようなものであれ、音声符号は、あくまでも、聞いた音の再現のためのキッカケであり、聞いたことのない音の文字から、その言語の発音を作り出すことは不可能に近いことだと思っています。出来たとしても、それは、あくまで想像と推測でしかありません。そのために、多量にリスニングして自分の脳の中にある単語と音と一致づけ、音声のネットワークを育てていく作業が必要なのだと思います。
    • good
    • 3

>発音記号の理解



どうも意味がわかりません。
辞書をひけば自然に発音記号が目に入り自然に覚えるものです。
それに辞書によって発音記号が違ったりします。
勿論日本の辞書にはある程度「決まり」があるのだと思いますが 英英辞典をひくとまた異なった発音記号が記してあります。
会話をしようと思うときちんとした発音をする必要が出てきます。つまりいやがおうでも発音記号を見る事になり そしてネイティヴの発音と比較してこの記号はこう読むんだと覚えてしまいます。
理解とかいうものではなく 私は発音記号は文字を読むための「ふりがな」みたいなものと思っています。
    • good
    • 1

発音記号というのは英語に限らず、全ての言語の発声方法を記号化するためのものです。


もちろん、日本語の発音ですら発音記号で表すことは可能です。
ですが、日本人で日本語を発音記号で覚えている人はいないと思います。
きっと英語のネイティブスピーカーのほとんども自分が発声している言葉を発音記号に表すことはできないと思います。

発音記号を理解していれば、辞書で発音を知らない単語をひいても正しい発音がわかります。ということが唯一のメリットでしょう。
勿論、知っていて損することはないでしょうが、知っているだけで英語が上手くなるわけではありません。

但し、発音は気にしないで会話ができるようになるかというと話は別です。アクセントの違いや微妙な母音の違いで伝わらなかったり意味が変わったりすることもよくあります。聞くにしても話すにしても発音を気にすることは大事なことです。
    • good
    • 0

私はたまたま発音記号を覚えた(辞書の巻末に口蓋図と文章で説明が出ていて、真似したら面白かっただけ)ので、だいたい覚えていますけれども、他の方々がおっしゃっているように「やっているうちに覚えた」ということです。



発音記号を理解できるほうが便利ではあります。少なくとも私は利用しています。
でもどういう覚え方であれ、要するに発音を覚えられればいいんだと思いますよ。
フォニックスという発音の覚え方もあるそうですし。
http://allabout.co.jp/children/kidsenglish/close …

カタカナで英語の音は表せませんが、カタカナのフリガナを“目安”にして、音で聞いて真似して覚えるのだっていいのかもしれません。
(発音記号を見る場合だって、音も聴いたほうがbetter)

>発音を気にせず、まずは会話できるようになることを優先した場合、発音記号の理解は後回し

読み方を覚える方法を発音記号だけにこだわる必要はないと考えます。
多少の日本語訛りも構いません。
しかし、アクセントとかだいたいの読み方は知らないと会話できません。
日本語だって、もし漢字を見て意味が分かっても、読み方が不明だったら声に出して言えないでしょう?

発音記号も、文法も、覚えるために存在するのでなく、英語を理解し、使うためにあります。
目的でなくて手段だし、メインでなく、補助的なものだと思います。
    • good
    • 0

発音記号の理解は、出来たら便利というくらいで、そのために時間をかけて学ぶ物では無いと思います。

 英語を聞く、声に出すという練習をしていく内に、英語の音、単語の綴りに耳が慣れ、アルファベットの並び方でどのような発音になる、というパターンが見についてきます。
それをそのまま続けても良いですが、Phonicsの習得に時間をかけると単語の語彙を増やすのに大いに役立つと思います。Phonicsに慣れると英語を聞きながらの書き取り、逆に単語、文章の読みが容易に出来、単語を覚えるのが早くなると思います。ネイティブの子供達は、アルファベットを習うと単語の読み方を習う前に、まずフォニックスを習い、その後単語の読みに結びつけていきます。

「発音を気にせず、まずは会話ができるようになることを優先した場合…」

発音を気にしすぎて話しが進まないというのは困りますが、まずは出来るだけ正確に発音してほしいと思います。 発音が正確でなければ相手側に貴方の意図が通じない場合があります。 又、何とか通じても相手によっては会話する事に関心を持たなくなってしまう人もいます(残念ですが、そんな人も多くいます)。 相手に意思を伝えるために会話をするという事を考えたら、出来るだけ正確に伝えようとする努力は必要だと思います。 (私の解釈に誤解があったらすみません。)

「発音記号の理解は後回しでも良いのでしょうか?」

というご質問の意味がすみませんが、理解できません。 発音記号は単語の読み、発音の手助けです。 会話の際に出てきた言葉、発音はしっかりと記憶に留めておきます。後で発音記号の理解をする必要は無いと思います。
    • good
    • 0

皆さんお話が通じているようなので、なんなら無視してくださって構わないのですが、「発音記号の勉強」って何ですか? そもそも、発音記号だけを集中して何時間も掛けて勉強するものではないと思うのですが。



まず、英語を使っていれば、必ずどこかで発音記号を参照することになります。しかし、記号の見方は辞書の巻頭に必ず列記されていますので、そのページをいちいち見に行けばいいだけの話です。

もちろん、その巻頭ページを見るまでもなく記号の意味が頭に入っていれば“便利”ですが、発音記号というものは万国共通ではありません。つまり、1つの国で流通している記号を何週間も掛けて完璧に叩き込むよりは、そこそこに規則性だけ理解しておいて、別の記号が登場したときに臨機応変になじめるようにしたほうがいいです。

で、他のご回答にもあるように、新しい単語に出会うたびに、辞書で発音記号を頼りに発音を調べているうちに、発音記号はなんとなく頭に入っていきますし、規則性もそこそこわかってきます。これは、読めない漢字に出会うたびに漢字辞書を調べているうちに部首の名称を覚えていくのと似ています。

ちなみに、一般的な試験で、英語の発音記号そのものの意味を問われることは滅多にないはずです。
    • good
    • 0

わざわざ勉強しなくとも、辞書を引きながら普通に勉強していれば、自然に身につく程度のものです。



そもそもイギリス語とアメリカ語で発音が大きく違うので、記号を覚えることは、実践力に、あまり影響しません。
    • good
    • 0

英語の音声を簡単に入手できる昨今の事情を考えると、発音記号に対する理解はほとんど必要ないと思われます。

    • good
    • 0

必須かどうかはわかりませんが、知っておいて損は無いと思います。

    • good
    • 0

日本人が外国語である英語を、それも一定の年齢に達してから(日本語の発音体系にすっかりなじんでから)習得しようとする場合についてお話します。



>発音を気にせず、まずは会話できるようになることを優先した場合

「発音を気にせず」?つまり「英単語をどう読めばいいかを知らずに」ですか?それでどうやって「会話」できますか?
 カタカナをふって「英語ではない音」を使いますか?極端な日本語訛りに甘んじて、「嘘の読み方」で当分通して、それを癖にしてから発音強制をするというのはきわめて遠回りでしょう。

 英語ネイティブは発音記号など知りませんが、phonetic alphabetというものを使って単語の読みを知ります。それは経験を通じて「あるスペルを思わずこう読みたくなる」という習慣を得ているから有効となります。そもそも英語に含まれるあらゆる「音」を出せるからこそ、その方法が使えるわけです。

 日本人は、といいますと、日本語に含まれない新しい音の出し方を1つ1つ習得していかなければならず、それらの音は日本語の文字で書き表すことができません。じゃあ、どうするのか?発音記号を学ぶわけです。

 すなわち日本人が英語という外国語の「ふりがな」を覚えるようなものです。読み方のわからない単語をどうやっておぼえられますでしょうか?

結論;まず発音です。発音記号1つ1つで、子音・母音の正しい音の出し方をしっかり習得し、辞書さえ引けば、その単語の正しい読みがわかるようになることがすべての前提です。
 耳だけを頼りに「雰囲気をまねても」日本人の言語習慣からは脱却できませんので、結局は「日ごろ慣れ親しんでいる日本語の音」のどれかに置き換えて聞いてしまうのです。上達は望めません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公立中学校英語授業でフォニックスを教えないのはなぜ

小学生の子どもがいる母親です。

ネイティブの子どもたちも学習するというフォニックスが、日本でも広まっているようですね(なのかな?)。
英語教室や学習塾などでも「フォニックスを教えている」とウリにしている広告をみかけます。

フォニックスを教えるか教えないかは学校によるという話も聞きますが、フォニックスが英語学習にそれほどまでに効果的であるならば、義務教育の中学英語に一律に取り入れられてもいいように思うのですが、取り入れられていない(のですよね?)のはどうしてでしょうか?
効果が不確かであるからでしょうか?
先生が指導法を学ぶ時間がないのでしょうか?

ちなみに、現在子どもは、英語の耳慣らしのためにNHKラジオ基礎英語1を聞いています。
書き取りなどの勉強はしていません。
公立中学校でスムーズに英語を学ぶ下準備として、フォニックスを学んだほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんちには。

2013年に、大阪府の教育委員会で、小学校の低学年からフォニックスを導入すると発表していました。また、中学三年で英検の準1級を取得するなどとは、学校教育そのものの実態を知らない方針だとしか言いようがありません。

もう既に書かれていますが、フォニックスは、多く英語ネイティブの子女たちに施すものですが、これは、文字が読めればよいという発想です。

ところが、非英語ネイティブとって、読めても意味が分からない、という状態では、あまり大きな役割を果たしません。私たちは、英単語+発音+意味と、一括で覚えるようにしています。その学習スタイルは、子供の頃から、大人になっても、変わらないのではありませんか?

フォニックスで、例外が多いと言いますが、だいたい、7割は読みを網羅するとは言われています。例外の3割が、どれほどの問題になるのかどうかは私は分かりませんが、基礎単語にも例外はありますから、それをどう補うかというよりも、フォニックス自体を教えなければ、そのような例外と位置づける必要はありません。

基本的な概念として、音声言語は、音声を優先させるということです。私たち、非英語ネイティブは、単語だけをみて正確に発音できるとは思っている人はないはずです。もちろん、読みから、意味自体も把握できると思わないはずです。

フォニックスの読み方の一例:
d + o + g = ドゥッ+オ+グ ⇒ dog (ドォッグ) 犬

はたして、こんな不合理な覚え方があるのでしょうか?
英語を学習する時には、まず、音声から始まり、次に綴りを認識します。そして、"dog" というひとかたまりを、単語と認識します。d, o, g とバラバラにしたものは、もはや単語とは呼びません。このような考え方は、理論的にも間違った発想です。

フォニックスの教授法は、本来、かなり低学年向けの教授法であるのです。文字は音声に変わるという考え方ですが、その教授法スタイルで、中学生に、学習内容を満足させられるか、という問題もあるかと思います。

以上です。

こんちには。

2013年に、大阪府の教育委員会で、小学校の低学年からフォニックスを導入すると発表していました。また、中学三年で英検の準1級を取得するなどとは、学校教育そのものの実態を知らない方針だとしか言いようがありません。

もう既に書かれていますが、フォニックスは、多く英語ネイティブの子女たちに施すものですが、これは、文字が読めればよいという発想です。

ところが、非英語ネイティブとって、読めても意味が分からない、という状態では、あまり大きな役割を果たしません。私たちは、英単...続きを読む

Q30代から勉強して、英語を習得された方いらっしゃいますか?

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以来、有り余る向上心とは裏腹に自分にどのような勉強方法があっているのかわからず、現在色々な英語の勉強方法を模索中です。
英会話スクールに通おうとした時もありましたが、正直あまり経済的に余裕がないため、尻込みしてしまった感じです。

英語を習得されている方々はよく、現地に行ってネイティブな英語に慣れるのが一番と言われますよね。
私も確かにそうだろうと思うのですが、期を逸したというか…いますぐにすぐ実現する事は厳しいのです。

パスポートも持っておらず、海外旅行や留学とは無縁な生活を送ってきた私ですが、どういう形であってもとりあえず海を渡ろうと今少しずつ貯金はしています。

英語を話せるようになりたいという夢は、どんなにおばあちゃんになろうが諦めない自信だけは人一倍あります。
30代から英語の勉強を始めた方で、オススメの勉強方やためになる助言をしてくださる方がいらっしゃったら、宜しくお願い致します。

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以...続きを読む

Aベストアンサー

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
私はアルクの English Journal を使いました。スクリプトは、丁寧に辞書を引いて、CDの内容の意味を理解してから、あとは、ひたすら聞くことです。
なかなか成果はでてきませんが、ある日突然に、「耳からウロコがとれるように」(←変な日本語だが)英語が聞き取れるようになります。その瞬間には、体がふるえるくらいに自分で自分に感動します。
それからは、洋画、2ヶ国語のドラマ、インターネットラジオなどで、英語のリスニングの時間をできるだけとるようにしましょう。(もちろん、CDとスクリプトを使ったリスニングは平行して続けていきます)


単語とリーディング・・・週刊STを定期購読して、そこに出てくる単語は全部覚えるようにしました。
最初は、単語帳を作って、40個ぐらい知らない単語を抜き出します。それを1週間かけて覚えます。朝、昼、晩の食前食後、通勤途中、トイレの中などで、単語帳に目をとおす習慣をつけることが大事です。
1週間たったら新しいSTが届きますから、また、新たに単語帳を作って覚えます。
3年ぐらい続けると、STレベルでは知らない単語がなくなります。私はこのあたりで英検をはじめて受験したのですが(準1級)、問題文中に知らない単語はありませんでした。
この頃から、ペーパーバックや英字新聞をどんどん読むようにしていきました。

スピーキング・・・独学では話し相手がいないのが難点ですが、まずは、CDを使って、リピーティング、オーバーラッピングをひたすら繰り返します。
英語の学習を続けていけば自然と外国人との交流の機会も増えていきますから、そういう機会があれば、そこで日頃のトレーニングの効果を試すようにしましょう。

英語を学習する上で一番大事なことは、毎日続けることです。
英語に接する時間を最低でも2~3時間は取りましょう。
通勤時間、トイレの中、買い物の時間、家事の時間なども決して無駄に使ってはいけません。

海外に行かなくても、30歳から勉強をはじめても、独学でも、田舎暮らしでも、仕事を抱えていても、英語を身につけた人はいくらでもいます。
(なんといっても、私が『生き証人』ですから)

どんなにつらくても、あきらめなければ、かならず、できるようになります。

英語は、「できるか、できないか」ではなく、「できるようになるまで続けられるかどうか」です。
変な言い方ですが、「できるようになるまでやれば、できるんです」

がんばってください。

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qワードで発音記号を表すにはどうやるのですか?

辞書に載ってるような、アルファベットではない発音記号をワードで書きたいのですが、どうやったらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

Wordのバージョン2002以降では、以下の手順で発音記号の入力ができます。

1.ツールバーから「挿入」→「記号と特殊文字」を選択してクリックします。
2.記号と特殊文字ウィンドウが表示されます。ウィンドウ上部にある「フォント」のところで『日本語用フォント』を、「種類」のところで『IPA拡張』を選択すると、発音記号の一覧が表示されるようになります。
3.挿入したい発音記号の文字をクリックした後、右下の挿入ボタンを押せばOKです。

Q英語の発音問題を解く時のコツ(中3です

現在中三の女子です。いつもテストの発音問題のとこで間違えてしまいます;発音記号なんて覚えれません;;;(ややこしすぎて
特に苦手なのは、“Aの下線部と同じ発音をするものを次から選びなさい。”のような問題です。(A=単語)
このような問題を解く時のコツを教えてください。

Aベストアンサー

「フォニックスの法則」を知れば凄く楽になるんですが,
実際教えてくれる先生って少ないんですよね…。

ライトハウスなどの大きめの辞書に,
フォニックスについての解説が載ってますし,
http://hereandthere.fc2web.com/eigokosodate_phonics1.html
も参考になります。

Q英単語って一日に何個くらい覚えるのがベストなのでしょうか?

もちろん個人差はあると思いますが、1日に300個くらいがベストでしょうか?
一週間以内に単語帳を一通り終えて、何度も繰り返す方法が良さそうですね。

Aベストアンサー

完璧にしたつもりでも数週間もすれば忘れますよ。だから反復練習です。章と品詞別に分かれているものであれば、1週間ずつ1章の動詞、名詞、形容詞、2章の動詞、名詞、形容詞……というようにやってみて、しばらくしたらもとに戻る。これを繰り返してみればいかがでしょうか?覚えたつもりでも本当に時間が経つと忘れてしまうので注意してください。後、単語が見た瞬間に意味が出てくるくらいの領域まで持って行きましょう。試験本番では一つの単語に1秒も掛けないですからね。

Q他動詞と自動詞の一番いい見分け方!最終結論

他動詞と自動詞の区別の仕方として一番いけてる方法は

有名な塾の先生が書いている参考書などを見て一覧表を
覚える

しかないのでしょうか?
(これ以上すばらしい他動詞と自動詞の瞬間的な見分け方を答えた人は今までにいません。だれか、スパッっと納得のいく見分け方を答えられる方はいないのでしょうか?失礼ですが)

参考書に書いてあるのは、せいぜい10個~20個くらいです。
しかし、テストでは絶対と言っていいほど、それ以外のものが出題されたりします。
で、今過去10年分の全大学の入試問題を見て、他動詞、自動詞の完全一覧表を作成しています。
完全一覧表というのは、なかなかありません。

それをつくって覚えるしか方法はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の後ろは自動詞だ。
  ふむふむ。


私が、かつて、北米からの留学生数人と友人関係にあった頃がありまして、ある日の、彼らとの会話。

私「日本では、SVOとかSVOCとかいうふうに英語を教えるんだよ」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)
私「SはSubjectで、VはVerbで・・・」
留学生「ははーん、それか。ところで、Cって何?」
私(英和辞書の中の“complement”を指差しながら)
 「これだよ。」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)

というわけで、
あまり、真正面から「文法」にぶち当たったり、暗記とかしなくていいですよ。
(go went gone とかを覚えるのはしょうがないですが)


コツだけ教えます。

I watched TV. 他動詞
She plays tennis. 他動詞
I speak English. 他動詞
Let's discuss Japanese music. 他動詞
(I) Thank you. 他動詞
I attended the meeting. 他動詞

I looked at her. 自動詞
(You) Listen to me. 自動詞
He comes to school by bus. 自動詞
Let's talk about Japanese music. 自動詞

自動詞って、後ろに名詞をくっ付けるときに、なんか間に入れますよね?

つまり、理屈ぬきで
looked at
listen to
comes to
talk about
というようなセットで覚えればいいんです。
つまり、「単語」ではなく「熟語」として覚えます。
自分の耳と口で、リズムで覚えればいいんです。

英語圏の子供達は「文法」は習わなくても、耳で「使える英語」は覚えます。

その「使える英語」という既成事実に、文法という理屈が、後から付いてきてるだけです。


だいぶ前にテレビで見たんですが、
芸能人(名前忘れた)が、学生時代の英語の授業の思い出を語ってました。
その英語の先生というのが面白い人で、
「discuss about, discuss about, discuss about」
と3回連呼した後、
「どーだ、お前ら。これで、お前らは一生"discuss about"って間違うようになるぞ。ざまあ見ろ。」
と言ったんだそうです。(笑)

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の...続きを読む

Qhave not と don't have

英語の勉強をしていて、haveの使用で頭が混乱してしまったので、質問をお願いします。
have not と don't have の違いを教えて下さい。
(うまく説明できないのですが)
私はりんごをもってなない。は、
どちらを使う・・・のような感じでおしえてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

動詞の後にnotが来ることは基本的にないと考えていいと思います。(be動詞を除く)
ではdo, や have の後ろにnotが来るのはなぜかというと、この二つが動詞として使われないことがあるからです。
助動詞はご存知ですよね?その役割をします。そしてこの助動詞はnotを持ってくる場合を除いて、直後にかならず動詞がなくてはいけません。
can not, must not, should not, do not, have not

まず質問がおかしいのがわかりましたか?
have not と do not の違いなら比較のしようもありますが、
have not と do not have は比較しようにもできないのです。
なぜなら前者のhave は助動詞、後者のhave は動詞だからです。
しかし、混乱する気持ちはとてもよくわかります。
なぜなら、この助動詞としてのhaveとdoは日本語に訳せないからです。haveは完了形を作るときに、doは否定形を作るときに使う、動詞の意味を強調するときに使う。程度にしか説明できません。(辞書をみてください、すいません)

1私はリンゴを持ってない。(否定を表す時)
I do not have an apple. (do not)

2私はリンゴを食べていない(食べた事がない)。
!!意味的に変な文章ですが、あしからず!!
I have not eaten an apple. (have notの後には動詞(完了形)が来て、完了形の文章を作る)
中学英語までのみ通用することを頭においておけば、have notのこれ以外の用法はありませんと解釈してもいいと思います。
さらにつっこんだ質問があれば、補足要求してください

動詞の後にnotが来ることは基本的にないと考えていいと思います。(be動詞を除く)
ではdo, や have の後ろにnotが来るのはなぜかというと、この二つが動詞として使われないことがあるからです。
助動詞はご存知ですよね?その役割をします。そしてこの助動詞はnotを持ってくる場合を除いて、直後にかならず動詞がなくてはいけません。
can not, must not, should not, do not, have not

まず質問がおかしいのがわかりましたか?
have not と do not の違いなら比較のしようもありますが、
have not ...続きを読む

Q毎日片手間程度の時間(約30分程度)でも英語は身に付きますか

学校の頃、あまり英語が好きでも得意でもなかったのですが、興味だけがありいつか本気で勉強しようと思っていてこの歳になってしまいました。

最近、本腰を入れて学び直すと決めましたが、1日にどうしても30分程度しか時間がとれません。
理由としては。。。
1.会社員である
2.仕事が終わった後は夕飯の準備等家の事をしないといけない
3.通勤時間中は他の資格取得の勉強に充てている
4.早起きした2時間も3.の資格取得の勉強に充てている
5.昼休みは45分しかなく、食べるのが遅いため日々のスケジュール管理の時間に当てている。
その為、夜のフリーになる30分程度しかとれません。

英語を使えるようになりたいと言っても、通訳のようになりたいわけではなく、普通にコミュニケーションができればよい程度で考えています。

こんな状態ですが、毎日コツコツと続けていけば進展はあるのでしょうか。

勉強方法は調査と私の性格とをすりあわせた結果、えいご漬けというソフトを使って音読、書取、聞き取りを行い、ラジオ講座をMDに取って受講し、週に1回英会話喫茶に行こうと思っており、えいご漬けのみ現在行っています。

お暇なときでかまいませんので、アドバイスをいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

学校の頃、あまり英語が好きでも得意でもなかったのですが、興味だけがありいつか本気で勉強しようと思っていてこの歳になってしまいました。

最近、本腰を入れて学び直すと決めましたが、1日にどうしても30分程度しか時間がとれません。
理由としては。。。
1.会社員である
2.仕事が終わった後は夕飯の準備等家の事をしないといけない
3.通勤時間中は他の資格取得の勉強に充てている
4.早起きした2時間も3.の資格取得の勉強に充てている
5.昼休みは45分しかなく、食べるのが遅いため日々のスケジュール...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。英語の教職員を挫折した者です。
時間が取れない最中相当な努力をされていますね。

『自分のために』と仰るGanbatteruyoさんの回答の
延長線上で考えて頂けると有難いのですが、
私は毎日1時間洋楽を聴いています。
最近の歌で興味を引くのがあまり無いのも手伝って、
聴く歌は決まってしまい、
それが幸いして未だに英語に抵抗感がありません。

最近は結構日本語訳付きの音楽CDが多いので、
気に入った歌をとことん聴き込むのも手かな、
と思います。

但し、発音の綺麗な歌手を選びたいところです。
お奨めは、Celine Dion、Rick Astley、Norah Jones、
Josh Groban、Lara Fabianといった所ですね。
(個人的趣味が入ってすみません…)

これは飽くまで一例なのですが、
ラジオ講座の内容に飽きが来たら、
講座の代わりに、英語のラジオニュースとか、
他に聴きたい英語に耳を傾けるのも良いと思います。
楽しんだ方が絶対に『自分のために』なりますから。

長くなりましたが、頑張りましょうね、お互いに。
勉強に遅すぎる事はありませんよ、きっと。

こんにちは。英語の教職員を挫折した者です。
時間が取れない最中相当な努力をされていますね。

『自分のために』と仰るGanbatteruyoさんの回答の
延長線上で考えて頂けると有難いのですが、
私は毎日1時間洋楽を聴いています。
最近の歌で興味を引くのがあまり無いのも手伝って、
聴く歌は決まってしまい、
それが幸いして未だに英語に抵抗感がありません。

最近は結構日本語訳付きの音楽CDが多いので、
気に入った歌をとことん聴き込むのも手かな、
と思います。

但し、発音の綺麗な歌手を選...続きを読む

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む


人気Q&Aランキング