いつもお世話になります。建設業の事務をしております。最近、元請さんに作業員名簿を提出する際に、建退共に加入の有無の欄が増えていましたが、当社は以前から中退共に加入していまして、調べたら建退共との重複加入はできないことがわかりました。建設業なら建退共に加入しなおしたほうが良いのでしょうか?名前が違うだけで同じ制度ではないのでしょうか?教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中退共と建退共とは、加入の対象者が違います。



中退共は、建設業に限らず企業の社員を対象にした退職金の支給を目的としています。
一方、建退共は建設業で働く労務者を対象とした、退職金制度で、労務者がいつ、また、どこの現場で働いても、働いた日数分の掛金が全部通算されて退職金が支払われるという仕組みとなっておりいて、働いた事業主のところで共済証紙を貼ってもらい、建設業で働いた日数は全部通算できるようになっております。
 
一般の社員を中退共に加入させ、労務者を建退共に加入させることは可能です。
建退共事業本部 電話 03(5400)4326にお問い合わせになってください。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/top/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/05 13:46

こんにちは。



大きな違いは退職掛け金の納付方法でしょう。中退金は現金(口座振替)での納付
ですが建退共は共済証紙というシールみたいなので納付されています。この納付
方法だと建設業の人が現場などを異動してもその先々で納付する事が出来るとい
う利点があります。

国の助成、「中小企業退職金共済法」の元で設けられている点では同様の制度と
いえると思います。また退職金の運用利回りは4.5%と同じみたいです。

建設業で働く人にとっての制度であれば建退共の方がいいように感じましたが
実際どうなんでしょうね....

参考にならなくてごめんなさい。

参考URL:http://www.kentaikyo.taisyokukin.go.jp/index.htm …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。元請さんには建退共の方が有利なんですかね?
重複加入できないというところで困っています。

お礼日時:2002/10/03 11:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金の金額について

年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万
名目上はリストラ

退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?

退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?
(1月前解雇予告はしています。)

Aベストアンサー

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッキーですね。

年金と退職金の給付方法は、確定給付型年金型ですか、確定拠出型年金ですか?また、あなたの企業は、基金型ですか、規約型ですか、適年型ですか?他、あなたの会社は年齢給ですか?実績給ですか?等他色々な種類の決まりのもとに、信託銀行等他の機関等で、退職金、年金の支給者などから、企業が年金や退職金の為に用意しなくてはいけない、責任準備金等の計算を専門にしている部門があるんです。其処での私の扱った例を話します。実績の給与は、面倒なので、年齢給の例で話をさせてください。

給与天引きの積立をしていたのであれば、退職金積立の50万円の利息なし+リストラによる、1ヵ月分の給与の25万円の支給が妥当ではないでしょうか。それに、沢山の人がリストラに遭う緊急な事態と考えて多く見積もった場合です。

ですが、企業がそれすら払えない状況に陥っている場合は、それにいくらかの、国債やら社債やらなにやらの利率等の複雑な計算のもと、退職金の金額には、1.0265(良い場合)とか、0.7986(まあまあの場合)とか等の数値を掛け算したものではないでしょうか!

リーマンの後の引きずりの場合、0.26543(最悪の場合)になる可能性もあるので、此処で素人に聞いて気を揉むよりも、聞きずらいかもしれないのですが、会社の財務部又は総務部の給与や社保の扱をしている部門の方にお聞きしたほうがよろしいのではないでしょうか。

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッ...続きを読む

Q大学を中退し独学で地方上級の公務員試験を受けるというのはバカですか? 大学一年生なんですが、大学の授

大学を中退し独学で地方上級の公務員試験を受けるというのはバカですか?
大学一年生なんですが、大学の授業では授業料に見合ったものが得られるとは思えません。就職を目指すのであれば修士の称号のために金と効率を犠牲にするという考え方もできるかと思います。
ですが公務員一本に絞るのであれば、モチベーションとの勝負や独学で正しい勉強ができるのかどうかといった課題はありますがそれらをクリアできれば金銭的にも効率的にも独学の方がいいのでは。と思い至りました。
実際に同じような道を辿られた方や、公務員の内情に詳しい方がいらっしゃったら思ったことを書いていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

大学は自ら利用し尽くすつもりで勉強していかないと受け身だと損な場所ではありますね。

学問に興味がなく、単に就職予備校として考えるなら
それでもよいのではと思いますが

独学に自信があるなら、在学のまま高卒程度が受けられる年齢までは受験し、採用になったら退学する。
採用にならなければ次は大卒程度の勉強を始めることかな。
でも少なくとも今年度の採用試験までは時間がなく圧倒的不利でチャンスが少ないのは確か。
年齢制限は地方にもよりますが。
少なくとも、高3現役と、卒業一年目、の機会は既に過ぎていますからね。

また、有利な就職、待遇、給与面にこだわる方なら
高卒採用されてみると、高卒者の限界や壁、大卒者との差異に不満は持つかもしれませんね。
大卒での競争で採用されたかどうかは定かじゃなくても…
その可能性があった、と思ったら落ちつかないかも?

独学できるかはあなたが勉強をするのがどれぐらい得意かどうかにもよるでしょう
一度公務員模試や過去問、問題集を一冊といてみてから
独学できそうかどうか考えたらどうですか?

先に結論を出すこともない。

大学一年生なら空いた時間で必死にやればそれぐらいはできるでしょう。

三流大卒で働いていたけど公務員に独学数か月の勉強で合格した人もいましたが
その人は高校の途中で勉強をやめてしまったというだけで
それまでは東大合格圏にいるような人でしたからね…試験対策の勉強のノウハウは身についていたのでしょう。
しかし何年も予備校や専門に通っても最終的に受からなかったという人だっています。

公務員になってみたけど思ってたのと違うって辞めるひともいたり
学歴コンプで夜間大学に入学したり、退職して大学に行くという人もいれば
さっさと大学辞めて公務員になって、大卒なのに仕事がないなんてひとにうらやましがられる人もいたり。
あなたがどれが合っているのか、独学がどれぐらいできるかは他人にはわかりません。

まあ大学一年生がこんなものか、とか思ってたほどの勉強じゃないって感じるのは
大学アルアルで。そこでやめてしまったり、さぼったりし出す人も毎年いるけど
能動的にいろんな経験や勉強面も動いていた人と3年にあがるころには差が開いていてびっくりというのも
良くある話だったりもしますから…。

ただ公務員というのではなく、ここに入ってこれがやりたい、というのがあれば
大卒のほうがいい場合もあるでしょうし…。

全落ちしたら高卒で民間就職するしかなくなりますしね。しかも既卒で年数もたっていて
正規の職歴もなし、って状態です。

どの方向もリスクはそれなりにあります。

大学は自ら利用し尽くすつもりで勉強していかないと受け身だと損な場所ではありますね。

学問に興味がなく、単に就職予備校として考えるなら
それでもよいのではと思いますが

独学に自信があるなら、在学のまま高卒程度が受けられる年齢までは受験し、採用になったら退学する。
採用にならなければ次は大卒程度の勉強を始めることかな。
でも少なくとも今年度の採用試験までは時間がなく圧倒的不利でチャンスが少ないのは確か。
年齢制限は地方にもよりますが。
少なくとも、高3現役と、卒業一年目、の機会は既...続きを読む

Q退職金の税金

私は平成元年度教師として社会人になったのですが、平成19年度から神経症という病気になってしまい今年度末退職することにしました。だいたい退職金は1100万円くらいだそうです。そこで質問なのですが退職金にも税金がかかるとききました。どれくらいかかるのでしょうか。それから税金を少しでも減らす方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

付け加えます。
貴方が今年、退職金以外の収入がいっさいないといことであれば、基礎控除38万円を引くことができます。
なお、今年、社会保険料(健康保険料、共済年金、国民年金など)を払えばその分も控除でき、税金がいっさいかからないということもありえますね。

所得税
控除額 800万円+70万円×(23年(勤続年数)-20年)=1010万円
(1100万円-1010万円)×1/2=450000円(課税所得)
(450000円(課税所得)-38000円(基礎控除))×5%(税率)=3500円(税額)

住民税
(450000円(課税所得)-33000円(基礎控除))×10%(税率)=12000円
12000円-(12000円×10%)=10800円(税額)

住民税の基礎控除は33万円です。

Q旅行業の免許について

旅行業を起業するには第一種から第三種までの免許があるとのことですが、例えば、インターネットなどでホテルや旅館の予約手配を代行するだけでも、この免許が必要になるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人の身ですが、どなたもお答えでないのでしゃしゃり出て参りました。失礼お許し下さい。

旅行業の起業に必要なのは免許でなく「登録」です(国土交通大臣が行う)。扱える業務の範囲などで第一種から第三種まで分かれています。
旅行に関係する免許(資格)と言えば「旅行主任取扱者」ですが、これは旅行業を営む場合にこの資格を持つ人を一定の割合以上で配置しなくてはならないということで、起業という行為そのものに対して必要とされるものではありません。

旅行業法第二条の二および三で、
- (報酬を得て)旅行者のため、運送又は宿泊のサービスの提供を受けることについて、代理して契約を締結し、媒介をし、又は取次ぎをする行為
- (報酬を得て)運送又は宿泊のサービスを提供する者のため、旅行者に対するこれらのサービスの提供について、代理して契約を締結し、又は媒介をする行為
を行う事業は「旅行業」に該当すると定められています[1]。
また旅行業法第三条で
「旅行業又は旅行業者代理業を営もうとする者は、運輸大臣の行う登録を受けなければならない。」
と定められています。インターネット上で営業する場合に登録を免除する規定はありませんから、これらを考え合わせれば登録は必要であると解されます。業界団体のガイドラインでも「インターネットを利用する場合でも旅行業法の適用を受ける」と書かれています[2,3]。

よってお尋ねの場合でも、旅行業法に基づく登録が必要と考えられるのですが、いかがでしょうか。

[1] 「旅行業法」
http://roppou.aichi-u.ac.jp/joubun/s27-239.htm

[2] 「インターネットを利用した旅行取引に関するガイドライン」
http://www.jata-net.or.jp/jatainfo/etbtsystem/7.htm

[3] 「ガイドライン[社団法人全国旅行業協会]」
http://www.anta.or.jp/datas/

[4] 「旅行業を始めるには」
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/ns/tetsuduki/ryokou.htm

[5] 「旅行業の登録等について」
http://www.pref.okayama.jp/syoko/kanko/kankohtml/ryokogyo.htm

*サーバーも本社も海外に置いて営業する場合に日本の旅行業法の拘束を受けるか? これは他のインターネットビジネスと同様に法律の整備が追い付いていない部分で、残念ながら私には分かりません。

素人の身ですが、どなたもお答えでないのでしゃしゃり出て参りました。失礼お許し下さい。

旅行業の起業に必要なのは免許でなく「登録」です(国土交通大臣が行う)。扱える業務の範囲などで第一種から第三種まで分かれています。
旅行に関係する免許(資格)と言えば「旅行主任取扱者」ですが、これは旅行業を営む場合にこの資格を持つ人を一定の割合以上で配置しなくてはならないということで、起業という行為そのものに対して必要とされるものではありません。

旅行業法第二条の二および三で、
- (報酬を得...続きを読む

Q退職金制度・退職金共済

ハローワークの求人票に退職金制度・退職金共済についての記載がありますが、これらに関してのみいい順に並べると 1.退職金制度あり・退職金共済あり
2.退職金制度あり・退職金共済なし
3.退職金制度なし・退職金共済あり
4.退職金制度なし・退職金共済なし
ですか?

Aベストアンサー

2と3は逆かな
なぜなら 退職金制度は内部積み立て等だから経営悪化の場合は出ないこともあるが、退職金共済は外部への積み立てだから 基本的に支払われる。

Q退職金

こんにちは。
退職金について質問です。

2011年2月に派遣社員として入社し
同年4月に契約社員になり、さらに同年7月に契約更新され以後1年ごとに更新され今に至ります。

2011年4月に契約社員として入社し、同年に7月に1年の契約更新をした同僚がいます。
同僚は2012年5月に退職しました。退職金は月給一月分だったといっていました。

わたしは退職を考えてます。時期をどうするか悩んでいます。
来年1月、2月、3月、4月、6月に退職するのでは退職金は変わってきますか。
変わるとしたらどれくらいでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

多くの会社では勤続年数で支給額が決まると思いますから、勤続年数が年を超えるタイミングが最も有利かもしれませんが、1年未満の端数月の扱いは会社の規定次第です。ただ勤続が長いほど多くなる可能性は大ですから、遅い方が少しでも多くなるかもしれません。
具体的には貴社の退職金規程をご覧になることですね。

Q退職金の額はどうやって計算すればいいのですか

4年勤めた会社を辞める際、もらえる退職金はどれくらいになるのでしょうか。
最低額などの基準の規定はあるのですか?
3年以上勤めれば退職金がでる、ということくらいしか
わかりません。
経営状態もあまりよくないようなので、
もらえる場合、最低額など知っておきたいので
教えてください!!

Aベストアンサー

皆さんがすでに回答なさっている通り、基準は会社によって全く違うのです。ちなみに私は1回目2年間で10万円。2回目2年半でゼロ。3回目4年で100万円。を経験しました。
大学院を卒業して10年間勤めた知人は「12万!」(5年以下は支払いなし)と、言っていました。
経営状態とは関係なく、規則にのっとって支払われると思いますが、早めに確認をされた方が良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング