マンガでよめる痔のこと・薬のこと

いつもお世話になります。

行政書士有資格者(行政書士となる資格を有する者)についてお教え下さい。

法規によると、行政書士登録をしなければ、
行政書士を名乗り、業務に携わってはならない事と思いますが、
例えば、現時点での営業という意味ではなく、
「3年後に独立開業予定」等をうたい、
現時点におけるビジネスのビジョン(相続関連に特化の予定等)を、
ブログやHPに掲載し、情報を発信することは可能でしょうか。

もちろん、決して「行政書士」とは名乗らず、
あくまで単なる「行政書士となる資格を有する者」であることを、
くどいくらいにデカデカと明示し、
現時点での業務の受託は一切せず、
あくまで、開業時までの人脈形成や、有志との情報交換、
これまで会社員として携わってきた関連業務のアピール等、
に徹することを目的としたいと考えています。

また、個人的に懸念しているのが、
「行政書士と類似した名称」扱いで見られる可能性です。

実際にこのような形で取組んでいらっしゃる方の実例等があれば、
それもあわせてご教授頂けましたら幸いです。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

問題ないと思います。


士業(弁護士,司法書士,税理士,不動産鑑定士等)として開業の手伝いとして
集客対策支援するサイトがあります。

ホームページ制作のみならず、SEO対策,更新作業代行,レンタルサーバーなどワンストップで様々なサービスがあります。
参考になるとおみますよ。よかった見てください。

参考URL:http://www.samurai-lab.jp
    • good
    • 0

あまり意味がないのでは?そもそも依頼者は、すぐ頼みたいから来る


のであって、開業者の理念や構想とは無関係ですから。まあ、開業前
に知名度をある程度上げて、開業をスムーズに展開したいという意図
でしょうが・・それに#2の方のおっしゃるリスクは当然ありますよ。
資格を有していようが、合格者だろうが「行政書士そのもの」ではあ
りませんからね。そこに「行政書士」という名称を含んだ呼称を使え
ば行政書士法第19条2項に抵触します。
    • good
    • 0

「行政書士となる資格を有する者」はグレーゾーンでしょう。


おそらくは、行政書士試験に合格されたのだと思いますが、
行政書士法2条では「行政書士試験に合格した者」ですよ。
2号以下には、「弁護士となる資格を有する者」、
「弁理士となる資格を有する者」、「公認会計士となる資格を有する者」、
「税理士となる資格を有する者」とあることからも、試験合格イコール
「行政書士となる資格を有する者」とは言えないと考えます。

行政書士有資格者も相当危ういでしょうね。
    • good
    • 0

私は国家資格者ではありませんが、聞いた話で書かせていただきます。



名刺などで『○○行政書士事務所開業準備室』や『行政書士有資格者』として、開業前の営業をしていたという経験談を聞いたことがあります。

ただこの場合は登録申請中で準備を行う短期的な仮のものだったと思います。

また、知人のいる総合事務所(司法書士・行政書士など)の社員の名刺をもらったときは、当たり前のように有資格者という名刺を配っていましたね。これが勝手に『副行政書士』『準行政書士』などであれば問題でしょうが、『行政書士有資格者』は問題にならないのでは?と思います。

開業予定の行政書士会などへ問い合わせてみると良いと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q行政書士の開業準備中にできること

私は一昨年行政書士の資格を取得して
現在開業を考えています。

登録の申請はまだしていないのですが、
この期間にできることって何かあるのでしょうか?

「行政書士」を名乗って(人に会うなどの)営業をするわけにもいかず、
行政書士会の講習のようなものにも参加できるわけではないので、
何も実のある開業準備が思いつかなくて困っています。

登録の申請をして、
審査をされて、
実際に登録がされてからしか
準備はできないものなのでしょうか?
経験者の方でおわかりになる方がいたら
おこたえをお願いします。

Aベストアンサー

何を専門にされるのでしょうか。専門にされる仕事は人に聞かなくても手続きできますか。書類の準備はできていますか。依頼があって書式をもらいに行くなんてことでは仕事にならないですよ。人脈でしか仕事はきません。登録ができるまで、いくらでも仕事の準備ができます。こんなことを書いているようでは登録できても暫くはとても暇なのでしょう。行政書士専業で食べている人は限りなく少ないですので、しっかり目標を持って仕事をして下さい。いい仕事です。

Q名刺に社会保険労務士試験合格者と記載することは違法

社会保険労務士試験に合格し、労務士登録を行っていない場合、名刺に「社会保険労務士試験合格者」と記載すると社会保険労務士法違反になりますか。もちろん「社会保険労務士」と記載(名乗る)ことは、違法であることは、知っております。

Aベストアンサー

こんばんわ。

さて、表題の件ですが、名刺に社会保険労務士試験合格者と記載することは問題ないと考えられます。
ご存知の通り、「社会保険労務士」という職業専門家であることを名乗ることに規制があるのであり、その他の名称を名乗ること、すなわち合格者であるという事実を名乗ることに規制はないからです。
私の働いている業界でも試験合格後に実務経験他の用件を満たさないと協会に登録をできないのですが、その場合の名刺には「~合格者」と記載しているようです。

Q資格名を名刺に記載しても大丈夫?

通関士と社労士の試験に合格しましたが、資格に関連のない企業で関連のない職務に就いています。
ただ、職務は営業ですので話のネタのためにも、ぜひ資格名を名刺に記入したいと思っています。
通関士については、過去にも全く関連する業務をしたことも何もありません。社労士も同様で、合格後の指定講習もまだ受けていませんので、社労士会にも登録していません。
資格を名刺に記載してもいいのかご存知の方おられましたらアドバイスいただけませんでしょうか??
(次は行政書士を取ろうと思ってますが、行政書士についても教えてもらえれば助かります)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 職務内容にかかわるものであれば記載しても問題ないと思います。
しかし、通常のものと違って国家資格で士業のものについては「○×士」と名乗るには法によって条件が定められていることが多いです。

一般に条件として多いものとしては職業団体(○×士協会等)に加入していることや個人事務所で開業していて雇われの身でないことなどがあります。

例えば行政書士は行政書士法によれば試験に合格しても登録をしなければ行政書士にはなれず、当然行政書士の名称を用いることが禁止されていますし、これに反すると懲罰があります(法6条、19条、19条の2、22条の4)。

したがって、記載される場合は各資格につきこれらを十分に検討する必要はあると思います。

Q会社内で行政書士の資格を生かしたいのですが・・・

お世話になります。

私は某メーカーに勤めています(事務職です)。
行政書士の資格を取得しようと考えていますが、とりあえず独立は考えておらず、社内でその知識を生かせたらと思っています。

そこで質問ですが、行政書士の知識(技術)を生かすにはどのような職種に就けば良いと思いますか?(法務関係???)
初歩的な質問で恐縮ですが、参考にしたいので、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>社内でその知識を生かせたらと

いいんじゃないかと思います。

ご質問について

行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合にはそれらは一連の流れをもった一体のものです。

そして、2)の前提となる4)法律の理解が必要不可欠です。
したがって、行政書士のサービスの本体は、作成等という弁護士法72条制限の代名詞の下で…という留保がついた1)~4)の一連の活動を行うことにほかならないと言わざるをえません。

この4)がないと、あたかも中がスカスカの骨のような状態ですので、事実上、一般的な総務事務レベルのスキルにしかなっていかないと思われます。※

このため、そのような方が独立されると、事実上、総務事務の一部がアウトソースされているのに過ぎない仕事になっていきますし、社内で活かすという場合は、特にそれを持たない人との歴然とした違いというのは実質的には出てこないと思われます。

そこで、独立であれ社内であれいずれにしろ、最大化していくという意味で「活かす」ということであれば、4)が極めて重要であるということになります。

4)が最も機能するのは、やはり法務部あるいは法務を意識する部門であったり企業ということになると思います。中小企業という現実的な場所では、そのような需要を満たしつつ総務にも対応していける人材ということではないかと思います。また、もしかしたら、特に社内での活用については女性であるか男性であるかが、「いくらかは」影響してくる場合もあると思います(特にホワイトカラーで性別を意識するのは法制的には時代錯誤ではありますが、実態の話として)。そのようなことまで考慮に入れた場合は、個人的には、人材の需要について、女性の場合は法務的な対応ができる総務、男性の場合は総務的な対応ができる法務、というイメージを持ちます。また、賃金その他の条件について事実上の差あるいはどのようなポジションで採用されるかについて影響がありえると思います。私の思想というよりも、実態から受けている印象に基づいて考えた一般的な傾向です。もっとも、明確に法務部門として設けている企業がそれほど多いわけではないことを考えると、そのような傾向の違いはほとんど無視していいほどのものかもしれないとも思います。

取引の交渉とリスク判断、契約書の作成やチェック、部分的に営業への法的な認識の教育係的な役割、行政上の手続き、行政上の対応における担当者、広告やチラシその他消費者問題にかかわる活動におけるリスク管理、などさまざまに考えられますが、従来、一般に総務が担ってきただろうレベルを超えなければ活かすというところまでは難しいと思いますので、やはり4)の部分で決まってくると思います。また、あることがそういうものであることを社内へ説明する必要性が出る場合もあると思いますので、それをなし得るだけのIQを実質的に持っていくことが必要になると思います。ある資格を持っていることによっておのずと特定のポジションが与えられるというイメージは持たないことが賢明と思われ、繰り返しになりますがやはり4)次第と思います。「行政書士試験の勉強で得た知識」から何かがもたらされるというよりも、「行政書士試験をきっかけとして身に付けた法律的な考え方」があって、「結果として」その資格も持っているということで、それが一応4)を持ち得ることを表示する身分証に過ぎないと考えて臨まれた方が良いと思います。

結局のところ、独立か社内かで力の入れ具合を分けて臨むのは、社内での活用を採用と人事異動のきっかけというレベルに留めてしまう危険性があるという点と、やはり総務や法務くらいしかないのではないかと思います。

また、行政書士の資格を持っていることにより、かえって本来の職務に加えて与えられるタスクや責任が増えるだけで、実質的な給料の減額というようなことも、名ばかり管理職問題を考えると注意する必要はあるかと思います。

※ もちろん、履歴書の資格欄にそれを書くことをもって一定の判断材料として機能するという意味での活用については他の資格と同様です。


行政書士です。資格を社内で生かすことについて専門家ではないので一般人として書かせていただきました。

>社内でその知識を生かせたらと

いいんじゃないかと思います。

ご質問について

行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合には...続きを読む

Q司法書士と社労士、どちらが有用なのでしょうか

会社勤め11年の33歳、男です。

将来(保身)のため、難関資格を取得しておこうと
思い、今 司法書士・社労士の資格で悩んでいます。

大学は、法学部を出ていますが、卒業後、ずっと
今の会社の、システム部門にいたため、知識は皆無に
近くなっています。

将来、どちらの資格のほうが 求人や募集があり
収入は安定しているでしょうか? 

Aベストアンサー

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続き的な業務が強いと思います。昔はわかりませんが、ほとんどの社会保険事務を会社の事務担当者が行うことが多くなっていることでしょう。多少の間違いも訂正などが出来ますしね。

しかし、これからは高齢化の社会で相続の案件も増えることでしょう。弁護士が増えるといってもどこまで増えるのかはわかりません。司法書士であれば、弁護士に近い業務を行えます。簡裁の範囲であれば認定を受けることで代理行為が出来ますし、簡裁以外の案件でも本人の後方支援としての相談や書類作成業務などもあることでしょう。社会保険労務士に比べて、個人と法人のそれぞれから受けられる業務も多いと思います。

どちらの資格も、弁護士や税理士に比べて顧問契約は期待できません。ですので、営業力や人脈がないと安定収入は期待できません江。雇用される資格者であっても、やはり安定収入などがなければ雇用の機会も減りますので、就職も厳しいかもしれません。もちろん資格者として企業に雇用されるというのもありますが、社員であれば資格は不要で会社の業務として会社の諸手続が可能でしょう。そのため、スポット依頼になりがちですので、雇用は難しいでしょうしね。

私自身は税理士事務所の経験を生かしてIT分野の会社の役員となりました。私のように自社の手続のために社会保険などの手続や各種社内規定の整備、各種助成金などの業務経験がある場合には、社会保険労務士のほうが稼ぎやすいかもしれません。司法書士の分野で素人で出来るのは簡易的な登記ぐらいですからね。経験の無い分野への挑戦であれば、簡易的な業務から高度な業務まである司法書士が良いでしょう。他士業事務所への就職もしやすいかもしれませんからね。

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続...続きを読む


人気Q&Aランキング