ネットが遅くてイライラしてない!?

建設業で請負の仕事を始めました。
個人事業主(一人親方)ですが、規模の大きい現場などは
知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。
長くかかれば半年ほど続けて来てもらい、支払は月末締めの翌月払いで日当×日数分をまとめて払います。
現金での支払いの場合は領収書をもらい、振込みの場合は振込明細をその代わりとしています。
お互いが仕事を手伝ってもらった日数を把握しているので請求書、支払明細はやり交わしていません。(日当は消費税込みの金額です。)
この費用は外注費として計上して良いのでしょうか?
また頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として渡す事もあるのですが(いわば日当+出来高という感じです)それも経費になりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝って…



その 16,000円が純粋に労務費だけなら、税務署は「給与」と判断するでしょう。
給与となれば源泉徴収の必用が出てきますし、消費税は不課税です。

16,000円に道具の持ち込み料や細かい材料代などが含まれているなら、「外注費」でかまいません。
消費税は課税取引になり、源泉徴収義務もありません。

>頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として…

実態は謝礼や寸志であっても、経理上は外注費の残業分とでも装うほうが利口です。
謝礼だの寸志だのは、税務署からあらぬ詮索を受けるおそれがあります。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

有難うございました。
左官業なので自分の使う道具等は持込ですが材料はこちらで用意します。
また謝礼に関しては、実際「今日はここま」といったやり切り仕事が多く、時間で残業代を出す訳ではないので、残業して頑張って早く仕上げればその分利益が上がり、その利益分を渡す形なので、「謝礼」よりも「残業代」の方がしっくりします。
大変参考になるご意見有難うございました。

お礼日時:2008/05/13 12:21

>知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。


仕訳方法
支払日付で
外注費/手元代として○○邸新築工事・相手方名/現金(振込の場合は普通預金)
>頑張ってもらって利益が多くでた時の謝礼、寸志、
接待交際費/御礼として○○邸新築工事・相手方名/現金(振込の場合は普通預金)
と会計します。
材料・資材類やその他の外注物にも現場名と相手先名は、摘要欄に書きます。
これらを書く事によって、現場に実際に掛った費用が把握できる事となります。
ご参考まで
    • good
    • 5
この回答へのお礼

有難うございます。
現在帳簿の勉強中なので大変参考になります。

お礼日時:2008/05/13 11:45

外注費になります。

謝礼も経費計上が可能です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有難うございます。
簡潔なお答えでスッキリしました。

お礼日時:2008/05/13 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工代の勘定科目は?

個人で電気工事業をしています

自分が応援に行くときは
 売掛金*****   売上*****
 
 普通預金(現金)*****    売掛金*****

としているんですが

逆に応援を呼んだ時の仕訳はどうなるのでしょうか?

人工代の科目がわからないので教えてください

普段は1人で仕事をしていますが 忙しい時にたまに応援にきてもらう程度です 

現金もしくは振込みで 日当×日数を支払い 領収書を書いてもらってます

相手が個人だと領収書のみで

相手が個人事業者だと請求書をもらい支払ってます

これを伝票に記入しようと思った時にどう書けばいいのかわからなくて困ってます

Aベストアンサー

その場合は「外注加工費」で良いと思います。
この科目は雇用関係にない外部の会社や人に仕事を依頼するときの費用に使います。

Q人工代の仕訳について

一人親方同士でお互いの仕事を時々手伝い合っています。
(1)一ヶ月分ずつ人工代の請求を月末に出して翌月現金で受け取った場合や、(2)相手から人工代の請求書が届き翌月現金で支払った場合の仕訳はどうなりますか?
あまり例がないのか、これ!と言った回答がみつかりませんでしたので
質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)一ヶ月分ずつ人工代の請求を月末に出して…

【売掛金/売上】

>翌月現金で受け取った場合や…

【現金/売掛金】

>(2)相手から人工代の請求書が届き…

【未払費用/外注費】

>翌月現金で支払った場合…

【外注費/現金】

----------------------------------

「人工代」とすると、源泉徴収の対象になり、かつ消費税は非課税取引となりますので、外注費で処理されるのがよいかと思います。

Q手間代請求の際の消費税の扱いについて

建設業経理に詳しい方教えてください。
個人事業(建設業)・課税事業者です。

うちの大工さんの手間代をお客様に請求するときは(売上の一部として)、普通に消費税を課税していいんですよね?
(うちの大工さんとは、外注で頼んでるのではなくうちの従業員という意味です。)

手間代の請求のしかた、反対に手間代の支払かた(外注で頼んでいる場合ですが)をまとめているうちにわけがわからなくなってしまいました。
どなたか教えて頂けますと助かります。よろしくお願いします

Aベストアンサー

>うちの大工さんの手間代をお客様に請求するときは(売上の一部として)、普通に消費税を課税していいんですよね?
(うちの大工さんとは、外注で頼んでるのではなくうちの従業員という意味です。)

個人事業なのですから、質問者は請負契約で仕事をしているわけです。ですから、顧客が質問者に支払う報酬は「外注代」になります。

一方、大工は質問者の従業員ですから、大工は雇用契約で仕事をしているわけです。ですから、質問者が大工に支払う報酬は「給与」になります。

支払う給与に消費税が課税されないのに、受け取る外注代に消費税を乗せていいのか、というのがご質問の趣旨と思われます。

結論を言うと、消費税を乗せて請求して構いません。国は、外注代には消費税を課税するからです。堂々と消費税を乗せるべきです。

しかし、もし質問者と大工さんが雇用の関係ではなく請負の関係(外注)ならば、大工さんへの支払(外注代)には消費税を乗せなくてはなりません。

Q社員なのに1人親方扱い?給料から消費税?

現在私は建設業の有限会社の社員として働いて、仕事は長期出張の仕事でガテン系の仕事をしています。

来年結婚をするので結婚を機会に出張の仕事を辞めて地元で安定した職につく事を彼女と話し合って決めました。

そして現在の出張の仕事が終わったら会社を辞めると会社の社長に伝えたら数日後社長に、君はウチの社員だけど会社では1人親方として登録してあるから個人事業税と所得税と消費税をあとで払わないといけないから。

そう社長に伝えられ。

何で個人事業税を払わなきゃいけないの??

何で給料から消費税??

そう思いました。

確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる。

働いた期間は約5ヶ月、日給月給で約25万円の給与だとどれ位の個人事業税と所得税を払わなきゃいけないんでしょうか?

あと、なぜ給与なのに消費税を払わなきゃいけないんでしょうか?

詳しい方がいたら是非教えて頂けたら幸いです。

ちなみに会社に働き始めた時に何も契約書を交わしていません。

Aベストアンサー

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」をもらうのでなく、毎月自分から請求書を出します。
源泉徴収や年末調整はなく、自分で確定申告をしなければなりません。

要するに、建設業で一人親方というのは、現場ごとに下請け業者を募ってくることであり、常時雇用するのではありません。
文面から、あなたは常時雇用されている社員であり、「給与」が支払われていると解釈するのが妥当です。

にもかかわらず一人親方などと言うのは、社会保険料等の事業主負担分を免れるための、俗の言う「偽装請負」の疑いがあります。

>何で個人事業税を払わなきゃ…
>何で給料から消費…

百歩譲って、あなたが自らの意思で開業した個人事業主 = 一人親方だとしたら、年間の「所得額」(収入ではない) が 290万円 (業種により異なる) 以上あれば、個人事業税が発生します。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

消費税は、売上 (ご質問で言う“給料”) に上乗せしてもらうものです。
10万円の“給料”なら 105,000円もらえるのです。
ただしこれは税法上の「給与」ではなく、事業所得としての「売上」です。

で、事業をする上で、材料の仕入や経費には消費税を付けて支払うわけですが、売上でもらった消費税と、仕入。経費で支払った消費税との差額を、戸にに納めるのが消費税の基本的なシステムです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6101.htm

ただし、開業してから 2年間は無条件で免税事業者ですし、その後も「課税売上高」が 1,000万円を超えなければ、永久に消費税の納税義務は生じません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

いずれにしても、社長の言っていることは、税法的には全くとんちんかんです。
今一度、これまで各月の給与明細や年末調整がどうなっていたかみ直してみた上で、税務署や労働基準監督署にご相談ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」を...続きを読む

Q道具代は何費ですか?

初歩的な質問ですみません。
建設業です。道具・工具代は勘定科目は何費になるでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

「工具器具備品」です。10万円未満なら「消耗品費」でも構いません。

Q労務費と外注労務費の違い

建設業会計を行っています。(建築設備業です。)

労務費を特に弊社では使っていません。
会社の人間は、一般管理費で給与計上して、工事における下請業者さん分は、外注費と処理していますが、例えば、材料はうちの会社で一括で購入した方が安いので、材料(機器や継ぎ手類)は弊社が、現場での配管作業等は業者さんに下請け契約しています。

この場合、業者さんに支払う代金は、労務費となるのでしょうか?
調べてみると外注労務費とも思えます。

弊社の場合の計上方法と労務費と外注労務費の一般的な違いを通常の業務に照らし合わせて、どうかお教え願います。

また、外注労務費を決算時に労務費で計上するっと、参考書等にありますが、そうする事で、どんな利点っというか、意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

労務費・労務外注費・外注費の区分が問われるのは
税務関係でなく、経営事項審査の時でしょう。
公共工事の入札参加資格を得るためには様々な角度から審査され、
決算が済むと、まず建設業許可の変更届けへの流れになります。
建設業の許可を有しない、入札参加も希望しないであれば
それほど厳密な区分が必要とは思いませんが・・・、

所謂、外注比率が高いと言うことは
自社にこなす能力が無いと見られるので
なるべく外注費を労務外注費として計上したいものです。
労務外注費はおっしゃるように、原価報告書において
労務費に( )書きされる訳ですので、
丸投げしていない、健全な会社イメージとなり、
反対に外注費が目立って多いとチェックが入ります。

そう言ったことを視野に入れると
貴社のやり方はまれであり、
外注費はなるべく支配権が無い場合とか、
工種の異なる労務を外注した場合に留めた方が得策です。
従って、
下請業者さん分は労務外注費とされた方が良いということになります。

Q大工職人に仕事を依頼した場合、外注になるのですか?

友達が建築業をしています。

先日内装工事の際に、大工職人さんに日当18000円を支払う約束で、大工工事を依頼しました。

工事終了後に、大工職人さんから請求書が届いたので、請求通り日当を支払いました。

ところが、数日後に簡易裁判所から雇用契約違反として、大工職人さんから訴えられ、残業手当を請求されています。

友達は、大工職人との間に雇用契約など締結していないし、建築業界では残業手当などないし、雇用契約にはあたらないのに・・・?と友達は言っています。

相手の大工職人さんの【請求の原因】のところには、未払い給料 と記載されています。

建築業の場合、日給ではなく、日当では? と思います。

建築業で、大工職人を雇用した場合、外注になると私は思うのです。
法的には、友達は大工職人さんに残業手当を支払わなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>友達は、大工職人との間に雇用契約など締結していないし、建築業界では…

「常傭」といって、建築会社・工務店等の専属として一定期間継続して仕事を請ける場合は、雇用であり、給与をもらうことになります。
しかし、ご質問文を読む限りでは、常傭ではなさそうで、給与ではないとする友人さんの考えで間違いありません。

>内装工事の際に、大工職人さんに日当18000円を支払う約束…
>相手の大工職人さんの【請求の原因】のところには、未払い給料 と記載…

仕事をしてみたら 18000円では割に合わないと思ったのでしょうけど、それなら「もう少しください」と直に言えば良いことであって、いきなり裁判所にというのも常軌を逸した行動ですね。

>数日後に簡易裁判所から雇用契約違反として、大工職人さんから訴えられ、残業手当を請求…

司法関係に詳しいわけでは決してありませんが、友人さんも鵜呑みにせず、主張すべきことはきちんと主張すれば、一方的に支払わされることはなくなると思いますよ。

Q個人事業主の外注収入は売上高?

お世話になります。

主人は個人事業主(青色)で建築関係の仕事をしています。
下請けや孫請けの仕事が主なのですが、
月に何度かは他社の仕事の手伝いに行き【外注費】として収入を得ています。

この収入の経理処理は
他の売上と同じように【売上高】として処理するのか、
または、別の処理の仕方があるのか・・・?

と、言うのも【外注】で得た収入には消費税がかかっていません。
その収入と他の消費税が掛かっている収入(請負いの収入)とが
同じ科目ではおかしいな?と思ったのですが、実際どのように処理すればいいのかご教授下さい。
(去年初めて確定申告したので消費税は納めていませんが。。。)

今まで【売上高】で確定申告していましたが
所得税なども変わってきますか?

Aベストアンサー

>個人事業主(青色)で建築関係の仕事をしています。
>月に何度かは他社の仕事の手伝いに行き収入を得ています。
支払いを受けた日付で
現金支払いを受けた場合
現金/○○会社○○現場/売上
銀行振込で支払いを受けた場合
普通預金/○○会社○○現場/売上
今まで【売上高】で確定申告していたとおり会計します。
消費税について心配しているようですが、該当業者でしょうか?
消費税該当業者とは、2年前の事業売上が1,000万円以上の場合該当する事となります。
貴方の場合は、去年初めて確定申告したのでとありますので消費税を納める業者では無いと思います。
消費税該当業者は、事前に所轄税務署に届出が必要となりますので一度地元の所轄税務署に行って問い合わせして下さい。
この際に仕訳の方法を聞くと教えてくれます。
所得税なども変わってきますか?
所得税(源泉徴収税)に関して
個人事業主の場合
事業売上-事業経費=事業所得-個人控除=個人所得に応じてかかります。
ご参考まで

Q材料代は仕入?経費?(確定申告)

独立して大工をやっています。
確定申告の際に材木などの材料代は経費ではなく
仕入金額として申告すれば良いのでしょうか?
ちなみに白色申告です。

Aベストアンサー

大工さんが、お客様から注文を受け家を建て、完成後に引き渡す場合について言いますと、
その家の建設に直接要した物(製品の製造に直接要した物)は仕入金額として「売上原価」となります。そして、その仕入金額のなかに年末に余った物がある場合は、期末商品棚卸高として翌年に繰り越します。

製品の製造に直接要しないと判断して差し支えないような物は、「その他の経費」のなかの備品消耗品費となります。

Q請求書作成について

回答お願いします 

請求書作成をしています 一人親方です 
元請けから仕事を頂いてます単価が1日一万五千円+消費税750円で合計15750なのですが請求書の単価のところに15750とすればよいのでしょうか? 

別の元請けからの仕事は日当15000円で消費税+ではないのですが消費税+になる意味?とはどうゆうことなのでしょうか? 
初歩的質問だと思いますが教えて下さい。

Aベストアンサー

>請求書の単価のところに15750とすればよいの…

いやいや、

・△△工日当 [単価]15,000、[数量] 1日、[小計]15,000
・消費税 750
・請求総額 15,750

のような区分記載します。

>別の元請けからの仕事は日当15000円で消費税+ではないのですが消費税+になる意味…

消費税+が本来の書き方であって、消費税+ではないのは便宜的に「内税表記」とか「総額表示」などと呼ばれています。
消費税+ではない 15,000円は、

・△△工日当 [単価]14,286、[数量] 1日、[小計]14,286
・消費税 714
・請求総額 15,000

と等価です。
つまり、こちらの日当は 714円だけ安く、それに伴ってもらえる消費税も 36円安いということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング