この認識であっているか教えてくださいませ。

工業簿記の標準原価計算において
「固定予算」とは製造間接費の変動費と固定費を分けられない場合を言い、
差異分析は高低点法による固変分解で行う。
それに対して
「公式法変動予算」は変動費と固定費を分けられる為
シュラッター図で差異分析を行う。

であってますか?

ただテキストを見ると、
「固定予算のシュラッター図」が載っているのですが
そしたら↑と矛盾しますよね?

どなたかご教授お願いいたします。

A 回答 (2件)

製造間接費予算の設定方法には、予算管理との関係で、固定予


算と変動予算に分類されます。変動予算には、公式法変動予算
と実査法変動予算などがあります。

予算差異を出す時に、予算許容額-実際発生額で計算しますよね。
この予算許容額が操業度(例えば生産個数や機械作業時間や直接
作業時間)によって変動すると考えるのが変動予算、しないと考
えるのが固定予算です。普通はモノを作れば作るほどコストがか
るものですから(変動費があるので)、予算の設定も変動予算の
方が好ましいとされています。

シュラッター図を見ると、固定予算の場合は「固定予算=予算許
容額」となっているはずです。いくら作ろうと予算許容額が変動
しないと考えるのです。

高低点法は、原価を変動費・固定費・準変動費などに分類する方
法の一つです。過去の実績データに基づいて数学的に原価を分
解する方法で、ちなみに1級では最小自乗法というのも習います。
ですので、高低点法の問題では実際のデータが使われているはず
です。その時に基準操業度が書いてあるのは、正常の範囲内で
計算して欲しいからです。極端に生産個数が少ない又は多い月の
データを使ったら計算が狂いますからね。

固変分解によって実績データを分解して、それを基に予算を設定
する(変動予算)ことはあるかもしれませんけど、混同されない方
がよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥が深いです。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 12:40

ちがいます。



固定予算は、操業度が増減しても予算許容額が変化せず一定です。
つまり、操業度の増減に関わらず予算許容額が固定されているのです。
そして固定予算では原価を固定費と変動費に分けません。

変動予算は、操業度が増減すると予算許容額も変動します。
そして公式法変動予算では原価を固定費と変動費に分けます。
高低点法は原価を固定費と変動費に分けるための方法なので、公式法変動予算を前提とした問題を解くための準備のようなものです。

過去問では、与えられた資料からは固定費と変動費に分けられないので、固定予算と判断する問題もありました。
でも本来の流れとは逆です。

シュラッター図は差異分析のためのテクニックなので、固定予算でも公式法変動予算でもどちらでも使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シュラッター図はどちらでも使うんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 12:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q進捗が先んじているときの言葉はなにが最適?

進捗が遅れているときは
「進捗遅れ」
といいます。
では、進捗が先んじているときはなんといえばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

進捗とは「進みはかどること」なので、「進捗遅れ」という表現自体に難があります。
ですから、「計画遅延」、「計画達成」、「計画超達」などと言い換えたが良いと思います。
遅延、達成、超達の実体は、あくまでも計画です。
進捗は進行状況を表しているので、遅延、達成、超達の主体となることが出来ません。
ですから、「進捗遅れ」の対語が存在しないのだと思います。
まあ、「進捗リード」とカタカナを使えば意は通じます。

Q固定予算と公式法変動予算 差異分析

工業2級の固定予算と公式法変動予算では
差異分析の仕方は何が違うのでしょうか?
どちらもシュラッター図を書くのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の記憶ですと
固定予算における予算許容額=予算額(固定です)
公式予算変動法における予算許容額=変動費比率×実際操業度+固定費予算額
です。
固定予算の場合は予定配賦率=予算額/基準操業度 で、固定費率・変動費率は考えません。

予定配賦額=予定配賦率x実際操業度はどちらも同じです。

固定予算でもシュラッター図もどきを書くのが一般的かと思います。
詳細は適当な参考書をあたってください。

QExcelで進捗管理

Excelで進捗管理を作ろうしています。
内容は

進捗率を%で表示し、その進捗率にあわせ
グラフを表示させようと思っているのですがうまくできません。
例;進捗率50%  |||||

上記のように縦線を進捗にあわせて表示させたいのです。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

A1に50%と入力されていて、B1にグラフを出す場合

=REPT("|",B1*100) などでどうでしょう

""の中には別の記号 * など何でも良いですし、*100も適当に調節します。

Q固定費の予実績に差異が生じたとき、その差異分は予算差異に入りますか?操業度差異ですか?

こんにちは。原価計算の見習いです。
初歩的な質問で恐縮なのですが、お聞きしたいことがあります。

標準原価による予定配賦を行っているメーカーを前提にします。

①予算作成時、年間の固定費発生額を100万円、製品製造個数を1万個と見積もりました。
②製品一つ当たりの固定費配賦率は100万÷1万で100円と算出されました。
③ところが、実際には需要が弱く、8千個しか製造されませんでした。
 固定費は見積もり通り100万円発生しているため、
 100万円ー100円*8千個=20万円が、製品に配賦しきれていない固定費として残りました。
 これは操業度差異として扱われます。

という議論をざっくり理解しております。
手許の入門者向けテキストでは、固定費の見積もり額と実際発生額が一致しているケースばかりなのですが、もし固定費の予実績に差額が出たら、操業度差異の計算方法はどうなるのでしょうか?

上記の議論で

③'実際に製品は8千個しか製造されませんでした。
 このままでは操業度差異が発生してしまいます。
 ところが、固定費を予算時点では高めに見積もっていたことが嬉しい情報としてわかりました。
 予算の固定費100万円に対して、80万円の実際発生額でした。
 8千個の製品に対して、既に80万円の固定費は配賦してあるため、
 結局、固定費の実際発生額を全てバランスシート上に計上できています。

このような出来事が起こった場合、操業度差異は結果オーライでゼロとなるのでしょうか?
基準となる操業度を年度初めに見誤った事実は確かなので、その分はどこかでマイナス影響として表現されていないとおかしいような気はするのですが……。

あるいは、操業度差異は予算対比で計測して、あくまで▲20万円、そのかわり予算差異が+20万円と認識するのでしょうか?

詳しい方、お教え頂けると大変ありがたいです。

こんにちは。原価計算の見習いです。
初歩的な質問で恐縮なのですが、お聞きしたいことがあります。

標準原価による予定配賦を行っているメーカーを前提にします。

①予算作成時、年間の固定費発生額を100万円、製品製造個数を1万個と見積もりました。
②製品一つ当たりの固定費配賦率は100万÷1万で100円と算出されました。
③ところが、実際には需要が弱く、8千個しか製造されませんでした。
 固定費は見積もり通り100万円発生しているため、
 100万円ー100円*8千個=20万円が、製品に配賦しきれてい...続きを読む

Aベストアンサー

予算ー実績の対比と、差異分析を混同している様ですよ。

一旦、承認された予算なので、たとえ間違いがあろうと、予算との対比上は、操業度差異はあくまでゼロです。

ただ、操業度が低下しているのに、差異が生じないことがおかしいワケで。
差異分析は、差異が出た科目の原因だけではなく、差異が出るハズなのに、差異が出ていない原因を究明するのも差異分析です。
ご質問のケースでは、「予算時の固定費計上に間違いがあった」と言うのが、固定費の差異分析の結果です。

また、それを「結果オーライ」とするのか、予算時の固定費計上間違いを問題視するのかは、経営判断です。

Q株式の進捗率とは?

閲覧ありがとうございます。

進捗率とはどのような影響を与えるものなのでしょうか?

過去に出した決算予想に対しての進捗状況を表すものという解釈なのですが
(間違っていたらご指摘お願い致します)
その進捗率を発表するタイミングは決算なのでしょうか?

また、いつからいつまでの目標に対しての進捗率なのでしょうか?



初歩的な質問で恐縮ですがご回答頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「株式の進捗率」という言葉は聞いたことがありません。

あなたの言うような意味合いであれば、「どこまで到達してるか示す割合」でしょう。

たとえば、今期100億円の利益を目標にした会社があるとして、
いま、期中の途中ラップでの利益が30億円と。
だとすれば、進捗率30%です。

ただ、これにも考え方があって、経過した時間も考慮した進捗率の考え方もあります。
たとえば、上記の会社が、上半期が終わった。そこで30億円だったと。
上半期が終わったということは、期の半分が終わった。
1年の半分なので、年間目標100億円の半分まで行っていれば妥当だと考え、50億円。
この50億円に対する進捗でいえば、60%ですね。
この50億円のことを標準進捗と言ったりもします。

>いつからいつまでの目標に対しての進捗率なのでしょうか?
一般的には期初から期末でしょうね。3月決算の会社なら、4月~3月が期ですから、その間でしょう。
ただ、たとえば、3年間の中期経営計画等における進捗の話をしているのならば、その期間かもしれません。

Qシュラッター図 (差異分析)

立て続けにすみません。工業簿記で助けてください。

どうしても差異分析の図に慣れることができません。
見方にどうしても慣れないので、書くのも苦手です。

・横軸は操業度で、縦軸は原価。
・基準操業度は、実際操業度より大きくても小さくても
 必ず実際操業度より右側 (外側) に書く。
で正しいですか。
予算額や発生額、配賦額も計算結果を目測で書いていますが、
正しいのでしょうか。

予定配賦額 (標準配賦額)、
固定費予算額、実際操業度予算額、実際発生額。
実際操業度、基準操業度、(標準操業度)。
予定配賦率 (標準配賦率)、固定費率、変動費率。

これらが混乱してしまいます。
( ) 内は、標準原価計算の場合に更に増える項目で正しいでしょうか。
これらの意味が混乱して、計算にも手間取ってしまい、
分析図を書きながら理解していった方がいいのか、
計算から理解していった方がわかりやすいのか、わかりません。

たぶんですが、書く事よりも、書いたものから読み取るのが苦手です。
横軸と並行の固定予算額の線を中心に、
上下斜めへ分かれていく配賦率の線に惑わされて、読み辛いです。
(操業度差異と (標準原価計算の場合の) 能率差異に当たる部分?)

ひたすら問題の数をこなして慣れていくほかないのでしょうか。
やはり図が書けないと問題に対応するのは無理でしょうか。
計算しながら、分析図とは違うメモの仕方…ないでしょうか。

工業簿記は、勘定のTの図や差異分析図、原価分解の高低点法など、
図を書く必要性や、公式が多くて、
たぶんやっている事は簡単なことなのに、頭が整理つきません。
(時間がなくて焦っているせいもあるかもしれませんが)
40点中、第5問 (20点) は捨てる覚悟で、
商業簿記で満点を目指し、
あとは第4問で10~20点満点取る事に集中した方がいいのかとか…
でも、工業簿記で40点取り、商業簿記で残りを取りにいく方が良いと
良く聞きますし、商簿で満点もなかなか難しいし…焦ります。

差異分析が得意という方、工業簿記が得意という方、
助けて頂けませんでしょうか。

立て続けにすみません。工業簿記で助けてください。

どうしても差異分析の図に慣れることができません。
見方にどうしても慣れないので、書くのも苦手です。

・横軸は操業度で、縦軸は原価。
・基準操業度は、実際操業度より大きくても小さくても
 必ず実際操業度より右側 (外側) に書く。
で正しいですか。
予算額や発生額、配賦額も計算結果を目測で書いていますが、
正しいのでしょうか。

予定配賦額 (標準配賦額)、
固定費予算額、実際操業度予算額、実際発生額。
実際操業度、基準操業度、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずもう時間がないのですから、図を
迷わずにすばやく描けるようになった方がい
いのではないでしょうか。

操業度は
左から
ひ・じ・き
と覚えると迷いませんよ。
ひ→標準操業度
じ→実際操業度
き→基準操業度

あと、平行な2線に交わっている線があると、
角度が同じところが発生しますよね。
中学の数学で習ったような気がします。

私はあの図をグラフと思って機械的に解いて
いました。
試験の時は反射的に解けるようになっておい
た方がいいと思いますよ。

私も苦手だったんですけど、仕組みを理解する
と得意になりました。
参考URLにリンクを貼っておきます。
(削除されなきゃいいんですけど)

参考URL:http://coco.cocolog-nifty.com/tax/2004/04/post_1.html

Q原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

原価計算について学習中ですが『進捗度』について混乱しています・・・。

原価計算の学習の初期の頃、進捗度とは『完成品に対する加工の進み具合』だと教えられ、その後、材料進捗度の話が出てきた段階で、進捗度とは『完成品に対する原価の投入割合』だと教えられました。

両者の定義の違いになんとなく違和感を覚えながらも、後者は前者をより厳密に定義したものだと納得していましたが、実際に期首仕掛品がある場合の原価配分計算を考えたときに、この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。


問題文中などに提示される期首仕掛品の進捗度は、『当期完成品の原価に対する割合』ということでいいんでしょうか?


当期に投入した完成品換算量を求める際には、期首仕掛品の進捗度を完成品量に換算したものを使って貸借差額にて算出するわけですから、問題として提示されている期首仕掛品の進捗度は当期完成品の原価に対するものでなければならないと思っています。

でも、もしそうだとすると、前期の期末仕掛品の進捗度(前期完成品原価に対する割合を示したもの)を、わざわざ当期の完成品原価に対する進捗度に変換して期首仕掛品の進捗度として示してくれているということでしょうか?

もしそうならば、それはそれで全く問題ないんですが、でもそこまで親切に作ってくれてるのかなぁ?とか、そもそもある原価が完成品原価の何割であるか分かるならば完成品原価そのものが分かるんじゃ?等と考えてしまい、どうにも納得できません。

そうすると、もしやこの進捗度とは、会計期間によって変動してしまう当期完成品原価の割合ではなく、普遍的な進み具合(全工程100分のうちの何分目か、全工程10設備のうち何設備目か、等)を指しているのでは?などと考えてしまい、ますます泥沼に・・・・。

以上、混乱している状態ですので質問自体がうまく表現できていないかもしれませんが、何卒状況を酌んでいただき、ご助言等いただければと思います。

原価計算について学習中ですが『進捗度』について混乱しています・・・。

原価計算の学習の初期の頃、進捗度とは『完成品に対する加工の進み具合』だと教えられ、その後、材料進捗度の話が出てきた段階で、進捗度とは『完成品に対する原価の投入割合』だと教えられました。

両者の定義の違いになんとなく違和感を覚えながらも、後者は前者をより厳密に定義したものだと納得していましたが、実際に期首仕掛品がある場合の原価配分計算を考えたときに、この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分から...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
>原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

進捗度の求め方を言っているのでしょうか?
そうであるならば、#1さんの言うとおり、合理的な方法をもって
見積もるということになります。 工業簿記を学習する上では、
進捗度の算出の仕方は問題にしていないと思います。
問題に従ってください。

ただ、質問を読んでいると
>この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。

もしかして進捗度が原価計算の中でどういう意味をもっているのか、
混乱していますか?
そうであるという前提で以下、説明します。

総合原価計算の中では、進捗度から完成品数量に変換する指標を換算量
と言います。
なぜ、そのようなことをするのかというと、まず、話を簡単にするため
に、月初仕掛品がなかった場合を想定して説明します。

生産データ

当月投入  100個
月末仕掛品  50(?)
完成品     50
※()内は換算量 現時点では不明とします。

当月製造費用
 原料費 1,500,000
 加工費 4,500,000
 ※原料費は工程始点で全て投入される。

上記の生産データにもとづき原価計算表を作成します。

        数量  原料費  数量  加工費    合計 
当月投入   100  1,500,000 100? 4,500,000   6,000,000
月末仕掛品  50   750,000  50?  2,250,000? 3,000,000?
完成品     50   750,000  50   2,250,000? 3,000,000?

原料費は、工程始点ですべて投入していますので、上記のように
完成品50:月末仕掛品50の比率で按分できます。

さて、ここで問題です。
加工費の場合、完成品と仕掛品が同じ50個だからといって、50:50の
比率で按分するのは適切な配分でしょうか?

おかしいですよね。 
一方の完成品は100%投入(加工)されているのに対して、進捗が何%
かわかりませんが、月末仕掛品が同じ配分になるのは費用配分が適切
ではありません。
完成品と仕掛品という異なる加工費の発生割合を一緒にして計算して
いるからですね。

そこで月末仕掛品の原価を求めるために、月末仕掛品の進捗度を
合理的に把握して、それを換算量として月末仕掛品にかけて完成品
数量に変換してしまうのです。

例えば、月末仕掛品の換算量が50%だったとします。 換算量1/2
月末仕掛品に換算量をかけてやり完成品数量に変換することによって、
同じ土俵にあげてやります。

そうすると完成品と月末仕掛品の割合は50:25になり、対等に計算でき
ますので原価計算表は

        数量  原料費  数量  加工費    合計 
当月投入   100  1,500,000 75  4,500,000   6,000,000
月末仕掛品  50   750,000  25   1,500,000  2,250,000 
完成品     50   750,000  50   3,000,000  3,750,000

となり月末仕掛品原価が求まれば完成品製造原価が求められます。

ちなみに「加工費の当月投入量」は、完成品、月末仕掛品から逆算して
求めます。
また、今回は原料費は「工程始点ですべて投入」を前提としていますが、
進捗の度合いによって投入される場合は加工費と同様に換算量を
かけて計算します。

ここでは、話を簡単にするために月初仕掛品を除外していますが、
同様に月初仕掛品にも換算量をかけて原価計算表に入れます。

また、先入先出法、後入先出法、平均法など計算方法がいくつかあり
ますので、このあたりはURLを参考にしてください。

http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main75.html
http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/~asada/ca/05.html

>そもそもある原価が完成品原価の何割であるか分かるならば完成品原価そのものが分かるんじゃ?

逆です。
結論として換算量は、当月の完成品製造原価を求めるために、計算過程で、
月初仕掛品と月末仕掛品を完成品数量として変換して適切な費用按分を
行うための指標です。

以上、こんなところですが何かあればまた補足してください。
では

こんにちは
>原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

進捗度の求め方を言っているのでしょうか?
そうであるならば、#1さんの言うとおり、合理的な方法をもって
見積もるということになります。 工業簿記を学習する上では、
進捗度の算出の仕方は問題にしていないと思います。
問題に従ってください。

ただ、質問を読んでいると
>この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。

もしかして進捗度が原価計算の中でどういう意味をもっているのか、
...続きを読む

Q製造間接費を固定費と変動費に分けられる時

標準原価計算で
製造間接費の変動費と固定費を分けられない時は固定予算を使うのですよね?
変動費と固定費をきっちり分けられる時は何予算を使うのですか?

Aベストアンサー

2級では変動費と固定費で分けられる場合には
公式方変動予算をつかうのが一般的です。
1級とかになるともうひとつ方法があるみたいですが、
自分はまだ1級の勉強始めたばかりなので公式方変動予算しかわかりませんが…;

Q安くて良い進捗管理ソフトはありますか?

MS Projcetのような使い勝手が良い進捗管理ソフトが
欲しいのですが、安くて良いソフトはないでしょうか?
Project Server 2003 だと30万して手が出ません。。

エクセルを使うソフトでも良いですし、
進捗管理だけできるグループウェアなどで、
Webで進捗が見れればなお素晴らしいのですが。

Aベストアンサー

Aipo4
http://www.moongift.jp/2008/03/aipo4/
はどうでしょうか?
進捗管理以外の機能もありますが・・・

ガントチャートだけならば、
GanttProject
http://ganttproject.biz/
がWebDAVでの共有に対応しています。

Q製造間接費の原価を「固定費」と「変動費」にわけるのは?

こんばんは。工業簿記2級の質問です。

製造間接費の原価を「固定費」と「変動費」にわけて計算するのは
標準原価計算と直接原価計算だけでしょうか?

総合原価計算と個別原価計算は
分けないで計算するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少し気になったので補足を
総合原価計算と個別原価計算は受注・生産システムの捕らえ方です。さらにそれぞれ細かい論点や分類があります。

標準原価計算と対になるのは実際原価計算で、原価の設定方法が違います。
直接原価計算と対になるのは全部原価計算で、製造原価に含めるものが違います。何もつけない場合は全部原価計算の事を指します。
実際操業度で予定配賦するのは実際原価計算に含まれるのでご注意を。

これらの3対はすべて独立に選ぶことが可能です。
つまり個別・全部・標準な原価計算とか、総合・直接・実際原価計算とかあります。

ここまでの理解が必要になるのは一級や会計士で、2級ならパターンごとの解法を覚えてしまえば合格できますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング