相談があるので聞いてください。

妻の会社が民事再生を適用し、次の出資会社を探しており見つかったのですが、その際に社会保険が変わるということで、今まで利用していた保険証を会社に返却しました。

しかし、現在、体調を崩してしまったのですが、社会保険証がないため、医者に行きたいのですが金銭的にいけずに困ってます。

また会社の方も保険証はいつになるかわからない状態です。

何かいい方法がございましたらご教授くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>現在妻は育児休暇手当中でわたくしは国保なので、妻が保険を変更したら不正受給になるのではないかと・



市役所に相談されるのが手っ取り早いかと思います。

赤ちゃんの健康保険は、夫と妻のどちらに入っているのですか。
妻の健康保険なら、それを夫のほうに移すことも考える必要があると思います。

建前は、保険証が現在手元にないが、どこかの社会保険に入っていることになっている(後日にならないと判明しないので、現在は事実上、無保険状態である)ことなども説明して、相談することです。あと、今、10割支払って、後日7割を返してもらうだけの余裕がないこともです。

現在、事実上の無保険状態であることが認めてもらえれば、緊急避難的に限定的な国民健康保険の手続きをしてもらえるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
役所に相談してみます。

お礼日時:2009/05/22 12:17

保険証という物体は誤って返却してしまいましたが(普通、新しいものと交換なのではないかと思うんですが、違うのですかね)、実際の加入状態はどうなのですか?


一度、社会保険から離脱しているのでしたら、次の社会保険に加入するまでは、国保に加入することになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
調べてみます。

お礼日時:2009/05/22 12:29

質問者さんの健康保険に加入させるわけにはいかないのでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現在妻は育児休暇手当中でわたくしは国保なので、妻が保険を変更したら不正受給になるのではないかと・・・

お礼日時:2009/05/19 11:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイエーが民事再生法を適用するとどうなるの?

タイトルのとおりですが、ダイエーが民事再生法を適用するか、
自主再建するかというのをさっきWBSでやっていました。
もし民事再生法を適用した場合、ダイエーの株はどうなるのでしょうか?
紙屑なんてことになるんでしょうか?
経済に詳しい方、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、ダイエーが問われているのは民事再生法の適用でも産業再生法の適用でもありません。「産業再生機構」の活用の是非です。
産業再生機構とは、現在、借金がかさんで経営が立ち行かなくなっている会社の中から、厳しい競争環境の中で中長期的に生き残っていける力を持っている会社を探し出し、借金の負担を軽減することなどを通じてその会社を立て直すことを目的に官民が共同で設立した会社です。
具体的には、主力銀行(メーンバンク)以外の金融機関がその会社に持っている債権を買い取ります。こうすると、その会社に債権を持つのが主力銀行と機構だけになりますので、例えば利払いの一部を減免したり、借金を棒引きにするなど再生の支援策を迅速に決めることができます。債権の買い取り資金は10兆円あり、設立から2年間で集中的に債権を買い取ります。買い取った債権は3年以内に処分するので再生は時間との勝負という側面もあります。再生に成功すれば企業への投資を目的に資金が集められた投資ファンドなどに債権を売却します。一方、再建に失敗したらその債権は整理回収機構(RCC)に持ち込まれます。この場合、再生機構が当初買い取った価格より回収機構への売却額が安くなるのは確実で、再生機構には損失が出ます。この損失は、国民負担、つまり税金を投入することになります。機構は5年で解散する予定です。

で、この場合の株式の扱いということですが、まず大幅減資は避けられません。減資そのものは会社資産に対する持分が変わりませんので株価に対しては中立ですが、減資の後には産業再生機構による債務の一部株式化(デット・エクイティ・スワップ)による第三者割当増資は避けられないと思われます(経営権を握るため)。この場合、既存株式の持分比率が大幅に下がりますので株式の価値も下落します。つまり株主責任が問われるということになります。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20040826A/

今、ダイエーが問われているのは民事再生法の適用でも産業再生法の適用でもありません。「産業再生機構」の活用の是非です。
産業再生機構とは、現在、借金がかさんで経営が立ち行かなくなっている会社の中から、厳しい競争環境の中で中長期的に生き残っていける力を持っている会社を探し出し、借金の負担を軽減することなどを通じてその会社を立て直すことを目的に官民が共同で設立した会社です。
具体的には、主力銀行(メーンバンク)以外の金融機関がその会社に持っている債権を買い取ります。こうすると、...続きを読む

Qインフルエンザの予防接種で保険証、福祉受給者証はいる?

先日、子供のかかりつけの小児科で
母親である私と祖母と子供の3人で
インフルエンザの予防接種をしました。
一応3人の保険証を出したのですが、
子供の福祉の受給者証受付を忘れてしまい、
受付の人に期限が切れているようなので
後で持ってきてください。
といわれました。その時は、
「は~い」と思ったのですが、
今日病院から電話がかかってきて
番号等を聞かれました。

ふと考えるとインフルエンザの接種は任意だから、
保険が効かないはずです。
なのにもかかわらずなぜに番号を聞くんでしょう?
そもそも私の保険証も生年月日が分かるものさえあればいらないのでは????と思ってしまいます。
福祉受給者証いるんですか?
なんだか悶々としてしまいます。

皆さん宜しくお願いします。

Aベストアンサー

クリニックに勤務しています。
私のところも今インフルエンザの予防接種をしています。

インフルエンザは保険は使えないのですが、診察券と一緒に
保険証を出してくれる患者さんがいるので、
はじめはお預かりして念のため確認をしていました。

でも、今は混み合ってきたため、時間短縮のためにも
予防接種だけの患者さんが保険証を出してきても、
「今日は保険のきかない予防接種ですので保険証は結構です。」と言って、
見ないですぐにお返ししています。患者さんも納得しています。

かかりつけだったら、一応確認しておくっていうくらいは分かるけど、
電話してきてまで番号を聞くのは不思議ですね。
先月中に診察は受けましたか?その時に保険証を忘れていたとか…。
だとしたら、11月のレセプト請求に間に合わせるために
問い合わせてきたんだなぁと考えられるのですが…。

質問者さまの言うとおり、生年月日や名前が確認できるので
保険証を見たいというなら分かりますが、
普通は予防接種だけでしたら番号まで聞かないと思います。
次回以降診察があれば、その時に保険証持ってきてもらえばいい訳ですし。
もし気になるようだったら、ちょっと気になったので、っていって
気軽に問い合わせてみては?ちゃんとしてる医院さんだったら
快く答えてくれると思いますよ。

クリニックに勤務しています。
私のところも今インフルエンザの予防接種をしています。

インフルエンザは保険は使えないのですが、診察券と一緒に
保険証を出してくれる患者さんがいるので、
はじめはお預かりして念のため確認をしていました。

でも、今は混み合ってきたため、時間短縮のためにも
予防接種だけの患者さんが保険証を出してきても、
「今日は保険のきかない予防接種ですので保険証は結構です。」と言って、
見ないですぐにお返ししています。患者さんも納得しています。

かかりつけ...続きを読む

Q民事再生法適用後はどうなるの?

民事再生法が適用されるとその後どうなるですか?
倒産? どこがどのようにして、再生の手伝いをするのですか?
いわゆる負債が増えてしまったから経営が困難になり、
民事再生法を申請するのですよね?
その後再生の手伝いをする別の会社(会社?機構?政府?)はその負債をどのように
してあげて、その会社を立て直すのですか?
また、その負債を救うのに資金がいると思いますが、その資金は
どこから集ったお金ですか?(税金?)
まったく分からないので分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

はい、では手順とシステムについて解説しましょう。

まず、民事再生と、倒産とはまったく別物です。
「再生」と名がついているくらいですから
会社を立ち直らせる手目の法律です。

民事再生業を申し立てる業者はご存知のとおり債務超過の解消ができなかったり資金不足になったりしている業者です。
このまま放っておくと倒産が待っているような業者です。

そこで、もし債務が少なくなり再生できるなら再生して経営方針や
業務内容にメスをいれ再度立ち直らせようとする会社が民事再生を行います。

民事再生とは平たく言えば、合法的に債権者に債権の大半をチャラにしてもらって借金を極限まで減らし会社を再生させることを言います。

その手順は、まず経営者は弁護士に相談し、その弁護士が代理人となって裁判所に「民事再生の開始の申し立て」をします。
すると、翌日裁判所から「この申し立てを受けたので、この日をもって一旦借金の支払いはすべて停止する」という命令が出ます。

裁判所から見れば命令ですが、民事再生業者から見れば保全ですね。
即日銀行に行きこの書面を見せ、銀行から引き落とされるすべての支払いを停止してもらいます。(命令書ですから銀行も支払いを止めちゃいます)つまり手形や小切手は落ちないということになります。

これと時を同じくして、書面で債権者に民事再生の申し立てをした
ということを通知します。(あらかじめ用意しておいた書面を
命令書を受け取った日に投函します)

この書面には、申し立てをしたということと債権者説明会をするから集まって欲しいということも書いてあります。

これが翌日とどきますから債権者は大騒ぎになります。
取れるはずのお金が取れないわけです。
かといってすでに申し立てを裁判所が受けてしまった会社からは
法的には借金の取り立てはできないですから、業者が押し寄せますが
説明会を開くからそのとき詳細はお話しするということで
引き取ってもらいます。
まして、ホホに傷のある人が来て恐喝まがいで取立てしようと思っても
できませんからそんな人はきません。

で、ここから3日~5日くらいのうちに説明会を開きます。
そこでは、こんな風になってしまったいきさつとこれからについて
説明します。

サーそこで!
前もって作っておいた(裁判所にも届け済みですが)財産評定書と
今後仕事を続くけた時に返せる金額の計画書を検討してもらいます。

つまり、会社を閉鎖して清算したときの金額、つまり会社の財産をぜーんぶうっぱらって作れるお金と
今後10年間の計画書を比べてもらうわけです。

たとえばここに借金5億の会社があるとします(50軒の債権者がいるとして)。
ここがもし廃業するとして、全部(在庫も車も机も建物も・・)売り払うと5千万だとしますね。
これをみんなで分けると一軒あたり100万円になります。
どう頑張ったって100万以上にはなりません。
それ以上は取れません。(なぜかって?その次点で破産手続きをしますから法的に取れなくなります)

しかし、この借金を10年かかるけど一軒あたり300万返すよ!
といわれれば、じゃ、そっちのうがいいかなぁ・・って考えますよね。

払う方(民事再生会社)は300×50で1億5千万返せばいいことになり、債権者は倒産させてしまうと100万しか取れないものが
再生させると300万入ることになります。

つまり5億の借金が1億5000万まで減ることになり
しかも無金利、今まで常に借金を返していたものが
10年で1億5千万ですから年間1500万円返せばいいわけです。
5億の借金抱えるまで大丈夫だった会社ですから
やる気になれば年間1500万くらいの黒字は出せる会社です。

またそれができないような会社なら民事再生はそもそも裁判所が
受け付けてくれませんし、弁護士もコリャ無理だ!といって
破産手続きを提案してきます。

そこで、債権者はどうせ100万しか入らないなら300万入るほうを選ぼう、ということになり債権者のほとんどは同意してくれます。(この同意か不同意かは後日、債権者会議で集計され同意が半数を超えれば再生業者としてつつけていいよという認可をされたことになります、それまでは試運転期間です)

また債権者(仕入れ業者など)はこれからはすべての取引は現金ということになりますから現金なら安心だし売り上げだってなくなるより
あったほうがいいのでほぼ同意してくれます。

長くなりましたが、質問の答えの一つとして、負債は債権者が
おまけしてくれることで1/5くらいにしてくれます。
借金が1/5に合法的になってしまうのですからこれからの
会社運営はぐっと楽になります。
しかしこの先同じことをやっていたのではまたいずれ倒産の危機にさらされますので社内的には相当の努力が必要となります。

したがって、取引方法はその後現金取引になりますが
会社業務としては通常通りやっていくことになります。
一旦は大騒ぎになりますが、それも1週間程度で
おさまり、いつもと変わらぬ業務ができるようになります。
当然裁判所から監督する人を差し向けられますので
その人と相談しながら(実際には弁護士が相談する)やっていきます。

手続きや、その後の計画書作成や、日々の業務報告など
相当面倒ではありますが、借金が1/5~1/10になるのなら
そのくらいやるでしょう。

さて民事再生にかかる費用ですが、弁護士にまぁざっと300万
裁判所に予納金といって債務額にもよりますが
1億だとすれば200万~400万円くらいです。

中小企業でも弁護士一人じゃとても手に負えませんから
弁護士二人は必要になりさらにお金の計算できる公認会計士が必要になりますので3人には払うようになります。この合計がざっと300万です。
つまり、民事再生を申し立てるにも咲いてでも1000万くらいの現金がないとできないということになります。

まぁ弁護士は会社から取れるだけとって残りを「債権者で分ければ?」
的な報酬になりますので、現金を持っていることをにおわすと
高くふっかけられます。
逆に持っていないことを言うと断られますので、依頼する側も
そこのところをうまく言わなければなりません。

さて、立ち直る資金はどこから?というご質問ですが、
会社は普通「売掛金」と「買掛金」がありますね。
まだお客さんから集金していないお金と
仕入れ業者に払っていないお金という意味です。

仕入れ業者への支払いは申し立て日以前のものは
ストップしますから、つまり買掛金は一切払いませんよね。

しかし、お客さんへの売掛金は関係ありませんから
入ってくるだけですね。

入ってきて、一切出さないわけですから
その入ってきた分が資金となります。

たとえばお客さんからまだ集金していないものが
3000万あって、払わなければならないものが
銀行からの借金も含めてやっぱり3000万あったとしても

3000万が入ってくるだけで一銭も出てきません。
これが資金となります。
この金で翌日から現金取引で品物を買ってきて
お客さんに売ればいいわけです。

まぁ、とにかく民事再生法というのは使われたほうにとっては
俗っぽくいえば
「きったねーなぁ!そんなもの使いやがって!」
といいたくなるし、
使ったほうは「こんないい法律があったんだ!なーんだ、借金なんて
簡単に減らせるんジャン!」というようなものです。

ちなみに、破産などもっとずるくて
破産申し立てて裁判所に認可されればそれまでの借金はぜーんぶチャラ!(ただし、その次点で持っている財産は全部処分されます。まったく持っていなければ怖いもんなんかないですよね)
この破産申し立てにしてもある程度お金はかかります。
中小企業で300万くらい、個人なら最低でも50万くらいは現金がないと弁護士も動きませんから必要となります。

いわゆる倒産というのは
手形や小切手の不渡りを出し、支払日には債権者にお金がないから払えないということをつげ、ニッチもさっちっもいかずそれ以後の
仕事ができずに会社が破綻することを言います。
法的措置をまったく取っていませんから借金はいつまでも残り
生きてる限り追いかけまわされます。
なので、精神的に追い詰められ自殺する中小企業の経営者は後を絶ちません。
やばいと思ったら、ある程度お金を残しておいて、破産するなり
民事再生をするなりすれば簡単に救われるのになぁ・・
と残念で仕方ありません。
こんなことを知らないばっかりに命を落とす人が多いんばんて・・・ね。

だいたい、日本人は金の亡者どもでいっぱいです。一次元的にしか
モノを見ず目の前にあるお金しか見えてません。
一歩引いて(お金しか見てない人を見ている自分をイメージ)見て
さらにもっと上から見て自分のことだけではなく家族のこと
地域のこと日本のこと世界のこと、など大きな目を持って
見て欲しいものです。
グーグルアースのように宇宙まで飛んで地球を見れば
借金で苦しいだのいくら稼いだだの爪の垢にもならんことだと思いませんか?

そこに時間の動きという4次元まで思いを走らせ20年後50年後
を考えれば稼ぐことや借金苦なんてどうでもいいことで
そこまで考えが及べばミーとホープだの吉兆のような事件は起こらないはずですよね。

みーーんな自分の目の前の利益しか目に入ってないから起きる事件です。

はい、では手順とシステムについて解説しましょう。

まず、民事再生と、倒産とはまったく別物です。
「再生」と名がついているくらいですから
会社を立ち直らせる手目の法律です。

民事再生業を申し立てる業者はご存知のとおり債務超過の解消ができなかったり資金不足になったりしている業者です。
このまま放っておくと倒産が待っているような業者です。

そこで、もし債務が少なくなり再生できるなら再生して経営方針や
業務内容にメスをいれ再度立ち直らせようとする会社が民事再生を行います。

...続きを読む

Qまだカード式になっていない紙の国民健康保険証で「この証で療養給付を受け

まだカード式になっていない紙の国民健康保険証で「この証で療養給付を受けるこごたできる披保険者の名前生年月日」の欄に世帯主と姓が同一の方と異なる方の名前がありました。これってどういうことでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 同一の世帯で、姓が別な人がいる例としては、世帯主との続き柄が
  同居人
  未届けの妻(内縁の妻)・・・婚姻届を出していない
  離婚した娘が、結婚時の姓を名乗って同居
  同居している従業員を同一世帯に入れている

 などが考えられます。
 国保は、同一世帯であれば一つの保険証(紙の場合)になりますから、上記の場合は別姓の方がいる場合もあります。
 

Q民事再生法の適用申請するとどうなるのですか?

最近マイカルが倒産しましたが、民事再生法の適用申請すると、そのあとどうなるのですか?

Aベストアンサー

とりあえず流れを言うと
 ・裁判所への再生手続きの開始申し立て
 ・保全処分による財産保全   
 ・再生手続きの開始決定
 ・再生債権の届け出・認否書の作成(債権者から異議)
 ・再生債権者表の作成(債権の確定)
 ・再生計画案の立案・提出
 ・債権者集会による再生計画案の決議
 ・再生計画の認可
 ・再生計画の遂行
という感じです。
つまり、経営者(じゃなくても良いですが)が債権者と相談しながら再生させるための計画を作り、裁判所の監視のもとでしっかりとその計画を実行していく、と言うことです。
ですから、再生計画で決まった事業は引き続き行われることとなります。

Q社会保険の資格喪失届を会社が出してもらえず

ある事情から会社を出て会社に連絡が取れないのだが
社会保険の資格喪失届を会社が出してもらえず困っている場合
どこに相談すればいいのでしょうか。

<ある事情>
警察に2回相談しましたが会社に連絡を取った場合、やり残した仕事の賠償請求、監禁
海外へ連れ出される危険性があるため会社に連絡をとることができません。

Aベストアンサー

 直接、貴方の加入している健康保険組合へ相談して下さい。電話番号は健康保険書の1ページ目に書いてますので・・・・

Q民事再生法、自己破産、というが申請が通らなければ・・・事業者の行方は、どうなる?

事業主が多額な借金をして、民事再生法(1度目)を申請し適用されたとします。
毎月決った金額を支払いしていたら、3年後に借金がチャラになります。
これはわかりました。

民事再生法を適用し3年後完了しても、
5年程度は金融機関からの借り入れやローン関係は難しいとされています。
そうなると、事業主の資金繰りには経営の腕が問われるんですが・・・。

そこで、質問です。
(1)民事再生法を申請して適用されて、3年間の支払いを完済すれば借金はチャラになることはわかりましたが、
その後5年程度は金融機関からの借り入れやローン関連が厳しくなりますよね?

もし5年未満に事業を失敗すれば、また民事再生法を申請できるんですか?
そうなると、常識的に考えて、2度目と言う事もあり申請が厳しくなると思います。

仮に2度目の申請が通れば、3年間支払いすればまた借金はチャラになるんですか?それに、2度やると、3度、4度と永遠に民事再生法ができるの?

(2)2度目の民事再生法の申請が通らなければ、自己破産は初めてなので申請すれば通るんですか?

(3)、(2)より、自己破産の申請が通らなければ、事業主はどうするんですか?
借金を返せないですよね?と言うことは、普通は財産を処分すると思います。
しかし、自宅は賃貸であった場合、金目の財産が無ければ、支払いは不可能になるので、払わなくてもいいの?

(4)事業者が無一文の場合、支払いは不可能です。
幾ら借金があろうとも、強制執行されても、税金を滞納しようとも、無一文から取るものはありませんよね?しかし、借金は経営者の家族(息子)には関係ないので、息子が社会保険加入者であれば、扶養になり、息子名義で自宅を借りて、生活は可能ですよね?親父の借金は?どうなるの?

(5)人間って食事は100%しなくてはなりません。事業ができなければ家賃も払えません。家賃を滞納すれば、出て行かなくてはなりません。
自宅(家賃)を出ていくと言うことは、自宅を借りた時のようにキレイにしなければいけませんよね?しかし、無一文からお金は取れません。
自宅、財産を捨てる覚悟があるなら・・・ラッキ~となるの?

コレが法律上通らなければ、普通に考えるなら選択肢は2つですよね?
『夜逃げするか?』『ホームレスになるか?』ですか?
それに、生活保護受けれるんですか?
やはり住所が無ければ、申請通りませんよね?

(6)民事再生も自己破産も申請したが通らない場合、既婚者なら、旦那さん、姓名を受けず、1度奥さんと離婚して、また奥さんと再婚し婿養子になれば、姓名が違うので、借金はチャラになるの?できるなら、また事業所できますよね?

『ABC事業所』であれば名前は同じで・・・。
その名前が使えないのであれば、
『★ABC★事業所』であれば、違うので・・・いいんですよね?

これは、詐欺行為になるのですか?

最近毎日企業が倒産します。
(4)、(5)、(6)が1番気になります。
インターネットにもどこにも掲載されていません。

分かる範囲で構いません、ワンポイントアドバイスでも構いません。
誰か教えてください・・・・よろしくお願いします。

事業主が多額な借金をして、民事再生法(1度目)を申請し適用されたとします。
毎月決った金額を支払いしていたら、3年後に借金がチャラになります。
これはわかりました。

民事再生法を適用し3年後完了しても、
5年程度は金融機関からの借り入れやローン関係は難しいとされています。
そうなると、事業主の資金繰りには経営の腕が問われるんですが・・・。

そこで、質問です。
(1)民事再生法を申請して適用されて、3年間の支払いを完済すれば借金はチャラになることはわかりましたが、
その後5...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)民事再生法を申請して適用されて、3年間の支払いを完済すれば借金はチャラになることはわかりましたが、
その後5年程度は金融機関からの借り入れやローン関連が厳しくなりますよね?

審査は厳しくなりますが、民事再生が通ったということは、取引している金融機関は民事再生法に積極的に賛成しているわけですから、全く貸さない訳ではありません。

>もし5年未満に事業を失敗すれば、また民事再生法を申請できるんですか?そうなると、常識的に考えて、2度目と言う事もあり申請が厳しくなると思います。

申請はできます。法律的には制限はありませんが、現実的には5年後に再び事業失敗だと、金融機関や取引先が民事再生に賛成しないですよ。

>(2)2度目の民事再生法の申請が通らなければ、自己破産は初めてなので申請すれば通るんですか?

自己破産は申請できます。

>(3)、(2)より、自己破産の申請が通らなければ、事業主はどうするんですか?借金を返せないですよね?と言うことは、普通は財産を処分すると思います。しかし、自宅は賃貸であった場合、金目の財産が無ければ、支払いは不可能になるので、払わなくてもいいの?

事業失敗によって自己破産する場合、自己破産が通らない、免責されないという事はまずないです。もし万が一通らなかったら、支払い義務はそっくりそのまま残ります。ただ、銀行等は免責にならなくても損金処理しちゃうんで、請求はそんなにされないです。

>(4)事業者が無一文の場合、支払いは不可能です。
幾ら借金があろうとも、強制執行されても、税金を滞納しようとも、無一文から取るものはありませんよね?しかし、借金は経営者の家族(息子)には関係ないので、息子が社会保険加入者であれば、扶養になり、息子名義で自宅を借りて、生活は可能ですよね?親父の借金は?どうなるの?

現実的に永遠と息子におんぶする訳にはいきませんから、どこかに勤めますよね。パートとか。そうなると給料債権執行が可能性が出てきます。
もし全く働かない場合は、上記のような感じで生活は可能です。親父の借金はそのまま残り続け、亡くなった時に相続放棄する、又は相続して借金を引き継ぐ形になります。

>(5)人間って食事は100%しなくてはなりません。事業ができなければ家賃も払えません。家賃を滞納すれば、出て行かなくてはなりません。
自宅(家賃)を出ていくと言うことは、自宅を借りた時のようにキレイにしなければいけませんよね?しかし、無一文からお金は取れません。
自宅、財産を捨てる覚悟があるなら・・・ラッキ~となるの?

借り主はまさに、無一文、財産がなければラッキーとなります。ただ、連帯保証人がそれをおっかぶるので、連帯保証人に迷惑をかけてもいいや、というなら、完全にラッキーです。

>コレが法律上通らなければ、普通に考えるなら選択肢は2つですよね?
『夜逃げするか?』『ホームレスになるか?』ですか?

まず、自己破産できます。働く事もできなく自己破産もできなかった場合は、まあ、夜逃げやホームレスになるんでしょう。

>それに、生活保護受けれるんですか?
やはり住所が無ければ、申請通りませんよね?

生活保護は住民票がなくても受けられます。役所が水際作戦をしなければ。

>(6)民事再生も自己破産も申請したが通らない場合、既婚者なら、旦那さん、姓名を受けず、1度奥さんと離婚して、また奥さんと再婚し婿養子になれば、姓名が違うので、借金はチャラになるの?できるなら、また事業所できますよね?

そんなに銀行は馬鹿じゃないです。戸籍や名前だけで個人を特定する訳ではないので。

>『ABC事業所』であれば名前は同じで・・・。その名前が使えないのであれば、『★ABC★事業所』であれば、違うので・・・いいんですよね?

事業主が特定できますので、まあ、無理だと思います。

>(1)民事再生法を申請して適用されて、3年間の支払いを完済すれば借金はチャラになることはわかりましたが、
その後5年程度は金融機関からの借り入れやローン関連が厳しくなりますよね?

審査は厳しくなりますが、民事再生が通ったということは、取引している金融機関は民事再生法に積極的に賛成しているわけですから、全く貸さない訳ではありません。

>もし5年未満に事業を失敗すれば、また民事再生法を申請できるんですか?そうなると、常識的に考えて、2度目と言う事もあり申請が厳しくなると思い...続きを読む

Q会社の厚生年金・社会保険をやめるには

3人の小さな会社を営んでおります。
不況のあおりを受け、社会保険・厚生年金の負担が大きくやめたいと思っております。従業員も会社が厳しいことはよくわかっております。
私は、はずかしながら、福利厚生の細かなことがわかりませんので、経理担当の者に社会保険・厚生年金をやめたいから方法を調べるようにと言うと辞められませんと返事が返ってきました。
何をどう調べたのかわかりませんが、辞められないなんてことあるのでしょうか?また、辞めるには具体的にどうのようにすればよいのでしょうか?お詳しい方がいらしたら、わかりやすく教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんの回答は、個人事業で5人未満の事業所です。
法人であれば、1人でも雇っていれば強制適用ですのでやめられません。
まあ、全員解雇するか、全員週30時間未満のパートに切り替えればできなくもありません。

Qタカタ株が7月27日に上場廃止を決定したと発表しましたが 廃止になると取引している企業はどうなるので

タカタ株が7月27日に上場廃止を決定したと発表しましたが 廃止になると取引している企業はどうなるのでしょうか?民事再生の手続きをしたようですが?

Aベストアンサー

タカタと取引関係にある/あった企業は、上場廃止より、
民事再生法による再生計画がどのようになるか、
が最重要関心事項でしょう。
再生計画によらないと、タカタから売掛金などの
債権回収ができないから。
下請け企業、その従業員等も、仕事なくなる、給料なくなる危惧抱いてる。

(企業を含め、市場でタカタ株取得した)株主は、
現在の持ち株価値がゼロになることを、
前提に、持ち株をどうするか判断していくことでしょう。

株主にしてみれば、その程度のはなし。
(経営者のせいで、自分はなすすべなく、自分の財産価値奪われる
という意味では、怒ることあってもいいでしょう。
例によって、株主代表訴訟とか起きるかも)

Q自傷行為で怪我した場合、健康保険(社会保険)は使えないのですか?

自分の腕に焼印(刻印)し、失敗した場合、皮膚科で治療は可能でしょうか?例えば、頭に来て蚊取り線香を自分の腕に押し付けて消した・・・熱した針金や鉄の板を自分の腕に押し付けて跡をつけた・・・
そういう意図的にヤケドした場合でも、皮膚科で診療可能ですか?健康保険証は使えるのでしょうか?
普通にヤケドしちゃいました・・・で済むのでしょうか?根掘り葉掘り医者から聞かれるのでしょうか?
昔、好奇心でカッターで皮膚を切った時は、太い血管に刺さってしまい、血がとまらず病院へ。学校の工作やっていたら、彫刻等でウッカリ切ってしまった・・・ですみました。やはり色々調べるのでしょうか?

Aベストアンサー

それ程、深くは聞かれないと思います。
もちろんどうして火傷したの?とかなぜ切れたの?とか簡単な経緯は聞かれますがちょっとうっかりこうなってで済むと思います。

以前、本当にうっかりではさみで切ってしまって病院に行ったのですが「なぜこう言う事したの?」とは言われました。
それは自傷ではなかったので「違いますよ。」って説明して事は終わりました。

しかしまた別の時に本当に手首を切った事があります。
その時はなぜこうなったか?どうした等、全く聞かずに先生も看護師さんも処置して下さいました。

その後も何度かガーゼ交換に通いましたがどの先生も看護師さんも聞く事はなかったです。

もちろん保険診療でした。


人気Q&Aランキング